「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    オーロラ

    南極で太陽フレアの影響とみられる緑色や紫色のオーロラを観測

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1504888585/

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2017/09/09(土) 01:36:25.31 ID:CAP_USER.net

    南極の昭和基地で観測されたオーロラ=情報通信研究機構提供
    no title

     情報通信研究機構(NICT)は、6日に発生した太陽フレア(太陽表面の爆発現象)の影響とみられるオーロラの映像を公表した。

     南極の昭和基地で、8日に撮影された。ゆらめく緑色のオーロラが映っているが、薄い紫色のオーロラも出現したという。NICTの石井守・宇宙環境研究室長は「こうした色合いは、強い太陽フレアの影響と考えられる」と話している。

     オーロラは、太陽から放出された電気を帯びた粒子が、地球上の大気の粒子にぶつかり、上空で光って見える現象。

     総務省によると、国内の電気通信事業者から、今回の太陽フレアによる通信障害は報告されていない。気象庁や内閣府などが運用する人工衛星に影響はみられないという。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170908-OYT1T50139.html



    ▼「南極で太陽フレアの影響とみられる緑色や紫色のオーロラを観測」の続きを読む

    【太陽フレア】北海道でオーロラのように「空がうっすら赤く見える」現象を観測

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504931972/

    1 : 自治郎 ★ 2017/09/09(土) 13:39:32.08 ID:CAP_USER9.net

    北海道石狩市で8日夜、オーロラのように空がうっすらと赤く見える現象を、NHKの職員がカメラで撮影しました。この画像について、オーロラなどの自然現象に詳しい専門家は「限りなくオーロラに近い現象だと思う」と分析しています。

    8日夜は、「太陽フレア」と呼ばれる太陽表面の爆発現象で放出された電気を帯びた粒子が、地球に到達することで起きる磁場の乱れによって、通常は緯度の高いところでしか見られないオーロラが、日本の北海道などでも観測される可能性があり、注目されました。

    こうした中、NHKのカメラマンが北海道石狩市の海岸で、8日午後8時ごろからおよそ30分間にわたって、天体を撮影する専用のカメラで北側の空を撮影したところ、空がうっすらと赤く見える現象を捉えました。

    画像では、西北西の方角の地平線付近の空が、帯のようにうっすらと赤くなっているのが確認できます。さらに、東の空から月が上ってくると、赤い色の光は、徐々に薄くなって見えなくなる様子も捉えられています。

    宇宙空間物理学が専門でオーロラなどの自然現象に詳しい上出洋介名古屋大学名誉教授は「画像を見ると、街の光がない方角の空で、赤い色と空との境目が比較的はっきり写っており、地表面からの角度や東西の光の広がりなどから、限りなくオーロラに近い現象だと思う」と分析しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133021000.html

    限りなくオーロラに近い現象


    【関連記事】
    【太陽フレア】「日本でオーロラ?」太陽表面の爆発現象により北海道で観測の可能性 8日と9日、18時〜19時 1時間のチャンス


    ▼「【太陽フレア】北海道でオーロラのように「空がうっすら赤く見える」現象を観測」の続きを読む

    【太陽フレア】「日本でオーロラ?」太陽表面の爆発現象により北海道で観測の可能性 8日と9日、18時〜19時 1時間のチャンス

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504836605/

    1 : ばーど ★ 2017/09/08(金) 11:10:05.40 ID:CAP_USER9.net

    日本時間の9月6日に太陽の表面で発生した大爆発「太陽フレア」の影響により、携帯電話など機器への影響が懸念されています。
    一方で、日本でもオーロラが観測できるとの期待が高まっており、北海道で見える可能性があります。

    ■日本でみられそうなのは低緯度オーロラ


    オーロラは、太陽フレアに伴って発生した太陽風が地球の磁気に反応して引き起こされる現象です。
    通常は北極、南極とその周辺といった緯度の高い所で観測しやすいのですが、強烈な太陽風が発生した場合、稀に緯度の低い所(日本では北海道や東北の一部)でもオーロラが観測されることがあります。
    これが「低緯度オーロラ」です。

    ■薄ーく赤い帯がたなびく


    過去の観測を見ると、赤い帯がたなびくかのような不思議な色が夜空を染めたといいます。通常、皆さんが写真や映像で目にする緑色のオーロラとは異なりますね。
    今回、オーロラが見られるとしたらいつ、どこに見えるのでしょうか?

    ◆見える時期は?
    8日(金)の夜間/9日(土)の夜間
    ※月が昇る前の18時〜19時が特に狙い目

    ◆見える方向は?
    北の方角/地平線付近

    実際は1時間ほどしかチャンスがありません!観測には、地平線が見えて、明かりがない郊外がオススメです。

    ■天気はどうなの??

    気になる天気ですが、8日(金)が道東や道南では気象条件があまり良くありません。道北ほど気象条件が良さそうです。

    http://weathernews.jp/s/topics/201709/070185/?fm=tp_index



    ▼「【太陽フレア】「日本でオーロラ?」太陽表面の爆発現象により北海道で観測の可能性 8日と9日、18時〜19時 1時間のチャンス」の続きを読む

    夜空になぞの発光、新種のオーロラか 北米で観測

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494330484/

    1 : 自治郎 ★ 2017/05/09(火) 20:48:04.45 ID:CAP_USER9.net

     カナダや米国北部の上空で昨年以降、夜空に帯状に延びるなぞの光が観測され、話題になっている。高感度カメラで撮影すると青紫色の鮮明な光が夜空に浮かぶ。オーロラと同時に生じ、発光現象の一つとみられているが、正体はわかっていない。

     この現象は昨年以降、カナダの愛好家らがネットに写真を投稿して知られるようになった。米アニメ映画で、主人公の動物たちが見慣れない生け垣を呼んだ名前にちなみ「スティーブ」と呼ばれている。

     カルガリー大のエリック・ドノバン教授は、発光中の上空をたまたま観測していた欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星のデータを分析。地上約300キロ上空を高速で移動する幅約25キロの高温のガスを検出した。

    5/9(火) 17:13配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000065-asahi-int

    画像




    ▼「夜空になぞの発光、新種のオーロラか 北米で観測」の続きを読む

    平安時代の歌人、藤原定家が日記に書き残した現象「赤気」の正体はオーロラと判明

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490299872/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/03/24(金) 05:11:12.52 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000042-mai-sctch

    20170322-00000042-mai-000-5-view

    平安・鎌倉時代の歌人、藤原定家(1162〜1241年)が日記「明月記」に書き残した「赤気(せっき)」という現象は、太陽の異常な活発化によって京都の夜空に連続して現れたオーロラだった可能性が高いと、国立極地研究所や国文学研究資料館などのチームが米地球物理学連合の学術誌に発表した。連続したオーロラの観測記録としては国内最古という。

    明月記には、1204年2〜3月にかけて、京都の北から北東の夜空に赤気が連続して現れ、定家は「山の向こうに起きた火事のようで、重ね重ね恐ろしい」と書き残している。

    片岡龍峰(りゅうほう)・極地研准教授らのチームが過去2000年の地磁気の軸の傾きを計算した結果、北米大陸方向に傾いている現在の軸が1200年ごろには日本列島側へ傾きオーロラが出現しやすい時期だったことが分かった。また、中国の歴史書「宋史」の同2月の記録に「太陽の中に黒点があり、ナツメのように大きい」と書かれているのに着目。太陽活動が活発化していた可能性が高いと分析した。

    太陽の活動が活発化するとオーロラが発生しやすくなるといい、宋史にも900〜1200年代に赤いオーロラの観測例が十数件記述されているという。
    屋久杉などの年輪に残る太陽活動の痕跡と照合した結果、オーロラが観測された年と太陽活動が活発だった年がほぼ一致したという。



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 05:24:07.29 ID:XTKL31U80.net

    科学のない時代に、そんなもん見せられたら、そら陰陽師とか、はやるわな



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 05:16:14.85 ID:aS80S1Oa0.net

    ちょうど武家政権が出来上がった時代に京都でオーロラなんて、
    もう平安貴族たちはこの世の終わりみたいな恐怖味わったんだろうな
    自分達の時代が終わったのと合わせて



    ▼「平安時代の歌人、藤原定家が日記に書き残した現象「赤気」の正体はオーロラと判明」の続きを読む

    ハッブル宇宙望遠鏡が木星のオーロラを撮影

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1467334936/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2016/07/01(金) 10:02:16.08 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000004-jij_afp-sctch

    米航空宇宙局(NASA)は6月30日、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の紫外線観測装置が捉えた木星のオーロラの画像を公開した。太陽系最大の惑星である木星の新たな美しい一面に天文学者たちも注目している。

    NASAが公開した木星のオーロラの画像(2016年6月30日公開)。




    6 : 名無しさん@1周年 2016/07/01(金) 10:04:26.05 ID:wv7uOMkv0.net

    美しや



    3 : 名無しさん@1周年 2016/07/01(金) 10:02:58.51 ID:/cesNsc50.net

    木星の渦巻きを見ると不安になる



    8 : 名無しさん@1周年 2016/07/01(金) 10:04:44.69 ID:cWExCZRL0.net

    ハッブルハッブル



    ▼「ハッブル宇宙望遠鏡が木星のオーロラを撮影」の続きを読む

    【画像あり】英国で異例のオーロラ観測 欧州や米国の一部でも

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444380382/

    1 : あずささん ★ 2015/10/09(金) 17:46:22.49 ID:???*.net

    米国や欧州の一部で7日夜から8日未明にかけて、磁気嵐による鮮やかなオーロラが観測された。

    米海洋大気局(NOAA)は7日の時点で、強い磁気嵐の発生によって地球の磁気圏が乱れる
    可能性があるとして注意を促していた。

    この日は英国などでも異例のオーロラが観測され、ソーシャルメディアには夜空の鮮やかな色彩をとらえた写真やビデオが投稿された。

    英地質調査所によると、オーロラは太陽表面の爆発で膨大な量の荷電粒子が宇宙に放出され、地球の磁場に届いて大気中のガスの原子と衝突して形成される。

    写真家のチャド・ハルボーソンさんは米ミネソタ州ミネアポリスの北部約50キロの地点で7日にオーロラを撮影した。

    カメラを設置する頃には夜空にかすかな光が見え、夜が更けるにつれて光が強くなっていったという。
    4時間あまりも天体ショーを楽しんだというハルボーソンさんは、「オーロラが爆発していた。空で光が踊る様子は本当に素晴らしかった」と興奮した様子だった。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35071743.html

    画像 米ミネソタ州で観測されたオーロラ




    ▼「【画像あり】英国で異例のオーロラ観測 欧州や米国の一部でも」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る