「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    宇宙・オカルト

    【宇宙】「ZOZOTOWN」の前澤社長、月へ 「スペースX」の宇宙船で

    1 : 記憶たどり。 ★ 2018/09/18(火) 10:52:05.33 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180918/k10011633991000.html

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業、「スペースX」は17日、民間人を宇宙船に乗せて月を周回する計画について発表し、最初の搭乗者が衣料品通販サイト、「ZOZOTOWN」の運営会社社長 前澤友作さんになると明らかにしました。

    人を乗せた宇宙船が月を周回するのは、1960年代から70年代にかけてNASA=アメリカ航空宇宙局が進めたアポロ計画以来で、民間企業としては初めての試みとなります。



    K10011633991_1809181049_1809181050_01_03




    【宇宙】SpaceXの月周回旅行、最初の民間人乗客は日本人か 18日に詳細発表
    http://konoyubitomare.jp/archives/1072593870.html


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537235525/


    ▼「【宇宙】「ZOZOTOWN」の前澤社長、月へ 「スペースX」の宇宙船で」の続きを読む

    【悲報】トルコさん、グーグルのとんでもない真実を暴く

    1 : 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 07:41:18.03 ID:qCtdocSt0.net

    ガバガバアナグラムかな?






    3 : 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 07:42:49.44 ID:7M78jKxi0.net

    たし蟹



    6 : 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 07:43:08.87 ID:DbI0lx1i0.net




    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537224078/


    ▼「【悲報】トルコさん、グーグルのとんでもない真実を暴く」の続きを読む

    【宇宙】SpaceXの月周回旅行、最初の民間人乗客は日本人か 18日に詳細発表

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/09/16(日) 15:09:34.05 ID:eG0yUwLu0.net BE:762376718-PLT(12000)

    アメリカの民間の宇宙企業「SpaceX」は13日、世界初となる民間人による月の周回旅行について、最初の乗客と契約に至ったと発表した。

    SpaceXは13日、ホームページ上で「世界初となる民間人による月の周回旅行の最初の乗客と契約した」と発表した。
    SpaceXは去年、1週間かけて月を周回する宇宙旅行の計画を発表していて、ホームページでは宇宙船のイメージ画像も公開された。
    最初の乗客についてツイッター上で質問されたイーロン・マスクCEOが日本の国旗の絵文字をアップしたことから、契約したのは日本人との見方も出ている。
    SpaceXは日本時間の18日午前10時から乗客を発表するという。

    66f52_1110_20180915-075416-1-0000

    http://news.livedoor.com/article/detail/15309331/



    4 : 名無しさん@涙目です。 2018/09/16(日) 15:10:19.40 ID:e7XAfyfz0.net

    キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537078174/


    ▼「【宇宙】SpaceXの月周回旅行、最初の民間人乗客は日本人か 18日に詳細発表」の続きを読む

    【宇宙】太陽系の未知の惑星「プラネット・ナイン(太陽系第9惑星)」が発見されるまでにはあと1000年かかる模様

    1 : しじみ ★ 2018/09/10(月) 16:19:43.59 ID:CAP_USER.net

    地球が属する太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星に次ぐ第9の惑星「プラネット・ナイン」が存在していると考えられています。この惑星の存在自体はさまざまな観測データなどから90%以上の確率で間違いないと考えられていますが、科学者によると実際に人類がその姿を直接観測するまでにはあと少なくとも1000年以上待たなければならない模様です。

    "Planet Nine" Might Be Invisible, Hiding Beyond Neptune, Scientists Think - Advocator
    https://advocator.ca/science/planet-nine-might-be-invisible-hiding-beyond-neptune-scientists-think/5244

    Planet Nine might be invisible for at least 1,000 years - SlashGear
    https://www.slashgear.com/planet-nine-might-be-invisible-for-at-least-1000-years-03544238/

    プラネット・ナインは海王星よりも遠い軌道で太陽を周回していると考えられている惑星です。その軌道は大きな軌道離心率を持つと考えられており、最も太陽に近づいた時(近日点)でも太陽からの距離は地球の200倍である約200AU、最も遠ざかった時には約1200AUにもなると考えられており、確認されている中では最も遠い海王星よりも約7倍〜約20倍という遠さとなっています。

    プラネット・ナインは地球の10倍の質量と、2倍から4倍の大きさを持つと推定されていますが、太陽からあまりに遠い場所に存在するために地球から太陽光の反射をほとんど確認することができません。そのため、プラネット・ナインは理論上は存在が確認されているものの、望遠鏡などを使った光学観測でその姿を捉えることが極めて難しい天体とされています。

    no title

    上記の予想イラストに天体名や星座などを書き込んだ以下のイラストでは、右上あたりに太陽が描かれていますが、その周りにあるリングは海王星の太陽周回軌道。そのはるか手前に描かれたプラネット・ナインがいかに遠いところに位置しているのかを感じることができます。

    プラネット・ナインは氷でできた天体であると考えられていますが、先述の通り太陽からあまりに遠いために太陽の光を反射することができません。プラネット・ナインの見た目上の明るさは海王星の16万分の1とされており、光学観測でその姿を観察することはほぼ不可能と言って良いレベルです。

    さらに、プラネット・ナインは地球から見て天の川銀河が存在する方角に位置していると考えられています。天の川銀河は空気の澄んだ夜であれば肉眼でも確認できるほど「明るい」ものであるため、その手前にたとえプラネット・ナインが位置していたしても、天の川銀河の光にかき消されてしまうために、位置関係が改善されるまではその姿を観測することは絶望的であると考えられています。

    天文学者の予測によると、プラネット・ナインを観測できる状態になるまでにはあと1000年以上の時間が必要であるとのこと。

    https://gigazine.net/news/20180904-planet-nine-invisible-1000-years/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1536563983/


    ▼「【宇宙】太陽系の未知の惑星「プラネット・ナイン(太陽系第9惑星)」が発見されるまでにはあと1000年かかる模様」の続きを読む

    米国防総省、ミサイルの宇宙配備を検討

    008

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/09/10(月) 02:19:04.23 ID:CAP_USER9.net

    米国防総省は、中国とロシアからの高速ミサイルの脅威に対抗するため、宇宙へのミサイルと新型センサーの配備を検討している。
    国防総省幹部が4日、議会で開催されたミサイル防衛に関する会合で明らかにした。
    間もなく公表される国防総省報告「ミサイル防衛の見直し」で発表される。

    ■中露の脅威に対応

    ミサイル防衛に詳しいグリフィン国防次官(研究・技術担当)は、ミサイルの脅威は高まっていると、宇宙基盤の防衛力の整備の必要性を強調、人工衛星に発射筒を設置し、1000発のミサイルを搭載しても、費用は200億ドルで足りると、数千億ドルかかるという宇宙配備反対派の主張に反論した。

    中国は、米国攻撃を想定した新型極超音速ミサイルの試験発射を「数十回」実施、ロシアも誘導可能な極超音速ミサイルの開発を急いでいる。
    グリフィン氏は、これらのミサイルに対抗するには「宇宙なくしては不可能だ」と主張した。

    全文はソースで
    https://vpoint.jp/world/usa/119934.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536513544/


    ▼「米国防総省、ミサイルの宇宙配備を検討」の続きを読む

    準惑星に区分変更された冥王星、やっぱり惑星だった 研究者が「格下げ」に異議

    1 : しじみ ★ 2018/09/11(火) 14:05:21.50 ID:CAP_USER.net

    (CNN) 2006年にそれまでの惑星から準惑星へと区分が変更になった冥王星について、「格下げ」に異議を唱える声が一部の研究者から上がっている。当時の判断の根拠となった惑星の定義に関する説明がそもそも有効ではなかったというのが理由だ。

    国際天文学連合(IAU)は惑星の条件として、太陽の周りを公転する天体であること、球形もしくはそれに近い形状を維持していること、公転軌道上の他の天体を排除していることを挙げている。冥王星に関しては他の天体を排除できるだけの質量を有していないとの見方から、惑星の条件を満たしていないという結論が下った。

    準惑星への「格下げ」の決定をめぐってはこれまでも議論が起こっていたが、改めてこれに反論する内容の論文がこのほど米科学誌に掲載された。論文を執筆した研究チームは「他の天体の排除」という条件に着目。過去2世紀以上の文献を調べたところ、この条件を惑星の定義に使用している研究は、19世紀初頭に発表された1件のみだったという。

    研究チームはさらに、惑星を区分する基準が1950年代に改められたと指摘する。そこでは惑星かそうでないかを決定するのは、当該の天体がどのように形成されたかによるとされた。

    論文の主執筆者である米セントラルフロリダ大学のフィリップ・メッツガー氏は惑星の区分について、十分な質量があり、重力によって球形を維持しているかどうかを基準にするべきだと提言。それこそが「惑星の進化にとっての重要な段階であり、それが起きたときに天体内での活発な地質活動が始まるからだ」と主張した。



    https://www.cnn.co.jp/fringe/35125401.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1536642321/


    ▼「準惑星に区分変更された冥王星、やっぱり惑星だった 研究者が「格下げ」に異議」の続きを読む

    幽霊とかそういうの全く信じてない奴いたらこれ試してみてくれwwwwwwwwww

    8cd6d2afde3c4f49b6245203511e028a_s

    1 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/10(月) 03:42:59.601 ID:QdDyBSAx0.net

    『ペンと紙』を用意してください。


    そして、その紙に、端から平仮名で『おかえりなさい』と横書きしてください。

    霊感の強い方であれば、この時点で、なんらかの霊現象を感じとることが出来るそうです…。

    次の行に、『つかれたでしょ』と書き、ペンを置いてください。

    そして、『決して瞬きをせずに』紙を1分間見つめてください。

    これ実況付きでやってくれ
    俺は怖いから無理



    3 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/10(月) 03:44:04.260 ID:QdDyBSAx0.net

    お前らでも流石に怖いか



    5 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/10(月) 03:44:53.945 ID:yR5Dd/HU0.net

    瞬き無し一分はキツい



    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1536518579/


    ▼「幽霊とかそういうの全く信じてない奴いたらこれ試してみてくれwwwwwwwwww」の続きを読む

    【宇宙】仕事帰りに工場通って作った「リーマン衛星」、H2Bロケットで宇宙へ

    1 : しゅわっち'92 ★ 2018/09/09(日) 13:04:19.51 ID:CAP_USER.net

    AS20180907004319_comm

     宇宙好きの会社員や学生らが集まって作った人工衛星、名付けて「リーマンサット」。11日にも、H2Bロケットで宇宙に出発する。酒場で語った夢の実現に向け、カウントダウンが進んでいる。

     リーマンサットは、10センチ立方、重さ約1キロの超小型衛星(キューブサット)。カメラで地球を撮影したり、一般の人からのメッセージなど約6千通を地上に送ったりする。ロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に運んでから、来年3月までに宇宙に放出する。

     製作したのは、会社員や学生ら約350人でつくる一般社団法人「リーマンサットスペーシズ」のメンバーだ。きっかけは、東京・新橋で宇宙好きの3人が居酒屋で交わした会話だった。「自分たちでできる宇宙開発ってないかな」――。

    全文は下記URLで
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL9552RTL95ULBJ00F.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1536465859/


    ▼「【宇宙】仕事帰りに工場通って作った「リーマン衛星」、H2Bロケットで宇宙へ」の続きを読む

    【NASA】火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペに賞金1億円

    mars-2051748_640

    1 : しじみ ★ 2018/09/07(金) 16:26:05.46 ID:CAP_USER.net

    火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。

    このコンペで述べられている「有用な物質」は、具体的にはグルコースなどの糖を指しています。2018年現在、糖をベースにした生体材料は、「リソースやエネルギー、クルーの作業時間が限られている」という問題から宇宙で作り出すことができません。二酸化炭素から糖を作り出すシステムの開発は、この問題の解決の手がかりとなるわけです。

    糖は炭素と酸素を分子に持つため、糖を二酸化炭素から作りだすことは、理論上は可能。グルコースはエネルギーが豊富なだけでなく、代謝されやすいので、変換効率を最適化しやすいと考えられています。生成されたグルコースはバイオリアクターの燃料となり得るとのこと。

    NASA CO2 Conversion Challengeは2つのフェーズに分けられており、1つ目のフェーズは「二酸化炭素をグルコースに変換するシステムの詳細を提出する」というもの。アイデアを持っている人は2019年1月24日までにウェブサイトに登録を、2月28日までにアイデアの提出を行います。NASAは2019年4月にファイナリスト5人の発表を行う予定であり、ファイナリストに選ばれれば5万ドル(約550万円)を受け取ることとなります。

    2つ目のフェーズは、実際のシステムの構築とデモンストレーションを含み、勝者は75万ドル(約8300万円)を受け取ることができます。フェーズ1とフェーズ2を合わせた額が100万ドルというわけです。

    なお、応募資格の1つに「アメリカ国民であること」が含まれますが、アメリカ国外の国籍を持つ人であっても、アメリカベースのチームの一員として参加することが可能。応募は以下のウェブサイトから行えるようになっています。

    NASA CO2 Conversion Challenge
    https://www.co2conversionchallenge.org


    https://gigazine.net/news/20180906-nasa-competition-mars/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1536305165/


    ▼「【NASA】火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペに賞金1億円」の続きを読む

    【JAXA】再使用ロケット、2018年度末に飛行実験へ

    img1_file5a645e5d5e208

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/09/07(金) 21:13:10.23 ID:CAP_USER9.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、使い捨てずに繰り返し飛行できる「再使用型ロケット」の実験を2018年度末に能代ロケット実験場(秋田県能代市)で実施する方針を、政府の宇宙政策委員会の部会に報告した。
    全長7メートルの試験機を高度100メートルまで打ち上げ、垂直に着陸できるか試みる。

    米宇宙ベンチャーのスペースXが打ち上げ後のロケット回収に数多く成功している。
    JAXAは技術の確立を急ぎ、打ち上げコストの削減につなげたい考えだ。

    実験計画によると、垂直に立ったロケットを上空に打ち上げ、エンジンの制御などで立ったまま着陸させる。
    確実に着陸する飛行制御技術のほか、再使用に備えてエンジンの寿命を延ばす技術などを実証する。

    順調に実験が進めば、20年度以降にフランスやドイツの研究機関と共同で、陸上や海上の発射場に戻る将来のロケットにつながる飛行実験にも取り組みたいとしている。
    人工衛星などを載せるロケットは、燃料が燃え尽きたロケットを順番に切り捨てながら飛んでいく。
    中古のロケットを繰り返し使えれば、打ち上げコストが下がるとの期待がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3501619005092018TJM000/

    【宇宙】ロケットの再利用、JAXAが実験へ 垂直離着陸に挑戦
    http://konoyubitomare.jp/preview/edit/e4bfde7f652f31c12ea45b2184813bb0


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536322390/


    ▼「【JAXA】再使用ロケット、2018年度末に飛行実験へ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る