「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    テラフォーミング

    【宇宙】「現在の技術では火星をテラフォーミングすることは不可能」と科学者が結論を出す

    1 : しじみ ★ 2018/07/31(火) 23:32:16.60 ID:CAP_USER.net

    火星の環境を変化させ、気温を上げて人類がより住みやすい環境に変えるテラフォーミングの構想は、現代の技術力では実現性に乏しいことが研究者の調査により明らかにされました。

    Inventory of CO 2 available for terraforming Mars | Nature Astronomy
    https://www.nature.com/articles/s41550-018-0529-6

    Mars cannot be terraformed so that we can live there because there is not enough carbon dioxide, scientists reveal | The Independent
    https://www.independent.co.uk/news/science/mars-earth-like-terraforming-atmosphere-carbon-dioxide-space-nasa-red-planet-a8469981.html

    人類が移住を目指している火星は、平均気温がマイナス43度と非常に低く、大気圧も地球の1%未満という環境です。そんな火星の環境を変化させるために考えられているのが、火星の土壌に含まれる二酸化炭素を大気に放出させ、温室効果によって火星の大気を温めることで氷を溶かし、生活に必要な水を得るというテラフォーミングの方法です。この方法は非常に長い時間がかかることが既に指摘されてきたのですが、今回はさらにその実効性に疑問を投げかける論文が発表されました。

    論文を発表したのは、コロラド大学ボルダー校 大気宇宙物理学研究所のブルース・ジャコスキー氏と、北アリゾナ大学 物理天文学部のクリストファー・エドワーズ氏の2人。両氏は、NASAの火星探査計画「MAVEN」とESA(欧州宇宙機関)の探査機「マーズ・エクスプレス」などから得られたデータをもとに分析を行いました。なお、ジャコスキー氏はMAVENプロジェクトの主要計画者に名を連ねています。

    これまでに得られたデータをもとに火星の土壌に含まれる物質の成分を分析したところ、テラフォーミングに重要な役割を果たす二酸化炭素が必要な量の50分の1程度しか生成できないという計算結果が導き出されたとのこと。また、土壌に取り込まれている二酸化炭素はアクセス性が低い(=取り出しにくい)ために、やはりテラフォーミングのために大気に放出させることは容易ではないことも明らかになっています。

    この状態でも火星の大気中に二酸化炭素を放出することは可能であり、温室効果は生じるものの、気温の上昇幅は10度程度にとどまるために氷の状態で存在している水を液体に変えることは不可能であると論文では述べられています。

    このような状況を踏まえ、論文は「現代の技術では火星をテラフォーミングすることは不可能である」と結論付けています。もちろんこれは1つの科学的見地であるために、絶対的な答えというわけではありませんが、人類が火星に住むことが容易ではないことをまた新たに裏付ける内容といえそうです。



    https://gigazine.net/news/20180731-mars-cannot-be-terraformed/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1533047536/


    ▼「【宇宙】「現在の技術では火星をテラフォーミングすることは不可能」と科学者が結論を出す」の続きを読む

    火星のテラフォーミングはどうやって進めるべきか

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1489408547/

    Manndmissiononmarsnasa

    1 : 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 21:35:47.13 0.net

    まずは小型のロケットで紫外線に強くて
    ガスを放出する微生物を散布することから
    コツコツやっていけばいい



    3 : 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 21:37:33.50 0.net

    そこまでやるより地球の砂漠地帯を緑化した方が良い



    4 : 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 21:38:44.54 0.net

    地球の環境すら思い通りにできないのに火星なんか無理だろ



    5 : 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 21:39:06.91 0.net

    ゴキブリを放つ



    ▼「火星のテラフォーミングはどうやって進めるべきか」の続きを読む

    NASA、火星テラフォーミングへ「磁気シールド構想」を発表

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488874523/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/03/07(火) 17:15:23.43 ID:CAP_USER9.net

    NASAが火星の大気を守る巨大磁気シールド構想を発表しました。
    地殻変動のない火星では地球のような磁場がないため、太陽風によって大気が宇宙へと吹き飛ばされてしまい、非常に薄い大気しかありません。
    ここに人工的に磁場を形成して地球のような大気層を作ってやろうという考えです。
    研究者は、火星のラグランジュ点(L1)に磁気シールドを置いた場合のシミュレーションを行なったところ、北極点付近にあるドライアイス層が蒸発してCO2となり、その温室効果で地表の氷のいくらかを再び海に戻せるという結果を得ました。



    地表に海ができるということは、将来火星に長期滞在することになるであろう宇宙飛行士にとっては、かなり住みやすい環境になるということです。
    また現在は大量に火星地表へ降り注ぐ宇宙放射線も、磁場と大気層によってかなりが軽減されることになります。
    つまり、磁気シールドの設置が火星に実質的なテラフォーミングを引き起こすことになるはずです。

    ただ、ひとつ難点を言えば、磁気シールドが目論見どおり機能したとしても、火星の大気層が安定し氷が海に戻るまで数十年はかかると予想されること。
    つまりNASAやSpaceXほか各国宇宙機関が宇宙飛行士を送り込もうとする数年後にはとても間に合いません。

    それでも、磁気シールドを置くだけで火星をテラフォーミングできる可能性が高いとわかっただけでも、わざわざ火星に藻やゴキブリを送り込み、それを命がけで駆除しにいく必要がなくなったという点において大注目な発見といえそうです。
    ちなみに、火星のL1点に置く磁気シールドに必要な磁力(磁束密度)は、1〜2テスラほどで済むとのこと。



    http://japanese.engadget.com/2017/03/06/nasa-co2/



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:16:51.69 .net

    ラグランジュ点から何かのひょうしにぶれて火星の重力引っ張られて落ちるわけだ



    7 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:17:34.04 ID:rr/tAYkE0.net

    宇宙のステルヴィア



    9 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:19:09.64 ID:kK/MjO8p0.net

    もし火星の環境に適応した生物がいたとしたら全滅させることにならないか。



    ▼「NASA、火星テラフォーミングへ「磁気シールド構想」を発表」の続きを読む

    火星を人間が住める条件にするのにかかる年数

    marsbase

    1 : 名無しさん@おーぷん
    2015/06/27(土)23:16:49 ID:kJJ

    最低1000年以上wwwww

    ワイの火星移住計画は終わった…



    2 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/27(土)23:18:07 ID:WEZ

    ゴキブリを放てばいけるやろ



    4 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/27(土)23:20:28 ID:kJJ

    >>2
    ゴキカスなんぞすぐ死ぬやろ



    ▼「火星を人間が住める条件にするのにかかる年数」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る