「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    ルーマニア

    【ルーマニア】1973年に発見された謎の物体が25万年前の“アルミ製品”であることが判明

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477058010/

    1 : フルネルソンスープレックス(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/10/21(金) 22:53:30.08 ID:vfYrTPtI0.net BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典

    英紙「Daily Mail」(10月20日)によると、1973年にルーマニアで発見されていた謎の物体が25万年前の“アルミ製品”であることが判明したという。
    当時のルーマニアは共産主義圏ということもあり、詳細が公開されなかったが、今月に入り複数の海外メディアが大きな関心を示している。

    問題の物体が発見されたのは、アイウド市近郊ムレシュ川近く。建設作業員が、地下10メートル付近で化石のようなものを3つ発掘したという。
    その後、地元の考古学者が調査したところ、3つのうち2つは1万年〜8万年前に絶滅した哺乳類動物の骨だということが判明。しかし、3つ目の物体には奇妙な特徴があり、化石と同定することはできなかったという。材質が軽い金属であることと、人工物のような不自然な形状から、斧の先端部ではないかと一時的に判断された。
    しかし、クルジュ=ナポカ市の研究施設で再調査が行われると、驚きの事実が明らかになった。なんと、材質の90%はアルミニウムで、25万年前のものであることが分かったというのだ!

    アルミニウムが生産されるようになったのは、およそ200年前。25万年前にアルミニウムの精錬法が存在するはずがないが……。
    再々調査がスイス・ローザンヌの研究施設で実施されたが、結果に違いは出ず、研究者は頭を抱えたという。その後の追試では、400年〜8000年前というデータも得られたそうだが、400年前のものだとしても、人類がアルミニウムを生産するより200年早かったということになる。

    (UFO関連の戯言中略)

    一方、地元の歴史学者Mihai Wittenberger氏は、第2次大戦で使用されたドイツ製戦闘機の部品であると主張している。
    しかし、そのことを実証するためには、年代測定の結果を完全に無視する必要があり、説得力のある主張とはいえない。
    現在この物体は、クルジュ=ナポカ市の歴史博物館に「起源不明」物として展示されているという。今後UFOの部品であることが確定したら、簡単には見られなくなるかもしれない。興味のある読者は今のうちに足を運んでみては如何だろうか?

    http://tocana.jp/2016/10/post_11247_entry_2.html








    4 : フランケンシュタイナー(dion軍)@\(^o^)/ [US] 2016/10/21(金) 22:55:40.10 ID:de/duTax0.net

    ゴットハンドが現れたか



    5 : エルボーバット(福岡県)@\(^o^)/ [US] 2016/10/21(金) 22:56:14.61 ID:YHVmX6280.net

    これはゴッドハンドかもね



    ▼「【ルーマニア】1973年に発見された謎の物体が25万年前の“アルミ製品”であることが判明」の続きを読む

    【画像あり】ルーマニアの会社が通信部門の主管として猫を起用

    1 : 野良ハムスター ★ ageteoff 2015/06/13(土) 15:09:41.19 ID:???*.net

    英紙「デイリー・メール」の10日付報道によると、最近、ルーマニアの首都ブカレストのある会社が9カ月の猫のBossyを通信部門の主管に起用し、国民所得の平均値を上回る賃金を支払うという。

    Bossyはスコティッシュフォールドで、後ろ足で人間のように立つことができる。
    面接試験などを経て、700人を負かして採用された。
    月給は110英ポンド、ボーナスとキャットフードももらえる。
    Bossyが足でサインした後、正式に勤務を始めた。

    白いシャツに黒いスーツを着て、乳白色ネクタイを付けたBossyは真剣な顔で、執務室の回転椅子に座り、コンピュータの情報を閲覧しながら、時々窓の外を眺め、リーダーの風格が十分あるようだ。

    (翻訳 孫義)







    http://www.xinhuaxia.jp/social/71939



    ▼「【画像あり】ルーマニアの会社が通信部門の主管として猫を起用」の続きを読む

    【画像】ルーマニアの少女、電車の屋根によじ登り自撮り→ 架線に触れて死亡

    1 : ランサルセ(静岡県)@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 16:42:02.96 ID:Df2Qf1Be0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

    世界各地でセルフィー(自撮り)が原因とみられる事故が多発している。
    絶景が望める観光地で身を乗り出しすぎて滑落といった事故ばかりではない。
    不注意なあまり感電死を遂げる例もあとを絶たないようだ。このほどルーマニアで…。

    セルフィー写真をFacebookで公開することが大好きなアンナ・ウルスさんというルーマニアの18歳の少女が、電車の屋根の上に登りセルフィーを試みて高圧電線に触れ、尊い命を落としたことが伝えられている。

    事故が起きたのはルーマニア北東部にあるヤシ(Iasi)。
    アンナさんと17歳の友人は停車中の電車の上に登って横たわると足を宙に浮かせたが、アンナさんの足が27,000ボルトの高圧電線に触れ、その体は一瞬にして爆発音とともに火の玉に包まれた。
    救急隊員が現場に駆け付ける前に、目撃者らが燃えている服を脱がせて助けようとしたが、アンナさんは強いショックを受けた上に皮膚の50%に火傷を負っており、ヘリ空輸で病院に運ばれたものの死亡が確認された。

    また彼女とともに病院に搬送された友人は、電線に触れていないもののアンナさんの体と触れていたため爆風とともに吹き飛ばされ、現在も治療を受けている。

    警察には「アンナは人とは異なった場所での自撮りを“究極のセルフィー”と呼び、冒険心のあまり危険を顧みないところがあった」などと話しているという。

    http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20150515/Techinsight_20150515_109466.html




    ▼「【画像】ルーマニアの少女、電車の屋根によじ登り自撮り→ 架線に触れて死亡」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る