「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    アフガニスタン

    アフガン人「かわいい男の子に女装させて踊らせたろ!」

    1 : 風吹けば名無し 2018/04/14(土) 20:37:32.30 ID:aoUdq2D00.net





    ええんか?

    バッチャ・バーズィー - Wikipedia
    アフガニスタンにおいて、バッチャ・バーズィー(バチャ・バズィ)とは、同性愛的な小児性愛や少年愛をその意味内容の中に含む、幅広い意味合いを持つスラングである。バッチャ・バーズィーは歴史を通じて存在し、現在はアフガニスタンのいくつかの場所で行われているという報告がある。

    精神的な威迫が行われたり、物理的な暴力が振るわれたりすることもまれではないが、アフガニスタンの警察官らは、バッチャ・バーズィー関連行為の関係者が、権力をもち重武装した軍閥の頭目であったりするため、そのような暴力を止められないと主張する。

    1994年から2001年まで続いたターリバーン支配下において、バッチャ・バーズィー行為は死刑。現在のアフガニスタンの法律下においても、「シャリーアに背き、民法典にも違反する」として違法であるが、加害者が権力者である場合にはめったに罰せられることがないばかりか、警察まで関連犯罪の共犯となっていると言われている。



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1523705852/


    ▼「アフガン人「かわいい男の子に女装させて踊らせたろ!」」の続きを読む

    【怒りのアフガン】タリバンに拉致された男、銃を奪い7人殺害18人を負傷させ脱出

    94168e10011d91189a6335600b44c69c

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/03/16(金) 08:09:40.53 ID:f9/9Jgru0.net BE:754019341-PLT(12345)

    タリバンに拉致されたアフガン人男性、脱走に成功 銃奪って7人殺害
    http://www.afpbb.com/articles/-/3167555

     アフガニスタンの旧支配勢力タリバンに捕らえられていた男性が、タリバンのメンバーらが祈りを行っている最中に銃を奪って発砲し、7人を殺害して劇的な脱走に成功していたことが明らかになった。現地当局が15日、明らかにした。

     州治安当局の幹部であるアブドゥル・ラウフ・マスード氏がAFPに語った話によると、アワル・カーンさんと地元の警察官1人が14日、同国東部パクティカ州を車で移動中に拉致された。

     この警察官は殺害された一方で、アワルさんは同州ゴーマル郡にあるタリバンの施設に連行され、数時間監禁された。

     マスード氏によると、アワルさんは手錠をかけられていたものの、午後の祈りの間にタリバンのメンバーのうちの1人から武器を奪って発砲。

     州知事報道官のムハンマド・ラーマン・アヤズ氏は、「アワル・カーンはタリバンのメンバー全員に銃弾を浴びせ、7人を殺害し18人を負傷させた」と明らかにした。

     タリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官もAFPに対し、2人を拉致し、アワルさんが戦闘員に発砲した事実を認めたものの、犠牲者は3人だったとしている。

     アヤズ氏によると、その後アワルさんはタリバンが所有するトラックで逃走したという。



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521155380/


    43 : 名無しさん@涙目です。 2018/03/16(金) 08:20:47.52 ID:9prR07zB0.net

    とんだランボー者だな



    45 : 名無しさん@涙目です。 2018/03/16(金) 08:20:56.17 ID:mVds1hkj0.net

    ランボーもびっくり



    ▼「【怒りのアフガン】タリバンに拉致された男、銃を奪い7人殺害18人を負傷させ脱出」の続きを読む

    【画像】アフガニスタンの女子サッカーチームのユニフォームが全身タイツのようだと話題に

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1457836223/

    1 : フロントネックロック(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 11:30:23.11 ID:0a3NB3+d0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典







    アフガニスタンのサッカーチームが新しいユニフォームを発表しました。
    女子のユニフォームにはヘジャブ付きです。
    左から二番目がヘジャブ付きのものですね。ユニフォームにヘジャブがつくのは今回初めてになります。
    二年前にFIFAはルールを改正し、同じ色を使い、かつ、シャツに取り付けない限りにおいて、
    頭を覆う形のユニフォームを容認しています。
    今回の赤のヘジャブはインナーの一部で、インナーの袖は手首までカバーしています。
    これでアフガニスタンの女性アスリートは希望すれば頭からつま先まで覆ってピッチに立つことが可能になります。
    デザインはデンマークのヒュンメル。前キャプテン、カリダ・ポパルさんが協力しました。
    ポパルさんは身の安全のため国を離れるまでに20回にわたってチームを率いて戦ってきました。
    ポパルさんは女性の権利を支持し、女子サッカーチームを築き上げてきたことで、殺害すると脅されていました。
    ポパルさんは『ピープル』に対し、「私たちの国はイスラム教国ですし、政府も人々も女子代表チームにヘジャブを着用してほしいと考えているので、
    チームメイトにとってかなりの困難がありました。私たちチームはとても暑い南アジアの国々を回っていて、大きいスカーフを首や頭に巻いてプレーするのはとても大変だったのです。」と語っています。
    http://www.lifeaction.top/世界/56471569.html



    ▼「【画像】アフガニスタンの女子サッカーチームのユニフォームが全身タイツのようだと話題に」の続きを読む

    【アフガン米軍誤爆】アメリカ、国境なき医師団の病院をAC-130により15分間隔で断続的に誤射

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444494305/

    w628

    1 : ジャンピングDDT(千葉県)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:25:05.15 ID:APJu4n/80.net BE:663621836-PLT(12001) ポイント特典

    国境なき医師団によると、死傷したスタッフは計31人。アフガン現地時間の3日午前2時8分から同3時15分にかけ、クンドゥズ州にある国境なき医師団の外傷病院が約15分間隔で空爆を受けた。
    病院の主要ビルのほか、集中治療室、救急処置室、物理療法病棟の入った建物が繰り返し、正確に爆撃された。
    http://blogos.com/article/137356/

    アメリカ空軍のAC-130ガンシップが、2015年10月3日早朝、アフガニスタン・クンドゥーズにある国境なき医師団(MSF : Medecins Sans Frontieres)運営の病院を誤って攻撃し、19人を死亡させました。

    アメリカ軍関係者によるとAC-130は、アフガニスタン兵に助言をしているアメリカ特殊作戦部隊からの要請で、タリバンの施設を攻撃していました。

    犠牲者は病院スタッフ12人と患者7人で、そのほか37人が負傷した模様です。
    アメリカのオバマ大統領は犠牲者へ哀悼の意を表明し、アッシュ・カーター国防長官は調査を約束しています。

    MSFは10月4日、国際機関による調査を要求しています。
    この事件により、アフガニスタンで反米感情が強まるのは必至で、アメリカは苦境に立たされています。

    http://flyteam.jp/news/article/55440

    AC-130 - Wikipedia
    AC-130は、ロッキードC-130 ハーキュリーズ輸送機に重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。


    ▼「【アフガン米軍誤爆】アメリカ、国境なき医師団の病院をAC-130により15分間隔で断続的に誤射」の続きを読む

    「コーラン焼いた」と女性殺害、4人に死刑判決―アフガン

    1 : えりにゃん ★ sage 2015/05/06(水) 20:19:00.34 ID:???*.net

     【カブールAFP=時事】アフガニスタンの裁判所は6日、首都カブールで3月、女性(27)がなぶり殺しにされた事件で、男4人に死刑判決を言い渡した。女性と口論になった物売りが、報復のため女性がイスラム教の聖典コーランを燃やしたと言い触らし、怒った群衆に襲われた。判決公判に臨んだ父親は「勉強のできる娘だった。犯罪者が罰せられるべきだ」と述べた。

     女性を襲った群衆はリンチの後、河原で遺体に火を付けた。一部始終が録画されネット上に出回ったため、激しい抗議が起きていた。

     事件に絡み49人が起訴され、死刑判決を受けた4人以外は8人が禁錮16年だった。
    全員、控訴が可能で、18人は無罪となった。残る19人は傍観していた警官で、判決は10日に言い渡される。まだ主犯3人が逃亡している。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000066-jij-asia
    写真は、カブールの法廷に立つ被告たち




    ▼「「コーラン焼いた」と女性殺害、4人に死刑判決―アフガン」の続きを読む

    アフガニスタンの少女たちがスケボーを乗りこなす意外な理由

    1 : ファイヤーバードスプラッシュ(catv?)@\(^o^)/ sage 2015/04/22(水) 13:35:10.45 ID:A78Lz9IJ0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    アフガニスタンでは、女性が自転車に乗る事を禁じられています。また、服装の制限などで、スポーツをしたくてもできない場合がほとんど。そんな少女たちの間で最も人気のあるスポーツが「スケートボード」です。

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/Jessica-Fulford-Dobson_03.jpg

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/Jessica-Fulford-Dobson_05.jpg
    スケートボードの普及を最も支持しているのが、非営利団体の「スケーティスタン(skateistan)」。
    オーストラリア人のオリバー・ペルコビッチ氏によって設立されたスケートボードの学校で、スケートボード指導に加え、国際文化交流や勉強なども一緒に行う教育機関。生徒の約40%は女性だそうです。

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/Jessica-Fulford-Dobson_02.jpg
    しかしアフガニスタンは、タリバン政権が崩壊するまでは女性がスポーツや学校へ行くことは一切禁じられていました。その価値観は根強く、最初に団体を立ち上げたときは大人からの反対意見も多かったそうです。

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/slider_1.jpg

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/skateistan-skateboarding-girls-afghanistan-jessica-fulford-dobson-3.jpg
    しかし今、アフガニスタンは全国民の半数が16歳以下と、深刻な低年齢化が進んでいます。国民の大半を占める若い世代が、いかに知識をつけ、次の時代をつくるために必要な「発言する力」を身につけられるか。大きな課題となっています。

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/Jessica-Fulford-Dobson_01.jpg
    ただ、スケートボードが普及するにつれ、つまり多くの人がスケーティスタンの存在を知ることで、少しずつ環境は変わってきました。


    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/2015-03-08-women-day_mg_9170.jpg

    http://feely.jp/wp-content/uploads/2015/04/girls_take_the_fountain_22-1.jpg
    パフォーマンスや遊びの印象も強いスポーツですが、視点を変えればこのような普及も可能なのです。そんな彼女達のリアルが描かれたドキュメンタリーも発信されています。
    https://youtu.be/93eSM9mWkkk

    http://feely.jp/18296/



    ▼「アフガニスタンの少女たちがスケボーを乗りこなす意外な理由」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る