「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    ロケット

    超小型衛星搭載用ミニロケット、米ベンチャー企業「ロケットラボ」が世界初の打ち上げ成功

    1 : みつを ★ 2018/01/21(日) 21:37:36.80 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180121/k10011296331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_036

    K10011296331_1801211438_1801211441_01_03

    アメリカのベンチャー企業が開発した超小型衛星を載せるためのミニロケットが日本時間の21日午前11時前、ニュージーランドの発射場から打ち上げられ、衛星の軌道投入に成功しました。超小型衛星を載せるためのミニロケットの打ち上げ成功は世界で初めてだということで、今後、宇宙ビジネスへの利用拡大が期待されます。

    このミニロケットはアメリカのベンチャー企業「ロケットラボ」が開発した全長17メートルの「エレクトロン」で、日本時間の21日午前10時43分、3つの超小型衛星を載せニュージーランドにある発射場から打ち上げられました。

    そして、およそ8分後に衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。専門家によりますと、重さが100キロ以下の超小型衛星を載せるためのミニロケットの打ち上げ成功は世界で初めてだということです。

    超小型衛星をめぐっては、アメリカのベンチャー企業などが地球の観測データを解析し付加価値をつけて販売するといった宇宙ビジネスに次々と乗り出していて、低コストで打ち上げられる専用のロケットの開発が期待されていました。


    なぜミニロケットなのか

    超小型衛星を使った宇宙ビジネスに参入するベンチャー企業が増える中、課題となったのが打ち上げのための手段です。
    大型のロケットを利用する場合、1回の打ち上げ費用が数十億円を超えるため、政府機関などが開発した地球観測衛星など大型の衛星と相乗りする形で打ち上げてもらうのが主流となっています。

    ところが、この方法では交渉に時間がかかったり、大型の衛星の開発が遅れたりして、打ち上げが年単位でずれることもあります。
    さらに相乗りの場合、大型の衛星を投入する軌道や高度から大きく外れることができないため、超小型衛星をビジネスに利用する上で最適な軌道や高度に自由に投入できないなどの制約も出てきます。

    このため超小型衛星を専用に打ち上げるミニロケットが普及すれば、打ち上げまでにかかる期間やコストを大幅に下げ、投入する軌道や高度を自由に選べるようになってビジネスチャンスも増えると考えられています。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516538256/


    ▼「超小型衛星搭載用ミニロケット、米ベンチャー企業「ロケットラボ」が世界初の打ち上げ成功」の続きを読む

    小型ロケット「イプシロン」打ち上げ成功 オーロラのような輝きの「夜光雲」が発生

    1 : ばーど ★ 2018/01/18(木) 13:34:22.48 ID:CAP_USER9.net

    イプシロン3号機の飛行後に残った雲のような筋。打ち上げを見守った人から「オーロラみたい」との声が上がった=18日午前6時33分、鹿児島県肝付町


    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日午前に小型ロケット「イプシロン」を打ち上げた後、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)周辺の空にオーロラのような筋状の輝きが観測された。専門家は「夜光雲とみられる」と話している。

     同観測所の上空では、ロケットが飛行した後の夜明け前の薄暗い空に、赤や青、白に輝く筋が波打ってたなびいた。画像を見た気象庁気象研究所の研究官は、高度80キロ程度と最も高い場所に発生する雲の「夜光雲」と指摘。ロケットからの噴煙でできたとみられるという。

     日本国内で観測されるのは珍しいが、ロケット打ち上げに伴ってはしばしばみられるとしている。

    https://this.kiji.is/326577538266612833 

    イプシロン:3号機打ち上げ成功 小型観測衛星搭載 - 毎日新聞
    9
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前6時6分、高性能小型観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を載せた固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。52分後には衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516250062/


    ▼「小型ロケット「イプシロン」打ち上げ成功 オーロラのような輝きの「夜光雲」が発生」の続きを読む

    【中国】長征3号ロケットの一部が山村に落下。大爆発の様子がSNSに投稿される

    1 : しじみ ★ 2018/01/16(火) 15:42:16.35 ID:CAP_USER.net

    no title

    中国が打ち上げた「長征3B号」ロケットのブースター部分が、四川省西昌市の西700km前後の山村付近に落下しました。

    あまり報道はされていないものの、SNSに投稿された動画を見る限りかなり危険な状況だった模様です。
    長征3Bは1月11日に打ち上げられ、高分解能商業リモートセンシング衛星「高景1号」の3〜4号基を軌道に送り込んだとされます。
    しかし、その4つのブースターのうちのひとつが山村付近の山中に落下し、轟音とともに大きな火柱をあげました。

    この事故による死傷者は報告されていないものの、映像を見る限りかなり危険な状況で、風向きなどの要因によっては住宅地に落下していた可能性も十分に考えられます。
    落下後に立ち上る煙の色からもわかるように、長征3号の燃料は発がん性のあるUDMH(非対称ジメチルヒドラジン)燃料を使用しており、うかつに近づくと皮膚がただれたりする危険性もあります。





    なお、中国では今回の打ち上げの2日前に打ち上げた長征2Dロケットからも、地球観測衛星「高景一号」を収めていたペイロードフェアリングの一部が、湖北省の畑に落下しています。
    燃料のないロケット先端部だったため火は出なかったものの、落下地点としては人がいる可能性があるこちらのほうがむしろ危険だったかもしれません。



    http://japanese.engadget.com/2018/01/15/3-sns/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1516084936/


    ▼「【中国】長征3号ロケットの一部が山村に落下。大爆発の様子がSNSに投稿される」の続きを読む

    【ロケット】メタンエンジン宇宙へ…IHIが20年代後半にも実用化

    1 : ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/01(月) 20:20:35.06 ID:CAP_USER9.net

    http://yomiuri.co.jp/science/20180101-OYT1T50007.html

     IHIは、「液化メタン」を燃料に用いた次世代ロケットエンジンを2020年代後半にも実用化する。

     従来のエンジンよりも小型で、繰り返し使えるのが特長で、火星の探査などで長期の運用が期待できる。将来、「宇宙旅行」が、より身近になっていく可能性も秘める技術だ。

     IHIが実用化するのは、「メタンエンジン」と呼ばれ、メタンを液化して燃料に用いる。現在、主流の「液化水素」を燃料としたエンジンと比べて、推進力が大きく燃料タンクの容量が小さくて済み、より多くの人や物資を運ぶことができる。

     ロケットやジェットエンジンの燃料として一般的な「ケロシン」と違い、燃焼時に「すす」を出さないため、長く使っても配管が詰まらず、長期にわたって使えるメリットもある。





    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514805635/


    ▼「【ロケット】メタンエンジン宇宙へ…IHIが20年代後半にも実用化」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開

    1 : ばーど ★ 2017/12/25(月) 15:42:39.13 ID:CAP_USER9.net

    米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が、2018年に予定している初の打ち上げに使う新開発の大型ロケット「ファルコンヘビー」の画像が公開された。

    ファルコンヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行用の新型ロケット。全長は、およそ70m。初の打ち上げでは、火星の周回軌道に乗せることを目指す。

    マスクCEOは、ファルコンヘビーの内部も公開。自身が所有するEVスポーツカー、初代テスラ『ロードスター』を搭載し、打ち上げる計画という。テスト飛行では、通常荷重としてコンクリートや鉄の塊が積み込まれるが、「それでは退屈なので」、ロードスターを搭載する。

    マスクCEOは、「(私のロードスターは)火星の周回軌道を10億年、飛び続けるだろう」とコメントしている。

    no title

    no title

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=70494/?lid=myp_notice_prdnews



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514184159/


    ▼「【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開」の続きを読む

    【アメリカ】「北朝鮮のミサイルか?」 スペースXのロケット 闇夜を切り裂く不気味な軌跡に目撃者パニック

    1 : ばーど ★ 2017/12/23(土) 22:22:58.27 ID:CAP_USER9.net

    米宇宙企業のスペースX社は、日本時間23日(現地時間22日夜)、カリフォルニア州の空軍基地から、ファルコン9ロケットを打ち上げた。打ち上げ自体は成功したが、夜空に描かれたロケットの軌跡が「エイリアンの侵略」かと大騒ぎになった。

    ロケットが打ち上げられたのは、日本時間23日午前10時(現地時間22日午後5時)27分。カリフォルニア州南部のヴァンデンバーグ空軍から、次世代型通信衛星「イリジウム-4」10基を搭載したファルコン9ロケットを打ち上げた。

    イリジウムとは、通信網が整備されていない地域でも、低軌道の人工衛星を使って圏外なしで通話ができるサービスで、スペースXでは合計75基の人工衛星を飛行する計画を進めている。

    打ち上げ自体は成功をおさめたが、日の入り直後の夜空にロケットが描き出した軌跡が、闇を切り裂くようにゆっくりと進む先頭部分が弾丸のように見えるとして一時パニックが起こった。

    スペースXのCEOであるイーロン・マスク氏も、Twitterに投稿された市民の動画をシェアして、「北朝鮮から飛んできた核兵器を積んだエイリアンUFOだ」とコメントしている。

    マグロの頭のようなロケットの軌跡


    wor1712230024-p1

    動画 SpaceX Falcon 9 Iridium 4 Launch 12/22/2017
    https://www.youtube.com/watch?v=iyKAJsQngIc


    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23213.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514035378/


    ▼「【アメリカ】「北朝鮮のミサイルか?」 スペースXのロケット 闇夜を切り裂く不気味な軌跡に目撃者パニック」の続きを読む

    【スペースX】イーロン・マスクCEO、新型巨大ロケット「ファルコンヘビー」の写真公開

    1 : みつを ★ 2017/12/21(木) 23:29:26.18 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112339.html

    no title

    米宇宙ベンチャー企業「スペースX」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日までに、初の試験発射が近く予定される新型の大型ロケット「ファルコンヘビー」の写真をツイッター上で公開した。

    試験発射の詳しい日時は不明だが、当初は年内の予定だった。だが、延期が重なり、2018年に延びていた。スペースXはツイッターの公式アカウントで今月6日、来年1月初旬を目標にしていると述べていた。

    一方、マスク氏は今年7月の会見で、試験発射は失敗することも予想しているとの考えを明かしていた。ファルコンヘビーに積む貨物にはマスク氏が率いる電気自動車メーカー「テスラ」のロードスターも含まれる。

    同氏は今月、ロードスターを火星の周回軌道に投入したいと指摘。その後、目標は太陽の周りの軌道と詳しく説明し、ロードスターを太陽から火星までの距離に等しい位置に投入したいと述べていた。

    スペースXは、全長約70メートルのファルコンヘビーは世界最高性能のロケットと誇示。より強力な推進力を持つロケットは月面着陸に用いられた米航空宇宙局(NASA)のサターンVしかないと主張した。サターンVは1973年に引退した。

    同社は2012年以降、ロケット「ファルコン9」を40回にわたって使ってきたが、ファルコンヘビーの重量は同じながら、推進力は約3倍としている。推進力の格段な向上は胴体2カ所に追加装着された噴射装置の効果となっている。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513866566/


    ▼「【スペースX】イーロン・マスクCEO、新型巨大ロケット「ファルコンヘビー」の写真公開」の続きを読む

    世界初の宇宙ごみ観測衛星、ソユーズロケット打ち上げ失敗で行方不明に

    1 : プティフランスパン ★ 2017/11/28(火) 20:42:54.00 ID:CAP_USER9.net

    宇宙ごみ観測衛星、自身が行方不明 エンジン制御に失敗
    中川仁樹=モスクワ、田中誠士2017年11月28日20時25分
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCX6J90KCXUHBI02S.html?iref=sp_new_news_list_n

    宇宙ごみ観測衛星「IDEA OSG1」(アストロスケール提供)

     ロシアの宇宙機関ロスコスモスは28日、極東のボストーチヌイ宇宙基地からソユーズロケットを打ち上げたものの、気象衛星を計画の軌道に投入できず、最初の通信に失敗したと発表した。エンジンの制御に失敗し、大西洋に落下した可能性があるという。

     今回のソユーズロケットには、東京都墨田区に拠点を持つ宇宙ベンチャー「アストロスケール」(本社・シンガポール)が開発した、微細な「宇宙ごみ」を観測する世界初の超小型衛星「IDEA(イデア) OSG1」も載せられていた。
    同社の担当者は「どの軌道にあるか不明だが、宇宙空間を監視する米国の機関などと連絡をとって行方を探す」としている。

     宇宙ごみは地球の周りを高速で飛び続け、宇宙ステーションなどにぶつかると被害につながる恐れがある。
    直径10センチ未満1センチ以上のものは約50万個確認されているが、数ミリサイズのものは地上から観測が難しかった。
    同衛星は、この数ミリ程度の宇宙ごみを約2年間にわたって観測する狙いだった。(中川仁樹=モスクワ、田中誠士)

    微小デブリ観測衛星のイメージ=アストロスケール提供


    宇宙ごみ観測衛星「IDEA OSG1」と開発チーム=アストロスケール提供


    打ち上げの様子
    K10011238321_1711281748_1711281756_01_03


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511869374/


    ▼「世界初の宇宙ごみ観測衛星、ソユーズロケット打ち上げ失敗で行方不明に」の続きを読む

    【アメリカ】地球平面説を信じるおじさん、自分の目で確かめるため自作ロケットに搭乗し高度550メートルまで打ち上げへ

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/11/24(金) 19:29:45.62 ID:CAP_USER.net

    ◆ 地球が平面であることを実証するため、男性が220万円の自作ロケットに搭乗し打ち上げへ

    地球平面説を信じて疑わない米人男性マイク・ヒューズさん(61)。
    彼は地球が球体ではないことを実証するため、一人乗り用の自家製ロケットを制作。
    今週末にも打ち上げを予定しており、地球が平面・円盤状であることを上空から自分の目で確認するようだ。

    ■ 写真






    ヒューズさんは金属のクズを集めて加工、2万ドル(約222万円)足らずで水蒸気エンジンのロケットを制作してしまった。
    全ては地球が球体であるというウソにNOを突きつけるためだ。

    打ち上げ予定地は米カリフォルニア州モハーヴェ砂漠。
    彼は今回のミッションで上空550mの高さまであがり、地球平面説を裏づけるような証拠を集めるのだという。

    ヒューズさんは科学に対して懐疑的な立場をとっているようだ。

    「自分は科学は信じません。私には航空力学や流体力学などの知識はありますが、それらは科学ではありません。単なる公式なのです。科学というのはSFと何ら変わりないのです」

    ロケットの打ち上げについては「恐ろしい」としながらも、「それが普通の反応だろう。誰も生きて地球の外に出たことはないのだから」と明言。
    ”人類初”の飛行士として自信を見せている。

    http://yurukuyaru.com/archives/73756212.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1511519385/


    ▼「【アメリカ】地球平面説を信じるおじさん、自分の目で確かめるため自作ロケットに搭乗し高度550メートルまで打ち上げへ」の続きを読む

    【JAXA】次期主力ロケットH3のメインエンジン初公開 従来の1.4倍の推力かつ簡素化し低コストに

    1 : 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:844481327-PLT(12345).net

    日本の次期主力ロケット「H3」のメインエンジン公開。

    「H3」は、現在の主力ロケット「H2A」の後継機としてJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発を進めている日本の次期主力ロケットで、2020年度に初の試験機の打ち上げが予定されています。

    14日は、「H3」ロケットの心臓部となる「LEー9エンジン」が鹿児島県の種子島宇宙センターで報道陣に初めて公開されました。

    新たなエンジンは全長およそ3.7メートル、重さは2トン余りで、人工衛星の大型化に対応するため、現在のH2Aロケットのエンジンの1.4倍の推力があります。

    JAXAによりますと、「LEー9エンジン」は、使用する部品の数を2割ほど減らし、シンプルな構造にすることで故障が少なく、低コストなものになっているということです。

    これによって打ち上げ全体のコストもH2Aの半分のおよそ50億円に抑えて、海外からの衛星打ち上げの受注を増やしたいとしています。

    H3プロジェクトチームの岡田匡史プロジェクトマネージャは「今回のエンジンは、海外からの衛星打ち上げの受注を目指すH3ロケットにとって欠かせないものだ。慎重に実験を重ねながら、チーム一丸となって開発を進めていきたい」と話していました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223231000.html 

    LE-9エンジン
    th_ishot-1

    H3ロケット想像図
    K10011223231_1711141933_1711141934_01_03


    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510651536/


    ▼「【JAXA】次期主力ロケットH3のメインエンジン初公開 従来の1.4倍の推力かつ簡素化し低コストに」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る