4fdcd2da4f7db20b57a3a4668ca30e3a_s

1 : 風吹けば名無し 2017/12/08(金) 09:38:09.19 ID:b17hRrRx0.net

【ロンドン共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、英国のメイ首相は6日「米国の決定には賛成できない」とする声明を発表した。

メイ氏は、和平に取り組もうとするトランプ氏の思いには賛同するとしつつ、エルサレムの扱いは「イスラエルとパレスチナの交渉によって決められるべきだ」と指摘。
今回の決定は「地域の平和という観点からは役に立たない」と述べた。

テルアビブにある在イスラエル英大使館について、メイ氏は「(エルサレムに)移す計画はない」と強調した。

https://www.daily.co.jp/society/world/2017/12/07/0010796643.shtml



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512693489/


2 : 風吹けば名無し 2017/12/08(金) 09:38:52.68 ID:GJq5H8dpa.net

乾いた笑いしか出ない



4 : 風吹けば名無し 2017/12/08(金) 09:39:27.11 ID:M5nsVMx5M.net

半分ぐらいお前のとこのせいやぞ

三枚舌外交 - Wikipedia
三枚舌外交とは、イギリスの第一次世界大戦における中東問題をめぐる外交政策のこと。
イギリスは第一次世界大戦中に戦後の中東問題に対して、以下の三つの協定を結んでいた。それぞれ、アラブ・フランス・ユダヤに配慮した内容であった。
1915年10月 - フサイン=マクマホン協定(中東のアラブ独立・公開)
1916年5月 - サイクス・ピコ協定(英仏露による中東分割・秘密協定)
1917年11月 - バルフォア宣言(パレスチナにおけるユダヤ民族居住地建設・公開)
これにより第二次世界大戦後のパレスチナ問題や、現在も不自然な国境で分断されているクルド人問題など多くの問題を生じた。


5 : 風吹けば名無し 2017/12/08(金) 09:39:33.53 ID:AQGtdB1j0.net

イギリスが当事者なんだよぁ



▼「イギリスさん「エルサレム問題は当事者同士で話し合うべきだよ」」の続きを読む