1 : 名無しさん@涙目です。 2019/03/30(土) 05:38:01.69 ID:abLGD1tt0●.net BE:842343564-2BP(2000)

ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか?
https://gigazine.net/news/20190329-gigazine-destruction/

大阪市西淀川区にあるGIGAZINE旧本社へ編集長たちが自動車で荷物を取りに行ったところ、なんと斜め前にあるGIGAZINE第一倉庫がショベルカーでぶっ壊されている真っ最中の現場に偶然遭遇しました。

◆所有している倉庫が見知らぬショベルカーに破壊されていた
解体業者がショベルカーで破壊中。もちろんすぐに「ここはうちの名義になっているし、登記して権利を所有している。火災保険もかけているし、税金も払っている。何かの間違いではないか」と伝えたところ、「上の不動産会社の社長から取り壊せと言われて作業している」とのことでしたが、すぐに解体作業は中断され、社長に確認するとのことで携帯電話で連絡し始めてくれました。

しかし「20分ほどで責任者が来るが、作業はそのまま続行しろと言われた」ということでなんと破壊再開。やめて欲しいと言っても一向にやめず、「危険だからどけ」と言われ、どうしようもなくなったため、警察へ連絡することに。

(略)

法務局へ行って登記簿を出し、西淀川警察へその登記簿を持って行って上記の弁護士の見解を伝えたものの、「建造物損壊罪にはならない」という判断になる、とのこと。

(略)

編集長「……つまり、ここに私が突然ショベルカーで押しかけて、法務局の建物を破壊し、その『滅失登記の申出』を行うと、登記簿の名義を書き換えることが可能だ、ということですか?」
法務局「現地の状況を確認しに行き、確かに何の建物もないとなれば、登記官の職権で、そういうことになりますね。もちろん登記簿に記載されている住所へ郵送で連絡するので、登記自体をその時点で阻止することは可能です」
編集長「壊される前、つまり事前に破壊・解体を止める法的な方法はありますか?」
法務局「ありません」
編集長「つまり、警察に連絡しても、その場では解体を業者はやめてくれるが、警察がいなくなれば再び作業を再開することはでき、それを止める方法はない?」
法務局「ありません……」

かなり長いので全文はソースで




5 : 名無しさん@涙目です。 2019/03/30(土) 05:47:20.84 ID:qPKAJFXn0.net

GIGAZINEは制度が変わるぐらい騒げ 



6 : 名無しさん@涙目です。 2019/03/30(土) 05:49:37.41 ID:lryZbIHA0.net

警察何やってんだよ
あきらかに民事を逸脱してんじゃねえのこれ



7 : 名無しさん@涙目です。 2019/03/30(土) 05:49:38.94 ID:/uRs30xM0.net

何か裏技があるんだな、世の中怖いな



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553891881/


▼「【衝撃】ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないことが判明」の続きを読む