元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486802932/

1 : 海江田三郎 ★ 2017/02/11(土) 17:48:52.40 ID:CAP_USER.net

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1043060.html


スクラッチで保護されているDSP版Windowsのプロダクトキーに関する新たなサービスがツクモパソコン本店で始まっています。

 サービスの内容は、「購入者に代わってスクラッチを削る」というもの。料金は税別500円。
「スクラッチを削るだけで料金が発生するの?」と思う方も多いと思いますが、今回のサービスは、利益確保というよりは、さらなる注意喚起の意味を込めて開始したようです。

 今回のサービスを開始したツクモパソコン本店では、販売時にスクラッチの削り方を記した説明書をDSP版パッケージに貼付し、注意喚起を行っていますが、「それでも、週1〜2件くらい失敗したという問い合わせがある」(同店)とか。
この状況は、他のショップも同様で、ショップの間では少々厄介な問題となっています。

 実際に今回のサービスを利用する方が、どの程度出てくるのかはわかりませんが、「OSのプロダクトキーを削る時は注意した方がいい」という認識が広まれば、このサービスの提供は成功なのかもしれません。



4 : 名刺は切らしておりまして 2017/02/11(土) 17:54:40.81 ID:PJd3hPBt.net

スクラッチと一緒に削れてしまうプロダクトキーとか斬新なセキュリティ対策



6 : 名刺は切らしておりまして 2017/02/11(土) 17:56:25.41 ID:J1S5ezJ2.net

どんなけ力こめとんねん



16 : 名刺は切らしておりまして 2017/02/11(土) 18:06:37.51 ID:Su8hqhqx.net

>>6
マイクロソフトは作りに問題があって
スクラッチが削れにくい。
力を入れて行うと元が削れて読めなくなる。

オフィスとかも同じで買うと
買うとスクラッチカードしかついてこない。



▼「「有料でDSP版Windowsのプロダクトキー保護スクラッチを削るサービス」が登場 失敗して読めなくなる人が続出で」の続きを読む