1 : 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 16:54:47.98 ID:FZUM1LUg0.net

社員4人の大阪の会社が作るスキー板が、フリースタイルスキーのモーグル界を席巻している。
世界中のトップ選手が愛用し、五輪では2002年以来、4大会連続で表彰台に登り続けている。
大阪の商売人の情熱から生まれた日本産スキー板は、2月9日に開幕する平昌(ピョンチャン)五輪でもトップを目指す。
大阪府守口市のスポーツ用品会社「マテリアルスポーツ」が作る「ID one(アイ・ディー・ワン)」。
昨季のワールドカップ(W杯)、前人未到の種目別6連覇を達成した男子のミカエル・キングズベリー選手(カナダ)も愛用者だ。
昨季の世界選手権では男子の7割、女子の6割が「ID one」を使った。
平昌五輪でもキングズベリー選手の他、日本選手でもメダル獲得が期待される堀島行真(いくま)選手(20・中京大)らが使う予定だ。

AS20180122000754_comm

AS20180122000778_comm

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1K61R9L1KPTIL01X.html



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518249287/


▼「【大阪】下町の従業員4人の会社が作ったスキー板、性能良すぎて世界のトッププロたちに愛用されてしまう」の続きを読む