1 :

かんむり座で9月までに新星爆発か 約80年ぶり、明るさは北極星並み


no title

AIの要約は以下の通り:

新星爆発の予測: かんむり座T星が、約80年ぶりに新星爆発を起こす可能性があると予測されています。これは肉眼で見られる珍しい現象です。

観測の歴史: 前回の新星爆発は1946年に観測され、その前は1866年でした。次回の爆発は2026年かと思われていましたが、今年9月までに起こる可能性が高いとされています。

観測方法: 新星爆発が起きると、北極星に匹敵する明るさになります。国立天文台は、爆発が確認された場合に情報を発信する予定です。

観測のチャンス: 現在の時期にかんむり座は夜間に見ることができ、新星爆発の観測は千載一遇のチャンスとされています。双眼鏡や望遠鏡を使うと、より観測が容易になります。

全文はソースで



6 :

宇宙こわい



10 :

実際はもうずっと前に起こってるのか



19 :

なんかもっと世の中パーッと明るくなったりしないの?



20 :

北斗七星の横に輝いて見えてるアレか?



23 :

>>20
ご愁傷さまです



21 :

ベテルギウスはまだかいな



22 :

それは楽しみだ



27 :

微妙に暗いな
昼間でも見える位の爆発が見たい



28 :

3000年前の事なのか
宇宙は広すぎるなw



29 :

たいした明るさじゃないんだな



30 :

ベテルギウスの超新星爆発は生きているうちに見られるのか?



32 :

メーテル~ またひとつ星が消えるよ~



33 :

ふっ・・・
最近俺の右手の紋章がうずく理由はこれだったのか



34 :

遠くに光るあの星は何万年も前の輝き



44 :

約3千光年離れた星が約80年のサイクルで爆発
ハナクソ並の俺の人生がさらにどうでもよくなるな



54 :

3000年前の爆発を見てるってこと?



61 :

最近は1a型超新星爆発とは言わんのか



63 :

>>61
Ia型超新星爆発は白色矮星そのものが粉々に消し飛ぶ
今回の新星は白色矮星の表面に溜まった水素が爆発するだけで星自体は残るからIa型超新星とは別物だぞ



■関連あるかもしれない記事

https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1716678097


今人気の記事
    人気サイトの最新記事