「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    オウムアムア

    【宇宙】太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」は「エイリアンが送り込んだ探査機」の可能性が浮上

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/11/07(水) 11:49:27.21 ID:FgfKl+2G0.net BE:439992976-PLT(15000)

     昨年10月に米ハワイからの観測で見つかり、地球の近くを通過していった「葉巻型」の天体は、太陽系外の文明から送り込まれた探査機だったとの説が新たに発表された。

    米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天文学者、エイブラハム・ローブ教授らが論文をまとめ、天体物理学の専門誌に提出した。

    この天体は、ハワイ語で「遠い過去からの使者」を意味する「オウムアムア」と名付けられた。
    長さが幅の10倍と細長く、時速31万キロの猛スピードで太陽の近くを通過。
    今年1月に太陽系から出て行った。

    専門家らは当初、すい星か小惑星との見方を示した。
    だが最終的に、太陽系外から飛来した「恒星間天体」が初めて観測されたとの結論に達していた。

    ローブ教授の論文によれば、オウムアムアは地球外生物が地球に送り込んだ探査機だった可能性がある。

    あるいは、太陽に近付いた時に突然加速した様子から、太陽光エネルギーで動く「太陽帆」だったとも考えられる。

    高度な機体の一部が、宇宙空間を漂流するうちに太陽系へ入り込んだのかもしれない。
    壊れて機能が停止していたとすれば、変則的な軌道や速度も説明がつくという。

    ローズ教授は、同じような規模の太陽帆がすでに地球上でも開発されていると指摘。
    その例として、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)による小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」を挙げた。

    interstellar-asteroid-photo-illustration-super-169

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35128235.html

    【宇宙】太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」、表面に有機物の層があることが判明
    http://konoyubitomare.jp/archives/1069266701.html


    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1541558967/


    ▼「【宇宙】太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」は「エイリアンが送り込んだ探査機」の可能性が浮上」の続きを読む

    【宇宙】太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」、表面に有機物の層があることが判明

    1 : ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/19(火) 13:04:29.75 ID:CAP_USER9.net

     10月に発見された太陽系内を超高速で移動している葉巻形の天体は、表面が有機物質で覆われているとの研究結果が18日、発表された。

     ハワイの言葉で「使者」を意味する「オウムアムア(Oumuamua)」と命名されたこの天体は、軌道が非常に奇妙だったことから、即座に太陽系外から飛来した天体と判断された。

     別の恒星系から飛来する恒星間天体をめぐっては、大半が小型で、彗星(すいせい)のように本体が主に氷でできていると長年考えられていた。

     だが、9月に太陽に接近通過した際、オウムアムアは彗星のように溶けた氷と塵(ちり)の「尾」を放出しなかった。これは、オウムアムアが氷の表面を持たず、主に金属と岩石で構成される小惑星の可能性があることを示唆している。

     英クイーンズ大学ベルファスト校などの天文学者チームが18日に発表した研究結果によると、オウムアムアの本質は謎のままで、彗星の特徴を持つとする説を排除できないという。

     オウムアムアは有機物に富む物質の厚さ50センチの層で覆われており、この層が太陽の熱による内部の氷の蒸発を防いだ可能性があることが、分光器の測定データで明らかになったのだ。

     このことについて研究チームは、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表した論文に「内部が氷で構成されている可能性を排除できない」と記している。

     論文の共同執筆者で、クイーンズ大ベルファスト校のアラン・フィッツシモンズ氏はAFPの取材に、オウムアムアを覆う層は、起源とする恒星系に存在する氷と炭素に富む原初物質から形成された炭素化合物でできていると語った。

     この被覆層は「数億年あるいは数十億年もの間にわたり星間空間でエネルギー粒子が元の表面に衝突することで生じる反応によって形成」されたと説明。

    「それが何に似ているかを明らかにするのは難しいが、石炭塵と黒鉛との間の何かだと考えられる」と述べた。

    全文はURL先で
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155902
    img_c222babcf5a6e930a82ab542c1f9cf50151779

    【関連記事】
    太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513656269/


    ▼「【宇宙】太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」、表面に有機物の層があることが判明」の続きを読む

    太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず

    1 : みつを ★ 2017/12/16(土) 01:22:10.48 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3155497?cx_infinite=1

    【12月15日 AFP】10月に発見された太陽系内を移動する葉巻形で岩石質の恒星間天体から地球外生命体の存在を示すような信号は検出されなかった。地球外文明の証拠を探査する研究チームが14日、発表した。

    「オウムアムア(Oumuamua)」と名付けられたこの天体は2か月前、地球上の複数の望遠鏡によって発見された。

     これは太陽系内で特定された史上初の恒星間天体だ。

     オウムアムアは全長約400メートル、幅約40メートルと細長い。このような形状の小惑星はこれまでに一つも見つかっていない。

     11月に発表されたオウムアムアの発見を受け、地球外文明の信号を探査するプロジェクト「ブレークスルー・リッスン」は、この天体からの信号発信の有無を調査する計画を表明した。

     同プロジェクトは14日、運用する望遠鏡のネットワークでは「これまでにそのような信号は検出されていない」と発表。ただ、その一方で「分析はまだ完了していない」ともしている。

     ハワイの言葉で「使者」を意味するオウムアムアは数億年あるいは数十億年もの間、宇宙空間をさまよってきた可能性がある。

     米航空宇宙局(NASA)によると、オウムアムアは太陽から見て毎秒約38.3キロの速度で遠ざかっており、現在は地球から約2億キロの距離にあるという。

     すでに11月に火星の軌道を通過したオウムアムアは、来年5月に木星の軌道を通過し、その後2019年1月には土星の軌道を通過する見通しだ。(c)AFP

    恒星間小惑星「オウムアムア」の想像図。欧州南天天文台提供(2017年11月20日公開)。(c)AFP PHOTO / EUROPEAN SOUTHERN OBSERVATORY / M. Kornmesser
    img_c185b8b877d43cb33e20619139d423db152330
    【関連記事】
    【NASA】観測史上初の太陽系外から来た恒星間天体、「葉巻形」だったと判明


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513354930/


    ▼「太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る