http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504243366/

1 : 経理の智子 ★ 2017/09/01(金) 14:22:46.43 ID:CAP_USER9.net

■火星の写真は北極海の無人島で撮影されていた!?

近年、NASAはカナダのデヴォン島という島で無人火星探査車両ローバーの走行テストを行っている。デヴォン島は世界最大の無人島であり、手つかずの自然が多く残されている。走行環境が火星と類似する点が多いのだろう。百聞は一見に如かず。早速、デヴォン島の写真をご覧いただこう。

●デヴォン島


●火星


もうとっくにお察しだろうが、NASAが発表している火星の写真の多くが、このデヴォン島で撮影されたのではないかとの疑惑が浮上しているのだ。

●デヴォン島にローバー


さて、次の写真をご覧いただきたい。

●火星にネズミ(クビワレミング)


NASAによる火星の地表を撮影したものとされる写真だが、ネズミらしきものが写り込んでいる。この写真も、舞台が火星ではなく地球、もっといえばデヴォン島であると考えれば説明がつきやすい。これは当該地域に生息するクビワレミングではないかといわれているのだ。


NASAが1997年にデヴォン島に研究ベースを建設して以来、毎夏100名に及ぶスタッフが任務についている。その主なミッションの一つとして火星探査車両ローバーのテスト走行が挙げられるが、火星のフェイク写真の撮影もその任務の一つだとしたら…?

●火星に人影


最後に、これもNASAによる火星の写真だが、紹介したい。火星の地表で“無人”火星探査車両ローバーのカメラのアングルを調整していると思しき人の影。しかも、風による頭髪の揺らぎが見受けられる。どうやら宇宙服を着用していないようだ。

http://tocana.jp/2017/09/post_14316_entry.html



▼「【疑惑】NASA発表の「火星画像」はカナダのデヴォン島で撮影か?」の続きを読む