1 : 紅あずま ★ 2018/01/02(火) 02:53:14.81 ID:CAP_USER9.net

古書の中から発見された隕石小片の正体を分析、極地研などの研究
http://www.zaikei.co.jp/article/20171231/418934.html

201712291429396OU0big
分析した隕石。図中の黒線は5mm。国立科学博物館所蔵。(画像:国立極地研究所発表資料より)

 1950年代、京都の土御門家(つちみかどけ)の古典籍の中から、約0.1gの隕石小片が発見された。
紙包みが同梱されており、1817年12月29日に落下した八王子隕石についての記述と、1866年6月7日に落下した曽根隕石についての記述があった。

 長らく、この隕石小片は八王子隕石の断片の一つであると信じられてきたのだが、それについて今回分析を行ったのが、国立極地研究所、九州大学、国文学研究資料館、総合研究大学院大学からなる研究グループである。

 1817年(文化十四年)の隕石は相当な多数が八王子一帯に降り注いだらしい様々な記録が残されており、また発見された隕石の一部は江戸幕府勘定奉行所に届けられて天文方の調査するところともなったのだが、既に散逸しており、確かに間違いなく八王子隕石の一つである、と裏付けられる現物は残っていない。

 一方、曽根隕石というのは、京都に落ちた約17キログラムの隕石である。現在、京都府が所蔵し、国立科学博物館が寄託を受け展示している。

 この隕石小片が八王子隕石であると証明することは非常に難しい。比定に用いるべき他の八王子隕石が存在しないからである。
だが、曽根隕石の方は前述のようにサンプルがあるので、比定が可能である。

 ただ、わずか0.1グラムの小片を分析することは、従来の技術では困難であった。
今回は、「はやぶさ」のサンプルリターンによって得られた微細片の分析にも用いられた、最新の分析技術が用いられ、鑑定が行われることになった。

 結果としては、この小片は「H5普通コンドライト」という種類の隕石であり、曽根隕石と全く同一のものである、ということが分かった。

 H5普通コンドライトは地球に降り注ぐ隕石の18%を占めるごく一般的な隕石であるので、八王子隕石と曽根隕石が同じタイプの隕石だった、という可能性はまだ残るが、いずれにせよ、これ以上のことは現状では謎のままである。



http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514829194/


■注目記事

17 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:13:11.72 ID:LK618jYO0.net

呪いをする陰陽師の土御門が何のために石ころを採集していたのか



19 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:24:46.14 ID:GdhdFejN0.net

>>17
土御門泰重(1586年 - 1661年)が天文博士として家名を高めたらしい。



24 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:39:11.50 ID:hyAqlXP70.net

>>19
天地明察
の時代の少し前か



2 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 02:54:21.84 ID:z3vNGLPE0.net

オカルト板で立てるべき



18 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:20:41.69 ID:KfiqCX4k0.net

八王子上空で爆発して降り注いだのかな
見たかったなあ



20 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:28:45.25 ID:mX2yMB/U0.net

やめろ!
深入りするんじゃあないッ‼︎



13 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:06:42.34 ID:XYOTL7HD0.net

とあるなんとかに出てる人か



21 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:29:00.94 ID:ZGsCgOpp0.net

万年時計の田中久重が毎日通っていたと言われるところか



23 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:38:44.40 ID:i0XhQJpN0.net

大気との摩擦によって生じる熱で熱膨張を起こした隕石が
空中で爆発することは割合とあること
ツングースカ大爆発も、それではないかと言われている 
LL5型普通コンドライトと鉄が少ないタイプだ

H5普通コンドライトは鉄が多いタイプだから
割合、爆発はしないのだがな



26 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 03:42:58.40 ID:ZDvOAuxI0.net

てか、江戸時代の人って隕石とかの概念はあったのか?



30 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 04:38:53.29 ID:sQKBAPMf0.net

>>1
> 江戸幕府勘定奉行所に届けられて天文方の調査するところ

幕府に天文方なんて組織があったのかよ
なにしてたんだ?w



31 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 04:50:09.96 ID:gx+JXydy0.net

>>30
平安時代から無修正で、ずれにずれまくった暦を何とかしようとした。



33 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 05:18:39.43 ID:Jhif0cdN0.net

>>30
昔は太陰暦だから天体観測は重要だったんだよ 



61 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 09:44:46.81 ID:Kr0vS/Cv0.net

>>30
測量には不可欠。
伊能忠敬や間宮林蔵も天文学を学んだ。



32 : 2018/01/02(火) 05:17:58.36 ID:L+eXfHBm0.net

八王子隕石は失われてるから八王子隕石だったらビッグチャンスだったの?



44 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 07:01:30.86 ID:PmLt0yXX0.net

この種の貴重なサンプルも京都だから残ったので
東京や大阪のは焼け野原にされて失われてしまったのも多いんだろうな



48 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 07:23:58.71 ID:gVcw0QHW0.net

清明の子孫か



54 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 07:38:29.76 ID:5+RTDveH0.net

メテオかな



60 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 09:41:33.25 ID:rOxk1GHX0.net

はやぶさは本当に役立ったな…



69 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 11:24:53.38 ID:ZiFdelyR0.net

歴史の陰に封印された、為政者たちの陰なる伝説の存在「八王子」が、21世紀に解放されるというわけか



72 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 12:04:24.67 ID:R7NcKRto0.net

>江戸幕府勘定奉行所に届けられて天文方の調査するところともなったのだが、
>既に散逸しており

幕府と現政権の連続性がないのが惜しい。 



71 : 名無しさん@1周年 2018/01/02(火) 11:53:21.75 ID:+lNOrPJD0.net

ちゃんと保管してる人がいたんやなぁ。



■オススメの記事
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をツイートする
この記事をシェアする
この記事のタグ
今人気の記事
    オススメ