「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    ハッカー

    総務省がセキュリティ対策にハッカーを雇用開始!日給8000円交通費無し!!!!

    1 : 名無し募集中。。。 2018/02/28(水) 13:38:30.48 0.net

    (意訳)IT土方は俺らのために薄給で働け






    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1519792710/


    3 : 名無し募集中。。。 2018/02/28(水) 13:42:02.18 0.net

    ホント役人ってアホだな
    事務処理だけしとけっての



    4 : 名無し募集中。。。 2018/02/28(水) 13:43:06.81 0.net

    そりゃ有能な人材は海外に流れるわw



    ▼「総務省がセキュリティ対策にハッカーを雇用開始!日給8000円交通費無し!!!!」の続きを読む

    中露がAIハッカーでサイバー攻撃の自動・効率化 北も技術取得か

    hacker-2300772_640

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/02/14(水) 10:24:19.39 ID:7okUdWZJ0●.net BE:201615239-2BP(2000)

     中国とロシアがAI(人工知能)を活用して自動的にサイバー攻撃を仕掛ける技術を取得したことが13日、わかった。AIを活用すれば、人材の省力化でハッキングの効率を高められる。
    AIが自ら攻撃手法を学んで技術を短期間で向上でき、大規模な攻撃を仕掛けることも容易になるという。
    北朝鮮も同様の技術を獲得した恐れがあり、AIを悪用した攻撃の脅威が世界に広がりそうだ。

     元在日米軍司令部サイバーセキュリティー長のスコット・ジャーコフ氏が産経新聞の取材で明らかにした。ジャーコフ氏は、欧州警察機関(ユーロポール)などと情報を共有し、昨年、中露のAI技術取得の情報を入手したという。

     ジャーコフ氏によると、中露が獲得したAI技術は自動的に膨大な数のパソコンやスマートフォンにウイルスを送れる機能を持つ。添付ファイルを開封すればウイルス感染するメールを世界中に一斉送信し、「ハッカーが関与しなくても情報窃取やシステムを破壊する攻撃などが可能」という。
    また、ジャーコフ氏は「標的にする組織のシステムの欠陥を調査したり、金銭を奪える標的を
    探したりするAI技術も獲得した」と指摘。北朝鮮については近年、判明した同国のサイバー犯罪を分析し「AI技術を取得している可能性がある」とした。

     ジャーコフ氏は、中露がAIの使用で攻撃を強化できる点について「睡眠を取る必要がないので攻撃の効率が大幅に上がる」と分析した。AIが大量のデータを基に自ら学習する「ディープラーニング(深層学習)」を行うことで「攻撃の技術や手口が自動的に上がり、育成しなくても優秀なハッカーが誕生する」という。人間のハッカーであれば手法や攻撃を仕掛ける時間帯で犯行を特定されやすかったが「AIでは調査が難しく、攻撃側は追跡から逃れやすい」とした。

     中国には、日本の官公庁の情報を盗むサイバー攻撃を仕掛けるハッカー集団が存在。ロシアでも、米大統領選で民主党全国委員会(DNC)に攻撃した集団が確認されている。「中露のハッカー集団がAIを使うことで、さらに重大な被害が起きる」と強調した。 
    また、防衛省がネットワークを守るシステムにAIを導入する方針にも触れ「今後のサイバー戦争はAI同士の戦いになる」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000001-san-n_ame



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518571459/


    ▼「中露がAIハッカーでサイバー攻撃の自動・効率化 北も技術取得か」の続きを読む

    淫夢厨、5億NEMを盗難したハッカーに投げ銭を送る

    1 : 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 01:02:06.71 ID:ffHWtIq60.net





    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517328126/


    2 : 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 01:02:17.40 ID:O/3C6i4O0.net

    草生える



    3 : 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 01:02:42.95 ID:fjUbH3UI0.net

    なんやこいつ……



    7 : 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 01:03:04.91 ID:Ta2Mt8Vf0.net

    野獣先輩生存確認



    ▼「淫夢厨、5億NEMを盗難したハッカーに投げ銭を送る」の続きを読む

    ロシア人ハッカー「自動生成した自己啓発本売ったら3億円稼げた」

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1475303345/

    1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/01(土) 15:29:05.199 ID:Vi/jvXUy0.net

    2616082

    ロシアのワレリー・シェルシュネフ氏がECサイト「アマゾン」で8万以上のアカウントを登録し、自動生成された自己啓発本を売った結果、300万ドルを稼いだ。
    サイト「ZDnet」が報じた。
    特に、シェルシュネフ氏はニーナ・ケリー、アンドリュー・ウォーカー、ジュリア・ジャクソンといった架空の作者の作品を作った。
    それらの本のテーマは全て健康、ダイエット、料理といったものだった。 シェルシュネフ氏は特別なアルゴリズムを開発し、本を作った。
    アマゾンはすでに偽者の本をサーバーから削除しており、現在次の対応を検討している。

    https://jp.sputniknews.com/life/20161001/2845243.html



    3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/01(土) 15:31:26.743 ID:1I9tjiS80.net

    現代の錬金術



    4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/01(土) 15:31:29.654 ID:wim4F2Nm0.net

    自動生成された本ってなんだよ
    意味わからん



    7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/01(土) 15:32:57.213 ID:Vi/jvXUy0.net

    >>4
    人工知能とかつかって既存の書籍から言葉を組み合わせて
    電子書籍を生成したんじゃないのか



    ▼「ロシア人ハッカー「自動生成した自己啓発本売ったら3億円稼げた」」の続きを読む

    【中国】美人ハッカー、3Dプリンターを使用しハイヒールにハッキングシステムを仕込む

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441173723/

    1 : キドクラッチ(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 15:02:03.92 ID:/0VnOSer0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典

    中国の美人ハードウェアハッカー(セクシーサイボーグ)が、テスト用ネットワーク侵入器具を忍ばせることのできるハイヒールを3Dプリンターによって作り上げた。
      
    ヒール中の区切りの中にはそれぞれ、悪質なフラッシュドライブやネットワークWi-Fiに入りこむためのルータのような、安全なシステムをハッキングするための機器が組み込まれています。
    この機器は靴を脱いだり履いたりせず使用可能とのことです。

    セクシーサイボーグは、このプラットフォームシューズを作るための方法をオンラインで紹介しているそうです。
    彼女によると、”Wu Ying Shoes(ウーイェングシューズ)”と名付けられたこのプラットフォームは、”セクシーなドレスで着こなすためにデザインされてます”ということです。



    http://www.scienpost.com/archives/1038648007.html



    ▼「【中国】美人ハッカー、3Dプリンターを使用しハイヒールにハッキングシステムを仕込む」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワーっす!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る