http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505948463/

1 : 紅あずま ★ 2017/09/21(木) 08:01:03.14 ID:CAP_USER9.net

ベンチャー企業 宇宙旅行用の新型エンジン実験に成功
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011149801000.html



大手航空会社のANAホールディングスなどからの出資を受け、6年後の2023年に宇宙旅行の事業化を目指している名古屋市のベンチャー企業が、地上から宇宙空間まで飛行できる新型エンジンの実証実験に成功したと発表しました。
宇宙旅行の大幅なコストダウンが期待できるということです。

名古屋市のベンチャー企業「PDエアロスペース」は、2023年の宇宙旅行の事業化を目指して、8人乗りの小型の宇宙輸送機の開発を進めています。

実証実験に成功した新型エンジンは、旅客機などに使われるジェットエンジンと宇宙ロケットに使われるロケットエンジンの2つの機能を併せ持つもので、20日は報道陣に燃焼試験が公開されました。

宇宙旅行に使われる機体の開発はアメリカの企業が先行していますが、宇宙空間まで到達するのにジェットエンジンとロケットエンジンの両方を使ったり、大型のロケットエンジンを使うなどしたりしていて、製造コストが高くなることが事業化の課題になっているということです。

今回の新型エンジンは、高度15キロまでは酸素で燃料を燃やす「ジェット燃焼」を行い、それ以上の高度ではロケットのように機体に搭載した酸素で燃やす「ロケット燃焼」に切り替えられるため、大幅なコストダウンが可能になるということです。

■世界の宇宙ビジネスは

宇宙を利用したビジネスの拡大を支援している内閣府の宇宙開発戦略推進事務局などによりますと、日本国内で、「宇宙旅行ビジネス」への参入を目指している民間企業は、今のところ、名古屋市のベンチャー企業、「PDエアロスペース」1社だけだということです。

一方で、宇宙ビジネスの先進地、アメリカでは、4つの民間企業が、宇宙旅行ビジネスの実現に向けて開発や準備を進めています。


▼「ベンチャー企業「PDエアロスペース」、宇宙旅行用新型エンジンの実証実験成功 大幅コストダウンに期待」の続きを読む