「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    人工衛星

    世界初「宇宙葬」特化の人工衛星、スペースXで打ち上げへ

    1 : しじみ ★ 2018/11/29(木) 17:17:09.15 ID:CAP_USER.net

    100名に及ぶ人々の遺灰をのせた人工衛星が、宇宙に向けて発射されようとしている。葬儀関連に特化した衛星の打ち上げは、これが世界初になる。

    使用されるのは、キューブサットと呼ばれる数キロ程度の小型衛星で、「Elysium Star 2」と名づけられた。サンフランシスコの Elysium Space が運営するこのプロジェクトは、顧客から2500ドルの費用を徴収している。

    同社創業者のThomas CiveitはNASAに勤務歴を持つ人物だ。打ち上げにはスペースXのファルコン9ロケットが用いられ、その他約60の衛星とライドシェアするかたちで、12月1日以降の打ち上げが予定されている。

    Elysium Star 2は高度約550キロメートルの極軌道に放たれ、地球を周回する。衛星の位置は専用アプリから把握可能で、いつ頭上を通過するかが分かる。Elysium Star 2は数年の間、軌道上に存在し続ける予定だ。

    顧客らは1グラムの遺灰を入れるための専用カプセルに対して、費用を支払った。カプセルは、約1万ドルの製造コストをかけたトレイに載せて宇宙に運ばれるとCiveitは話す。打ち上げ全体にかかるコストは非公開となっている。

    遺灰が宇宙に送られるケースは、これが初めてではない。1998年には、天文学者のユージン・シューメーカーの遺灰が、NASAのルナ・プロスペクタープロジェクトで、月に送られた。1930年に冥王星を発見したクライド・トンボーの遺灰も、2006年に冥王星に向けて打ち上げられた宇宙船、ニューホライズンに積み込まれていた。

    しかし、それらの遺灰は他のプロジェクトに相乗りするかたちで宇宙に送られたものだ。宇宙葬に特化した衛星としてはElysium Star 2が、史上初のものになる。

    今回、遺灰を宇宙に送り出す顧客の一人が、ニュージャージー州の51歳のJonathan Pryorだ。彼は妻と愛犬を自動車事故で2017年3月に亡くした。

    「打ち上げに関する記事を読み、これは子供や孫たちに妻の存在を伝える素晴らしい方法だと思った。愛する人の存在を宇宙空間に刻み、思い出を残し続けることができる」とPryorは話した。

    今回の打ち上げが順調に進めば、来年にはElysium Star 3を打ち上げ、その後は毎年、このプロジェクトを行いたいとCiveitは話す。

    Elysium Spaceは将来的に、月面に遺灰を送る野望も描いている。米国のAstrobotic Technologyと提携し、2019年には月面を走行するローバーに遺灰を搭載する計画だ。

    こういった取り組みが、宇宙ごみを増やすと懸念する声もある。しかし、Elysium Spaceの衛星はいずれ大気圏に再突入し流れ星となるため、宇宙ごみの心配はないという。プロジェクトに参加する家族たちにとって、これは彼らだけに許された、非常にユニークで切なさに満ちた別れの儀式となる。

    打ち上げを控えた家族の一人はこう話す。「とても興奮しているし、感傷的な気持ちが高まっている。ロケットが発射されるのを見ると、きっと涙があふれてくるだろう。愛する人が望んでいた、とても特別なことを私たちは現実にしようとしている」



    https://forbesjapan.com/articles/detail/24157



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543479429/


    ▼「世界初「宇宙葬」特化の人工衛星、スペースXで打ち上げへ」の続きを読む

    【中国】GPS衛星打ち上げ成功、35機打ち上げて世界サービスを提供へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/11/19(月) 13:07:19.09 ID:Mv1y0Wlu0.net BE:448218991-PLT(13145)

    K10011715741_1811191123_1811191133_01_02

    中国は19日、「中国版GPS」とも呼ばれるシステムに利用する衛星の打ち上げに成功し、その様子を一部の外国メディアに公開しました。宇宙分野の技術力の高まりをアピールするねらいもあるものとみられます。

    中国は日本時間の19日午前3時すぎ、四川省の西昌衛星発射センターから衛星を載せたロケットを打ち上げ、その様子を一部の外国メディアに公開しました。

    衛星は予定の軌道に入り、打ち上げは成功しました。

    この衛星は、中国がアメリカのGPSに対抗し独自に開発している「中国版GPS」とも呼ばれる衛星測位システム「北斗」に利用されるものです。

    このシステムは6年前からアジア太平洋地域を中心に運用が始まっていますが、中国は2020年までに新たな衛星をあと16機打ち上げる予定で、最終的に35機の衛星を使って全世界でサービスを提供することを目指しています。

    19日に打ち上げられた衛星は、位置情報の誤差を最小で2メートル50センチまで抑えたとしていて、中国としては宇宙分野の技術力の高まりをアピールするねらいもあるとみられます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181119/k10011715741000.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542600439/


    ▼「【中国】GPS衛星打ち上げ成功、35機打ち上げて世界サービスを提供へ」の続きを読む

    日本版GPS衛星「みちびき」本格運用開始。位置情報の誤差が数センチに

    1 : 記憶たどり。 ★ 2018/11/01(木) 05:44:27.25 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181101/k10011693931000.html

    K10011693931_1811011925_1811011936_01_03

    日本版GPS衛星「みちびき」の本格的なサービスが1日から始まり、専用の受信装置を使えば、これまで最大10メートル程度あった位置情報の誤差が、数センチにまで縮まることから、さまざまな分野での活用が期待されています。

    日本版GPS衛星「みちびき」は、去年10月までに合わせて4機が打ち上げられ、これまで調整が行われていました。
    衛星を管轄する内閣府は24時間、運用ができる4機体制の準備が整ったとして、1日から本格的なサービスを開始しました。

    「みちびき」は、アメリカのGPS衛星を補完する信号を出し、少なくとも常に1機は、日本のほぼ真上に来る軌道を飛んでいます。

    これまでは、都市部など高い建物がある場所では、信号が遮られるなどしてスマートフォンやカーナビなどの地図上の自分の位置がずれることがありましたが、ほぼ真上から届く「みちびき」の信号は、ビルで遮られることがほとんどなく、「みちびき」の信号に対応した製品では位置情報がより安定し精度が高くなります。

    さらに、「みちびき」が出す「補強信号」と呼ばれる特殊な信号を受信できる専用の装置を取り付ければ、これまでは最大で10メートル程度あった誤差を数センチにまで縮めることができます。

    このため、自動車の自動運転の実用化やトラクターやコンバインなど農業機械の無人化、ドローンによる宅配サービスの実現など、さまざまな分野で活用が期待されています。

    メーカー各社では、「みちびき」の受信装置の販売を本格化させているほか、携帯各社も「みちびき」に対応した機種をさらに増やしていくとしています。

    ・GPS衛星整備を進める理由

    国が日本版GPS衛星の整備を進める理由の1つは、位置情報の誤差をできるだけ小さくして、新しい産業の創出や便利な生活の実現につなげるためです。

    現在、日本ではほぼ地球全体をカバーしているアメリカのGPS衛星を主に利用して位置情報のサービスが行われていますが、最大で10メートル程度の誤差があります。

    誤差の原因としては、高い建物や山などの障害物があると信号が遮られたり反射したりして、必要な電波の受信ができなくなることや、大気の層の影響で信号の電波が乱れることなどがあげられます。

    4機体制で運用する「みちびき」は、少なくとも常に1機は、日本のほぼ真上に来る軌道を飛んでいるため、建物が密集する都市部でもほぼ真上から信号が届き、信号を受信できなかったり乱れたりするケースが減ります。

    また、「みちびき」は、大気の層による電波の乱れを補正した「補強信号」と呼ばれる特殊な信号を出す機能がついているため、高い精度の位置情報を提供できるようになり、専用の受信装置を使えば誤差を数センチまで縮めることに成功しました。

    また位置情報を使ったさまざまなサービスが登場する中、国はインフラの1つとして、海外に頼らない独自のシステムを持つことが必要だともしています。

    今後も衛星の打ち上げが計画されていて、2023年度には、7機体制にまで拡充し、アメリカのGPS衛星など海外のシステムを使わなくても位置情報を提供できるようにするということです。

    当初、アメリカが世界に先駆けて開発、導入したGPS衛星の位置情報システム。日本のほか、ロシア、ヨーロッパ、中国、インドなども衛星を打ち上げていて、各国独自にシステムを整備する動きは国際的に広がっています。

    ※長いので全文はソース参照

    【宇宙】日本版GPS衛星「みちびき」4号機、H2Aロケットで打ち上げ成功
    http://konoyubitomare.jp/archives/1068203490.html


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541018667/


    ▼「日本版GPS衛星「みちびき」本格運用開始。位置情報の誤差が数センチに」の続きを読む

    【人工衛星】「いぶき2号」打ち上げ成功

    1 : 記憶たどり。 ★ 2018/10/29(月) 13:33:54.49 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181029/k10011690151000.html

    K10011690151_1810291335_1810291336_01_03

    lif1810290041-p1

    地球温暖化の原因とされる温室効果ガスを観測する日本の人工衛星「いぶき2号」を載せた
    H2Aロケット40号機は、29日午後1時8分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。
    「いぶき2号」は予定どおり、高度613キロ付近で分離され打ち上げは成功しました。

    「いぶき2号」は、環境省やJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発した人工衛星で全長は5.8メートル、重さは1.8トンあります。

    赤外線を検知する高性能センサーで温室効果ガスの二酸化炭素やメタンなどを宇宙から観測します。

    9年前に打ち上げられた「いぶき」の後継機で、雲を自動的に避けて測定する新しい機能が備わったことなどから観測の精度はおよそ8倍に向上したということです。また、二酸化炭素が自然に発生したものか、工場などでの産業活動で発生したものかを見分けられるほか、粒子が極めて小さい大気汚染物質「PM2.5」の濃度を調べることも可能です。

    国は地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に基づいて各国がどの程度、排出を抑制できたかなど温室効果ガスの実態の把握に「いぶき2号」を活用したいとしています。

    「いぶき2号」は2か月半後に本格的な観測を始める予定です。

    また、今回、H2Aロケットは海外から3機目の打ち上げの受注となったUAE=アラブ首長国連邦の地球観測衛星「ハリーファサット」も載せていて、「いぶき2号」に続いて、午後1時32分ごろに予定どおり「ハリーファサット」を分離して打ち上げは成功しました。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540787634/


    ▼「【人工衛星】「いぶき2号」打ち上げ成功」の続きを読む

    【宇宙】日本の宇宙ごみ除去衛星が2020年に打ち上げへ

    1 : @くコ:彡 ★ 2018/10/09(火) 02:38:37.83 ID:CAP_USER9.net

    ・日本の宇宙ごみ除去衛星、2020年に打ち上げへ【動画・写真】

    動画
    https://youtu.be/laFHhiOXqlc


    ロシアの「グラヴコスモス」社(露国営企業「ロスコスモス」の傘下)は、日本のアストロスケール社と、ロシアのロケット「ソユーズ2」を使って2020年にバイコヌール宇宙基地から宇宙ごみ除去技術実証衛星ELSA-dを打ち上げる契約を結んだ。グラヴコスモス社が発表した。

    9月、英国の衛星リムーブデブリが、網を使って宇宙ごみを除去する実験を行ったと報じられた。まず衛星が宇宙にゴミのダミー物体を放出し、この物体を補足するために7メートルの距離から幅5メートルの網が放たれた。なお網が本物の宇宙ごみの補足に使用された場合は、衛星が宇宙ごみをより低い軌道へ運び、ごみは大気圏に突入した際に燃え尽きる。

    ELSA-dは、軌道上でのランデブー・ドッキングや接近の技術実証実験を行うためのもの。同開発は、宇宙ごみを除去する有望なプロジェクトで役立つ見込み。

    ELSA-dは、重さ160キロの捕獲機と20キロのターゲット(宇宙ごみを模擬した小型人工衛星)で構成されており、これらは一緒に打ち上げられる。

    ・Cosmic cleanup: Russia to help Japan launch galactic garbage collecting mission in 2020
    http://tass.com/science/1024965

    (イメージ画像)
    https://twitter.com/SurreySat/status/1026820471847837696


    https://sptnkne.ws/jHvn 

    世界初の宇宙ごみ観測衛星、ソユーズロケット打ち上げ失敗で行方不明に
    http://konoyubitomare.jp/archives/1068967192.html

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539020317/


    ▼「【宇宙】日本の宇宙ごみ除去衛星が2020年に打ち上げへ」の続きを読む

    メード・イン・大分の人工衛星「てんこう」 29日宇宙へ

    1 : ガーディス ★ 2018/10/08(月) 11:48:15.67 ID:CAP_USER9.net

    大分県内の4社が開発に参加した人工衛星「てんこう」が今月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターから飛び立つ。この1年間、手弁当で協力してきた4社関係者は、打ち上げの成功を心から願っている。【池内敬芳】

     九州工業大(北九州市)の奥山圭一教授が進めるプロジェクトで、てんこうは「電離圏」と呼ばれる地上約610キロ付近を周る環境観測衛星。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が29日に打ち上げるH2Aロケットで、別の主衛星に「相乗り」させてもらって宇宙へ向かう。

     てんこうは直径約50センチの球に近い14面体で、重さは23キロ。電離圏では衛星の故障が多く発生しているため、環境を観測して原因解明に生かす。また、先進的な素材が宇宙でどう劣化するかのデータを集めるという。

     県内では2016年、航空機関連産業の振興を目指して産学官の研究会が発足。奥山教授が研究会に声をかけ、▽江藤製作所(大分市、神品誠治社長)▽デンケン(由布市、石井源太社長)▽ニシジマ精機(佐伯市、西嶋真由企社長)▽ケイティーエス(杵築市、本地洋一社長)−−の4社が内・外部構造の製造や加工、通信や制御のシステム開発などで協力した。奥山教授は「センサー類を除き、7〜8割は大分の会社に作っていただいた。メード・イン・大分だ」と強調する。

     奥山教授と4人の社長は先月27日、県庁で広瀬勝貞知事に打ち上げ予定を報告。江藤製作所の神品社長は「楽しい夢のような1年だった。技術の蓄積という宝を手に入れた」と、宇宙に関する仕事ができたことを誇らし気に語った。広瀬知事は「県内企業のレベルがぐっと上がった。打ち上げはきっと成功するだろう」と請け合った。

    https://mainichi.jp/articles/20181008/k00/00e/040/172000c




    5 : 名無しさん@1周年 2018/10/08(月) 11:53:13.18 ID:Pd3nUGMU0.net

    名前が不吉すぎない?消失しそう‥



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538966895/


    ▼「メード・イン・大分の人工衛星「てんこう」 29日宇宙へ」の続きを読む

    【宇宙】衛星で網投げ「宇宙ごみ」をキャッチ 初の実験に成功

    1 : しじみ ★ 2018/09/24(月) 12:18:44.77 ID:CAP_USER.net

     軌道上を漂う宇宙ごみの回収技術を開発している欧州のグループが、宇宙空間で人工衛星を使ってごみをキャッチする実験に初めて成功した。

    実験機の「リムーブデブリス(『残骸除去』の意味)」は、宇宙ごみに見立てたダミー衛星に網をかけてキャッチすることに成功。専門家によると、宇宙清掃技術の実証実験が成功したのは初めてと思われる。

    宇宙飛行の歴史は50年に及ぶ一方で、宇宙ごみに対する規制はほとんど存在せず、軌道を高速で周回するごみは数百万個に達している。たとえ小さな塗装の断片であっても、衛星に衝突すれば重大な損傷を引き起こしかねない。

    ただでさえ混雑した状況の中、さらに多くの企業が軌道上に数千もの新しい衛星を送り込む計画を進めている。

    リムーブデブリスの実験は、英サリー宇宙センターが主導する企業や研究機関などの共同体が実施した。同団体には航空宇宙大手エアバスやフランスのアリアングループなどが参加している。

    サリー宇宙センターの代表によると、この技術を使えば、宇宙ごみをキャッチした網を主力衛星につないで牽引(けんいん)し、軌道から除去することも可能だといい、最大で全長10メートルの衛星の残骸にも対応できるとしている。

    ただし今回の実験では、ダミー衛星も網も軌道上に放置された。つまり、制御不能の宇宙ごみがさらに増えたことになる。これについて関係者は、実験は非常に低い軌道上で行われたため、ダミー衛星は数カ月以内に落下するはずだと話している。

    今後数カ月かけてさらに実験を重ね、大型の衛星にもりを打ち込んでキャッチする技術などについても実験を予定しているという。



    CNN
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35125967.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1537759124/


    ▼「【宇宙】衛星で網投げ「宇宙ごみ」をキャッチ 初の実験に成功」の続きを読む

    【宇宙】仕事帰りに工場通って作った「リーマン衛星」、H2Bロケットで宇宙へ

    1 : しゅわっち'92 ★ 2018/09/09(日) 13:04:19.51 ID:CAP_USER.net

    AS20180907004319_comm

     宇宙好きの会社員や学生らが集まって作った人工衛星、名付けて「リーマンサット」。11日にも、H2Bロケットで宇宙に出発する。酒場で語った夢の実現に向け、カウントダウンが進んでいる。

     リーマンサットは、10センチ立方、重さ約1キロの超小型衛星(キューブサット)。カメラで地球を撮影したり、一般の人からのメッセージなど約6千通を地上に送ったりする。ロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に運んでから、来年3月までに宇宙に放出する。

     製作したのは、会社員や学生ら約350人でつくる一般社団法人「リーマンサットスペーシズ」のメンバーだ。きっかけは、東京・新橋で宇宙好きの3人が居酒屋で交わした会話だった。「自分たちでできる宇宙開発ってないかな」――。

    全文は下記URLで
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL9552RTL95ULBJ00F.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1536465859/


    ▼「【宇宙】仕事帰りに工場通って作った「リーマン衛星」、H2Bロケットで宇宙へ」の続きを読む

    【宇宙開発】宇宙ごみはつかんで捨てる「掃除衛星」開発へ

    1 : しじみ ★ 2018/08/29(水) 19:40:53.68 ID:CAP_USER.net

     政府は宇宙空間を高速で飛び交う宇宙ごみを、ロボットアームでつかんで取り除く「掃除衛星」の開発に乗り出す。2020年代前半に実験機を打ち上げて技術を確立、新たな宇宙産業として育てていく方針だ。

     除去の対象は、打ち上げ時に切り離されたロケットの一部など、大きさ数メートル以上の宇宙ごみ。分解すればさらに多くのごみが生まれる危険性があるためだ。

     実験機は、文部科学省が来年度予算の概算要求に6億円を計上し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を手がける。宇宙ごみの捕獲に必要となる、安全な接近技術の開発を目指す。宇宙ごみを撮影するカメラや人工知能(AI)を搭載し、重量は100キロほどになる見込み。

     宇宙ごみはコマのように回転しながら、秒速約8キロ・メートルの高速で地球を周回している。実験機はカメラ画像で回転の様子を把握、最も安全に近付ける方向や姿勢をAIがはじき出し、宇宙ごみにゆっくりと接近する。



    https://www.yomiuri.co.jp/science/20180829-OYT1T50059.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1535539253/


    ▼「【宇宙開発】宇宙ごみはつかんで捨てる「掃除衛星」開発へ」の続きを読む

    超小型衛星で尖閣監視へ 中国船の追跡可能に

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/08/15(水) 10:41:41.92 ID:CAP_USER9.net

    超小型衛星で尖閣監視 政府が検討 中国船の追跡可能に
    http://www.sankei.com/life/news/180815/lif1808150002-n1.html
    lif1808150002-p1

     政府が尖閣諸島など日本周辺の監視強化に向け、超小型衛星の導入を検討していることが14日、分かった。既存の情報収集衛星を低コストで補完し、中国の積極的な海洋進出に対抗する。国内の民間チームが来年打ち上げる超小型レーダー衛星の性能を見極めた上で、数年内での導入も視野に議論を加速させる。

     構想では多数の超小型衛星を打ち上げ、情報収集衛星との同時運用で尖閣諸島や南シナ海などを監視する。1基当たりの費用は情報収集衛星の数百億円に対し、超小型衛星は数億円に抑えられる利点がある。

     情報収集衛星は識別能力が高く、船舶の装備や搭載物も見分けやすいが、1日1回しか撮影できない。衛星の数が多いほど撮影頻度は高まり、例えば数十基の超小型衛星なら数時間ごとに監視が可能で、中国の軍港を出た艦船などの動きを継続的に追跡できる。

     超小型レーダー衛星はビジネスや災害対応などでの利用を想定し、来年から国内で実証試験が始まる。福岡市のベンチャー企業「QPS研究所」は来年夏までの打ち上げに向け、来月から1メートルの物体を見分けられる衛星を組み立て始める。一方、慶応大の白坂成功(せいこう)教授らは政府から約20億円の支援を受け、来年末までの打ち上げを目指す。

    以下はソース元で



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534297301/


    ▼「超小型衛星で尖閣監視へ 中国船の追跡可能に」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る