「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    マツコ

    本当は吹っ飛ぶはず?…ドランクドラゴン・鈴木拓が気功をかけられてガチな反応

    1 : ひぃぃ ★ 2018/01/18(木) 13:26:19.68 ID:CAP_USER9.net

    17日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、達人に気功術をかけられたのにもかかわらず、何の反応も示さなかった。

    番組の「気功の達人に吹っ飛ばされたい」という企画に鈴木が参加。ナレーションは鈴木を、ブラジリアン柔術歴23年でけがの心配がない「芸人界きっての空気を読まない男」と紹介する。

    鈴木は、気功を受けて吹っ飛んでみたいと意気込むも、吹っ飛ばなくてもギャラはもらえるかとまず確認。もらえると分かると、「じゃあ、ホント、ありのままのやつ、出します」と宣言していた。

    鈴木が訪れたのは、群馬県太田市にある村松気功太田道場。気功師の村松一夫氏は、中国で10数年間の修行を経て、日本で初めてと言われる気功道場を設立。鈴木が道場に入ると、村松氏は弟子を気功で吹っ飛ばしていた。

    弟子によると、気功を受けると磁石が反発するような力が体内で発生し、抵抗しきれなくなってしまうのだとか。鈴木は「本当ですか?」と疑うも、弟子は自信満々な様子。

    そして鈴木は、村松氏から5分間ほど気を注入してもらって実践に。だが、村松氏が気を送っても鈴木は無反応。10分ほど経つと村松氏は気を送るのを止め、鈴木の重心が下にあるからなかなか飛ばないと説明したのだった。

    なお鈴木は、スタッフから終了を告げられると、「一応パターン撮っときますか?飛んだパターンというか…」と空気を読んだ発言もしていた。

    2018年1月18日 12時52分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14174563/

    画像




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516249579/


    4 : 名無しさん@恐縮です 2018/01/18(木) 13:30:32.96 ID:1enQrRGH0.net

    気功=体をひねって不意なタイミングで強く押す
    だから



    13 : 名無しさん@恐縮です 2018/01/18(木) 13:47:03.73 ID:tZ2aJ6/Z0.net

    >>4
    にわか乙
    気功は体触らないから、君が言ってるのは合気道だろ



    ▼「本当は吹っ飛ぶはず?…ドランクドラゴン・鈴木拓が気功をかけられてガチな反応」の続きを読む

    マツコ「私がスタンド使いになるの!?」夏目「はい」

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1435832010

    20120626_bigdaddy_10

    1 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)19:13:30 ID:sGy

    マツコ「いや無理無理!」

    有吉「www」



    2 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)19:14:14 ID:sGy

    マツコ「そもそもスタンドって何よ」

    夏目「一言で言えば、超能力が具現化したものです」

    マツコ「なんかすごそうね」

    夏目「ちなみに、スタンドはスタンド使いにしか見れないそうです」

    有吉「じゃあ一般人はスタンド見れないんだ」

    夏目「はい」



    4 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)19:15:05 ID:QRv

    ポルポやん



    ▼「マツコ「私がスタンド使いになるの!?」夏目「はい」」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る