1 :

ロシア政府が「ロシア陸軍2022国防博覧会」にて公開した犬型のロボット。
これは対戦車ロケットランチャー(RPG-26)を背負っており黒い服を着て武装している。
犬型武装ロボットの名前は「M-81」で、背負っている「RPG-26」はソ連が開発した使い捨て対戦車ロケット発射装置。

ロシアが公開した犬型ロボットは凄い技術だとして話題になったが、ネットユーザーはこの映像を見て疑問に思ったという。
ネットユーザーは犬型ロボットが服を着ていることに疑問に思い、調べたところ、中国企業ユニツリーロボティクスが製造した「Go1 Yushu Technology Dog」に非常に似ていると指摘。

「Go1 Yushu Technology Dog」はアリエキスプレスで40万円で販売されており、誰でも購入が可能。
この犬型ロボットに黒い服を着せて対戦車ロケットを背負わせただけなのではないかと疑惑が浮上している。

アリエキスプレスのユーザーレビューによると、この犬型ロボットは最大で2時間稼働としていながらも時には30分しか稼働しないと指摘されている。









2 :

クソワロタ



3 :

3700ドルでこれ買えるんか……
中国恐るべし



■うっかり読んじゃう記事

4 :

また見栄張ってんのか



5 :

どんどん情けなくなっていく



7 :

日本製の市販一眼レフドローンに取り付けたりDIYで戦争すんなよ



9 :

しかもこれ中国のもパチモンやん
パチモンのパチモンかよ



10 :

>この犬型ロボットは最大で2時間稼働としていながらも
>時には30分しか稼働しないと指摘されている。

なるほど、チャイナクオリティー



13 :

将来はこんなのが人間の代わりに戦ってくれるのか



26 :

>>13
これが人間を殺しに来るんだよ。



14 :

もしオリジナルだとしても今更このタイプのキモ犬ロボを誇られてもな



15 :

ロケラン撃てればいいだけの使い捨てなら
安い中国製に姿勢制御プログラムだけ入れるのもありじゃないの



21 :

>>15
確かにそれは言えるな



17 :

ドローンも足も4つが一番安定するのか



18 :

これとペッパー君とどっちがお買い得なんだろ



19 :

これ 工事現場ロボットとして どこかの局でだしてたよな



24 :

福島で使おうとしたけど半導体やセンサー関係が放射線でやられちゃうんだってな



25 :

ロケランってそんなに反動あるの?



27 :

ターミネーターの世界が来てるな



28 :

上海封鎖したときにお知らせしてた犬か



30 :

側被せたんか…



34 :

機能するなら構わんのでは?



44 :

>>34
構わないというよりも新兵器の見本市で中華のパクリを自分とこの開発品と偽ってアピールするのが滑稽であり軍事強国であるはずのロシアの凋落を感じる



43 :

中国製のオモチャを新兵器とか、見損なったわ
軍事・航空宇宙のロシアンテクノロジーも地に堕ちたもんだ



55 :

プーチンは戦闘現場を見ないからヘーキヘーキ
実戦投入して活躍してることにしとけ



63 :

ロケラン無駄撃ちする余裕はなさそう



66 :

実は本物の犬が、、ってのがいいんじゃないか。。ロシアも余裕が無いな。



67 :

後のアーマードコアである



68 :

メタルマックスやんけ



69 :

>>1
きもい
こんなん夢に出てきたらトラウマなるわ



■これも見てみようかなって記事

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1660804960


Googleニュースで配信中!
今人気の記事
    人気サイトの最新記事