「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    ベンヌ

    【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/12/11(火) 08:34:43.61 ID:CAP_USER9.net

    NASAの探査機 着陸予定の小惑星に水の成分発見
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181211/k10011742641000.html
    K10011742641_1812110826_1812110827_01_03

    NASA=アメリカ航空宇宙局は、探査機が着陸する予定の小惑星から水の成分が見つかったと発表しました。NASAは、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」と同様にこの小惑星から砂や石を地球に持ち帰ることを目指していて、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られると期待しています。
    NASAの小惑星探査機、「オシリス・レックス」は今月、地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の上空に到着しました。

    NASAによりますと、探査機で近づく際に赤外線などを使って分析したところ、ベンヌにある粘土から酸素と水素が結びついた分子が見つかったということです。この分子は水の成分の一部で、ベンヌに広く分布し、表面にある物質がかつては水に触れていたことを示しているとしています。

    ベンヌは、別の小惑星から分裂して誕生したとみられていて、NASAは、もとの小惑星には水が液体の状態で存在していたとみられるとしています。

    探査機は、再来年の2020年には表面に接近して砂や石を採取し、5年後の2023年に地球に持ち帰る計画で、NASAの担当者は、「探査の対象としてベンヌはすばらしく、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られそうだ」と期待しています。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544484883/


    ▼「【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見」の続きを読む

    【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ

    1 : しじみ ★ 2018/12/04(火) 07:43:09.69 ID:CAP_USER.net

    ごろ(日本時間4日午前2時ごろ)、探査機「オシリス・レックス」が目的地の小惑星ベンヌの上空に到着したと発表した。1年半かけて上空から詳しく観測した後、NASAでは初めて小惑星への着陸と岩石の採取に挑み、2023年に地球に岩石を持ち帰る。

     小惑星には太陽系の惑星の成り立ちや、生命の起源の手掛かりがあると考えられており、岩石を分析して、それらの謎の解明を目指す。小惑星りゅうぐうを調べている日本の探査機「はやぶさ2」のチームとも協力し、岩石を交換して互いに調べる予定。

    探査機オシリス・レックスが約80キロの距離から撮影した小惑星ベンヌ
    6

    https://mainichi.jp/articles/20181204/k00/00m/040/029000c



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543876989/


    ▼「【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ」の続きを読む

    NASA、探査機「オシリス・レックス」が撮影した小惑星「ベンヌ」の画像を公開

    1 : プティフランスパン ★ 2018/11/01(木) 23:24:00.02 ID:CAP_USER9.net

    https://jp.sputniknews.com/science/201811015530193/


    米航空宇宙局(NASA)が、小惑星「ベンヌ」の画像を公開した。ベンヌは1999年に発見された地球近傍小惑星で、画像はベンヌからの試料回収を目指す無人探査機「オシリス・レックス」が、330キロ離れた場所から撮影した。

    ベンヌの大きさは、直径およそ500メートル。

    なお日本のマスコミはベンヌについて、日本の探査機「はやぶさ2」が来年着陸する予定の小惑星「りゅうぐう」にそっくりな「そろばん玉のような形」をしていると報じている。

    「りゅうぐう」の大きさは直径およそ900メートルで、ベンヌの約2倍。

    「オシリス・レックス」は2016年に9月に打ち上げられた。2018年12月にベンヌに到着し、打ち上げから7年後の2023年に地球に帰還する予定。

    2018年12月3日にベンヌの20キロの周回軌道に入る予定。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541082240/


    ▼「NASA、探査機「オシリス・レックス」が撮影した小惑星「ベンヌ」の画像を公開」の続きを読む

    小惑星ベンヌが地球に衝突「世界的大惨事になる」NASA探査機打ち上げへ

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471360702/

    1 : スターダストプレス(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 00:18:22.64 ID:bY+cVQiq0

    オンラインジャーナルの「Disclose.tv」と「NatureWorld News」のレポートによれば、この小惑星「ベンヌ(Bennu)」は1999年に発見された直径487メートルほどの小惑星で、平均時速10万1000キロという猛スピードで太陽を6年周期で公転している。

    asteroidbennu1

    このベンヌが地球に最接近する際の公転軌道が、地球と月との間をすり抜けるような異常な近さであることわかってきたのである。

    NASAは、このベンヌに対して今年の9月にオシリス・レックス(OSIRIS REx)と呼ばれる探査船を打ち上げる予定で、それは「はやぶさ」が小惑星イトカワに対して行った調査のように、ベンヌのサンプルを採取して地球に帰還することを目的としている。
      
    また、このオシリス・レックスのもう一つの重要な調査の目的は、ヤルコフスキー効果と呼ばれる天体の熱による軌道への影響の調査である。この力の影響で、実際にベンヌの軌道は1999年から160キロもシフトしていることが知られている。ローレッタ教授は、「我々は今後のために、サイズ、質量、組成など、ベンヌについてすべてを知る必要があり、それは非常に重要なことである」と語る。

    もし、ベンヌが地球と衝突する可能性が高まってきた場合の対応策などは、まだまだこれからの課題になるであろうが、1910年にハレー彗星が接近した時に世界がパニックに陥った100年前とは、分析力も、科学的対応力も格段に上がっている。

    長文なので抜粋
    詳しくはそー
    http://tocana.jp/2016/08/post_10620_entry.html
    小惑星ベンヌ
    https://youtu.be/gtUgarROs08



    2 : フェイスクラッシャー(庭)@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 00:19:01.61 ID:u1fgEHHg0.net

    もう何回目だよこのネタ



    3 : ハイキック(福岡県)@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 00:19:28.22 ID:Iop4IvUb0.net

    俺の出番か・・・



    ▼「小惑星ベンヌが地球に衝突「世界的大惨事になる」NASA探査機打ち上げへ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る