気になる出来事とみんなの反応をまとめたサイト「コノユビニュース」です

    人気サイトヘッドライン

    宇宙・オカルト・謎

    人類、5000トンの宇宙船を飛ばせるようになる


    1 :

    https://twitter.com/elonmusk/status/1798838547333763150?s=61

    日本のH3は約420トン



    2 :

    ロケットだけでXにおけるイーロンの無能さは全て許せる



    ▼「人類、5000トンの宇宙船を飛ばせるようになる」の続きを読む

    【宇宙開発】中国の無人探査機「嫦娥6号」、月の裏側に着陸


    1 :

    7huijo


    中国の無人探査機「嫦娥6号」、月の裏側に着陸


    香港(CNN) 中国の無人月探査機「嫦娥(じょうが)6号」が北京時間の2日朝、月の裏側への着陸に成功した。
    月への有人飛行に向けた大きな前進と位置付けられる。

    国家航天局の発表によると、月の南極に近い「南極エイトケン盆地」に着陸し、表面からの試料採取を開始する。
    世界で初めて、月の裏側から試料を持ち帰ることを目指す。

    (以下略、続きはソースでご確認ください)



    2 :

    男を捨てて一人逃げた女の名前だぞ



    ▼「【宇宙開発】中国の無人探査機「嫦娥6号」、月の裏側に着陸」の続きを読む

    【宇宙開発】世界初の木造人工衛星、公開される


    1 :

    世界初の木造の人工衛星が完成 京大と住友林業が発表 大気汚染の原因物質発生しないメリット






    2 :

    段ボールベットとどっちが凄いの?



    4 :

    これ打ち上げ燃料もエコなん?



    ▼「【宇宙開発】世界初の木造人工衛星、公開される」の続きを読む

    【悲報】前澤友作さん、月周回渡航計画を断念


    1 :

    gyuihoj

    f57g68h9ji


    実業家の前澤友作氏が1日、自身の「X」(旧ツイッター)などを更新。世界初の民間人月周回渡航を目指すプロジェクト「dearMoon」を中止すると発表した。

    この日はプロジェクトの公式サイトを通じて「残念ながら2023年内にローンチすることは叶わず、また近い将来における実現の見通しも不明瞭であることから、苦渋の決断ではありますが、やむをえず本プロジェクトを中止することと致しました」と伝えた。
     
    2018年に前澤氏が、米国の実業家イーロン・マスク氏が率いる「SpaceX」社と契約し始動した本プロジェクトには、世界中の著名アーティストなども参加予定だった。しかし同社との調整の結果、断念することに。

    自身の「X」では「2018年に契約した時、2023年末までに月に飛べるってことでした。実現しなかったのは仕方ないとしても、今の時点になってもいつ飛べるのかの展望が全く出ていません」と苦しい現状を明かし「このままでは僕自身の人生計画が立てられないし、誘ったクルーをこれ以上お待たせし続けるのも申し訳ないので、いろいろと悩みましたがこのタイミングでキャンセルすることにしました。楽しみにしてくれていた方には本当に申し訳ないです」とつづっている。

    no title




    4 :

    ここまで幾らつぎ込んだのかな



    ▼「【悲報】前澤友作さん、月周回渡航計画を断念」の続きを読む

    【動画】隕石の中身、レベチ


    2 :

    かっけえ



    5 :

    外見は普通の石と変わらんのに中身は別もんやん



    ▼「【動画】隕石の中身、レベチ」の続きを読む

    【悲報】ネッシーの正体、クジラの生殖器だった


    1 :

    ネッシーの正体は「クジラの生殖器」イギリスメディアが報じる




    4 :

    これじゃあぺニッシーじゃん



    7 :

    湖にクジラいるの?



    ▼「【悲報】ネッシーの正体、クジラの生殖器だった」の続きを読む

    【約80年ぶり】かんむり座で9月までに新星爆発発生か、明るさは北極星並み


    1 :

    かんむり座で9月までに新星爆発か 約80年ぶり、明るさは北極星並み


    no title

    AIの要約は以下の通り:

    新星爆発の予測: かんむり座T星が、約80年ぶりに新星爆発を起こす可能性があると予測されています。これは肉眼で見られる珍しい現象です。

    観測の歴史: 前回の新星爆発は1946年に観測され、その前は1866年でした。次回の爆発は2026年かと思われていましたが、今年9月までに起こる可能性が高いとされています。

    観測方法: 新星爆発が起きると、北極星に匹敵する明るさになります。国立天文台は、爆発が確認された場合に情報を発信する予定です。

    観測のチャンス: 現在の時期にかんむり座は夜間に見ることができ、新星爆発の観測は千載一遇のチャンスとされています。双眼鏡や望遠鏡を使うと、より観測が容易になります。

    全文はソースで



    6 :

    宇宙こわい



    ▼「【約80年ぶり】かんむり座で9月までに新星爆発発生か、明るさは北極星並み」の続きを読む

    最大級の太陽フレア襲来、日本の本州でもオーロラが観測される


    1 :








    3 :

    いいなぁ~



    5 :

    オーロラ見たかった



    ▼「最大級の太陽フレア襲来、日本の本州でもオーロラが観測される」の続きを読む

    【太陽風】磁気嵐によりアメリカ全土でオーロラ出現


    1 :

    もう終わりだね2024




    2 :

    カリフォルニア


    フロリダ




    アリゾナ




    4 :

    >>2
    羨ましいわ



    7 :

    >>2
    こわよ



    38 :

    >>2
    綺麗だけど終末感エグい



    73 :

    >>2
    突然こんなこと言ってごめんなさい
    地球はもうだめです



    ▼「【太陽風】磁気嵐によりアメリカ全土でオーロラ出現」の続きを読む

    【朗報】ネッシー、2024年初の目撃情報


    1 :

    The first official sighting of the Loch Ness Monster in 2024 has been captured by a family on holiday.
    The Official Loch Ness Monster Sightings Register says Parry and Hannah Malm's sighting is "compelling new evidence"

    The Loch Ness Monster has reportedly been sighted for the first time in 2024, with a family claiming to have caught "compelling new evidence" of the elusive creature.

    The Official Loch Ness Monster Sightings Register has endorsed Parry and Hannah Malm's claim after they snapped a photo showing an unidentified presence near Urquhart Castle, a known hotspot for Nessie enthusiasts.
    The Malms, along with their children, were visiting the loch for the first time when they encountered the mysterious figure.

    Parry recounted the moment, saying:
    "Shannon spotted the black head of an animal bobbing up and down. I was a total sceptic before but now I think there must be something there."







    5 :

    波に比べてずいぶん小せえな



    ▼「【朗報】ネッシー、2024年初の目撃情報」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      気になる話題とネットの反応「コノユビニュース」の公式𝕏です。よろしくお願いします🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      楽天市場
      逆アクセスランキング
        スポンサーリンク
        最新コメント
        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサーリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ