1 : 風吹けば名無し 2018/05/05(土) 09:48:14.96 ID:fRp5doLUd0505.net

刑務所内でのヒエラルキー、刑務官との軋轢…元受刑者が抱える塀の中の“ストレス“

 刑務所内の“人間関係“について、合計12年間服役した元受刑者の鈴木博氏(仮名)は、
「人間関係は難しい。刑務所の中では足を引っ張り合うことも多い。自由がなく、ストレスが溜まる生活なので、何か面白いことはないかということで、弱い者をいじめる。
気にいらないからと揚げ足を取ることもよくあるし、いじめようというのもある。刑務官に気づかれないよう、顔以外を殴る。
ご飯を取り上げるというのもある。集団リンチもあるし、見張り役がいて、リーダー格みたいな人がいることもある。
刑務官もいじめを把握はしているとは思うが、慣れている人(受刑者)が多いので、分からないようにやっている。現認ができないと、懲罰を与えることができない」と話す。

中略

鈴木氏によると、受刑者間には自然とヒエラルキーができるのだという。
「トップに立つのは暴力団。どこに所属していたという看板がある人は一目置かれる。有名な事件の受刑者も一目置かれていて、最下層は性犯罪者」。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00010002-abema-soci





http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1525481294/


▼「【画像】刑務所内での序列が判明! ほぼお前らの想像してるとおり」の続きを読む