「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    世界最小

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をインドの青年が開発

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495628293/

    1 : ののの ★ 2017/05/24(水) 21:18:13.64 ID:CAP_USER9.net

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/64.php



    <NASAの教育プログラムによって、インドの18歳の青年が開発した"世界最小かつ最軽量"の人工衛星が宇宙へと打ち上げられることになった。
    人工衛星の軽量化に向けた試金石としても注目されている>

    インドで宇宙技術の発展にも尽力したアブドゥル・カラーム元大統領にちなみ『カラームサット(KalamSat)』と名付けられたこの人工衛星は、インド南部タミル・ナードゥ出身のリファス君(Rifath Shaarook)ら、インドの科学教育機関『スペース・キッズ・インディア』に在籍する研究チームによって開発された。

    3.8センチの立方体の『カラームサット』は、炭素繊維を素材とし、3Dプリンターによって出力。鉄の4分の1の比重で10倍の強度を持つ"軽くて強い"炭素繊維を活用することで、重さわずか64グラムという軽量化に成功した。また、この小さな人工衛星には、温度センサーや湿度センサーなど、8台のセンサーが内蔵され、加速度や回転を計測したり、地球磁気圏を観測したりすることができる。
    『カラームサット』は、2017年の『キューブス・イン・スペース』において優秀なアイデアと認められ、2017年6月、実際に打ち上げ実験が行われることとなった。

    4時間にわたって弾道飛行しながら、宇宙の微小重力環境で12分間、稼働させる計画だ。
    『カラームサット』の打ち上げ実験は、とりわけ、人工衛星の軽量化に向けた試金石として注目されている。

    この実験の成果によっては、既存の人工衛星の素材や製造工程に変革をもたらし、宇宙探査におけるコスト効率化にもつながるかもしれない。
    十代の若者たちが開発した"世界最小かつ最軽量"の人工衛星は、大いなる可能性を秘めている。



    ▼「重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をインドの青年が開発」の続きを読む

    世界最小のシカ「プーズー」日本初お披露目 埼玉県こども動物自然公園

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480833090/

    1 : (?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/12/04(日) 15:31:30.66 ID:CAP_USER9.net

    埼玉県東松山市の県こども動物自然公園で4日、世界最小とされるシカ「プーズー」4頭の一般公開が始まった。
    同園によると、日本でお披露目されるのは初めてで、飼育担当者は「ぜひ皆さんにかわいらしい姿を見てほしい」と話している。

     同園によると、プーズーは南米のチリ南部やアルゼンチンの一部に生息し、体長は約80センチ、体重は9キロほど。
    絶滅危惧種に指定されているが、学術研究目的で輸入の許可を得て、チリのサンティアゴ・メトロポリタン公園から寄贈された。

     公開されたプーズーは3歳の雄2頭と、2歳と1歳の雌。

    http://this.kiji.is/178022290574149116?c=39550187727945729

    プーズー








    9 : 名無しさん@1周年 2016/12/04(日) 15:45:42.34 ID:TRMQskf/0.net

    よくこんな弱々しいのが今まで絶滅せずに生き残ったな。



    6 : 名無しさん@1周年 2016/12/04(日) 15:39:05.77 ID:L2Xz/89g0.net

    一番最後の子特に可愛い
    シカの柴犬化って感じの面だな



    ▼「世界最小のシカ「プーズー」日本初お披露目 埼玉県こども動物自然公園」の続きを読む

    本当にヘビなの?…園内で世界最小級のヘビ発見 多摩動物公園

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480762984/

    1 : キングコングニードロップ(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/12/03(土) 20:03:04.82 ID:6aHUlhVb0.net

    「ヘビです」。展示場所にあえてそう張り紙されたヘビが、多摩動物公園(東京都日野市)内の昆虫生態園に展示されている。園内で見つかった世界最小クラスのヘビ「ブラーミニミミズヘビ」で、見た目はミミズにそっくり。「本当にヘビなの?」としげしげとのぞき込む来園者も多く、話題になっている。
    以下ソースで
    http://mainichi.jp/articles/20161204/k00/00m/040/024000c








    4 : ドラゴンスープレックス(中部地方)@\(^o^)/ [FI] 2016/12/03(土) 20:04:14.06 ID:MEA2tgDR0.net

    きも



    ▼「本当にヘビなの?…園内で世界最小級のヘビ発見 多摩動物公園」の続きを読む

    【宇宙】電柱大の世界最小ロケット宇宙へ 超小型衛星搭載 JAXAが本年度中に内之浦から打ち上げ

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1479821879/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:37:59.14 ID:CAP_USER.net

    電柱大の世界最小ロケット宇宙へ 超小型衛星搭載、JAXA

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、電柱ほどの大きさの小型ロケットを、本年度中に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げると発表した。
    地球を回りながら地表を撮影する超小型衛星を搭載し、人工衛星を軌道に投入する世界最小のロケットという。
     
    将来の発展が見込まれる超小型衛星に特化し、低コストで機動的な打ち上げを可能にする技術開発を狙う。
     
    ロケットは全長約10メートル、直径約50センチ、重さ2.6トンの3段式。
    地球を回る軌道に重さ4キロの小型衛星を投入できる。
    衛星の開発や打ち上げなどを合わせた事業費は約4億円。

    ▽引用元:共同通信 2016/11/22 19:2111/22 19:27updated
    http://this.kiji.is/173738062952629751

    JAXAが公開した超小型衛星「TRICOM1」=22日午後、相模原市




    4 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:44:01.72 ID:d9ervWmm.net

    ちっさいのポンポン上げる用か



    5 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 22:44:42.85 ID:lnlp+JF+.net

    全球核弾頭巡航ミサイルになることは秘密です



    ▼「【宇宙】電柱大の世界最小ロケット宇宙へ 超小型衛星搭載 JAXAが本年度中に内之浦から打ち上げ」の続きを読む

    【宇宙開発】世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表

    【宇宙開発】世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表 引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1465560162/

    1 : もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 21:02:42.84 ID:CAP_USER.net

    世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00010003-sorae_jp-sctch


    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、観測用小型ロケット「SS-520」を改良したロケットで超小型衛星を打ち上げると発表した。ロケットの全長は9.54m、重量は2.6tで、人工衛星を打ち上げる宇宙ロケットとしては世界最小だ。2016年5月27日に開催された文部科学省の宇宙開発利用部会、調査・安全小委員会で報告されたが、これまでこのようなロケットの構想はあったものの、開発状況が具体的に説明されたことはなく、突然の発表となった。

    これまでの世界最小宇宙ロケットは、東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所(ISAS)、現在はJAXA内の同名の研究所として統合)が1970年に日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げた際に使用したL-4Sロケットで、全長16.5m、重量は9.4t。SS-520はその1/3以下だ。

    打ち上げ時期は未公表だが、通常、調査・安全小委員会での報告は打ち上げの数か月前に行われるため、今年度内に打ち上げられると思われる。


     需要が高まる超小型衛星専用ロケット

    超小型衛星は小さなものでは10cm角のサイコロ型から数十cm、重量は数kgから数十kgといったもので、携帯電話のような超小型電子技術の発達で近年、実用化されつつある。しかし衛星を打ち上げる宇宙ロケットは小さなものでも数百kg程度の衛星を打ち上げるサイズがあるため、超小型衛星は他の衛星と相乗りで打ち上げている。

    しかしこれでは、相乗り相手の衛星に打ち上げ時期や軌道を合わせる必要があるため、自由に打ち上げることができなかった。そこで超小型衛星に合わせた超小型ロケットが望まれるようになってきた。

    続きはソースで



    3 : チャチャ丸 ◆DQan0pMFeE @\(^o^)/ 2016/06/10(金) 21:06:30.60 ID:PyuYq4eY.net

    小型化は日本らしい技術



    4 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 21:10:40.76 ID:O2KKLjJI.net

    ミサイル



    7 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 21:14:08.80 ID:AUqJk2kF.net

    これは

    ミサイルで間違いない^^



    ▼「【宇宙開発】世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表」の続きを読む

    【画像】世界最小のモモンガの赤ちゃんが小さすぎると話題に

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458394292/

    1 : ミラノ作 どどんスズスロウン(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 22:31:32.36 ID:m5vtD8Nl0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典







    オーストラリアの東海岸に生息している世界最小のモモンガの赤ちゃんたちがシドニーのタロンガ動物園でデビューです。
    このチビフクロモモンガ、生まれた時は米粒の半分のサイズで、繁殖は大変難しいそうです。
    動物園の夜行性動物の展示に5匹加わります。
    飼育係のロブ・ドカリルさんは「この小さな有袋動物を繁殖させたのはわれわれの動物園が最初です。
    赤ちゃんが顔を出す時はいつもワクワクします。」とのこと。タロンガ動物園では1988年以来繁殖で200匹を誕生させています。
    生まれた時は米粒の半分の大きさしかないのですが、毛もなく目も見えない状態から母親の袋の中で約63日を過ごすそうです。
    今回の5匹のうち2匹は生後14週で、メスが代わる代わる面倒をみる共同巣から出る準備はほぼ出来ています。
    残りの3匹はまだ母親が授乳中で目は見えず、毛も生えていないとのこと。
    今回の5匹は成長すれば、動物園で飼育している30匹のチビフクロモモンガの大人の群れに加わることになります。
    大人になってもチビフクロモモンガはとても小さく、約15グラムの重さしかありません。
    それでも25メートルまで滑空することができ、動きはとても素早いので、自然の中で生き抜くことができるとのこと。
    チビフクロモモンガはネズミと間違えられることが多く、野生のチビフクロモモンガの行動についてはまだ不明なことが多いそうです。
    http://www.lifeaction.top/世界/56820671.html



    4 : 32文ロケット砲(dion軍)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 22:36:04.65 ID:HE86fo4b0.net

    米粒の半分はさすがに盛っただろ



    7 : アンクルホールド(沖縄県)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 22:36:54.55 ID:TKXJ6cGt0.net

    ヤモリとかイモリみたい



    ▼「【画像】世界最小のモモンガの赤ちゃんが小さすぎると話題に」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る