1 :

gyuhino


JR東海とJR西日本は13日、東海道・山陽新幹線の点検用車両「ドクターイエロー」の運行を終了すると発表しました。老朽化などが理由だということです。

JR東海と西日本がそれぞれ1編成ずつ運行していますが、JR東海は2025年1月に、JR西日本は、2027年以降を目途に運行を終了するということです。

2027年以降の検査は、運行している新幹線「N700S」に導入される検査機能で代替する予定だということです。




2 :

タモリ電車クラブで知ったわ



3 :

葬式鉄が大騒ぎ



4 :

経費削減は分かるけど安全大丈夫か?



5 :

普通車両で検査できるならいらんなるわな



7 :

こんなん発表したら撮鉄が殺到するやん



8 :

ドクターというよりは検査技師だよな



11 :

新横で1回だけ見たなぁ



16 :

静岡県内はお昼頃走ってる



19 :

昔 大宮駅で見た
撮り鉄が群がってたわ



20 :

一度も目にする事なかったなー



24 :

黄色くなくなるだけ



27 :

線路が近くて、しょっちゅう見てた
寂しいな



30 :

開通当初の技術では、専用車作らなければできなかったからね

機器の小型化、高性能化が進んで
営業車に積んで済ませられる様になったから
お役御免というワケだ



34 :

マジかー



35 :

N-700Sには検査機能が標準装備されてるのか。



37 :

検査専用車両なくすんか



40 :

お疲れ様でした



55 :

マジか。
1度は見ておきたいな。




■関連あるかもしれない記事

https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1718248646


今人気の記事
    人気サイトの最新記事