「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    オシリス・レックス

    【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/12/11(火) 08:34:43.61 ID:CAP_USER9.net

    NASAの探査機 着陸予定の小惑星に水の成分発見
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181211/k10011742641000.html
    K10011742641_1812110826_1812110827_01_03

    NASA=アメリカ航空宇宙局は、探査機が着陸する予定の小惑星から水の成分が見つかったと発表しました。NASAは、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」と同様にこの小惑星から砂や石を地球に持ち帰ることを目指していて、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られると期待しています。
    NASAの小惑星探査機、「オシリス・レックス」は今月、地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の上空に到着しました。

    NASAによりますと、探査機で近づく際に赤外線などを使って分析したところ、ベンヌにある粘土から酸素と水素が結びついた分子が見つかったということです。この分子は水の成分の一部で、ベンヌに広く分布し、表面にある物質がかつては水に触れていたことを示しているとしています。

    ベンヌは、別の小惑星から分裂して誕生したとみられていて、NASAは、もとの小惑星には水が液体の状態で存在していたとみられるとしています。

    探査機は、再来年の2020年には表面に接近して砂や石を採取し、5年後の2023年に地球に持ち帰る計画で、NASAの担当者は、「探査の対象としてベンヌはすばらしく、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られそうだ」と期待しています。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544484883/


    ▼「【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見」の続きを読む

    【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ

    1 : しじみ ★ 2018/12/04(火) 07:43:09.69 ID:CAP_USER.net

    ごろ(日本時間4日午前2時ごろ)、探査機「オシリス・レックス」が目的地の小惑星ベンヌの上空に到着したと発表した。1年半かけて上空から詳しく観測した後、NASAでは初めて小惑星への着陸と岩石の採取に挑み、2023年に地球に岩石を持ち帰る。

     小惑星には太陽系の惑星の成り立ちや、生命の起源の手掛かりがあると考えられており、岩石を分析して、それらの謎の解明を目指す。小惑星りゅうぐうを調べている日本の探査機「はやぶさ2」のチームとも協力し、岩石を交換して互いに調べる予定。

    探査機オシリス・レックスが約80キロの距離から撮影した小惑星ベンヌ
    6

    https://mainichi.jp/articles/20181204/k00/00m/040/029000c



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543876989/


    ▼「【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ」の続きを読む

    地球に接近中の小惑星探査機「オシリス・レックス」 鳥取で観測、日本初か

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505982834/

    1 : ばーど ★ 2017/09/21(木) 17:33:54.39 ID:CAP_USER9.net

    103センチ反射望遠鏡がとらえたオシリス・レックス(矢印の先)=鳥取市さじアストロパーク提供


     鳥取市さじアストロパーク(同市佐治町)は、地球に接近しつつある米の小惑星探査機「オシリス・レックス」を、同パークの103センチ反射望遠鏡でとらえた、と発表した。同パークは、オシリス・レックスの観測は「日本で初めてではないか」としている。

     18日午後11時46分前後、南南東の方向に45度の高さでとらえた。探査機までの距離は、月までの平均距離の約6倍に当たる約224万キロ。明るさは20・5等と、目で見える最も暗い星である6等星の約60万分の1だった。同望遠鏡に付けた天文用デジタルカメラで、4分間露出の写真を4枚撮影し、光の点の移動などから探査機と確認した。

     オシリス・レックスは小惑星「ベンヌ」からの試料回収を目指す無人探査機で、NASAが昨年9月8日(米国時間)に打ち上げた。米国版の「はやぶさ」だ。地球の引力を使って軌道変更する「スイングバイ」を行うため、地球に接近している。

     地球に最接近するのは今月23日午前2時頃だが、この際は日本からは見られない。日本で観測しやすいのは22日午後10〜11時頃で、距離約8万キロ、明るさ14等級ぐらい。同パークでは「観測の技術を持った天文愛好家は、ぜひチャレンジしてほしい」と話している。

    http://www.sankei.com/west/news/170921/wst1709210024-n1.html 

    【関連記事】
    【宇宙】小惑星探査機 「オシリス・レックス」 22日22時頃地球に接近、撮影しようキャペーン

    ▼「地球に接近中の小惑星探査機「オシリス・レックス」 鳥取で観測、日本初か」の続きを読む

    【宇宙】小惑星探査機 「オシリス・レックス」 22日22時頃地球に接近、撮影しようキャペーン

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505786789/

    1 : ばーど ★ 2017/09/19(火) 11:06:29.63 ID:CAP_USER9.net

    地球スイングバイをする米小惑星探査機「オシリス・レックス」の想像図=米航空宇宙局提供


    22日夜に地球に接近する米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」の撮影を呼びかけるキャンペーンが、日米で実施される。オシリス・レックスは日本の小惑星探査機「はやぶさ2」と協力関係にあり、探査への関心を高めようと両機のプロジェクトチームが企画した。

     2016年9月に打ち上げられたオシリス・レックスは、地球と火星の間にある小惑星ベンヌから表面の物質を持ち帰る計画。今回は地球に約2万キロまで接近し、地球の引力を使って軌道変更、加速する「地球スイングバイ」を実施する。

     最も接近するのは日本時間23日午前2時ごろだが、日本からは見えない。日本で観測できるのは22日午後10時〜23日午前0時ごろで、南東から南南東の低空を移動する光跡が撮影できそうだという。肉眼では見えない。

     はやぶさ2が15年12月に地球スイングバイを実施した際は、日本各地で上空約3000キロを飛行する光跡の撮影に成功した。

     キャンペーンへの参加は、日本惑星協会のホームページ(http://planetary.jp/OSIRIS-REx/)から。提供された画像は米国側に集まったものとともに両探査機のチームが分析し、日米で一般公開される。【永山悦子】

    http://mainichi.jp/articles/20170919/k00/00e/040/180000c



    ▼「【宇宙】小惑星探査機 「オシリス・レックス」 22日22時頃地球に接近、撮影しようキャペーン」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る