「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    スペースX

    スペースXの衛星を使ったブロードバンドサービス展開 米連邦通信委員会が認可

    1 : しじみ ★ 2018/02/18(日) 02:38:28.18 ID:CAP_USER.net

    米連邦通信委員会(FCC)は14日、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が率いる米宇宙ベンチャー企業、スペースXに対し、衛星を使ったブロードバンドサービスの米国内外での展開を認可した。

    FCCのアジット・パイ委員長は声明で「衛星技術は、光ファイバーも携帯電話の基地局もない地方やへき地で米国民を助けてくれるだろう」と述べた。

    スペースXは2月1日FCCに対し、大型ロケット「ファルコン9」に試験衛星を搭載する計画を申請し、認められた。
    ロケットは17日に米カリフォルニア州で打ち上げられる。

    スペースXは6日に、大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験打ち上げに成功していた。

    ダウンロード

    ttps://jp.reuters.com/article/spacex-broadband-idJPKCN1FZ0SN



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1518889108/


    ▼「スペースXの衛星を使ったブロードバンドサービス展開 米連邦通信委員会が認可」の続きを読む

    【ロケット】米空軍、スペースX社開発の「ファルコン9」の一部が海に落下し沈まなかったので空爆で破壊

    1 : 虫くん ★ 2018/02/11(日) 00:04:10.49 ID:CAP_USER9.net

    米空軍、イーロン・マスク氏のロケット一部を破壊=メディア
    2018-01-31-214615

    米空軍はロケット「ファルコン9」の第一段目が空中で分解せず、大西洋に落ちたが沈まなかったため破壊した。「AmericaSpace」が関係者の話として伝えた。

    米宇宙ベンチャーのスペースXが打ち上げた「ファルコン9」の第一段目は通信「GovSat-1」を起動に乗せた後、大西洋に落下した。

    関係者によると、米軍機は漂流するロケットに空爆を行った。BBCの報道官はこの情報へのコメントを控え、スペースXに質問するよう求めた。同社はこの情報に対する発表をまだ行っていない。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201802104563567/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518275050/


    ▼「【ロケット】米空軍、スペースX社開発の「ファルコン9」の一部が海に落下し沈まなかったので空爆で破壊」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、現存最大能力のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げに成功

    1 : ノチラ ★ 2018/02/07(水) 09:10:50.27 ID:CAP_USER.net

    K10011318581_1802070711_1802070715_01_02

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業「スペースX」が、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功しました。

    「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケット「ファルコン・ヘビー」を開発しました。

    今回、南部フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで、このロケットを試験的に打ち上げることになり、現地時間の6日午後3時45分(日本時間7日午前5時45分)、49年前に初めて人類を月面に送り込んだアポロ計画でも使われた発射台から飛び立ちました。

    このロケットは、従来のロケットを3機束ねた形をしており、全長は70メートル、日本のH2Bロケットの3倍以上にあたるおよそ64トンの物資を地球を回る軌道に運ぶ能力があります。

    ロケットの先端部分には、スペースXのイーロン・マスクCEOが所有する赤い電気自動車が載せられていて、打ち上げからおよそ3分後、この車を搭載した先端部分を切り離すことに成功しました。

    順調にいけば、この車はおよそ6か月かけて火星に向かう軌道に乗るということです。

    今回打ち上げられた「ファルコン・ヘビー」は、3機あるうちの両側の2機のロケットは再利用されており、スペースXでは、ほかのロケットの3分の1の費用で2倍の物資を運ぶことができるとしています。

    打ち上げにかかる費用は、日本のH2Bロケットよりも安いおよそ9000万ドル(日本円でおよそ100億円)だということです。

    no title

    2本のブースターが着陸するgif
    ZVXzXw

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318581000.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1517962250/

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517972776/


    ▼「【宇宙】スペースX、現存最大能力のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げに成功」の続きを読む

    【アメリカ】スペースX、謎に包まれた米機密衛星「ズマ」打ち上げ

    1 : ばーど ★ 2018/01/08(月) 15:38:42.72 ID:CAP_USER9.net

    スペースX、謎に包まれた米機密衛星「ズマ」打ち上げ
    米フロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられる米政府の機密衛星「ズマ」。米宇宙開発企業スペースX提供(2018年1月7日撮影)
    img_ea02f9736e309cefd819290830bb9eca79368

    【1月8日 AFP】米宇宙開発企業スペースXは日本時間8日午前10時、米政府に委託された機密衛星「ズマ」を搭載したロケット「ファルコン9」をフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げた。ズマについては、ミッションの内容や関与する政府機関など、詳細が謎に包まれている。

    衛星を製造した米防衛大手ノースロップ・グラマンは、衛星は米政府から委託されたもので低軌道に投入されると述べたが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

    スペースXは過去にも米政府の機密衛星を打ち上げており、国家偵察局(NRO)の偵察衛星や米空軍の宇宙航行機「X-37B」の打ち上げにも成功している。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3157705



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515393522/


    ▼「【アメリカ】スペースX、謎に包まれた米機密衛星「ズマ」打ち上げ」の続きを読む

    【スペースX】アメリカ民間企業で初 宇宙飛行士を国際宇宙ステーションへ

    1 : みつを ★ 2018/01/02(火) 09:29:42.80 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277211000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

    K10011277211_1801020518_1801020520_01_03

    ことしは、アメリカの民間企業が開発した有人宇宙船で初めて国際宇宙ステーションに宇宙飛行士が送り届けられる予定で、政府機関が主導してきた宇宙開発が新たな段階に入る年になると期待されています。

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業、スペースXは国際宇宙ステーションへの物資輸送を担い、さらに再利用したロケットの打ち上げに成功するなど、着実に実績を積み重ねています。

    ことしは4月に、開発を進める有人宇宙船の試験打ち上げを行ったあと、8月には民間企業として初めて、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送り届ける計画です。これが実現すると、ロシアの宇宙船ソユーズに依存してきた宇宙飛行士の輸送に新たな手段が加わることになります。

    スペースXはさらに、年内に民間人2人を乗せて月を周回する有人宇宙船を打ち上げるとしており、これまで政府機関が主導してきた宇宙開発が新たな段階に入ると期待されています。

    全文はソースで


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514852982/


    ▼「【スペースX】アメリカ民間企業で初 宇宙飛行士を国際宇宙ステーションへ」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開

    1 : ばーど ★ 2017/12/25(月) 15:42:39.13 ID:CAP_USER9.net

    米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が、2018年に予定している初の打ち上げに使う新開発の大型ロケット「ファルコンヘビー」の画像が公開された。

    ファルコンヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行用の新型ロケット。全長は、およそ70m。初の打ち上げでは、火星の周回軌道に乗せることを目指す。

    マスクCEOは、ファルコンヘビーの内部も公開。自身が所有するEVスポーツカー、初代テスラ『ロードスター』を搭載し、打ち上げる計画という。テスト飛行では、通常荷重としてコンクリートや鉄の塊が積み込まれるが、「それでは退屈なので」、ロードスターを搭載する。

    マスクCEOは、「(私のロードスターは)火星の周回軌道を10億年、飛び続けるだろう」とコメントしている。

    no title

    no title

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=70494/?lid=myp_notice_prdnews



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514184159/


    ▼「【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開」の続きを読む

    【アメリカ】「北朝鮮のミサイルか?」 スペースXのロケット 闇夜を切り裂く不気味な軌跡に目撃者パニック

    1 : ばーど ★ 2017/12/23(土) 22:22:58.27 ID:CAP_USER9.net

    米宇宙企業のスペースX社は、日本時間23日(現地時間22日夜)、カリフォルニア州の空軍基地から、ファルコン9ロケットを打ち上げた。打ち上げ自体は成功したが、夜空に描かれたロケットの軌跡が「エイリアンの侵略」かと大騒ぎになった。

    ロケットが打ち上げられたのは、日本時間23日午前10時(現地時間22日午後5時)27分。カリフォルニア州南部のヴァンデンバーグ空軍から、次世代型通信衛星「イリジウム-4」10基を搭載したファルコン9ロケットを打ち上げた。

    イリジウムとは、通信網が整備されていない地域でも、低軌道の人工衛星を使って圏外なしで通話ができるサービスで、スペースXでは合計75基の人工衛星を飛行する計画を進めている。

    打ち上げ自体は成功をおさめたが、日の入り直後の夜空にロケットが描き出した軌跡が、闇を切り裂くようにゆっくりと進む先頭部分が弾丸のように見えるとして一時パニックが起こった。

    スペースXのCEOであるイーロン・マスク氏も、Twitterに投稿された市民の動画をシェアして、「北朝鮮から飛んできた核兵器を積んだエイリアンUFOだ」とコメントしている。

    マグロの頭のようなロケットの軌跡


    wor1712230024-p1

    動画 SpaceX Falcon 9 Iridium 4 Launch 12/22/2017
    https://www.youtube.com/watch?v=iyKAJsQngIc


    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23213.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514035378/


    ▼「【アメリカ】「北朝鮮のミサイルか?」 スペースXのロケット 闇夜を切り裂く不気味な軌跡に目撃者パニック」の続きを読む

    【スペースX】イーロン・マスクCEO、新型巨大ロケット「ファルコンヘビー」の写真公開

    1 : みつを ★ 2017/12/21(木) 23:29:26.18 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112339.html

    no title

    米宇宙ベンチャー企業「スペースX」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日までに、初の試験発射が近く予定される新型の大型ロケット「ファルコンヘビー」の写真をツイッター上で公開した。

    試験発射の詳しい日時は不明だが、当初は年内の予定だった。だが、延期が重なり、2018年に延びていた。スペースXはツイッターの公式アカウントで今月6日、来年1月初旬を目標にしていると述べていた。

    一方、マスク氏は今年7月の会見で、試験発射は失敗することも予想しているとの考えを明かしていた。ファルコンヘビーに積む貨物にはマスク氏が率いる電気自動車メーカー「テスラ」のロードスターも含まれる。

    同氏は今月、ロードスターを火星の周回軌道に投入したいと指摘。その後、目標は太陽の周りの軌道と詳しく説明し、ロードスターを太陽から火星までの距離に等しい位置に投入したいと述べていた。

    スペースXは、全長約70メートルのファルコンヘビーは世界最高性能のロケットと誇示。より強力な推進力を持つロケットは月面着陸に用いられた米航空宇宙局(NASA)のサターンVしかないと主張した。サターンVは1973年に引退した。

    同社は2012年以降、ロケット「ファルコン9」を40回にわたって使ってきたが、ファルコンヘビーの重量は同じながら、推進力は約3倍としている。推進力の格段な向上は胴体2カ所に追加装着された噴射装置の効果となっている。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513866566/


    ▼「【スペースX】イーロン・マスクCEO、新型巨大ロケット「ファルコンヘビー」の写真公開」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、ロケットで世界の主要都市を30分で結ぶ計画を発表

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506699325/

    1 : ノチラ ★ 2017/09/30(土) 00:35:25.41 ID:CAP_USER.net

    8ec1b828-0f7f-4a8c-8e79-de9df9077c5e

    K10011162741_1709300710_1709300710_01_03

    米宇宙開発ベンチャー、スペースXは28日、開発中の最大240人を収容できる超大型ロケットを応用し、2022年以降に長距離旅客輸送に進出すると発表した。最高時速2万7千キロメートルで一時的に宇宙空間を通過し、地球上の主要都市を30分程度で結ぶ。海外旅行と数分間の宇宙旅行が同時に可能になる。価格は未定。地球での旅客輸送で需要を確保し、量産と再利用によりコストを大幅に下げる。

     イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「将来は現行の製品を駆逐する形で大型ロケットの開発に全ての経営資源を投入する」と語った。

     飛行機だと15時間程度かかるニューヨーク―上海間(約1万2千キロメートル)を39分で結ぶ計画。ロサンゼルス―ニューヨークは25分、東京とアジアの主要都市を30分前後で移動できるという。地球上のどこでも1時間以内に行けるようになる。大都市の沿岸に小規模な海上発着台を建設する。

     こうした移動手段は専門家の間では理論上は十分に可能だと考えられていたが、コスト的には難しいと思われていた。ただ、スペースXはロケットの燃料を逆噴射し、着陸させて回収する実績を積み重ねている。直近では12回連続で着地・回収に成功。近く有人飛行にも入る計画だ。航空機並みの安全性と価格水準を実現できるかが成功のカギを握る。

     地球上の旅客輸送にも使う次世代大型ロケット(コードネームBFR)は、全長106メートルで、地球に近い宇宙空間(低軌道)向けの輸送であれば現行の10倍の150トンの積載が可能になる。ロケットの上部に最大6人が入れる客室を40室をつくる。全ての部分を再利用できる仕様とする。現状のロケットは一段目ロケットのみを回収・再利用している。

    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29HND_Z20C17A9000000/



    ▼「【宇宙】スペースX、ロケットで世界の主要都市を30分で結ぶ計画を発表」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、宇宙服を初公開 宇宙旅行に現実味

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1503528996/

    1 : ノチラ ★ 2017/08/24(木) 07:56:36.69 ID:CAP_USER.net

    米宇宙開発ベンチャー、スペースXは23日、自社で開発している宇宙服の試作品を初公開した。見本品ではなく製品化に向けた原型で既に真空状態での強化試験も始めている。スペースXの台頭で価格低下と安全性確保の両立できるようになりつつあり、いよいよ民間企業による宇宙旅行が現実味を帯びてきている。

    同社は来年にも国際宇宙ステーション(ISS)へ米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士を運ぶための実験飛行や、月を周回する民間人2人の宇宙旅行を計画する。今回公開した宇宙服はスペースXの宇宙船用で、船外活動を想定していないものの、宇宙船の故障など緊急時に対応が可能な高い安全性能が求められる。

     宇宙服の画像をインスタグラムに投稿したイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「デザインの美学と機能性を両立させるのは難しい」とのメッセージを添えた。NASAの宇宙服に比べて大幅に薄型・軽量化を進め、関節部分の可動域もかなり広がっている。デザインも白黒のシンプルなものだ。ISSへの有人飛行で競合する米ボーイングも軽量宇宙服を開発している。



    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN23H1S_U7A820C1000000/



    ▼「【宇宙】スペースX、宇宙服を初公開 宇宙旅行に現実味」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る