1 : 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 17:02:54.71 ID:t17sQMR+0.net BE:683789119-2BP(1500)

NHK「プロフェッショナル」に大反響 「戦い続ける」犬の訓練士、その真意と信念を聞いた|ニフティニュース
2018年1月29日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で放映された、「戦う訓練士」こと犬の訓練士・中村信哉さん(47)のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」との反響が相次いでいる。
中村さんが預かるのは、飼い主の手に負えなくなった凶暴犬ばかり。手厳しい訓練は時に批判を浴びることもある。だが心を鬼にして、犬と向き合う。

・中村さん「本当は、私みたいな存在がいてはいけない」
一方で、中村さんのしつけは時として「鞭打ち式体罰」「暴力を振るう訓練士」と批判にさらされる。実際、番組放送後のツイッターには
「訓練士、豆ぞうをグーで頭殴った。こんな躾ありえない」
「言っていいですか?棒で殴って距離が縮まるわけないじゃん。バカなんじゃないの、このひと」
などの声が上がっていた。
だが中村さんがそのような声にひるむことはない。自身のフェイスブックでは放送後、「私が戦う相手がおわかりいただけたでしょうか?」と投稿。その上で、
「そうです...『世論』と『世論に負けそうになる自分』との戦いです。きっとこれは死ぬまで続くのではないかと思っています。それでも戦い続けます。後に続く者達と行き場を失った咬み犬がいる限り」
とつづった。

全文はソースで

lkGeta9

m.nakata/R+trainer‏ @BlueSkyWan8
あれを見て擁護する方が理解できません。
柴を引きづり出して、ゲンコツで何度も殴るシーンは、どんな理由があろうとも暴力です。
効果のある嫌悪刺激にもなりません。
https://twitter.com/BlueSkyWan8/status/958569200745926658

m.nakata/R+trainer‏ @BlueSkyWan8
凶暴な動物には力で屈するしか方法がないと考える人の多さに、愕然とします。
あぁそうだったのかと。私が考えていたより、原始。
いわゆる褒めるトレーナーもそう考えている人が多数ある。トリマーも。
ほんと、愕然。目が腐っておるのか。
https://twitter.com/BlueSkyWan8/status/958569202536845317

m.nakata/R+trainer‏ @BlueSkyWan8
恐ろしいなと思うのは、あれを見て感動した泣いたと言っている人の多さ。
時に体罰は必要だと考える人の多さ。
相手が凶暴なら、こちらもそれ以上に暴力を使ってねじ伏せるしかないと考える人の多さ。
ここで、子供の場合を持ち出せば、人間と犬は違うとでも言うのだろうか。
https://twitter.com/BlueSkyWan8/status/958569200745926658
【関連記事】
【悲報】柴犬「まめ蔵」訓練士の厳しい躾で叩かれ涙目になる


http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517731374/


▼「ドッグトレーナー「犬に暴力を振るう訓練士を見て感動する人が多いのが恐ろしい」」の続きを読む