「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    宇宙・オカルト

    【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497927533/

    1 : イセモル ★ 2017/06/20(火) 11:58:53.15 ID:CAP_USER9.net

    img_1eb5d4fab2733ddf9242689e2aab00b2246570

    米航空宇宙局(NASA)は19日、地球サイズの岩石惑星を新たに10個発見したと発表した。これらの惑星は水が液体で存在し、生命を維持できる可能性があるという。

    地球がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)を走査観測するために2009年に打ち上げられたケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡を用いて、太陽系の外にある惑星(系外惑星)を探すミッションを実施しているチームは今回、同望遠鏡で検出された系外惑星の候補天体219個の調査結果を公表した。

    新たに発見された候補天体のうちの10個は、地球の太陽公転軌道と同様の距離で主星を周回しており、液体の水が存在し、生命を維持できる可能性のある「ハビタブルゾーン(生命生存可能領域)」内に位置している。

    ケプラー宇宙望遠鏡はこれまでに系外惑星候補を4034個発見しており、うち2335個は他の望遠鏡で実際の惑星であることが確認されている。

    ハビタブルゾーン内にある地球サイズの惑星は、今回新たに10個発見されたことで、銀河系全体で計50個となった。

    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3132651



    ▼「【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も」の続きを読む

    【兵庫】宝塚上空に「火の鳥」あらわる

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1497960159/

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2017/06/20(火) 21:02:39.36 ID:CAP_USER.net

    https://twitter.com/saku_kamu/status/872096471868260353

    これは投稿者が、兵庫県宝塚市で偶然見かけた、漫画家・手塚治虫氏の「火の鳥」のような幻想的な雲を撮影したものだ。
    画像を見ると、非常に美しく神秘的で、偶然の産物とは思えないようなクオリティーに驚かされてしまう。
    ちなみに宝塚市は、手塚治虫氏が育った場所なのだが、そんな場所でこの雲が発生したということは、何か不思議な縁を感じずにはいられない。

    全文は下記URLで

    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/244849.html



    3 : やまとななしこ 2017/06/20(火) 21:04:37.01 ID:9e+fIEOy.net





    28 : やまとななしこ 2017/06/20(火) 23:01:16.32 ID:QY9gj8H8.net

    >>3
    まんま火の鳥やわ

    コラじゃなければ



    ▼「【兵庫】宝塚上空に「火の鳥」あらわる」の続きを読む

    【イギリス】龍のような謎の飛行物体「フライングサーペント」が目撃される

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497514119/

    1 : 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/06/15(木) 17:08:39.60 ID:ktG0uvdJ0.net BE:416336462-PLT(12000) BE:416336462-PLT(12000)

    英国で奇妙な未確認飛行物体が目撃された。雲間に浮かんだその姿は、さながら伝説に語られる竜のようだ。
    目撃者らが「スカイ・スネーク(空飛ぶ蛇)」と呼ぶ謎の飛行物体の正体が何なのか、ネット上で議論を呼んでいる。
    UFO情報収集サイト「UFO Sightings Hotspot」によると、奇妙な物体が目撃されたのは英国イングランド北西部チェシャー州のクルーという小さな町だ。
    今年4月14日の夕方6時ごろ、犬の散歩をしていた2人組が、空に浮かんでいる不思議な光る物体に気づいた。
    夕暮れ前の薄暗い空の雲間に、白く光る巨大な蛇のような物体が飛んでいたのだ。
    2人はこの奇妙な光の画像をFacebookに掲載し、広く意見を求めることにした。
    パイロットなどから「飛行機雲ではない」という見解も得られたが、その正体はいまだ不明のままである。








    実は、空を飛ぶ蛇のような物体は以前より世界中で目撃されており、「フライング・サーペント」あるいは「スカイ・サーペント」などと呼ばれている。
    所謂フライング・ヒューマノイドと類似した“空飛ぶ生物”の一種であり、ネット上には画像や動画が多数投稿されている。
    https://www.youtube.com/watch?v=REf4yXL1LCE

    https://youtu.be/REf4yXL1LCE?t=177


    世界中で目撃される、蛇のような奇妙な飛行物体――。その正体はいったい何なのだろうか。
    宇宙人の乗り物であるという説、あるいは偵察用のドローンであるというお馴染みの説もあるが、未知の生物ではないかと主張する人たちも多い。
    世界各地で古来より伝承に語られる竜やドラゴンの正体こそ、実はこのフライング・サーペントだというのだ。何ともロマン溢れる話である。

    http://tocana.jp/2017/06/post_13522_entry.html



    ▼「【イギリス】龍のような謎の飛行物体「フライングサーペント」が目撃される」の続きを読む

    板垣さん、てんびん座の銀河に超新星2017erpを発見 今年5個目、通算発見数は127個

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1497544323/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 01:32:03.22 ID:CAP_USER.net

    板垣さん、てんびん座の銀河に超新星発見、127個目

    山形県の板垣公一さんが6月13日、てんびん座の銀河に超新星2017erpを発見した。
    板垣さんの超新星発見は今年5個目、通算127個目。

    7712_itagaki

    【2017年6月14日 Transient Name Server/ATel】
    山形県の板垣公一さんが6月13日15時ごろ(世界時。日本時では14日0時ごろ)、てんびん座の銀河NGC 5861に超新星候補天体を16.8等で発見した。天体の位置は以下のとおり。

    赤経 15h09m14.81s
    赤緯 -11°20′03.20″ (2000年分点)
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AstroArts 2017年6月14日
    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9180_sn2017erp 


    ▼「板垣さん、てんびん座の銀河に超新星2017erpを発見 今年5個目、通算発見数は127個」の続きを読む

    宇宙国家アスガルディア、領土として人工衛星 Asgardia-1を打ち上げへ

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497568794/

    1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/06/16(金) 08:19:54.60 ID:ycCjS3600.net BE:754019341-PLT(12345) BE:754019341-PLT(12345)

    asgardia

    宇宙国家「アスガルディア」が2017年後半に軌道へ。憲法と最大150万の国民(データ)載せ、宇宙から地球を守る
    http://japanese.engadget.com/2017/06/14/2017-150/

    「初の宇宙国家」を自称し、地球全土から移民希望者を絶賛募集中の団体「アスガルディア」が、2016年後半に最初の"領土"とでもいうべき極小の人工衛星Asgardia-1を打ち上げると宣言しました。
    (略)
    初のアスガルディア領土ということになるのかもしれない人工衛星Asgardia-1には、最大で150万人分のデジタル国民台帳を搭載します。さらにアスガルディア憲法と国旗のデータも同様に保管されます。
    言うまでもなく、この衛星はあくまで仮想的な宇宙国家と国民のデータを宇宙に配置するのが目的。
    軌道上のサーバーとそのデータを独立国家だと宣言することで、そこに「宇宙国家アスガルディア」が成立すると思考する、哲学の実験のような話です。

    Ashurbeyli氏は、「まず手始めにAsgardia-1という仮想的な形式で宇宙へ国民を連れて行くことで、新宇宙時代の幕開けを告げる」「それを我々の礎石として、地球を小惑星衝突や太陽フレア、人工的な宇宙デブリなどから守る衛星ネットワークづくりを目指すことになるだろう」と語ります。
    2基目の衛星は2018年に打ち上げを計画しているとのことで、初の宇宙国家の領土拡大ペースは我々が思っているよりも早そうです。

    なお、アスガルディア国民になるにはメールアドレスと氏名その他少々の個人情報があれば良いとのこと。
    わりと気軽に国民にしてもらえる模様です。現在は6月24日に設立するというアスガルディア議会の選挙の最中。
    アスガルディア国民になって宇宙へ飛び出したい人、そこで議員になってなにかやりたい人は、ご自身の判断でどうぞ。



    ▼「宇宙国家アスガルディア、領土として人工衛星 Asgardia-1を打ち上げへ」の続きを読む

    木星に2つの新衛星を発見、総数69個に

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497343054/

    1 : あずささん ★ 2017/06/13(火) 17:37:34.22 ID:CAP_USER9.net

    すばる望遠鏡などによる観測から、木星に2つの新衛星が発見された。

    米・カーネギー研究所のScott Sheppardさんたちの研究チームが、チリ・ラスカンパナス天文台の口径6.5mマゼラン・バーデ望遠鏡や米・ハワイの口径8.2m「すばる望遠鏡」などを用いた観測から、木星に新たに2つの衛星を発見した。

    それぞれ、S/2016 J 1(2016年に発見された木星(J)の一番目の衛星)およびS/2017 J 1と符号が付けられた新衛星は、いずれも直径1〜2km程度の非常に小さい天体で、明るさは24等級前後だ。S/2016 J 1は木星から平均2070万km離れたところを600日ほどかけて公転しており、S/2017 J 1は2350万km離れたところを約730日かけて公転している(ガリレオ衛星のうち最も外側にあるカリストは木星から約190万km離れている)。また、木星の小衛星の多くと同様に、いずれも木星の自転に対して逆方向に公転している逆行衛星である。

    Sheppardさんたちはさらに、2003年および2011年に発見された後に見失われていた4つの衛星についても再発見した。

    今回新発見、再発見された6つの衛星には確定番号が付けられ、これにより木星の総衛星数は69個(うち、確定数は59個)となった。なお、名前はいずれも決まっていない。

    ソース/AstroArts
    http://www.astroarts.com/article/hl/a/9174_jupiter_moon

    画像




    ▼「木星に2つの新衛星を発見、総数69個に」の続きを読む

    宇宙に行ったプラナリア 切断した体の両端に2つの頭が出現 18年間で初の観察事例

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497438428/

    1 : 紅あずま ★ 2017/06/14(水) 20:07:08.22 ID:CAP_USER9.net

    宇宙に行ったプラナリア 体の両端に2つの頭が出現 帰還後もそのまま
    Hazardlab:2017年06月14日 17時06分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20650.html



    体の両端に頭ができたプラナリア(撮影:諸隈淳治さん/Allen Discovery Center at Tufts University)

     米マサチューセッツ州のタフツ大学で生物化学を研究する諸隈淳治氏らのチームは、水と空気を1対1の比率で詰めたチューブ状の容器に、プラナリアを入れて、国際宇宙ステーション(ISS)に送り込み、5週間滞在させてから、再び地上に戻した。
    プラナリアのうち、15匹は、無重力空間が再生能力に及ぼす影響を調べるため、頭部、胴体、尻尾の3分の1ずつ切断したものを用意した。

     そして、地球上で同じ期間を過ごしたプラナリアと比較した結果、宇宙帰りのプラナリアは、新鮮な湧き水に移した瞬間にショック反応を起こし、仰向けになって痙攣した後、ピクリとも動かなくなった。
    この状態は1時間ほど続き、次第に元の姿勢に戻ったが、研究チームは「環境の変化によって代謝異常がもたらされた」と推測している。

     また、最も劇的な変化は、宇宙へ行く前に体を三分割にした胴体部分のサンプルで起こった。
    体の両端に頭が二つ再生された個体が確認されたというのだから驚きだ。
    これら双頭タイプのプラナリアは、地球帰還後に両端の頭を切断しても、そのたびに両側から頭が再生されたという。

     研究チームは過去18年間、1万5000匹近いプラナリアの観察を続けてきたが、これまで二つの頭を持った個体は見たことがなく、地球に戻ってからも1年以上、双頭状態が続いている。

     タフツ大学のマイケル・レビン教授は、
    「重力や地場の喪失、離着陸時に受けたストレスが引き起こした可能性が高い。こんな小さなプラナリアを人間と比べるのは無理があるように思えるかもしれませんが、宇宙での滞在が生物の細胞活動に及ぼす影響を考慮するうえで重要なデータです」と話している。


    ▼「宇宙に行ったプラナリア 切断した体の両端に2つの頭が出現 18年間で初の観察事例」の続きを読む

    NASA、カッコイイ火星探査車を公開

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497265814/

    1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/06/12(月) 20:10:14.37 ID:s7R/AzBL0.net BE:323057825-PLT(12000) ?PLT(12000)

    NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

    このコンセプトモデルは、NASAの技術者のアドバイスのもと、フロリダ州に本拠を置くカスタムカーメーカーのパーカー・ブラザーズ・コンセプト社が製作した。
    5月上旬に搬入されてすでに展示されていたが、大々的に公開されるのは今回のイベントが初めてだ。

    重量は6000ポンド(約2725kg)あり、高さは11フィート(約3.3m)。ボディはカーボンファイバーとアルミ製で、ホイールは50インチと巨大。
    ソーラーパネルから得た電力を700Vのバッテリーに蓄え、モーターを駆動するEVで、砂丘や岩石、クレーターなどの上を、16〜24km/hで移動する。
    路面状況が良ければ、最高110km/h以上で走行することも可能。観測車両でもあるし、研究室として利用することもできる。乗車定員は4名。

    NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露
    https://resemom.jp/article/2017/06/12/38601.html






    ▼「NASA、カッコイイ火星探査車を公開」の続きを読む

    今夜6月9日はピンク色の満月「ストロベリームーン」 1年で1番小さい満月

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1496974704/

    1 : 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [RO] 2017/06/09(金) 11:18:24.94 ID:Aae7j07Q0.net BE:837857943-PLT(16930)

    初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!

    今年最小だけど最高にファンシー!

    「国立展文台」によると、今年のストロベリームーンは、月が地球にもっとも遠い位置にあるため、1年で1番小さい満月なのだとか。
    最大の大きさと比べると14%変わるようなので、肉眼でも変化に気づけるかも。

    それにしても、なぜピンク色に染まるのでしょうか?

    「The Telegraph」によると、夏至に近いため、太陽は高く、月は低くなります。ふたつの距離が離れると、空気の層にどんどん太陽の光が吸収されて、最後に残る赤色だけが月に反射され、この色になるそうです。

    http://tabi-labo.com/282017/strawberry-moon-2017




    ▼「今夜6月9日はピンク色の満月「ストロベリームーン」 1年で1番小さい満月」の続きを読む

    【宇宙】セ氏4300度「最も熱い」惑星発見

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496705399/

    1 : 自治郎 ★ 2017/06/06(火) 08:29:59.17 ID:CAP_USER9.net

    kf_hot_01

     東京大などの国際研究チームは、太陽系から約620光年離れた宇宙で、セ氏約4300度に上る惑星を見つけたとの研究結果をまとめた。

     観測史上最も熱い惑星で、太陽の表面温度(約5500度)に近い。5日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文が掲載される。

     この惑星は、「KELTケルト―9」という恒星のすぐ近くを、1日半で1周する。木星や土星に似た巨大ガス惑星で、重さは木星の約2・9倍。遠赤外線の観測で表面温度を推定した。

     恒星の間近を回る巨大ガス惑星は100個以上見つかっているが、いずれも3000度以下だった。チームの成田憲保のりお・東京大助教は「もっと外側の軌道から、恒星の近くへはじき飛ばされてきた可能性がある」と話している。

    (続きは会員登録で読めます)

    2017年06月06日 00時03分
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170605-OYT1T50156.html



    ▼「【宇宙】セ氏4300度「最も熱い」惑星発見」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る