引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1456657212/

minhun

1 : ニライカナイφ ★ 2016/02/28(日) 20:00:12.09 ID:CAP_USER*.net

◆中国で「死体売却」のために請け負った殺人の報酬は

中国ではいまだに日本の常識ではとても考えられない事件が頻発している。
現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。

 * * *

不慮の事故などによって若くして死んだ子供のために、死後に婚姻を行う風習がある。
それは「陰婚」あるいは「冥婚」などと呼ばれている。こんな儀式が現代の中国にも残っているといえば読者は驚くだろうか。

だが、その奇妙な習慣は都市と農村の隔てなく、いまだ厳然と残っている。

そのことをあらためて思い出させる事件が起きたのは、2016年1月27日のことだ。
同日付けの『法制日報』が〈山西省で殺した女性の死体を売る事件が発覚 容疑者の男は殺した女性の死体を「陰婚」のために提供〉というタイトルで報じている。

事件の発覚は、2015年12月4日。
きっかけは山西省晋中市左権県の一人の農民から現地の警察署に、「隣の家から異臭がする。もう数日間も続いている」と通報が入ったことだった。
駆けつけた警官がレンタル倉庫であるその部屋に入ると、床下からは腐敗が進んだ若い女性の死体が見つかった。

死体発見をきっかけに倉庫の借主を調べてゆくと、そこで明らかになったのが犯人がその死体を販売目的で隠していたこと、また死体は墓から盗まれたものではなく殺されたものであることが分かったという。

捜査チームは呂梁、陽泉、太原、忻州、朔州、長治、大同、内モンゴルなどにまたがる追跡を行い、ついに犯人を逮捕して「陰婚」目的の死体販売及び殺人事件に幕を下ろしたのだった。

中国人の多くが陰婚を必要と考えるのは、結婚もせず若くして死んだ者の霊が、子孫に悪さをすると信じられているからだ。
人々が最も恐れるのは、呪われて子孫が残せなくなること。
だから、死後であるとはいえ婚姻の儀式を行うことで、霊の無念が慰められると考えられているのだ。

儀式に必要なのは、事故などで死んだ子と釣り合う異性の死体だ。
自分たちの周囲でタイミングよく見つかるケースは少なく、たいていはヤミの業者に委託することになる。
これが中国社会において墓荒らしが無くならない理由であり、またヤミで死体を売買する業者が跳梁跋扈し続けている理由なのだ。

もっともこうした業者は墓を掘り返して盗むことで死体を調達するのであるが、この事件の特異な点は、犯人が死体を売るために殺人を行っている点だ。
つまり死体をつくるために人を殺したのである。

身勝手で冷酷な犯罪である。

それにしてもこの犯人、いったい幾らの報酬で一人の女性を手にかけたのか。
その金額がわずか2万2000元(約37万7300円)と聞かされ、複雑な気持ちにならない者はいないに違いない。

NEWS ポストセブン 2月28日(日)16時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160228-00000017-pseven-cn



4 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:02:09.76 ID:DJ+bRBls0.net

ボーンズでみた



17 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:11:46.02 ID:B9Op8W6fO.net

>>4
みた



224 : 名無しさん@1周年 2016/02/29(月) 00:55:59.71 ID:EsCEE3l10.net

>>4
それ



5 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:03:41.69 ID:hg+cGqmZO.net

冥婚といえば台湾といえば赤い封筒というイメージだったんだが
死体まで使うところもあるのかよ怖い
むかさり絵馬にしとけばいいのに
合掌



8 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:06:18.43 ID:GTclUW8y0.net

日本でも、東北地方に若くして亡くなった死者を慰めるために
死後に結婚させる風習がある。
ただ。その場合の結婚相手は人形とか女性の絵であり
釣り合うような死者を用意することはないのだがね

この冥婚は、中国の史書にもしばしば出てくる
皇帝が幼くして死んだ子供を悼んで、臣下の中で同時期に亡くなった
皇子に釣り合う年齢の少女を結婚したことにして、一緒に葬ったとか
そういう話がけっこうあるのだが。

時代が下ると、童貞のまま死ぬと死後に祟りを起こすとか
妙な尾ひれもついたのだな



44 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:29:05.17 ID:96r2Bnqz0.net

>>8
>その場合の結婚相手は人形とか女性の絵
童貞で死ねば二次元婚できると言うことか。生きる希望が湧いてきた



9 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:06:20.24 ID:SiTIk4GA0.net

いろんな文化があるんだな



11 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:08:13.24 ID:+h8wfAzl0.net

世にも奇妙な物語かなんかでなかった?
主人公の姉と
ああ、なんか死んだ人同士で結婚するんだったかなあ



195 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:46:29.99 ID:P3y/8ZBv0.net

>>11
深キョンの 死後婚だよね。



12 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:08:15.63 ID:pOceo0ug0.net

キョンシー



14 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:09:08.91 ID:I3SLpdRP0.net

もうこんな時代なんだから、そこは埴輪で代用しようよ・・・



21 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:18:03.09 ID:XqdEaDvz0.net

江戸川乱歩の話で確か似たようなのがあった
死体に化粧させて結婚写真を撮るやつ



22 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:19:49.80 ID:tnEvnyGS0.net

日本でも公表されてないだけでこういう奇習が残ってる地域があったりするんだろうか



26 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:21:49.65 ID:3iLwDnbgO.net

>>22
山形県にそういう風習があった気がする



30 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:23:04.12 ID:tnEvnyGS0.net

>>26
マジか
知りたい



34 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:25:19.00 ID:+GJPgqO50.net

>>26,30
死者の結婚式の絵を描く「ムカサリ絵馬」っていうのはあるが
死者の結婚の為に死体を用意するなんてことはしないぞ

ムカサリ絵馬 - Wikipedia
ムカサリ絵馬(むかさりえま)とは、冥婚の一種。山形県の村山地方のみで行われている。ムサカリは誤記。ムカサリは「迎えられ」からくる結婚の方言。嫁に迎えて去ることからこう呼ばれる。事故や事件、病気などで子供を失った親が絵や写真で架空の人物との婚儀の様子を描き、寺に奉納することで、故人の成仏や死後の幸せを祈る。


24 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:21:04.38 ID:6AbBY08y0.net

まじかよ〜



27 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:22:02.21 ID:FGkoQq4A0.net

外道すぎる、土人よりも質が悪い



32 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:24:29.50 ID:HJL9xpxL0.net

日本みたいに人形で代用しろよ
  



47 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:30:40.18 ID:vJqzGu+D0.net

墓を掘り返して盗むのも十分すぎるほど異常だ



65 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:39:05.20 ID:PEoXP3xB0.net

妻を殺してかつての恩人に食わせた話が美談になる国なので・・



69 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:42:39.71 ID:1pqZ/9Mr0.net

中国の人の値段って、中古の軽自動車並の値段なのかw



76 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:46:09.65 ID:yNn8aOal0.net

遊就館には神風特攻で若くして亡くなった英霊の為に、日本人形をあの世の嫁にと祀ってると聞いたけどな…

生身を使うのはキチガイだな…



77 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:46:18.52 ID:eR+cJc8g0.net

死体は探すより作るほうが楽



80 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:49:06.77 ID:XZtL/Grv0.net

死人でさえ結婚できているのにお前らときたら



84 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:51:40.14 ID:IVb+9oa40.net

こういう悪質な迷信がまだ生きているんだな。



91 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:55:38.08 ID:/D7aYQMX0.net

>>84
迷信というか、暴走する親心かな
儒教だと子供が先に死ぬのは最大の親不孝とされてるけど、
そういうのと関係なく、何も知らぬまま逝ってしまった我が子がただただ不憫でならないんだろう



93 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:56:27.94 ID:tnEvnyGS0.net

>>91
なるほど



87 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:54:00.37 ID:Rh1IJp8g0.net

>>1
マネキンで十分なんじゃね?
または大人のオモチャで



187 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:38:59.46 ID:G+XIQvpMO.net

>>87
花嫁人形や花婿人形だね
たいていはそれで事足りるよね



96 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 20:57:40.23 ID:J0+Uz+SWO.net

これはひどい。



100 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:00:34.45 ID:1khlXZpMO.net

しかも理由が「死者が寂しくない様に」じゃなくて
「自分達が呪われない様に生け贄を出そう」なんだな
どっちにしろ、人形でいいじゃないか



109 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:06:37.12 ID:8vbE2giJ0.net

こんなもんのために殺された死体使ったら
ホントに呪われることになりそう

アホ風習はやめろよ



112 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:08:08.66 ID:HWAzd96t0.net

あんなに拝金主義なのに悪霊を怖れるのな



113 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:08:20.05 ID:ITC9Dq0i0.net

全くもって不謹慎だけど中国のこういうロマン好き



114 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:09:06.06 ID:p1gOu2w+0.net

おい日本に来てやってないだろうな?



117 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:10:35.25 ID:wyR6rraL0.net

大切な思い出が詰まったHDDと一緒に火葬してください・・・



128 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:17:41.01 ID:8iIKp5ET0.net

いつでも納品できるように死体を在庫してるのか!



132 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:20:53.77 ID:8vbE2giJ0.net

自分だったら死後とはいえ
好きでもない相手と結婚の真似ごとなんてさせられたくないけどな



138 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:24:59.92 ID:GEFtNLkB0.net

中国向けに死体売ってるのはブラックリストで見たけど本当にやってるのね



151 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:40:06.17 ID:vSzwzdiGO.net

何かサブで臓器を取り出して売買してないか



157 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 21:42:57.18 ID:0R2sHsYQ0.net

死後の概念があるのなに、殺された女性が祟るとか、そういうことは配慮せず、自分と身内だけの都合が全てなのか・・・



169 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:06:29.56 ID:wyR6rraL0.net

南京2号とかか



174 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:13:34.04 ID:Uaka7yEw0.net

おまえらも子孫に悪さすんなよ



190 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:41:59.74 ID:G+XIQvpMO.net

>>174
丁重に葬りなよ



199 : 名無しさん@1周年 2016/02/28(日) 22:55:41.47 ID:brD7Rt2v0.net

BONESで見たけど、こうしてニュースになると現実なんだなって思う。



■オススメの記事
この漫画の眼鏡がムカつくんだが誰か論破してくれ

いま起きたら外にゾンビウイルスが蔓延してた

魔女の宅急便で猫が急に喋らなくなった理由wwwwwwww

高貴なネッコ、歯をみがかれて死亡

嗣永桃子(23)(ももち)のgifが可愛すぎる真実

だがしかしのサヤ師wwwwwwwwwwwwwww

この記事をはてなブックマークに追加
この記事をツイートする
この記事をシェアする
この記事のタグ
アンテナ