fytguhi

1 :

ビッグモーターの幹部が社員らに送った1通のメールに、波紋が広がっている。

タイトルは「秘密保持に関する誓約書」。
パワハラや会社の不正が社員らの証言で次々明らかになる中、ビッグモーター側は、内部情報の保持を求める誓約書を9月15日までに提出するよう求めたのだ。

幹部から送られたメール「(内部情報の流出で)当社に対する社会からの評価が、必要以上に低下してしまう状況となっています」

メールに添付された文書には、秘密保持の範囲や調査方法などについても細かく記載。

実際に送られてきた文書「皆さんが勤務中に知った業務に関する情報は、すべて秘密情報にあたる。
電子メールやパソコン等を確認・調査またはモニタリングすることがあります」

さらに、会社を辞めたあとも秘密を守る必要があるとしたうえで、破って会社にダメージを与えた場合、「懲戒処分や損害賠償請求のペナルティーを受けていただく」としている。

これを受け取った現役社員のAさんは...。

現役社員「内部リークがでることを恐れていることや、自分たちがやってしまった過ちをさらに隠そうとしていることに疑問を感じます。強制させて書かせる行為は、今までのビッグモーターと何も変わらないです」

こうした秘密保持の誓約書の提出を半ば強制することについて、専門家は...。

全文はソースで



3 :

恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝
死刑恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝恫喝



▼「ビッグモーター新経営陣が社員へ恐怖の口封じ誓約書「もしマスコミへリークしたらタダじゃ済まさない」」の続きを読む