宇宙的B級まとめブログ「コノユビ」です。コンニチワ

    人気サイトヘッドライン

    宇宙・オカルト・謎

    【宇宙】大分空港がアジア初の宇宙港に。米企業が小型衛星打ち上げへ

    1 : 記憶たどり。 ★ 2020/04/03(金) 14:44:49 ID:52vUMxs59.net


    航空機を利用した小型衛星の打ち上げ事業を手掛ける米企業の拠点「スペースポート(宇宙港)」に、大分空港(国東市)がアジアで初めて選ばれた。離着陸や機体整備などに使われ、早ければ2022年から打ち上げが始まる見通し。小型衛星は気象観測や測位、通信などの分野で世界的に需要が高まる。
    実現して軌道に乗れば、大分県内での関連ビジネス拡大など産業振興が期待できそうだ。
     
    米企業はヴァージン・オービット社。音楽や航空事業などを世界展開するヴァージングループ傘下で、商用や政府用の需要が増す小型衛星の打ち上げサービスを始めるため2017年に設立された。ロサンゼルスが拠点。
     
    「水平型打ち上げ」と呼ばれる方式を取る。改良した航空機に小型衛星を格納したロケットをつり下げ、空港から離陸後に太平洋上などで発射。宇宙空間でロケットから衛星を切り離す。ロケットに搭載可能な重さは500キロまで。
     
    まだ実績はないが、既に米グアム島、英コーンウォール州を拠点にした実施計画を公表している。


    2 : 名無しさん@1周年 2020/04/03(金) 14:45:37 ID:cPxzEmx70.net

    んな事やっとる場合かw



    16 : 名無しさん@1周年 2020/04/03(金) 15:02:12.80 ID:SjC8+Iyk0.net

    >>2
    地球脱出



    ▼「【宇宙】大分空港がアジア初の宇宙港に。米企業が小型衛星打ち上げへ」の続きを読む

    【宇宙】接近中のアトラス彗星、5月下旬にシリウスより明るくなる模様

    1 : ニライカナイφ ★ 2020/04/01(水) 18:42:45 ID:trQ/YWd59.net


     世紀の大彗星(すいせい)になるかもしれないアトラス彗星が接近している。今はまだ望遠鏡でしか見えないが、ここからみるみる明るさを増し、太陽に最も近づく5月下旬には夜空で最も明るいシリウスを超えるマイナス2等になるとの予測もある。夜空に長い尾をなびかせる壮大な姿を現すのか、期待が高まっている。

     アトラス彗星は昨年12月、米ハワイにある小惑星地球衝突最終警報システム「ATLAS(アトラス)」の望遠鏡が発見した。当初は約20等と極めて暗かったが、3月に入って急激に明るくなり、「このペースだと満月くらいになるかも」と一時は天文ファンを騒然とさせた。 



    7 : 名無しさん@1周年 2020/04/01(水) 18:44:33 ID:aGKR167U0.net

    彗星が来ると疫病が流行るとかあったなあ



    ▼「【宇宙】接近中のアトラス彗星、5月下旬にシリウスより明るくなる模様」の続きを読む

    野口聡一宇宙飛行士、スペースXの「クルー・ドラゴン」運用初号機の搭乗決定!

    1 : 首都圏の虎 ★ 2020/04/02(Thu) 11:06:21 ID:On8trpvY9.net


    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月31日、野口聡一宇宙飛行士がスペースXの新型宇宙船「クルー・ドラゴン」の運用初号機にミッションスペシャリストとして搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)へと向かうことが決定したと発表しました。

    野口宇宙飛行士の飛行はスペースシャトル「ディスカバリー」による2005年7月のSTS-114ミッション、2009年12月~翌2010年6月のISS第22次/第23次長期滞在に続き、これが3回目となります。

    スペースXのクルー・ドラゴンは現在開発が大詰めを迎えています。昨年3月の無人テスト飛行「Demo-1」に続き、今年5月中旬~下旬には2名のアメリカ人宇宙飛行士による有人テスト飛行「Demo-2」の実施が予定されています。

    なお、野口宇宙飛行士が搭乗するクルー・ドラゴン運用初号機の打ち上げ時期は今回の発表時点では決まっておらず、JAXAでは決定次第改めて発表することを案内しています。


    2 : 名無しさん@1周年 2020/04/02(Thu) 11:07:09 ID:tD8U0dgN0.net

    信頼されてる証拠とも言えるが民間宇宙船の人柱やなあ



    6 : 名無しさん@1周年 2020/04/02(Thu) 11:08:47 ID:la+F066K0.net

    そろそろ宇宙脱出や



    ▼「野口聡一宇宙飛行士、スペースXの「クルー・ドラゴン」運用初号機の搭乗決定!」の続きを読む

    【画像】身長209cm 伝説の怪力女性"K・カズミ"、ガチで刃牙の世界のキャラ

    1 : 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 19:26:00 ID:IFMvpuVS0NIKU.net

    2 : 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 19:26:19 ID:zNwhHsFtaNIKU.net

    >>1
    こま?



    4 : 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 19:26:33 ID:yLRm4FqnMNIKU.net




    5 : 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 19:26:40 ID:JIjRO3BbpNIKU.net

    強い



    6 : 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 19:26:44 ID:pgzW76Qc0NIKU.net

    デカイ



    ▼「【画像】身長209cm 伝説の怪力女性"K・カズミ"、ガチで刃牙の世界のキャラ」の続きを読む

    【宇宙】米国宇宙軍が初のロケット打ち上げ、軍用衛星システム完成へ

    1 : 首都圏の虎 ★ 2020/03/29(日) 07:59:17 ID:Y2Vs6/TL9.net


    昨年12月にドナルド・トランプが発足させた、米国の6番目の軍隊「米国宇宙軍(U.S. Space Force)」による初の宇宙ロケット打ち上げが3月26日、実施された。今回打ち上げられた衛星は、次世代の軍事通信ネットワークの構築を担うものだ。

    今回、軌道に投入されたのはAEHF-6と呼ばれる通信衛星で、米国が整備を進める新型の軍用通信衛星システムの構築を担うことになる。打ち上げには、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)のアトラスVロケットが使用され、フロリダ州ケープカナベラルの施設から発射された。

    ロッキードマーティン社が製造したAEHF-6は、高度な耐久性を備えた陸海空の軍事オペレーションで利用可能な通信衛星だ。新たに構築される軍用通信衛星システムは、カナダやオランダ、英国などの同盟国にも利用される。

    米国は2010年から、既に5つのAEHF衛星を高度約3万6000キロの静止軌道に送り込んでおり、今回のAEHF-6はその最後のものとなる。

    全文はソースで



    3 : 名無しさん@1周年 2020/03/29(日) 08:00:59 ID:asr16J6N0.net

    軍事的なロケットかよ
    もっと平和に役立つロケット飛ばせよ



    4 : 名無しさん@1周年 2020/03/29(日) 08:01:08 ID:fI2j/rg40.net

    やってる場合か!



    ▼「【宇宙】米国宇宙軍が初のロケット打ち上げ、軍用衛星システム完成へ」の続きを読む

    【画像】女さん、膝に赤ちゃんを飼ってしまう

    1 : 風吹けば名無し 2020/03/26(木) 16:16:35.95 ID:Lf2aMElnd.net







    4 : 風吹けば名無し 2020/03/26(木) 16:16:56.55 ID:Lf2aMElnd.net

    エピタフかな?



    5 : 風吹けば名無し 2020/03/26(木) 16:17:13.32 ID:C4vaGxf8d.net

    ふぁっ!?なんやコレ!?



    6 : 風吹けば名無し 2020/03/26(木) 16:17:26.17 ID:KeUBfZW6d.net




    ▼「【画像】女さん、膝に赤ちゃんを飼ってしまう」の続きを読む

    【隕石】3月26日「潜在的に危険な」小惑星が時速85000キロで地球に最接近

    asteroid-3642332_640

    1 : 猪木いっぱい ★ 2020/03/24(火) 02:22:24 ID:54q013rG9.net

    Nasaは、地球上の生命を脅かす可能性のある小惑星を常に監視しています。

    これらのいわゆる「近地球オブジェクト」(NEO)は、「潜在的に危険」と見なされるために、特定のしきい値内を通過する必要があります。

    そして、米国の宇宙機関の専門家は、今週のレーダーにそのような岩があると言います。小惑星2012 XA133は、3月26日木曜日に53,000 mph(85,000km/h)の速度で地球を通過するように設定されています。 小惑星の幅は約1,280フィート(390m)で、地球と衝突した場合、地球に大きな影響を与えるのに十分です。

    ありがたいことに、Nasaのエンジニアは、小惑星の軌道を安全に通過できると計算しています。 0.04453天文単位(AU)または地球の中心から約410万マイルを通過すると考えられています。1つのAUは、地球から太陽までの距離、つまり約9,300万マイルを表します。

    「彼らは太陽の周りを回るので、NEOは時折地球に近づきます」とNasaは説明しました。

    google翻訳一部割愛
    https://metro.co.uk/2020/03/23/nasa-potentially-hazardous-asteroid-will-skim-earth-53000mph-week-12441997/



    2 : 名無しさん@1周年 2020/03/24(火) 02:23:03 ID:y2skou9e0.net

    もうぶつかれそして滅びろ地球



    4 : 名無しさん@1周年 2020/03/24(火) 02:25:02 ID:vuCRRohl0.net

    歌はエアロスミスか



    ▼「【隕石】3月26日「潜在的に危険な」小惑星が時速85000キロで地球に最接近」の続きを読む

    UFOがガチで現れたとTwitterで話題に

    1 : 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 05:20:07 ID:QuvElsG+0.net

    ツイッターで「ufo lang:ja」で検索すると目撃情報がたくさん出てくる



    5 : 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 05:21:19 ID:QuvElsG+0.net





    10 : 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 05:23:04 ID:EAFfrFH30.net

    https://twitter.com/ojb_oyaji/status/1242183848248487938?s=21

    コレ?



    ▼「UFOがガチで現れたとTwitterで話題に」の続きを読む

    【JAXA】はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に作った「人工クレーター」、直径は14.5m、深さは1.7mと判明

    1 : しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/22(日) 13:58:05 ID:kLBFHHNP9.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」において昨年2019年2月と7月にサンプル採取を実施し、現在は地球への帰路についています。2度目の採取ははやぶさ2によって人工的に形成されたクレーターの付近で行われたのですが、この人工クレーターの大きさや深さを分析した論文が、クレーター形成の瞬間から数分間の様子を捉えた画像とともにサイエンスの電子版に掲載されました。

    ■形成されたクレーターの直径は14.5m、深さは1.7m

    研究チームによると、形成前のリュウグウ表面を基準にした人工クレーターの直径は14.5m(誤差プラスマイナス0.8m)で、最も深い場所は形成前の表面から1.7mに達していたことが判明。人工クレーターの周囲には形成時の噴出物や衝撃で生じたとみられる半円形のリム(隆起)があり、その直径が17.6m(誤差プラスマイナス0.7m)であることもわかりました。

    また、JAXAのはやぶさ2公式Twitterアカウントでは、この6点の画像に形成3分5秒前と形成3秒後の2点も含め、合計8点の画像から作成された動画が公開されています。

    全文はソースで
    https://sorae.info/space/20200321-haya2.html



    5 : 名無しさん@1周年 2020/03/22(日) 14:00:34 ID:C8i9o1qJ0.net

    思った以上に破壊力があったんだな



    ▼「【JAXA】はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に作った「人工クレーター」、直径は14.5m、深さは1.7mと判明」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星探査機「インサイト」を叩いて修理完了

    1 : エトラビリン(東京都) [DE] 2020/03/20(金) 01:43:22 BE:416336462-PLT ID:SVboCLYd0.net

    米航空宇宙局(NASA)は、火星探査機「InSight(インサイト)」の修理に成功したことをSNSで明らかにした。
    火星探査機インサイトは数か月前、火星の土壌の中でつっかえてしまった。
    この状態から抜け出す唯一の方法は、探査機自体にスコップで打撃を与えること。

    インサイトは、地震計を埋め込み、火星の内部構造を調べるために掘削していたときに故障した。
    ドリルが土壌の中でつっかえ、ひき出せなくなってしまった。

    NASAのエンジニアたちは、インサイトが自らスコップで打撃を与えるという、単純ではあるが、素晴らしいアイデアを思いついた。
    なお、インサイトのメカニズムに損傷を与えないために、エンジニアたちは数か月間にわたり地球で打撃のシミュレートをした。
    計画は成功した。

    修理している様子

    https://jp.sputniknews.com/science/202003207282361/



    3 : リバビリン(光) [ニダ] 2020/03/20(金) 01:45:25 ID:kWvxLF5L0.net

    叩いて直したのか



    53 : インターフェロンβ(SB-iPhone) [HK] 2020/03/20(金) 07:19:30 ID:8Rw6oC+t0.net

    >>3
    むかしのブラウン菅テレビだな



    ▼「【宇宙】NASA、火星探査機「インサイト」を叩いて修理完了」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      宇宙的B級まとめブログ「コノユビ」のあやしい最新記事はこちらから。 botじゃないのでよろしくお願いします🙇🙇🙇
      最新コメント
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      おーぷん2ちゃんねる

      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る