「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    ロケット

    【JAXA】次世代ロケット「H3」を発射台ごと運ぶ新型台車を公開

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/12/06(木) 04:13:08.35 ID:CAP_USER9.net

    次世代ロケットH3を発射台ごと運ぶ新型台車を公開 JAXAと三菱重工など
    https://mainichi.jp/articles/20181205/k00/00m/040/262000c

    ソースに動画あり

    image

    9

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業、日本車両製造は5日、2020年度に打ち上げ予定の次世代ロケット「H3」を発射台ごと運ぶ新型台車を、愛知県内で報道公開した。

     台車は全長約25メートル、全幅約3メートル、最高速度2キロ、積載能力1460トン(2台で使用)。整備を終えたロケットを載せた発射台を打ち上げ前日、組み立て棟から約400メートル離れた発射点まで自動で移動させるのに使う。

     自己点検機能が充実したことで整備の手間が省け、従来より年間維持費が半減するという。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544037188/


    ▼「【JAXA】次世代ロケット「H3」を発射台ごと運ぶ新型台車を公開」の続きを読む

    宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したロケット発射映像がCGみたいだと話題に

    1 : しじみ ★ 2018/12/03(月) 13:37:40.67 ID:CAP_USER.net

    かつて国際宇宙ステーション(ISS)の壁に空いた穴を指で塞いだ、ESAのアレクサンダー・ゲルスト宇宙飛行士。彼がまた、宇宙からでしか見られない景色を撮影し、世界を驚かせています。

    それは、11月16日に打ち上げられた、ロシアのソユーズ・ロケット「MS-10」が天高く舞い上がる様子。カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から、2,564kgの供給物資を積んだロケットが飛び立ち、後にブースターが地上へ落ちていく様子もバッチリ、タイムラプス映像で見られるのです。

    ISSは地上からおよそ400km地点を、時速2万8000kmで軌道周回しています。カザフスタンから遠ざかるように移動している中、ゲルスト氏はキューポラと呼ばれる観測用の出窓に張り付いて写真を撮り続けました。

    この動画はたった1分ですが、本来は打ち上げに15分かかっています。加えてシーンによっては、8~16倍の速さに調節しているとのことです。

    食料や各種燃料、推進剤、それに空気や水などの生命線がギッシリ詰め込まれた「MS-10」。宇宙から打ち上げが見られたものの、合体・集荷するのには2日かかるんですって。

    開始からおよそ7秒でブースターの離脱が起こり、19秒で積荷から下のコア・ステージの離脱。続いて34秒でコア・ステージが大気の中で噴射し、地上へ戻って行く様子が見られます。ここから積荷のカプセルがISSと同じ軌道に乗り、一緒に周回してから2日でキャッチされるワケです。

    GIF
    181127_soyuz-w1280

    Progress launch timelapse seen from space
    https://youtu.be/ouBfzCgXHgk


    https://www.gizmodo.jp/2018/12/soyuz-launch-from-iss.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543811860/


    ▼「宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したロケット発射映像がCGみたいだと話題に」の続きを読む

    人工流れ星衛星、JAXAイプシロンロケット4号機で来年1月17日打ち上げへ

    1 : しじみ ★ 2018/11/30(金) 14:46:11.48 ID:CAP_USER.net

    「イプシロンロケット4号機」を2019年1月17日に打ち上げると文部科学省が明かしたことを、NHKニュースなど各種報道が伝えています。射場は鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所です。

    イプシロンロケットは3段式の固体ロケットです。第1段は「H-IIA」ロケットの固体ロケット・ブースター(SRB-A)と機器を共通化し、自己診断機能や少人数での打ち上げ管制などを採用することで、コスト低減なども可能になってます。

    そして今回の打上げでは、合計7機の人工衛星が搭載されます。そのうち1機は国内企業のALEによる、粒子の投下による人工流れ星を作り出す衛星となっています。

    またその他にも、「革新的衛星技術実証1号機」がロケットに搭載され打ち上げられます。



    https://sorae.info/030201/2018_11_30_ip.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543556771/


    ▼「人工流れ星衛星、JAXAイプシロンロケット4号機で来年1月17日打ち上げへ」の続きを読む

    堀江貴文さんのロケット「MOMO」3号打ち上げ決定!

    1 : 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 11:59:14.49 ID:HA7T400m0.net

    雪ミクも応援!みんなの力で北海道から宇宙へロケットを飛ばそう! | ACT NOW https://actnow.jp/project/momo3/detail

    https://twitter.com/takapon_jp/status/1068842492349566976


    わたしたちインターステラテクノジズは北海道大樹町でロケットの開発をしています。
    いま、高度100kmの宇宙まで届くサウンディングロケット(観測ロケット)MOMOの実用化に取り組んでおり、その3回目の挑戦となるMOMO3号機の打上げ準備中です。このたび、北海道を応援する「雪ミク」さんからの応援をいただき、「雪ミク」を運営するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の監修のもと、皆さまのお力をお借りするクラウドファンディングを行うことになりました。この機会に、より多くの道民の方に私達のことも知ってもらい、お力を貸していただけたらと思います。もちろん道外の皆さんも大歓迎です。みなさまのご支援をお待ちしています。





    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543719554/


    ▼「堀江貴文さんのロケット「MOMO」3号打ち上げ決定!」の続きを読む

    「宇宙強国」目指す韓国、試験用ロケット発射に成功

    1 : 2018/11/28(水) 22:30:10.67 ID:onVBmfXc0.net BE:844481327-PLT(12345)

    【ソウル共同】韓国科学技術情報通信省は28日、南西部の全羅南道高興にある羅老宇宙センターで同日、独自開発を目指すロケット「ヌリ号」のエンジン性能を試験し、目標としていた燃焼時間を上回ることに成功したと明らかにした。

    エンジンを積んだ試験用ロケットが最大高度209キロまで飛び、予定通り韓国南部にある済州島南東の公海上に落下した。ヌリ号は2021年の発射を目標としており、同省の担当者は「技術的な準備が順調に進んでいる」と強調した。

    ヌリ号は75トンの液体燃料エンジンを搭載。試験用ロケットにも同じエンジンを用い、試験では点火後に約150秒燃焼した。

    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018112801002105.html




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543411810/


    ▼「「宇宙強国」目指す韓国、試験用ロケット発射に成功」の続きを読む

    【人工衛星】「いぶき2号」打ち上げ成功

    1 : 記憶たどり。 ★ 2018/10/29(月) 13:33:54.49 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181029/k10011690151000.html

    K10011690151_1810291335_1810291336_01_03

    lif1810290041-p1

    地球温暖化の原因とされる温室効果ガスを観測する日本の人工衛星「いぶき2号」を載せた
    H2Aロケット40号機は、29日午後1時8分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。
    「いぶき2号」は予定どおり、高度613キロ付近で分離され打ち上げは成功しました。

    「いぶき2号」は、環境省やJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発した人工衛星で全長は5.8メートル、重さは1.8トンあります。

    赤外線を検知する高性能センサーで温室効果ガスの二酸化炭素やメタンなどを宇宙から観測します。

    9年前に打ち上げられた「いぶき」の後継機で、雲を自動的に避けて測定する新しい機能が備わったことなどから観測の精度はおよそ8倍に向上したということです。また、二酸化炭素が自然に発生したものか、工場などでの産業活動で発生したものかを見分けられるほか、粒子が極めて小さい大気汚染物質「PM2.5」の濃度を調べることも可能です。

    国は地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に基づいて各国がどの程度、排出を抑制できたかなど温室効果ガスの実態の把握に「いぶき2号」を活用したいとしています。

    「いぶき2号」は2か月半後に本格的な観測を始める予定です。

    また、今回、H2Aロケットは海外から3機目の打ち上げの受注となったUAE=アラブ首長国連邦の地球観測衛星「ハリーファサット」も載せていて、「いぶき2号」に続いて、午後1時32分ごろに予定どおり「ハリーファサット」を分離して打ち上げは成功しました。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540787634/


    ▼「【人工衛星】「いぶき2号」打ち上げ成功」の続きを読む

    【悲報】25日試験打ち上げ予定だった韓国産ロケット「ヌリ」、機体欠陥で延期へ

    th_180904_lafuseecoreen_in

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/18(木) 13:40:51.78 ID:bzod67PI0●.net BE:121394521-2BP(3112)

    今月25日に予定されていたヌリ号エンジン試験用発射体(ロケット)の打ち上げ日程が延期になった。試験発射体の機体から異常が見つかったためだ。

    韓国科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院(KARI)は、ヌリ号エンジン試験発射体から部品の異常が見つかり、発射管理委員会を開いて日程の延期を決めたと17日、明らかにした。
    KARI関係者は「羅老(ナロ)宇宙センターで発射体飛行モデルを使って燃料供給過程を点検しているときに推進剤加圧系統で圧力が減少する現象を確認した」と説明した。

    KARIは発射体飛行モデルを組立棟に移動させて機体異常の原因を分析している。KARIは原因の分析を終えて年内に試験体の打ち上げ日程を改めて決める予定だ。

    エンジンと燃料を含めた試験発射体の重量は52.1トンに達する。試験発射体は打ち上げから63秒ほどで音速を突破する。
    上空100キロメートルに到達するのは離床後164秒ごろとなる。3段式ロケットのヌリ号の1段目は75トンエンジン4基を束ねて作られている。
    2段目のロケットは75トンのエンジン1基が必要だ。最後の3段目には7トン級液体エンジン1基が入っている。今回打ち上げ予定だった試験発射体は、ヌリ号2段目に該当する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000001-cnippou-kr



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539837651/


    ▼「【悲報】25日試験打ち上げ予定だった韓国産ロケット「ヌリ」、機体欠陥で延期へ」の続きを読む

    韓国独自技術で開発中の宇宙ロケット「ヌリ」試験機、今月25日に打ち上げ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/01(月) 13:42:07.01 ID:VaWfX4mQ0●.net BE:121394521-2BP(3112)

    韓国の技術で開発中の宇宙ロケット「ヌリ」の試験機が今月25日に打ち上げられる。

    韓国科学技術情報通信部は先月17日、外部の専門家で構成された「韓国型発射体開発事業推進委員会」で「ヌリ」試験機の打ち上げ日程を10月25日に決めた。
    打ち上げ予定時間は午後3時から7時の間。打ち上げが成功する場合、韓国の宇宙技術が一段階向上したことが証明される。

    科学技術情報通信部は「ヌリ」の75トン級液体エンジンの性能を確認するために試験機を打ち上げるため、宇宙軌道には進入しない。
    高興(コフン)羅老宇宙センターから発射後160秒後に高度100キロを超え、約300秒後で最大高度に到達し、約600秒後に済州(チェジュ)と沖縄の間の公海上に落下する予定だ。

    1、2、3段目が一つになった「ヌリ」は2021年の打ち上げを目標にしている。最終目標は1.5トン級のアリラン人工衛星を地上600−800キロの地球の低軌道に乗せることだ。
    2回の失敗を経て2013年に打ち上げに成功した「羅老(ナロ)」はロシアの技術を導入して飛行に成功した。「羅老」は重量100キロの衛星を300キロの軌道に乗せる性能を持つが、「ヌリ」はより重い衛星をより高い軌道に乗せる。

    打ち上げが成功すれば、韓国独自の技術で製作した最初のロケットが飛行した日として記録される。通常、新しく開発されたロケットの最初の打ち上げ成功率は30%程度にすぎない。

    20181001-00000023-cnippou-000-0-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000023-cnippou-kr



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538368927/


    ▼「韓国独自技術で開発中の宇宙ロケット「ヌリ」試験機、今月25日に打ち上げ」の続きを読む

    【JAXA】再使用ロケット、2018年度末に飛行実験へ

    img1_file5a645e5d5e208

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/09/07(金) 21:13:10.23 ID:CAP_USER9.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、使い捨てずに繰り返し飛行できる「再使用型ロケット」の実験を2018年度末に能代ロケット実験場(秋田県能代市)で実施する方針を、政府の宇宙政策委員会の部会に報告した。
    全長7メートルの試験機を高度100メートルまで打ち上げ、垂直に着陸できるか試みる。

    米宇宙ベンチャーのスペースXが打ち上げ後のロケット回収に数多く成功している。
    JAXAは技術の確立を急ぎ、打ち上げコストの削減につなげたい考えだ。

    実験計画によると、垂直に立ったロケットを上空に打ち上げ、エンジンの制御などで立ったまま着陸させる。
    確実に着陸する飛行制御技術のほか、再使用に備えてエンジンの寿命を延ばす技術などを実証する。

    順調に実験が進めば、20年度以降にフランスやドイツの研究機関と共同で、陸上や海上の発射場に戻る将来のロケットにつながる飛行実験にも取り組みたいとしている。
    人工衛星などを載せるロケットは、燃料が燃え尽きたロケットを順番に切り捨てながら飛んでいく。
    中古のロケットを繰り返し使えれば、打ち上げコストが下がるとの期待がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3501619005092018TJM000/

    【宇宙】ロケットの再利用、JAXAが実験へ 垂直離着陸に挑戦
    http://konoyubitomare.jp/preview/edit/e4bfde7f652f31c12ea45b2184813bb0


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536322390/


    ▼「【JAXA】再使用ロケット、2018年度末に飛行実験へ」の続きを読む

    【宇宙】ロケットの再利用、JAXAが実験へ 垂直離着陸に挑戦

    1 : ■忍法帖【Lv=22,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/08/04(土)11:23:04 ID:???

     繰り返し打ち上げることができる「再使用ロケット」の実験を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が来年にも始める。
    高価なエンジンを回収して繰り返し使えば、打ち上げコスト削減につながる。欧米も実用化を進めており、日本も開発を急ぐ。

     JAXAによると、実験に使うロケットは全長7メートル、重さ約2トン。液体水素と液体酸素を混ぜてエンジンで燃焼させ、4トンの推力を使って垂直に離着陸する。

     高温などに繰り返しさらされるエンジンの耐久性などを調べるため、秋田県能代市の施設で今夏から燃焼試験を始め、来年3月にも高度100メートル程度までの上昇と着陸を目指す。2019年度後半には高度5キロへの飛行を目指す。

    AS20180730001202_comm

    AS20180730001025_comm

    全文はソースで
    https://www.asahi.com/articles/ASL7Z2JCKL7ZULBJ001.html


    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533349384/


    ▼「【宇宙】ロケットの再利用、JAXAが実験へ 垂直離着陸に挑戦」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る