気になる出来事とみんなの反応をまとめたサイト「コノユビニュース」です

    人気サイトヘッドライン

    国会議員

    【維新の会】中条きよし議員、金利60%で知人に1000万円の高利貸し


    1 :

    56ftygu


    日本維新の会の中条きよし・参院議員が知人に対して1000万円を貸し付けた際に「年利60%」とする契約を結んでいたことが、週刊ポストの取材でわかった。これについて専門家は出資法違反にあたる可能性を指摘している。5月7日(火)発売の同誌が詳しく報じる。

    5月1日になって中条議員は、参院事務局に対して資産報告書の貸付金を「なし」から「1000万円」と訂正することを届け出た。これは4月末に週刊ポストの取材を受けて資産報告書上の記載について対応したものだが、問題の本質は“高利貸し”行為にある。

    中条議員から1000万円を借りているA氏は取材に対し、「中条さんにお金を借りたのは事実です。利息が高く、返済できていない」と証言。A氏関係者から取材班が確認した「金銭消費賃借契約書」には、貸主として中条議員の本名で署名・捺印がされたうえで〈利息配当は年60%とする〉と記されていた。

    A氏によると「最初の何回かは利息分として現金で50万円を中条さんに支払いましたが、利息が高いので半分にしてほしいとお願いし、途中から25万円になった」という。その後、A氏と中条議員のやりとりの中で1000万円については未公開株につけかえられたが、その未公開株が上場せず、返済が滞っているとも明かした。

    全文はソースでご確認ください。



    2 :

    年利60%て維新やくざすぎるだろ…



    ▼「【維新の会】中条きよし議員、金利60%で知人に1000万円の高利貸し」の続きを読む

    【悲報】自民党の武井俊輔議員、一般道で90km/h出してる写真をXに投稿し無事炎上


    1 :

    武井氏同乗の車、速度超過か SNS投稿の画像拡散 日南の国道

    武井俊輔衆院議員(自民、比例九州)が同乗する事務所の車が4月28日、日南市の国道220号を大幅に速度超過して走行していた疑いがあることが1日、武井氏や事務所への取材で分かった。
    事務所によると、運転していたのは事務所の公設秘書男性。武井氏は当時、後部座席におり速度超過の認識はなかったという。
    宮崎日日新聞の取材に武井氏は「管理不行き届きで大変申し訳なく思っている」と述べた。

    武井氏は4月28日午前、日南市から宮崎市へ移動中の車内の様子を自身の「X」(旧ツイッター)に投稿。「今日は朝から日南海岸を移動。高速が開通し、自動車が減りかなり快適になりました」などの文章に運転席付近を写した写真を添付した。
    事務所によると撮影地点は日南市宮浦付近、制限速度は時速60キロだった。







    2 :




    武井俊輔議員の過去の不祥事




    3 :

    >>2
    ミラーに映っている運転手の生え際本人ぽいけどな



    9 :

    >>2
    不祥事が多すぎる



    15 :

    >>2
    普通にヤバイ奴で草



    ▼「【悲報】自民党の武井俊輔議員、一般道で90km/h出してる写真をXに投稿し無事炎上」の続きを読む

    【選挙】衆院3補選、立憲民主党全勝


    1 :

    もう終わりだよこの自民党政権



    rftguyin



    4 :

    あわわわ🥺



    5 :

    ありがとう自民党



    6 :

    俺たちの立憲民主



    ▼「【選挙】衆院3補選、立憲民主党全勝」の続きを読む

    「性欲が強かった」辞職した宮沢博行衆院議員、原因は「出会い系サイトでのパパ活不倫」だったと判明


    1 :

    fr6tg7uyi


    23日に議員辞職願を提出した自民党安倍派の宮沢博行衆院議員(49)=比例東海=の不祥事が“パパ活不倫”だったことが24日、分かった。25日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。既婚者ながら20代女性と金銭援助を伴う同棲、出会い系サイトを使った買春疑惑、連日にわたる派遣型風俗店の利用など品格なき行動のオンパレード。不祥事の内容を説明せずに辞職で幕引きを図った宮沢氏には、関係者から「恥ずかしい。無責任すぎる」との声が上がった。

    同誌によると、宮沢氏は3年ほど前、出会い系カフェで知り合った28歳の女性と都内の賃貸マンションで家賃を負担して同棲生活を送った。議員会館には入居せず、妻子は地元暮らし。当時はコロナ禍で、自民党議員の銀座高級クラブ通いが発覚し批判されていた時期と重なり、同棲は1カ月ほどで解消した。

    コロナ禍が明けてからは、出会い系サイトに「ひろゆき 49歳 東京都 自営業」のプロフィルで登録。「(処女)卒業のお手伝いします」と男性経験のない女性を探すような文章もあった。さらに、今月は都内の自宅マンションに2夜連続でデリヘルの女性とみられる人物が出入りしていた。

    同誌の直撃取材に宮沢氏は「寂しさと欲望です。性欲が強かったもので」などと一連の行動を認めている。また、素人女性を好む理由を聞かれると「銀座のクラブは面白くない。エッチできなかったら不満が残る」などと正直に話している。

    続きは↓



    2 :

    キモ



    ▼「「性欲が強かった」辞職した宮沢博行衆院議員、原因は「出会い系サイトでのパパ活不倫」だったと判明」の続きを読む

    【芸能】「恥ずかしいよ」吉幾三さん、飛行機内での態度が酷すぎる”国会議員”の実名を暴露


    1 :

    「恥ずかしいよ」吉幾三 飛行機内での態度が酷すぎる“国会議員”を暴露「注意してあげた方がいいよ」





    4 :

    暴露系になったのか



    5 :

    よし言うぞう



    ▼「【芸能】「恥ずかしいよ」吉幾三さん、飛行機内での態度が酷すぎる”国会議員”の実名を暴露」の続きを読む

    【裏金問題】自民党安倍派 塩谷議員「納税するつもりはございません」


    1 :






    3 :

    こんなに開き直らなくても…



    4 :

    じゃあ記載してどうぞ



    ▼「【裏金問題】自民党安倍派 塩谷議員「納税するつもりはございません」」の続きを読む

    【朗報】裏金問題で話題の自民党議員さんたち、ニッコニコ


    4 :

    守りたい、この笑顔



    5 :

    ダメージないからな
    議員様は



    ▼「【朗報】裏金問題で話題の自民党議員さんたち、ニッコニコ」の続きを読む

    【悲報】自民党議員、とんでもない中国人女性を秘書にしていたと判明


    1 :

    中国国旗2


    自民党参院議員“元秘書”の「中国人美女」がついに書類送検 捜査のウラにあった中国「秘密警察拠点」と重要法案の存在


    警視庁公安部は2月21日、中国籍の女2人を詐欺容疑で書類送検した。どのメディアも報じていないが、実は女のうち一人は自民党参院議員の「秘書」の肩書を持ち、参院議員会館の「通行証」まで持っていた過去がある。さらに関係先として捜索を受けたなかには、中国が日本国内に秘密裏に設けた「警察拠点」と見られる建物も含まれていた。極秘捜査の裏側に迫る。



    2 :

    裏金とかそんなレベルちゃうやんこれ…



    3 :

    これやばいな



    4 :

    怖すぎ



    ▼「【悲報】自民党議員、とんでもない中国人女性を秘書にしていたと判明」の続きを読む

    【悲報】パーティー券4000万円キックバック疑惑の谷川弥一議員、記者に暴言、国会中に爆睡とやりたい放題


    1 :

    no title



    no title





    3 :

    懐ポカポカで眠くなったんやろ🤗



    7 :

    いきてんのかこいつ



    ▼「【悲報】パーティー券4000万円キックバック疑惑の谷川弥一議員、記者に暴言、国会中に爆睡とやりたい放題」の続きを読む

    【悲報】立憲民主党 塩村議員、アンチの批判を「プロレス芸」と批判→プロレス関係者ブチ切れ


    1 :



    https://twitter.com/kidanit/status/1727654955824382176?t=v8mBsOncZfQ_W_9i52JxJg&s=19

    塩村の「プロレス芸」発言に新日本プロレスのオーナーがブチ切れ、プロレスファンも塩村にブチ切れの模様



    2 :

    意味不明な言葉で草



    ▼「【悲報】立憲民主党 塩村議員、アンチの批判を「プロレス芸」と批判→プロレス関係者ブチ切れ」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      気になる話題とネットの反応「コノユビニュース」の公式𝕏です。よろしくお願いします🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      楽天市場
      逆アクセスランキング
        スポンサーリンク
        最新コメント
        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサーリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ