1 :

当初、Mさんは自分の子が加害者だとは露にも思わなかった。昨年4月の文春オンラインの一報で爽彩さんの事件を知り、加害者や事件に対して怒りが込み上げていたという。 

「実は昨年2月に中学生の女の子が失踪したという情報はSNSなどで知った記憶があり、昨年4月にその女の子が亡くなっていたことを文春オンラインの報道で知りました。そして、女の子が亡くなった原因にイジメがあり、こんな酷いことをする中学生がこの世にいるのかと思いました。私の周りでもこの事件が話題となり、あまりの酷さに涙する人もいて、自分も『この加害者たちだけは絶対に許せない』と周囲に話したくらいでした」 

報道からほどなくして、Mさんは爽彩さんの事件のことをネットで検索。そこで目の当たりにしたのはネット上に書かれた実子の名前だった。 

「忘れられない事件だったので、加害者たちのことが気になり、何気なくネットの記事を読み進めていたら、自分の子供の名前が出てきたのです。正直、ショックと動揺で正常ではいられませんでした。それでもネット情報でしたので、心の中では『本当なのか?』『嘘であってほしい』という思いもどこかにありました。その後も加害者側の様々な情報が出てきて、不安を感じながら知人を通じて事件関係者に確認すると、『(自分の子供が)加害者で間違いない』ということがわかりました。本当に取り返しのつかない大変なことをしてしまったという怒りで、その直後の記憶は今も思い出せません」





10 :

別居してたのか?



32 :

>>10
父親側は離婚したあと連絡が取ることができなくなっていたって記事にはあるな



■うっかり読んじゃう記事

12 :

そんなことあるか?



13 :

>>12
「今日ね!〇〇をいじめたよ!
〇〇を△△したよ!」
とか親に報告するわけないしまああるやろ



70 :

#1~#33
いつのまにかこんなにも記事増えてたのかよ



16 :

何で罰せないんや?
少年法?



18 :

>イジメから3年を経て、6項目のイジメについて、第三者委員会が認定したが、当時未成年だった加害生徒らが法によって裁かれることはない。



28 :

>>18
未成年やったら56してもお咎めなしかあ



41 :

>>28
殺しじゃなくてただのイジメや
いじめられっ子が勝手に死んだだけやから上級国民とか関係ないで



19 :

子育ては時に殺人犯を育てる事にもなりかねないから怖いね



23 :

こんなん悪夢だよな
どこで教育間違ったんや



40 :

>>23
教頭からして反省すれば犯罪してええ的なスタンスやったしな
街ぐるみで性犯罪の培地が作られてた



45 :

>>40
この事件周りが最低だよな
第三者委員会にもいじめっ子の関係者入っていたらしいし
子供によるいじめとかってちゃんと裁かれないといじめっ子の将来にとっても良くないわ



27 :

気が狂うわこんなん



30 :

ネットで知ってて草
リアルどうなってんねん



37 :

いじめっこの親側って反省してる奴どれくらいいるのかな?



44 :

まあこの親はまだまともなほうやな



50 :

ツカマロで有名な大津イジメ殺人は加害者親共がマジでアレやったからな
まだ己の子供の非を認められるだけこっちはマシやわ



57 :

>>50
あれは教師も最低やった
インターネットでよく晒されてたけど逃げ続けてる体制があったからこんなことになってるんだよな



52 :

罰してほしい(償いポージング)



54 :

いじめやってるやつもわりと自覚がなかったりするみたいやね
自分ではいじめ行為を働いているその口で他人事になるといじめはよくないと義憤に燃えてたりするとか



60 :

やっぱ起こるべくして起きた殺人事件なんやなって



61 :

えぇ



64 :

未だに凸ってるYouTuberいて凄いわ



66 :

子育てって難しいな。



67 :

風化させてはいけない定期的にスレ立てていけ



72 :

責任取らなきゃ



76 :

結局特定されて写真上がってた犯人は他人だったんかな



78 :

こいつが離婚してなかったら起きなかったかもなあ



81 :

やっぱりヤクザって絶対いるわ
不良少年って警察より地元の怖い人のが怖いでしょ



85 :

これって学校や教育委員会やらが
加害者の親にすら連絡してないって事だよね
もう最初からなあなあで終わらす気だったのでは



■これも見てみようかなって記事

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1660553061


Googleニュースで配信中!
今人気の記事
    人気サイトの最新記事