「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    ブラックホール

    故ホーキング氏の肉声を宇宙に発信、音楽に乗せブラックホールへ

    1 : みつを ★ 2018/06/15(金) 22:23:30.82 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/world/35120910.html

    ホーキング氏の肉声を宇宙に発信、音楽に乗せブラックホールへ

     15日に営まれる英物理学者、故スティーブン・ホーキング博士の追悼式に合わせ、地球から3500光年離れたブラックホールへ向けて、ホーキング氏の肉声が宇宙空間に流される。

    ブラックホール研究で知られるホーキング氏は、今年3月に76歳で死去した。15日の追悼式は英ウェストミンスター寺院で営まれ、ホーキング氏の遺骨はチャールズ・ダーウィンの墓とアイザック・ニュートンの墓の間に埋葬される。

    これに合わせて欧州宇宙機関(ESA)はスペインの巨大アンテナ「セブレロス」を使い、音楽に乗せたホーキング氏の肉声をブラックホールに向けて流す。

    ホーキング氏の声を乗せるオリジナルの楽曲は、映画「炎のランナー」のテーマ曲で知られるギリシャの作曲家バンゲリスが手がけ、平和と希望のメッセージが託されている。

    ESAによると、楽曲は6分半ほどの長さで、中盤にホーキング氏の音声が流れるという。

    この楽曲は追悼式でも流れる予定で、参列者には全員にCDを配布する。いずれ一般にも公開を予定している。

    ホーキング氏の声を届けるブラックホールは、地球から最も近い距離にあり、最も有名なブラックホールの1つだという。ESAの専門家によると、このブラックホールもいずれ、ホーキング氏が提唱した「ホーキング放射」と呼ばれる現象により、何十億年もかけて蒸発する。

    stephen-hawking-lead-image-super-169



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529069010/


    ▼「故ホーキング氏の肉声を宇宙に発信、音楽に乗せブラックホールへ」の続きを読む

    【宇宙】銀河の中心にブラックホール1万個存在か

    1 : ガーディス ★ 2018/04/05(木) 12:19:07.70 ID:CAP_USER9.net

    【4月5日 AFP】太陽系を含む天の川銀河の中心のブラックホールを12個検出したとする天体物理学者チームの研究結果が4日、発表された。この結果に基づくと、銀河中心にはブラックホールが1万個存在する可能性があるという。

     英科学誌ネイチャーに発表された論文によると、あらゆる大型銀河の中心には超大質量ブラックホールがあり、それが数多くのより小さなブラックホールに取り囲まれているとする説があり、今回の発見はこの長年支持されている説に初の証拠を提供するものになるという。

     論文の共同執筆者で、米コロンビア大学の天体物理学者のチャック・ヘイリー氏はAFPの取材に、銀河系の中心にあるブラックホール「射手座A*」を取り巻く「ブラックホールを12個観測した」と述べ、そして「だが、これは氷山の一角にすぎない」と語った。

    「銀河系は極めて標準的な銀河なので、ここで膨大な数のブラックホールが確認されるならば、大半の銀河の中心には膨大な数のブラックホールが存在するに違いない」と、ヘイリー氏は話した。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3170055
    地球から約2万7000光年にある天の川銀河(銀河系)の中心(2016年3月31日提供)
    img_308835459cb4e76f6aca57ba3c3d45be482268



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522898347/


    ▼「【宇宙】銀河の中心にブラックホール1万個存在か」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る