嘘大げさ紛らわしい、宇宙・ゴシップ・おもしろネタでスキマ時間を無駄にさせる宇宙的B級まとめブログです。

    人気サイトヘッドライン

    ニュース

    【自民党】野田聖子議員の夫は「元暴力団員」だとガチで確定。事実なのになんで訴えたの?

    1 :



    野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定した。

    野田氏は昨年10月に発足した岸田政権で、地方創生相として入閣を果たした。本会議場のひな壇の席次は“ナンバー2”とされる演壇の右側で、首相不在時の臨時代理の順位も松野博一官房長官に次ぐ2位。少子化担当相も兼務する野田氏は、首相の目玉政策の一つ、「こども家庭庁」の設置(来年4月に発足予定)も主導してきた。

    一方、「週刊文春」は2018年8月2日号で、文信氏が「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属する暴力団員だったことなどを報道。文信氏は元暴力団員だった事実はないなどとして、東京地方裁判所に発行元の文藝春秋を提訴した。

    東京地裁は2021年3月、文信氏が元暴力団員だった点について、真実相当性があるとする判決を下している。文信氏は判決を不服として控訴、「週刊文春」も一部判決を不服として控訴した。

    全文はソースで



    16 :

    事実であろうと、公言したら違法ではないのか? 公益性があれば違法ではなくなるが。



    4 :

    嘘でも反論した方が得するのが現実だから



    ▼「【自民党】野田聖子議員の夫は「元暴力団員」だとガチで確定。事実なのになんで訴えたの?」の続きを読む

    硫黄島沖で噴火、1千年ぶりにマグマ噴出か

    1 :

    東京都心から約1200キロ南にある小笠原諸島の硫黄島の沖で、マグマが噴出したと考えられる噴火が発生したと気象庁が8日発表した。硫黄島は年1メートルにも及ぶことがある異常な隆起が続く活火山だが、噴火はマグマを噴出しない水蒸気噴火が続いてきた。今回のマグマ噴出は、約1千年ぶりの可能性がある。気象庁は「今のところ噴火の規模は小さいが、監視を続けていく」としている。

    硫黄島の海岸には、多くの岩塊が漂着していた。内部は発泡しており、噴出したマグマが急速に冷やされて固まった溶岩とみられる。内部がまだ120度以上の高温のものもあった。







    2 :

    南海トラフ整いました



    4 :

    1000年ぶりだねぇ



    ▼「硫黄島沖で噴火、1千年ぶりにマグマ噴出か」の続きを読む

    【朗報】山上容疑者の母親、会見を開く予定www

    592dc749d7894fe40912890e799013529832f202

    1 :

    何喋んだよ



    4 :

    安倍元首相の銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者の母親が、近く会見を開く意向を持っていることが分かりました。

    山上容疑者の母親は事件後、親族の家に身を寄せていましたが、週末に家を出て旧統一教会関係者のもとに行ったということです。

    親族によると、母親は近く会見を開く意向を持っているということです。




    7 :

    これは楽しみ



    8 :

    息子のことは嫌いになっても云々だろ



    ▼「【朗報】山上容疑者の母親、会見を開く予定www」の続きを読む

    【科学】死んだ豚の細胞と臓器をよみがえらせることに成功。人の臓器移植にも役立つ可能性

    piglet-g5564f248b_640

    1 :

    死後1時間が経過した豚の体内に特殊な細胞保護液を循環させることで組織の機能を回復させ、失われた心臓の鼓動を再開させることに成功したとの研究結果が報告されました。

    死んだ動物の臓器を復活させる新技術「Organ Ex」により、臓器移植に革命が起きる可能性があると期待されています。

    Cellular recovery after prolonged warm ischaemia of the whole body | Nature



    (以下略、続きはソースでご確認ください)



    4 :

    ネクロマンシーやないか



    9 :

    つまり、ゾンビが現実になると?



    ▼「【科学】死んだ豚の細胞と臓器をよみがえらせることに成功。人の臓器移植にも役立つ可能性」の続きを読む

    【悲報】ラクダさん、日本の猛暑で熱中症になり死んでしまう

    1 :

    死んだのは、岡崎市東公園動物園で飼育されていた、メスの22歳のヒトコブラクダ「ヒトミ」です。

    ヒトミは高齢で、先月27日ごろから食欲不振が続き、動物園が治療を続けていましたが、今月3日に死にました。

    動物園で解剖して調べたところ、死因につながる直接の病気は見つかりませんでしたが、腹部など体内の温度が通常に比べて高かったことから、熱中症で死んだとみられるということです。

    「ヒトミ」は、愛媛県の動物園で生まれ、その後、繁殖のため盛岡市の動物公園に貸し出されましたが、改修工事に伴って、去年7月から岡崎市で暮らしていたということです。

    ラクダは暑さに強い印象がありますが、動物園によりますと、湿気を伴う暑さが体にこたえていたのではないかということです。




    2 :

    ひとみ婆さんが…



    3 :

    >ラクダは暑さに強い印象がありますが、動物園によりますと、湿気を伴う暑さが体にこたえていたのではないか

    なるほど



    ▼「【悲報】ラクダさん、日本の猛暑で熱中症になり死んでしまう」の続きを読む

    【福井】海水浴客、イルカに襲われ2人が負傷

    th_fis0125-054

    1 :

    福井市鮎川町の海水浴場で7日午前11時40分ごろ、「イルカに2人が襲われている」と海水浴客の女性から118番通報があった。

    同署によると、イルカは海水浴場内の沖合およそ15メートル付近を泳いでいた福井市の女性(39)の背中に衝突。浜辺に逃げようとした女性の左の手のひらや手首にかみついた。その後も水着を引っ張るなどしたという。

    助けようと沖に向かった坂井市の男性(50)も、イルカから女性を遠ざけようとしたときに、右の手のひらや、左ひじをかまれ、右手を3針縫うなど、1週間のけがを負った。イルカはその後も浜に帰ろうとする男性を鼻先でつつきながら追ってきたが、男性が蹴ると逃げたという。




    8 :

    イルカが攻めてきたぞー!



    52 :

    >>8
    マジなやつやん



    ▼「【福井】海水浴客、イルカに襲われ2人が負傷」の続きを読む

    後藤真希さん「一緒にお風呂入ろ。ここ...成長してきたね(指でつまむ)」

    1 :

    元「モーニング娘。」の後藤真希さん(33)が、甥が17歳になるまで一緒に入浴をし、互いの身体を洗い合っていたと明かしたことに、衝撃を受ける視聴者が続出している。

    後藤さんは2018年9月26日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日テレ系)に出演。甥との関係を赤裸々に語ると、スタジオの面々は絶句。客席からは「キャー」という悲鳴もこだました。

    後藤さんが溺愛しているという甥は、俳優として活動する勧修寺保都(かんしゅうじ・たもつ)さん(21)。

    さらに勧修寺さんは、後藤さんとの入浴について「全然意識しないですね。たぶん僕がっていうより、ネネが意識しない」と改めて一言。ネネは後藤さんの愛称で、普段からそう呼んでいるという。

    甥のこうした発言には、後藤さんも「そうですね。本当子供の成長を見ているような感じ」と同調。続けて、甥との入浴時のやり取りだとして、目線を下の方にやりながら、

    「あっ、ナニナニ成長したねとか。あっ、ちょっと生えてきたなとか。だいぶ増えたじゃんとか」とも。
    具体的に何を指しているかは不明なものの、後藤さんは「こうやりますもん」と言いながら、ナニかを指でつまんで持ち上げるような動きも見せていた。




    2 :

    裏山けしからん



    5 :

    お前らピュアかよ!!



    ▼「後藤真希さん「一緒にお風呂入ろ。ここ...成長してきたね(指でつまむ)」」の続きを読む

    【神奈川】ウサギのペットで多頭飼育崩壊 2匹が2年で200匹以上に

    1 :

    県西地域で30代夫婦が飼育していたペットのウサギ2匹が、わずか2年足らずで200匹以上に繁殖し、自宅内を“占拠”するほどの多頭飼育崩壊が起きた。犬や猫の多頭飼いのケースは多いが、飼い主のSOSを受けた県担当者やボランティアも「経験上初めてのこと。ウサギに詳しい職員は限られて現場も混乱している」と困惑。今月5日までに1匹を残して全てのウサギが保護され、新たな飼い主を待っている。

    夫婦は2020年8月から9月にかけてウサギ2匹を県内のペットショップで購入。室内で飼っていたところ、1年で約100匹にまで増えたという。

    今年7月上旬、県動物愛護センターに相談し、管轄の保健福祉事務所が自宅を訪問。さらに動物愛護活動に取り組む一般社団法人アニプロも支援に加わり、今月5日に同センターが約60匹を引き取り、アニプロも約150匹を保護した。

    アニプロの原奈弓代表理事は「行政が足踏みをしている間にもウサギの繁殖は続いてしまう。素早く対応すべきだった」と指摘する。




    2 :

    バカか



    3 :

    食べればいいじゃん



    ▼「【神奈川】ウサギのペットで多頭飼育崩壊 2匹が2年で200匹以上に」の続きを読む

    【悲報】奈良県警、山上容疑者の自宅から「銃」描写の小説押収

    1 :



    安倍晋三元首相(67)が奈良市での参院選の演説中に銃撃されて死亡した事件で、奈良県警が山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検、鑑定留置中=の自宅マンションから、複数の小説を押収していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。

    小説には銃を使う場面もあった。県警は山上容疑者が小説を読むなどし、銃を使った犯行への執着を深めていった可能性もあるとみている。



    2 :

    マジかよ



    5 :

    漫画やゲームはなかったんやろなぁ



    ▼「【悲報】奈良県警、山上容疑者の自宅から「銃」描写の小説押収」の続きを読む

    児相「この子虐待されてる!保護!」→ 裁判官「うーん、虐待なし!」→ 母親に戻され殺される → 計4人も死んでると判明

    1 :

    7月31日に三男の康生ちゃんを窒息死させたとして神奈川県警に逮捕されたのは、大和市の無職・上田綾乃容疑者(42)だ

    上田容疑者には4人の子どもがいたが、いずれも幼いうちに亡くなっている。

    ・02年11月、長男が生後5ヵ月で死亡。

    ・03年9月、長女が生後1ヵ月で死亡。

    ・17年4月、三男が1歳5ヵ月で死亡。

    ・19年8月、次男が7歳で死亡……。


    「上田容疑者から、当時生後5ヵ月だった雄大君の『呼吸が止まっている』と119番通報が入ったんです。疑いを持った児相は雄大君を保護し、15年3月まで施設に入所させます。

    しかし17年4月に三男・康生ちゃんが不審な死をとげたため、再び雄大君を一時保護。家庭に戻すべきではないと判断し、施設入所の手続きをとりました。

    上田容疑者は、児相の対応に猛反発します。雄大君の入所に同意しなかったんです。

    児相は仕方なく横浜家庭裁判所へ審判を申し立てますが、家裁は『兄弟の死亡について明確な事件性は認められない』と却下。

    雄大君は18年11月に上田容疑者の元へ戻され、その9ヵ月後に事件が起きました……

    全文はこちらから



    4 :

    親ガチャ大失敗



    7 :

    すんません、これ死刑でしょ?



    ▼「児相「この子虐待されてる!保護!」→ 裁判官「うーん、虐待なし!」→ 母親に戻され殺される → 計4人も死んでると判明」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      こんにちは。嘘大げさ紛らわしい宇宙的B級まとめブログ「コノユビ」のあやしい最新記事を配信中。 botじゃないのでよろしくお願いします🙇🙇🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      楽天市場
      逆アクセスランキング

        スポンサードリンク
        最新コメント
        カテゴリー
        アーカイブ
        アクセスカウンタ
        • 今日:
        • 昨日:
        • 累計:

        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサードリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ