「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    宇宙・オカルト

    木星ってこの世のものとは思えないデザインしてるよな

    1 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:13:04.48 ID:ivfzo3Mf0.net

    495898027863171

    怖い



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518239584/


    2 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:13:23.94 ID:CzSdjCmra.net

    見てると不安になる



    3 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:13:53.43 ID:xZSfIry80.net

    これがとてつもなく巨大だっていうんだからな



    6 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:14:23.87 ID:ivfzo3Mf0.net

    >>3
    これに地球が飲まれたらって考えると恐ろしくなるわ



    4 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:14:04.13 ID:HxFzdRnS0.net

    大赤斑が魔王の目玉みたいに見える
    木星 - Wikipedia
    th_ishot-1
    少なくとも1831年には確認され、さらに遡る1665年には存在したと考えられる。計算では、この赤斑を作る嵐は安定しており、今後も惑星が存在する限り消えないとも言われ、これほど長期間にわたって維持されるメカニズムは解明していない。
    この楕円形の大赤斑の寸法は、長径2.4–4万キロメートル、短径1.2–1.4万キロメートルであり、地球2–3個がすっぽり納まる。最も盛り上がっている箇所は周囲よりも8km程度高い。反時計回りに回転しており、6日間かけて1周する。


    ▼「木星ってこの世のものとは思えないデザインしてるよな」の続きを読む

    【ロケット】米空軍、スペースX社開発の「ファルコン9」の一部が海に落下し沈まなかったので空爆で破壊

    1 : 虫くん ★ 2018/02/11(日) 00:04:10.49 ID:CAP_USER9.net

    米空軍、イーロン・マスク氏のロケット一部を破壊=メディア
    2018-01-31-214615

    米空軍はロケット「ファルコン9」の第一段目が空中で分解せず、大西洋に落ちたが沈まなかったため破壊した。「AmericaSpace」が関係者の話として伝えた。

    米宇宙ベンチャーのスペースXが打ち上げた「ファルコン9」の第一段目は通信「GovSat-1」を起動に乗せた後、大西洋に落下した。

    関係者によると、米軍機は漂流するロケットに空爆を行った。BBCの報道官はこの情報へのコメントを控え、スペースXに質問するよう求めた。同社はこの情報に対する発表をまだ行っていない。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201802104563567/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518275050/


    ▼「【ロケット】米空軍、スペースX社開発の「ファルコン9」の一部が海に落下し沈まなかったので空爆で破壊」の続きを読む

    【天文】太陽の黒点、1月から消失続く NASA「活動最小期への前兆」

    1 : 白夜φ ★ 2018/02/09(金) 23:58:40.07 ID:CAP_USER.net

    米航空宇宙局(NASA)の太陽観測研究チームは、「1月半ばから、太陽の黒点がほとんどない状態が2週間近く続いている」と発表した。昨年夏には、最強クラスの太陽フレア現象が発生したことは記憶に新しいが、太陽の活動サイクルは停滞期に移行しつつあるという。

    太陽の活動を継続観測しているNASAのソーラーダイナミクス天文台(SDO)は今月1日、「過去2週間にわたって、黒点が消失しているため、太陽が自転しているか把握するのが困難だ」と発表した。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23732.html

    2月1日の太陽。黒点が見えない(NASA/SDO)




    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1518188320/


    2 : 名無しのひみつ 2018/02/10(土) 00:00:10.58 ID:zyMHWpPg.net

    氷河期になるんけ



    17 : 名無しのひみつ 2018/02/10(土) 00:16:34.98 ID:NlJ24vgD.net

    >>2
    既にプチ氷河期を越えていたって話っぽいけどな
    温暖化で気づかれなかった…。



    48 : 名無しのひみつ 2018/02/10(土) 01:23:51.75 ID:nuGvFMtw.net

    >>2
    太陽停滞期ってのがあって、50年〜数百年続くんだよ。地球は寒冷化に向かう。



    ▼「【天文】太陽の黒点、1月から消失続く NASA「活動最小期への前兆」」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星探査機キュオリシティが撮影した火星の風景を公開

    1 : しじみ ★ 2018/02/07(水) 04:02:39.26 ID:CAP_USER.net

    火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像から作成したパノラマ映像が発表された。

    これまで360度をワンショットで捉えた画像は公開されていたが、風景を見渡す臨場感たっぷりの映像が公開されたのはこれが初めて。
    見ていると、自分が火星の地表に立っている気にさせられる。

    その映像は、米国カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所が発表したもの。
    2012年に火星に到着した探査機キュリオシティが、2017年10月25日に撮影した16の画像を元に作られている。


    〈クレーター内の高台からの眺め〉
    撮影時のキュリオシティは直径154kmのクレーターの中にいたが、そこは高さ327mの高台だったので、クレーターの外の様子も写っている。


    山脈のように見えているのは、クレーターの外周の盛り上がり。大気が非常に薄いので、
    クレーターの外にある遥か彼方の山も見える。


    NASAの科学者Ashwin Vasavada氏によれば、「キュリオシティがこれまで探検した場所をパノラマで一望するのは、我々にとっても初めてのこと」であるそう。

    発表された映像には、キュリオシティの着地点や、その後の移動経路が線で示されている。


    通常、火星の地表面は赤っぽく映るが、この映像では色調が調整されている。
    火星の岩や石と同じものが地球上でどんな色に見えるかをシミューレートし、我々の感覚で捉えられる色に直してあるとのこと。

    探査機キュリオシティは機械の老化や損傷が進んでいるが、現在も任務を遂行している。
    海外メディアによれば、先週も大量の観測データがNASAに送られて来たそうだ。

    Curiosity at Martian Scenic Overlook
    https://youtu.be/U5nrrnAukwI


    https://irorio.jp/sophokles/20180204/437354/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517943759/


    ▼「【宇宙】NASA、火星探査機キュオリシティが撮影した火星の風景を公開」の続きを読む

    【宇宙】国際宇宙ステーション初のバドミントン大会が行われる

    1 : プティフランスパン ★ 2018/02/07(水) 08:28:08.77 ID:CAP_USER9.net

    無重力でバドミントン 宇宙ステーションで初 金井さんも楽しむ
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318571000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008


    国際宇宙ステーションで初めてバドミントンの試合が行われ、日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんがアメリカとロシアの飛行士とともに無重力の中でのスポーツを楽しみました。
    ロシアの宇宙開発公社「ロスコスモス」は6日、「国際宇宙ステーションで初めてバドミントンの試合が行われた」と発表しました。

    試合には、去年12月から国際宇宙ステーションに長期滞在している金井宣茂飛行士のほか、ロシア人とアメリカ人の飛行士が参加し、ダブルスで対戦したということです。

    公開された映像では、半袖に短パン姿の金井さんたちが船室の両側に分かれ、無重力の中で体を回転させたり滑るように移動したりして、ラリーを楽しんでいました。

    ロシア・バドミントン連盟はコメントを発表し、「試合は特別な宇宙のルールで行われた。点数はつけなかったため、すべての選手を勝者とする」と、飛行士たちの健闘をたたえました。

    https://youtu.be/FeNzymairOw




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517959688/


    ▼「【宇宙】国際宇宙ステーション初のバドミントン大会が行われる」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、現存最大能力のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げに成功

    1 : ノチラ ★ 2018/02/07(水) 09:10:50.27 ID:CAP_USER.net

    K10011318581_1802070711_1802070715_01_02

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業「スペースX」が、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功しました。

    「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケット「ファルコン・ヘビー」を開発しました。

    今回、南部フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで、このロケットを試験的に打ち上げることになり、現地時間の6日午後3時45分(日本時間7日午前5時45分)、49年前に初めて人類を月面に送り込んだアポロ計画でも使われた発射台から飛び立ちました。

    このロケットは、従来のロケットを3機束ねた形をしており、全長は70メートル、日本のH2Bロケットの3倍以上にあたるおよそ64トンの物資を地球を回る軌道に運ぶ能力があります。

    ロケットの先端部分には、スペースXのイーロン・マスクCEOが所有する赤い電気自動車が載せられていて、打ち上げからおよそ3分後、この車を搭載した先端部分を切り離すことに成功しました。

    順調にいけば、この車はおよそ6か月かけて火星に向かう軌道に乗るということです。

    今回打ち上げられた「ファルコン・ヘビー」は、3機あるうちの両側の2機のロケットは再利用されており、スペースXでは、ほかのロケットの3分の1の費用で2倍の物資を運ぶことができるとしています。

    打ち上げにかかる費用は、日本のH2Bロケットよりも安いおよそ9000万ドル(日本円でおよそ100億円)だということです。

    no title

    2本のブースターが着陸するgif
    ZVXzXw

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318581000.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1517962250/

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517972776/


    ▼「【宇宙】スペースX、現存最大能力のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げに成功」の続きを読む

    【古代遺跡】古代マヤ人が封印した秘密トンネルの発掘開始、「地下世界への入り口」か

    1 : みつを ★ 2018/02/06(火) 02:13:26.33 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35114250.html

    (CNN) メキシコ南東部ユカタン半島のチチェンイツァ遺跡で今月から、古代マヤ人が年百年も前に封鎖した秘密のトンネルの発掘作業が開始される。マヤ人が残した巨大ピラミッドの地下に通じている可能性もあり、マヤ文明の信仰について解明を深める手がかりになると期待される。

    考古学チームはトンネルの発掘によって、「セノーテ」と呼ばれる隠された水中洞窟に到達したい考え。水中洞窟のセノーテは、マヤ文明にとっては生活を支える存在だっただけでなく、独特の宇宙観の中心でもあった。

    マヤ人が雨の神「チャク」のために人をいけにえとしてささげる儀式を行っていたことも、その重要性を物語る。

    「マヤ人にとって、セノーテは地下世界への入り口だった」。発掘プロジェクトを率いる考古学者のギエルモ・デアンダ氏はそう解説する。「マヤの宇宙観は、天と地と地底の3つの層で構成されていた」「地底は非常に重要だった。生命の起源と考えられており、宇宙を構成する層の間の均衡が乱れると、干ばつや飢饉や疫病をもたらすと考えていた」「そこで地底の神々との平和を保たなければならないと考え、供物を捧げていた」

    マヤは16世紀以前に栄えた世界でも有数の古代文明で、特に考古学的な価値が大きいチチェンイツァは5世紀から6世紀にかけて建設されたが、スペインに征服されるまでには大部分が放棄されていた。

    構造物の中で群を抜く大きさの4面構造ピラミッド「エルカスティーヨ」は、羽毛の生えた蛇の神ククルカンの神殿で、高さは24メートル。それぞれの面に91段の階段があり、上部の石段を合わせた合計は、1年の日数と同じ365段になる。

    チチェンイツァではこれまでに4つのセノーテが発見されているが、メキシコの科学者が2年前、エルカスティーヨの地下に隠されたセノーテがあることを突き止めていた。

    今回の発掘に挑むデアンダ氏のチームは、先月、世界最大の水中洞窟を発見したことで知られる。

    同チームは昨年11月、チチェンイツァの小さなピラミッドから伸びた2本の地下トンネルを探検。このトンネルがエルカスティーヨの地下に通じることを期待したが、マヤ人が意図的に石を積み上げて通路をふさいでいた。

    チームは今回、現場へ戻り、トンネルを掘削してエルカスティーヨの地下にあるセノーテへの入り口を見つけたい意向。発掘には3カ月ほどかかると見込んでいる。

    現在見つかっているセノーテは、エルカスティーヨの東西南北の方角にそれぞれ面している。デアンダ氏によれば、エルカスティーヨの地下にあるセノーテは、世界の中心を意味する5番目の方角を表すと考えられ、マヤ人はこれを「生命樹」と呼ばれる巨大な樹木として描写しているという。

    チチェンイツァ遺跡にある地下水をたたえた洞窟(セノーテ)。上部から陽光が降り注ぐ
    maya-aquifer-sunlight-sinkhole-exlarge-169

    チチェンイツァ遺跡の構造物で群を抜く高さを誇るピラミッド「エルカスティーヨ」
    maya-aquifer-mexixan-man-exlarge-169



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517850806/


    ▼「【古代遺跡】古代マヤ人が封印した秘密トンネルの発掘開始、「地下世界への入り口」か」の続きを読む

    自衛隊ヘリが墜落した現場に墓がいっぱいあって怖い件・・・

    1 : 名無し募集中。。。 2018/02/06(火) 12:47:16.90 0.net

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1517888836/


    3 : 名無し募集中。。。 2018/02/06(火) 12:48:28.91 0.net

    あー



    6 : 名無し募集中。。。 2018/02/06(火) 12:49:00.80 0.net

    これマジ?



    11 : fusianasan 2018/02/06(火) 12:56:07.06 0.net

    おいおい・・マジで怖いやつじゃねーか



    ▼「自衛隊ヘリが墜落した現場に墓がいっぱいあって怖い件・・・」の続きを読む

    【宇宙】銀河系外で初の惑星発見 38億光年先

    1 : 自治郎 ★ 2018/02/04(日) 21:15:43.59 ID:CAP_USER9.net

     38億光年先の銀河に惑星が存在することが分かったと、米オクラホマ大のチームが4日までに天文学の専門誌に発表した。太陽系がある「天の川銀河(銀河系)」の中では、これまでに3000個以上の太陽系外惑星が発見されているが、別の銀河で存在が示されたのは初めてとしている。

     チームによると、この銀河には、月から木星ぐらいまでの重さの惑星が約2000個、太陽のような恒星の重力に束縛されずに浮遊しているという。

     この銀河は2014年、コップ座の方角の61億光年先にある巨大なクエーサーと呼ばれる天体の手前を横切った。(共同)

    最終更新 2月4日 19時54分
    https://mainichi.jp/articles/20180205/k00/00m/040/051000c

    約2000個の惑星がある銀河(中央)と、重力レンズ効果で周りに四つあるように見えるクエーサー




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517746543/


    ▼「【宇宙】銀河系外で初の惑星発見 38億光年先」の続きを読む

    【宇宙】13年間行方不明だった人工衛星みつかる。NASAがID確認、再び観測可能か試験も

    1 : しじみ ★ 2018/02/02(金) 01:05:47.45 ID:CAP_USER.net

    2005年に地上との交信が途絶えてしまい、その後行方がわからなくなっていたNASAの人工衛星IMAGE(Imager for Magnetopause-to-Aurora Global Exploration)が、13年ぶりに発見されました。アマチュア天文家が1月20日に謎の電波をキャッチし、NASAがIMAGE衛星だと確認したとのこと。
    IMAGE衛星は地球磁気圏を観測し、太陽風が与える変化を観測するために2000年に打ち上げられた人工衛星。
    当初2002年までだった予定を延長して観測を続けていたものの、2005年に衛星が地球の影に入る"食"の状態になったあと、通信再開に失敗。
    なんどか回復を試みたものの復旧はできず、ミッション終了を告げられていました。

    ところが今月はじめ、SpaceXが打ち上げた謎の衛星ZUMAを探していたアマチュア天文家が、ZUMAとは違う謎の電波を受信。IMAGE衛星ではないかとNASAに報告しました。

    しかしNASAにはすでにIMAGE衛星と通信するための環境はなく、技術者たちはリバースエンジニアリングの手法を用い、2週間かけてIMAGE衛星用の通信システムを再構築しました。
    メリーランド州のジョンズ・ホプキンズ応用物理学研究所は、衛星から受信したテレメトリーデータを解析し、信号に含まれていたID情報からそれがIMAGE衛星で間違いないことを確認しました。

    NASAは今後数週間をかけてIMAGE衛星が送ってきているデータを解析し、衛星の現状を確認するとともに観測機器類の電源をオンにしてそれが動作するかどうかを確かめる予定です。



    http://japanese.engadget.com/2018/01/31/13-image-nasa-id/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517501147/


    ▼「【宇宙】13年間行方不明だった人工衛星みつかる。NASAがID確認、再び観測可能か試験も」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る