1 : ひかり ★ 2019/06/12(水) 20:21:08.59 ID:FQmzHoh69.net

 歌手の奥田民生が『SWITCHインタビュー 達人達』(NHK Eテレ)に出演し、自身が歩んできたアーティスト半生と、音楽業界の未来について語った。

 1993年、いったんバンドを解散し、ソロを経て、2009年にUNICORNを再結成。足かけ32年、プロとして歌い続けている。奥田のモチベーションはどこにあるのだろうか。

「楽器を演奏することが好きなんですよ。録音するために、CD作るために曲を作る人もいますが、僕は『何回も演奏するため』に作る。

 個人的にはこの先を考えると、『もうCDいらねえや』って思います。CDでは儲からないし、配信で提供することがスタンダードになっているいま、スピード感が全然足りないんですよ」

 最近の奥田は、ユーチューバーとしての活動も注目を集めている。

「ユーチューバーのスピード感にあこがれました。楽曲収録を公開しているプロのミュージシャンは、ほかにいないでしょう? おれも逆だったら見たいもん(笑)」

 時代の流れを取り入れ、大物ミュージシャンのなかでも一歩先を行く奥田が、今後の展望を語った。

「お客さんの前で演奏するライブが、より重要になる。そしてそれを『もっとお茶の間で体感できないか』と考えています。

 前に、ライブの後に、すぐにそのライブをCDにして売ったことがあるんですが、たとえばこれからは、会場を出たらすぐ携帯にライブ音源が入っているようにするとか。聴けるところすべてで聴ける、ということが大切なんです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00010007-flash-ent



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560338468/


▼「【芸能】奥田民生が語るこれからの音楽事情「CDいらねえや」」の続きを読む