気になる出来事とみんなの反応をまとめたサイト「コノユビニュース」です

    人気サイトヘッドライン

    ウクライナ

    鈴木宗男議員「ゼレンスキー大統領がロシアを挑発しなければ、ウクライナ戦争は起きなかった」


    1 :

    鈴木宗男参院議員が、9日までに自身のブログを更新。G7サミットで予定されている岸田文雄首相とゼレンスキー大統領の会談などにふれたうえで、「ゼレンスキー大統領がロシアを挑発しなければ、ウクライナ戦争は起きなかった」と主張した。

    鈴木議員は、ウクライナ側に対し岸田総理が裂帛(れっぱく)の気合で「停戦、和平」を言うべきだとし、「ロシアの侵略とか国際法違反と言うが、ならばゼレンスキー大統領が自爆ドローンでロシア人を殺そうとした行為やブタベスト覚書の再協議、核を戻せと言う話がウクライナ戦争の発端ではないか」として、ゼレンスキー大統領の態度について批判した。さらに、「プーチン大統領は自制していたが、ロシア人を守るために、特別軍事作戦を行なったのである」などと持論を展開した。

    全文はソースで




    4 :

    ロシアが攻め込まなければ戦争起きてませんけど



    ▼「鈴木宗男議員「ゼレンスキー大統領がロシアを挑発しなければ、ウクライナ戦争は起きなかった」」の続きを読む

    【朗報】ウクライナで「北方領土は日本の土地」という曲が流行るwwww


    2 :

    ガチで草



    3 :

    これは親日国



    ▼「【朗報】ウクライナで「北方領土は日本の土地」という曲が流行るwwww」の続きを読む

    イギリス「うちの兵器でロシア領内を攻撃しても良いよ!」


    1 :

    イギリスUKユニオンジャック


    英外相 ウクライナ供与兵器で“ロシア領内攻撃”容認発言


    イギリスのキャメロン外相は、イギリスが供与した兵器でウクライナがロシア領内を攻撃することについて「権利がある」と容認する発言をしました。

    ウクライナの首都キーウを訪問したキャメロン外相は2日、ロイター通信のインタビューに応じ、「ウクライナにはイギリスが供与した兵器でロシア領内の標的を攻撃する権利があり、実際に行うかどうかはウクライナ次第だ」と話しました。



    2 :

    いやいおやお前がやれよ



    ▼「イギリス「うちの兵器でロシア領内を攻撃しても良いよ!」」の続きを読む

    ロシア「テロリストを拷問したらウクライナ政府の刺客だと証言した!」


    1 :

    guyinkj




    ロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官は26日、モスクワ郊外のコンサートホールで22日に起きた銃乱射テロについて、起訴された実行犯らの証言によりウクライナの関与が「確認されている」と述べた。国営テレビの取材に語った。

    テロでは139人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したが、プーチン大統領はウクライナが関与した可能性を繰り返し指摘している。



    4 :

    KGBとかいう喋らせたいことを喋らせる天才



    5 :

    ナチュラルに拷問しててる草



    ▼「ロシア「テロリストを拷問したらウクライナ政府の刺客だと証言した!」」の続きを読む

    ロシア「今まで内緒にしてきたけど実はロシアは戦争状態なんやで」


    1 :

    ロシア国旗


    ロシア、「戦争状態にある」 プーチン大統領報道官発言


    ロシアのペスコフ大統領報道官は、長期化するウクライナ軍事侵攻について「我々は戦争状態にある」などとロシアメディアが22日に公開したインタビューで述べた。ロシアが継続するウクライナ侵攻の一層の拡大に向け、国民に対し意識の変化を促す狙いがあるとみられる。



    2 :

    ファっ!?



    5 :

    >>2
    驚きの事実や



    ▼「ロシア「今まで内緒にしてきたけど実はロシアは戦争状態なんやで」」の続きを読む

    【悲報】日本人中年男性YouTuber、戦時下のウクライナでウクライナ人女性をナンパしまくる


    1 :

    【日本の恥】日本人中年男性YouTuberが、戦時下のウクライナに渡航し、ウクライナ人女性をナンパしまくる動画25本を配信
    https://twitter.com/nyn3s/status/1770732133927027128



    4 :











    90 :

    >>4
    いちいちお前の顔はいらねーのに出してくるなよ



    150 :

    >>4
    そのまま徴兵しろ



    ▼「【悲報】日本人中年男性YouTuber、戦時下のウクライナでウクライナ人女性をナンパしまくる」の続きを読む

    【悲報】ロシアを訪れたインド人観光客、拘束されてウクライナ前線送りにされる


    1 :

    インド観光客、ロシアで拘束され、ウクライナ前線で戦わされる

    7人のインド国民が、ロシア政権により無理矢理ウクライナへと送り込まれ、ロシア軍側で戦わされているとする動画メッセージを公開した。
    ラジオ・スヴォボーダが報じた。

    動画にて、インド人たちは、ロシアには2023年12月末に観光客として入国したと述べている。

    ロシアに到着すると、観光業者からベラルーシを訪れるように提案され、彼らはそれに同意したという。動画の男性は、「私たちは、ビザが必要なことを知らなかった。私たちがベラルーシに到着すると、業者は私たちから金を求め、その後いなくなった」と伝えている。

    ベラルーシに到着した後、彼らは警察に拘束されたという。その後彼らはロシア政権に引き渡された後、ロシア語による文書に署名を強制され、その際通訳は提供されなかったという。

    インドのメディア「ニュース18」によれば、彼らは15日間にわたり軍事訓練を受けた後、「戦争が起きているところ」へと送り込まれたという。彼らは、軍役を受けなければ、10年間投獄されると説明されたと述べている。






    7 :

    ロシアに行くとこうなる



    ▼「【悲報】ロシアを訪れたインド人観光客、拘束されてウクライナ前線送りにされる」の続きを読む

    【悲報】ロシア、ウクライナを手に入れる代わりに制海権を完全に失う


    1 :





    2 :

    これじゃプーチンが馬鹿みたいじゃん



    4 :

    スウェーデンもフィンランドも中立だったのにねぇ...



    ▼「【悲報】ロシア、ウクライナを手に入れる代わりに制海権を完全に失う」の続きを読む

    【悲報】ウクライナに支援した国、たったこれだけしか無かった


    1 :





    2 :

    少なすぎて草



    3 :

    ほぼ欧米諸国だけやん



    ▼「【悲報】ウクライナに支援した国、たったこれだけしか無かった」の続きを読む

    【悲報】月31万円でロシア軍に入った出稼ぎネパール人、友人2人は戦死、負傷し報酬も無し、軍脱走に200万円かかる


    1 :

     ロシア国旗




    ネパール西部ダイレク出身の土木技師、クリシュナ・シャヒさん(24)は昨年11月、別の欧州の国に出稼ぎに行くため、いったんロシアの首都モスクワに渡った。
    だが、仲介を依頼した業者から「大雪で別の国には渡航できなくなった。ロシア軍に加われば、月に19万5千ルーブル(約31万円)もらえる」と言われた。
    軍兵士としての経験はなかったが、手持ちの資金に余裕はなく、参加する以外に選択肢はなかった。

    わずかな射撃訓練などを終えた後、昨年末に30人程度のネパール人と少数のロシア人でなる部隊の一員として前線に送り込まれた。
    場所は、ロシア側が一方的に併合を宣言したウクライナ東部ドネツク州だった。

    除隊を望んだがロシア人司令官に無視された。一度は逃走したが途中で捕まり、前線に戻された。
    共に参加した2人の友人は銃撃戦で死亡。自身も手足に銃撃を受けて負傷した。業者に頼んで治療中の病院から逃走し、1月に母国に避難した。

    結局、渡航費や帰国のための費用として、複数の業者に200万円以上支払ったという。
    「ロシア側から報酬はもらえていない。でも、こうして生きて戻って家族と再会できただけでも幸運だった」



    4 :

    グルカ兵かと思ったら。。。
    ネパール人予想以上にアホだった。



    6 :

    かわいそう。



    ▼「【悲報】月31万円でロシア軍に入った出稼ぎネパール人、友人2人は戦死、負傷し報酬も無し、軍脱走に200万円かかる」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      気になる話題とネットの反応「コノユビニュース」の公式𝕏です。よろしくお願いします🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      楽天市場
      逆アクセスランキング
        スポンサーリンク
        最新コメント
        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサーリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ