bear-422682_960_720


1 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:45:09.76 ID:IWpBjFF7r.net

福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件とは、1970年に起きた国内史上4番目に大きな被害を出した獣害事件である。

【事の始まり】
1970年7月12日、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の竹末一敏(リーダー)、滝俊二(サブリーダー)、興梠盛男、西井義春、河原吉孝の5名は、
福岡から北海道の日高山脈に出発した。
14日に到着し入山した彼らは11日かけて25日、1979m地点のカムイエクウチカウシ山・八ノ沢カールに到着。
この時点で予定とは大幅に遅れをとっていたため、翌日の登頂後にはすぐに下山することが決定していた。

そして夕方、テントを設営し一息ついていると、彼らのすぐ近く(10mも離れていなかった)にヒグマが出現。
当初は5人もそこまで恐れず、物珍しいヒグマを眺め、興梠に至っては「家族に自慢するんだ」とカメラで撮影する始末であった。



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1522583109/


2 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:45:51.18 ID:IWpBjFF7r.net

しかし、30分ほどするとヒグマはさらに近づき、テントの外に置いていたキスリング(荷物)を漁り始めた。
貴重な食料を食われると困るメンバーは、ラジオのボリュームを最大にしさらに火を点火、また食器をガンガン打ち鳴らしてヒグマを追い払った。
その隙にキスリングを回収し、その夜はテントの中で眠ることになった。



3 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:45:57.86 ID:wLpO58Sgd.net

今やったらTwitterにアップやな



4 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:46:06.42 ID:IWpBjFF7r.net

だが午後9時。
疲れ果てて眠っていた彼らだったが、テントの外から妙に荒い獣の息遣いが聞こえて目を覚ました。
そう、先ほどのヒグマが戻ってきたのである。

ヒグマはテントに一撃を加え、拳大の穴を開けて去っていった。
さすがに肝を冷やしたメンバーはその後2時間交代で見張りを立てることとなった。
その夜はヒグマが現れることはなかった。

その夜は…。



5 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:46:09.86 ID:2dDhWKDXK.net

やめーや



6 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:46:39.37 ID:e5BgZgkQ0.net

ほんま怖い



8 : 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 20:47:01.77 ID:IWpBjFF7r.net

【朝の襲撃】
26日の朝を迎えたが、見張りを立てているあいだもメンバーの誰もがヒグマの恐怖に怯え、眠ることなど出来なかった。

さらに、早々と荷造りをしていた彼らの前に再びヒグマが出現。
しばらくは付近をうろうろとしていたヒグマだが、ついにテントに近づいてきたのでメンバーたちは全員テントに避難。
ヒグマがテントを押し潰そうとし、5分ほどメンバーとの押し合いが続いたものの、もはや危険と判断した彼らはテントの反対側の入口から脱出し逃走。
やがてヒグマはテントを完全に押しつぶし、後は追わずにその場でキスリングの食料を漁り、貪り食っていた。



▼「彡(^)(^)「お!ヒグマやんけ!写真撮ったろ!w」」の続きを読む