「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    ネッシー

    『ヒマラヤの雪男』の正体はクマだった。米研究者らがこれまでの遺物の遺伝学的調査結果を発表


    no title

    1 : 記憶たどり。 ★
    2017/11/29(水) 13:34:21.15 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000025-jij_afp-sctch

    「雪男」の正体はやはりクマだった──。ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya)一帯に住むと言い伝えられ、雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」について、米研究者らがこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、それらが実は複数のクマのものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く研究成果となった。

    イエティの正体がクマだったとする研究はこれが初めてではないが、英学術専門誌
    「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された論文によると、
    今回の研究では、イエティのものとされてきた骨や歯、皮膚、毛、糞から、これまでにない量の遺伝学的証拠を収集して調べた。

    その結果、「イエティの手」をはじめとする世界中の個人コレクションや博物館から収集した証拠品は、実際にはアジアクロクマ(ツキノワグマ)かチベットヒグマ(ウマグマ)、ヒマラヤヒグマのものだったことが判明した。

    これら3種のクマはそれぞれ「世界の屋根」ヒマラヤ山脈の異なる地域に生息しており、
    いずれの種類のクマもかつてイエティと誤認された可能性があるという。

    論文の主執筆者を務めたニューヨーク州立大学バッファロー校(University at Buffalo, The StateUniversity of New York)教養学部のシャーロット・リンドクビスト(Charlotte Lindqvist)准教授は「われわれの研究成果は、イエティ伝説の生物学的根拠がその地域(ヒマラヤ山脈)のクマに見られることを強く示唆している」と述べている。

    研究チームは、それぞれの標本の完全なミトコンドリア・ゲノムを再構成することで、ヒマラヤ山脈の絶滅の危機にある肉食動物であるクマとその進化の歴史に関する重要な発見もした。

    リンドクビスト氏によると、チベット高原(Tibetan Plateau)のヒグマとヒマラヤ山脈西部のヒグマは別々の個体群とみられ、約65万年前の氷河期に分かれたと考えられるという。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511930061/


    2 : 名無しさん@1周年 2017/11/29(水) 13:34:53.52 ID:c4ZR9kId0.net

    だろうな
    イエティもこの類だろうね



    ▼「『ヒマラヤの雪男』の正体はクマだった。米研究者らがこれまでの遺物の遺伝学的調査結果を発表」の続きを読む

    【ネッシー】英国スコットランドのネス湖の怪獣、再びカメラに収められる

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494567342/

    hqdefault

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/05/12(金) 14:35:42.08 ID:CAP_USER9.net

    スコットランドのネス湖で再び有名なネッシーが目撃された。
    この未確認生物の動画は、ウェールズから訪れた観光客ロブ・ジョーンズさんが7日午前に撮影したもの。

    湖の岸辺の高台から撮影された動画には、長い首を持つ生き物が遊覧船の前を横切り、泳いでいる姿が映っている。
    なお前回ネッシーが目撃されたのは2016年8月。

    ネッシー出現の公式記録係ゲイリー・キャンベルさんによると、ネッシーは出現の当たり年だった2016年に目的されて以来、長い間姿を現していなかったため、ある種の懸念が持たれ始めていた。
    昨年ネス湖の怪獣はカメラで10回捉えられ、その回数は21世紀に入ってから最大を記録した。
    これはスマートフォンやウェブカメラの普及率が高まったことと関係している。

    なお大勢のネットユーザーたちが動画に懐疑的な見方を示している。
    水中を木の枝がただ漂っているだけだと考える人もいれば、動画はネス湖にたくさんの観光客を呼び込むためのでっち上げだとする人々もいる。

    動画:https://youtu.be/KxGuTMF9jlQ


    https://jp.sputniknews.com/life/201705113626057/



    ▼「【ネッシー】英国スコットランドのネス湖の怪獣、再びカメラに収められる」の続きを読む

    ネッシーなのか?ネス湖に打ち上げられていた首の長い内臓入り白骨体

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467518733/

    1 : レッドインク(徳島県)@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 13:05:33.35 ID:iE6a/2uX0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

    世界一有名なUMAネッシーの生息地と言われているスコットランドのネス湖にて、2016年6月29日、犬の保護団体に所属する人が犬の散歩中、ネス湖沿岸にて、謎の白骨化した遺体を発見した。

     周辺にはPOLICEと書かれたテープがまかれていたそうで、その遺体、やけに首が長く内臓もまだ残された状態だったという。
    この画像が公開されるや否や、様々な憶測を呼んだ。

     もちろんこれがネッシーであるかもしれないという声はもちろんのこと、首の長さからしてキリンであるとか、キリンがどうしてこんなところにとか、いやいや誰かのイタズラだろうとか。

     でもって、一番信憑性の高い推測は、テレビ局がなんかの特番でこれを作り上げたというものだ。
    かなり精巧に作られているので経費もかかるだろう。何かの番組に使用するセットなのでは?という意見が最も多かったようだ。

     イギリスのEU脱退決定を受け、スコットランドはイギリスから独立して、EUに加入しようという動きもある。
    もしかしたら政治がらみの何かかもしれないとか、いろんな妄想がはかどりそうだ。

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52220673.html








    3 : ダブルニードロップ(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 13:06:59.98 ID:xGCtjKTw0.net

    なにこの洗濯機のホースは



    7 : スターダストプレス(庭)@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 13:07:27.32 ID:XLTHdDdd0.net

    内臓の残り方が不自然過ぎて笑った



    8 : 膝十字固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 13:08:19.67 ID:iRr8J/nN0.net

    内臓らしきものの作り物感はんぱない



    ▼「ネッシーなのか?ネス湖に打ち上げられていた首の長い内臓入り白骨体」の続きを読む

    ネッシーの正体は巨大ナマズ? 24年間観察中の「専門家」が見解

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437138933/

    Nessie40411-1

    1 : ひろし ★ sageteoff 2015/07/17(金) 22:15:33.57 ID:???*.net

    【AFP=時事】英北部スコットランド(Scotland)のネス湖(Loch Ness)に生息するとされる伝説上の怪物「ネッシー(Nessie)」の行方を24年間追い続けている「ネッシー専門家」が、ネッシーの正体は巨大なナマズである可能性が高いとの見方を示した。
    ただし、追跡調査はまだやめないという。

     スティーブ・フェルサム(Steve Feltham)さん(52)は、世界で最も長期間にわたりネッシーを継続観察しているとしてギネス世界記録(Guinness World Record)に認定されている。このほどAFPの取材に、世界中の人々の想像力をかきたててきた謎の生物の正体について、こう語った。

    「現時点で最も有力なのは、ヨーロッパオオナマズだ。これが、最もあり得る説明だ」

     フェルサムさんはネッシーの正体を突き止めようと、1991年に恋人を置いて故郷を離れ、ネス湖にやってきた。以来、湖畔にテントを張り、24時間体制でネス湖観察を続けてきた。

     今週のメディア報道では、フェルサムさんがヨーロッパオオナマズ説を本命視したのはネス湖観察を切り上げたからではないかと示唆されたが、当のフェルサムさんは「これが最終的な説明だとは言っていない」と述べ、まだネッシー追跡はあきらめないと断言。
    世界が注目する謎の完全な解明まで数十年はかかるだろうとの見方を示すとともに、ネッシーの正体は「平凡なナマズより、もっとわくわくするものであってほしい」と語った。

     ヨーロッパオオナマズは欧州中東部が原産で、大きいものは体長4メートル、体重400キロ以上にもなり、最低でも30年生きる。ネス湖にヨーロッパオオナマズが放流された記録がないことはフェルサムさんも認めるが、ビクトリア朝時代(1837〜1901)にはネス湖周辺に富裕層の狩猟用別荘がいくつもあったことから、「当時の人たちが釣りを楽しむためにネス湖に持ち込んだと考えられる」という。

     ビクトリア朝(後期)に放流されたと考えれば、ネッシーが最初に話題を集めた1930年代には「十分に大きくなっていたはずだ」と、フェルサムさんは説明している。【翻訳編集】 AFPBB News

    20150717-00000028-jij_afp-000-3-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150717-00000028-jij_afp-int



    ▼「ネッシーの正体は巨大ナマズ? 24年間観察中の「専門家」が見解」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワーっす!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る