yu

1 :

今年7月、北海道札幌市内の歓楽街・ススキノのホテルで、頭部を切断された男性の遺体が発見された。猟奇的な犯行と警察の捜査をかいくぐり逃亡を続ける犯人の素性が話題を呼び、事件は連日、新聞紙面やワイドショーを賑わせた。

事件から約3週間後、殺人と死体損壊などの容疑で逮捕されたのが田村瑠奈容疑者(29才)と、彼女の両親である修容疑者(59才)、浩子容疑者(60才)の3人だ。

逮捕当初の取り調べでも、妄言が入り交じった証言を繰り返しており、彼女の証言の精査は難航。実際、動機や犯行の全容など、解明すべき積み残しも少なからずあります」(前出・捜査関係者)

そんな中、『女性セブン』が新たにその存在を掴んだのが、冒頭に触れた凄惨なビデオだ。別の捜査関係者が語る。

「容疑者の自宅浴室から発見された頭部は、一部が引きちぎられていた。さらにもぎ取られた皮膚の一部が、まるで洗濯物のように室内にかけられていたそうです。ビデオにはそうした猟奇的な“犯行”の一部始終がおさめられており、瑠奈容疑者のものとみられる白い手袋をした両手が映っています」

全文はソースで



4 :

ここまで狂気を感じる事件は滅多にないな



▼「【ススキノ頭部切断】瑠奈容疑者、持ち帰った頭部を風呂場でいじくり回す様子を撮影していた」の続きを読む