「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    インド

    インド人「NASAに売る落雷から発電する魔法の銅板に出資して」と宇宙服を着て公開実験 → 投資詐欺で逮捕

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/11(金) 00:29:38.48 ID:b5QIru+E0.net BE:416336462-PLT(12000)

    偽の宇宙服を用意し、米航空宇宙局(NASA)にも採用される見込みの「落雷から発電する魔法の銅板」を開発中だとうたって実業家から20万ドル(約2200万円)超相当をだまし取った親子が、インドで逮捕された。インド・ニューデリー警察が9日、発表した。

    問題の装置は、「落雷に打たれた」ことで磁気を帯び米粒を引き寄せることができるようになった希少な銅を用いているとされ、親子は俳優を雇い「宇宙服」を着せて偽の実験を披露。発明を完成させるために資金が必要だと説明して被害者をだましていた。
    しかし、行われる予定の実験が悪天候などを理由に何度も延期されることにニューデリーの実業家が違和感を抱き、親子に大金を渡した事実を警察に話したことから詐欺が発覚。警察は9日、「偽宇宙服」を着せた容疑者親子の写真と動画を公開した。

    容疑者親子は「薬効がある」とうたってヘビを1匹2万5000ドル(約270万円)超で売った容疑で逮捕され、保釈中だった。(c)AFP

    全文はソースで
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174081






    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525966178/


    ▼「インド人「NASAに売る落雷から発電する魔法の銅板に出資して」と宇宙服を着て公開実験 → 投資詐欺で逮捕」の続きを読む

    心も体も生後6か月のままの23歳男性 「ヒンドゥー教の神の化身」として崇められる

    1 : 風吹けば名無し 2018/05/06(日) 17:27:16.45 ID:WAXD9rAG0.net

    インドのパンジャーブ州に住むジャグター・シンさんとマンジート・カウアさん夫妻に23年前の1995年、元気な男の赤ちゃんが産まれた。名前はマンプリートと名付けられ、両親に大事に育てられた。

    しかし生後6か月頃から彼に異変が起きた。身長や体重に増加が見られず、1歳になる頃には成長が完全に止まってしまったというのだ。

    当時、両親は地元の開業医であるヘムラジ医師を頼ったところ、「稀な病気で甲状腺になんらかの異常がある」と診断されたが、正確な原因を知るためには高額な検査費用が必要とのことだった。

    現在23歳になったマンプリートさんは身長60センチ、体重は5キロほどで外見や精神年齢も幼児のままだ。

    きちんとした会話をすることはないが、時にはマアア(お母さん)やママ(おじさん)などの言葉を話し、ジェスチャーを使いコミュニケーションをとることもある。また普通に笑ったり泣いたり、叫んだりもしているという。

    そんなマンプリートさんは、12歳の頃から地元で「ヒンズー教の神の化身」と崇められており、毎日礼拝に訪れる人もいるという。









    http://news.livedoor.com/article/detail/14674221/



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1525595236/


    ▼「心も体も生後6か月のままの23歳男性 「ヒンドゥー教の神の化身」として崇められる」の続きを読む

    【インド】16歳少女を暴行した男2人、処罰(腹筋100回と約8万円の罰金)に激怒し少女に火を付け殺害

    1b16f2294d49b73d2edb62efa0c3ae09_s

    1 : すらいむ ★ 2018/05/05(土) 21:24:37.97 ID:CAP_USER9.net

    16歳少女、強姦された翌日に火を付けられ殺害される インド

    【AFP=時事】インド東部ジャルカンド州で、16歳の少女が男2人に強姦された翌日、自宅で同じ2人に生きたまま火を付けられ殺害される事件が起きた。警察当局が5日、明らかにした。

     地元の警察官によると、少女は、家族が結婚式に出席するため留守中だった3日に自宅から男2人に拉致された後、森林で強姦された。

     少女が拉致され、強姦されたと家族から訴えを受けた地元の村議会は、容疑者の男たちに対して腹筋100回と5万ルピー(約8万円)の罰金を命じた。
     インドの農村部では、住民が時間と費用のかかる司法制度を利用せず、長老が集まっている村議会に問題の解決を依頼することが多い。

     警察によれば、男たちはこの処罰に激怒。
     AFPの取材に応じた地元警察の幹部は、「男2人は両親を殴打した後で一家の自宅に急いで向かい、仲間の手を借りて少女に火を付けた」と述べた。
     男2人はその後、逃走。警察は、特別捜査チームを立ち上げ、捜査にあたっていることを明らかにした。

     インドでは性犯罪が厳罰化されたにもかかわらず、暴力的な性犯罪が繰り返されている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14673770/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525523077/


    ▼「【インド】16歳少女を暴行した男2人、処罰(腹筋100回と約8万円の罰金)に激怒し少女に火を付け殺害」の続きを読む

    【悲報】「アベンジャーズ」鑑賞中の男性、あまりの鬱エンドにショック死する

    60bec28f-6f50-458d-9ffa-0f4cea5a78d9

    1 : ごま塩りん 2018/05/04(金) 18:19:00.27 ID:Yydj7PP8H.net

    これはしゃーない。。 

    マーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』鑑賞中に観客が死亡 ─ 座席で両目を開いたまま | THE RIVER
    衝撃的な展開が次々と待ち受けるマーベル・スタジオ映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を鑑賞中、観客の一人が死亡する事件が起こった。

    この悲劇が発生したのは、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州の都市カダパの劇場。建設作業員のPeddapasupula Baashaさん(43)が、上映終了後も座席を動かない状態で発見された。マーベル映画はエンディング後にも映像が続くことで知られるため、Baashaさんもお楽しみのシーンを待っているのかと思われたものの、全ての映像が終了しても動かなかった。劇場のスタッフが近寄って3Dメガネを外すと、両目を見開いたまま死亡していたという。



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1525425540/


    3 : 風吹けば名無し 2018/05/04(金) 18:19:52.10 ID:pBFTNInKp.net

    全然鬱エンドやないやん



    5 : 風吹けば名無し 2018/05/04(金) 18:20:15.44 ID:Yydj7PP8H.net

    >>3
    アベンジャーズ全滅だが



    ▼「【悲報】「アベンジャーズ」鑑賞中の男性、あまりの鬱エンドにショック死する」の続きを読む

    【インド】蛇の毒を治療するために牛の糞に生き埋めにされた女性、窒息死

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/04(金) 01:54:01.94 ID:vcvovPG80●.net BE:887141976-PLT(16001)

    迷信で言い伝えられている治療を行うため、生きたまま牛の糞尿に生き埋めにされた女性が窒息死した

    事件はインド北部のウッタル・プラデーシュ州の農村で5月2日に起きた。5人の子どもを育てる35歳の女性、デベンデリが家で使う薪を集める際に蛇に手を噛まれてしまった。

    夫は病院に釣れて行こうとせずに村人のムラーリーという人物に助けを求めた。
    ムラーリーは「牛の糞を全身に塗った場合、毒が抜ける。この方法で治癒することができると確信している」と述べた。

    夫とデベンデリはその言葉を信じ、ムラーリーは数十人の村人が見守る中、デベンデリを足から頭まで全身牛の糞で覆った。その後75分放置したあと、牛の糞の中にいるデベンデリを確認したところ、彼女は死んでいた。
    死因は皮肉にも蛇の毒ではなく窒息死である。

    夫は「儀式は成功すると思ったのに、まさかこんなことが起きるなんて。私は本当に彼女が治ると思っていた」と語った。

    このムラーリーという人物は動物に噛まれた傷を治すことで有名な人物だった。

    http://gogotsu.com/archives/39511






    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525366441/


    ▼「【インド】蛇の毒を治療するために牛の糞に生き埋めにされた女性、窒息死」の続きを読む

    【インド】女児に見せかけようと…偽医者が新生児の男性器切断し死なせる

    surgery-688380_640

    1 : みつを ★ 2018/04/28(土) 01:52:06.03 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3172901?act=all

     インドで、女の子を出産したと母親に信じさせるため、偽医者の男2人が新生児の男性器を切断して死なせるという出来事があり、警察が男らの行方を追っていることが分かった。当局が27日、明らかにした。

     同国東部ジャルカンド州チャトラ地区の医療当局幹部によると、同地区で違法に運営されていた診療所で、男らは妊娠8か月の女性に偽の超音波検査を行い、女の子が生まれると言い、出産するために緊急手術が必要だと伝えたという。

     しかし24日、新生児が男の子だと判明すると、2人は新生児の性器を切断して肢体の不自由な女の子に見せかけた。

     検視の結果、新生児は間もなく失血死していたことが分かっている。

     この幹部はAFPの取材に対し、「2人は違法に診療所を運営し、検査などの医療処置を行っていたが、医学に関するいかなる学位も取得しておらず、信じやすい患者から金をだまし取っていた」と話した。

     殺人および詐欺の疑いがかけられている2人は、新生児の家族が警察を訪れた25日以降、行方をくらましているという。

     この診療所は違法とされている出産前の性別検査を行っていた。母親は複数回、ここで検査を受けていたという。(c)AFP



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524847926/


    ▼「【インド】女児に見せかけようと…偽医者が新生児の男性器切断し死なせる」の続きを読む

    【インド】デブ州知事「インターネットを発明したのは古代のインド人である」

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/04/26(木) 02:30:45.19 ID:CAP_USER9.net

    インドの政治家が『インターネットを発明したのは古代のインド人である』と主張したと話題になっています。

    Ancient India Invented the Internet, a Politician Claims - The Atlantic
    https://www.theatlantic.com/technology/archive/2018/04/india-ancient-internet/558725/

    インドのトリプラ州知事を務めるビブラブ・クマール・デブ氏は、「インド人の技術は古代から非常に発展して洗練されており、マハーバーラタの時代からインターネットと衛星通信システムを持っていた」と主張したそうです。

    マハーバーラタは世界の始まりから古代インドの大戦争について語られた、インドの国民的な叙事詩です。
    デブ氏によると、マハーバーラタに描かれた王が自軍の戦闘状況をリアルタイムで把握することができたのは、古代のヒンドゥー教徒が作ったインターネットシステムによるものだとのこと。

    インドのソーシャルメディアではデブ氏の発言を受けて、最初はデブ氏に対する不信感を募らせる発言が沸き起こったものの、次第に嘲笑的な論調が増えてきたとのこと。
    「ソーシャルメディアがトリプラ州知事の『インターネットマハーバーラタ起源説』に反応」「親愛なるトリプラ州知事よ、あなたは正しい。インターネットはマハーバーラタの時代に起こったのである」といったさまざまな反応がネットを中心に寄せられ、RedditのユーザーであるCuriousNoobKidさんは「古代インド人のトレント技術」と題したネタ画像を投稿しました。
    01_m

    デブ氏は現インド首相であるナレンドラ・モディ政権与党の、インド人民党の政治家です。
    「全てのインド人は『インドは世界で最も優れた国である』という共通認識を持つべきであり、私は他の国々になかった技術を昔のインドが持っていたことを誇りに思う」とデブ氏は述べており、インド人が自らの文化と歴史をより誇りに思うべきだと主張しています。

    デブ氏


    https://gigazine.net/news/20180425-politician-claims-india-invented-internet/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524677445/


    ▼「【インド】デブ州知事「インターネットを発明したのは古代のインド人である」」の続きを読む

    10年以上前に絶滅したサメ、市場で普通に売られているのが見つかる

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/23(月) 14:43:24.91 ID:T6sbwbsy0●.net BE:887141976-PLT(16001)

    10年以上前に絶滅したはずのサメが魚市場で普通に売られているのが目撃された。
    絶滅したはずのそのサメはインドのムンバイの市場で取引されていたと報告。

    写真のサメがその絶滅したはずのサメで、ガンジス川に住んでいる「ガンジスメジロザメ」という海水と淡水に生息する非常に珍しいサメ。このサメは非常に気性が荒いことで有名で、目が非常に小さいのが特徴。

    ただガンジスメジロザメが最後に目撃されたのは2006年が最後だということ。
    その後は目撃もされず絶滅したと思われたが、市場で遺体で発見された。

    世界自然保護連盟(IUCN)によるとガンジスメジロザメは絶滅寸前の状態で、「深刻な絶滅危惧種」に分類されている。そんなガンジスメジロザメが生きたまま捕獲されたのは珍しく、生態や特徴については研究されていない。

    また専門家は「生きているガンジスメジロザメを見た人はほとんどいない。
    長い時間姿を消していたガンジスメジロザメが市場で販売されたという事実は残念だ」と述べた。

    ガンジスメジロザメが絶滅した理由は乱獲や生息地破壊のためだという。

    http://gogotsu.com/archives/39287




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524462204/


    ▼「10年以上前に絶滅したサメ、市場で普通に売られているのが見つかる」の続きを読む

    インドカレー屋に来たで!

    1 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/15(日)21:18:13 ID:D5d

    はよはよ?




    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523794693/


    2 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/15(日)21:19:16 ID:3x5

    コース頼んで死ぬほどの量来そう



    3 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/15(日)21:21:03 ID:D5d

    >>2
    チーズナンセットや




    ▼「インドカレー屋に来たで!」の続きを読む

    カノッジョ「カレーは何肉がいい?」ワイ「豚肉!」

    syokuji_curry_man


    1 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:23 ID:WmU

    そして出てくる牛肉カレー

    牛肉も美味いやね



    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523194103/


    2 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:48 ID:Gib

    鹿でしょ



    5 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:11 ID:WmU

    >>2
    猟師やないぞ



    3 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:50 ID:sfh

    カノッジョムスリムか?



    4 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:57 ID:INu

    イスラム教徒でしょ。



    6 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:19 ID:WmU

    >>3
    >>4
    浄土真宗やぞ



    7 : 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:29 ID:JTP

    ほんとは彼女なんていないんでしょ…



    ▼「カノッジョ「カレーは何肉がいい?」ワイ「豚肉!」」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る