「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    土星

    空飛ぶ円盤のような形をした、土星の衛星「パン」

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489479962/

    1 : あずささん ★ 2017/03/14(火) 17:26:02.26 ID:CAP_USER9.net

    土星の衛星「パン」の接近像が探査機「カッシーニ」によってとらえられた。空飛ぶ円盤のような、極めて奇妙な形がくっきりと写されている。

    NASAの土星探査機「カッシーニ」は3月7日、衛星「パン」から約2万5000kmの距離を接近通過して観測を行った。その際に撮影されたパンの画像には、赤道部分が尾根のように飛び出した非常に奇妙な形状がとらえられている。

    パンは探査機「ボイジャー2号」が1981年に撮影した画像中から1990年に発見された、直径約30kmほどの衛星だ。土星の衛星は60個以上発見されており53個が確定して命名されているが、その確定している中でパンは最も土星に近いところにある衛星で、土星の中心から約13万4000km離れたところを14時間弱で公転している。

    パンは、土星のA環(アマチュアの天体望遠鏡で見える環のうち一番外側)の中にある、幅325kmの「エンケの間隙(空隙)」という隙間に位置している。A環の幅は約1万4600kmで、その外縁から約3200km内側にエンケの間隙がある。この隙間はパンの影響で作られたものと考えられている。

    ソース/AstroArts
    http://www.astroarts.com/article/hl/a/9009_pan

    画像






    ▼「空飛ぶ円盤のような形をした、土星の衛星「パン」」の続きを読む

    「土星」の北極の色、青から金色に変わる

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477904550/

    1 : もろ禿HINE! ★ 2016/10/31(月) 18:02:30.96 ID:CAP_USER9.net

    「土星」の北極の色、青から金色に変わる その原因は…? (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010001-sorae_jp-sctch


    ぐるりと周囲を取り囲む環が特徴の「土星」ですが、その北極側で奇妙な現象が観測されました。なんと、その色が時期によって変わっているというのです。
     
    今回の土星画像を撮影したのは、NASAの探査機「カッシーニ」。撮影時期は2012年の11月と2016年の9月です。まだ正確な原因は特定できていませんが、この現象は周期的な変化と木星の特徴的な6角形のジェット気流が関連しているものと思われます。上の画像でも、不思議な6角形のかたちが見て取れますね。
     
    土星の北極側には3万2000kmにもおよぶ「6角形のジェット気流」が存在。そしてこのジェット気流は時速322kmというスピードで、土星大気をかき混ぜています。今回の色の変化としてはこのジェット気流がバリアのように働き、周囲の粒子の侵入を防いでいるというのです。そして7年に渡る「土星の冬」の間に北極の空がクリアになり、また季節が変わって太陽光にさらされるにつれて粒子が観察できるようになったというのが現在の予測です。
     
    また、光化学的なモヤやエアロゾルは太陽光によって引き起こされます。そして土星は2009年8月に春分をむかえており、それ以来北極側は太陽光を強く浴び続けています。それによってエアロゾルが北極側に蓄積され、その色が青から金色に変わったようなのです。しかし一方で、この色の変化は太陽光による温度変化や風向きの変化による可能性もあります。なかなかその原因の特定は難しそうです。
     
    なお、カッシーニは2017年にミッションを終える予定です。ミッション終了までもう長くはありませんが、今後も土星がどのような変化を見せるのかを教えてほしいものです。



    5 : 名無しさん@1周年 2016/10/31(月) 18:05:22.64 ID:SSKctpSc0.net

    なんで円形でなくて六角形になるんだろ
    不思議だなぁ



    9 : 名無しさん@1周年 2016/10/31(月) 18:08:32.29 ID:t0KRvEvG0.net

    爆発するのか???



    13 : 名無しさん@1周年 2016/10/31(月) 18:12:34.22 ID:xiHs80Ju0.net

    天狗の仕業じゃねーの?



    ▼「「土星」の北極の色、青から金色に変わる」の続きを読む

    【天文学】土星の環に潜む小さな衛星「パン」が撮影される

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1467775345/

    1 : もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 12:22:25.23 ID:CAP_USER.net

    土星の環に潜む小さな衛星「パン」が撮影される (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00010001-sorae_jp-sctch


    昨日は木星にNASAの探査機「ジュノー」が無事投入されましたが、その一つ外側を周回する土星も非常に興味深い天体です。NASAは6月5日、土星の環の中にある衛星「パン」の写真を公開しました。
     
    パンは土星の環の内側に位置する衛星で、直径は20kmほどとなっています。また、土星の環にさまざまな影響をあたえることから「羊飼い衛星」として定義づけられています。そしてパンは自身の重力によって土星の環の「Encke Gap」と呼ばれる隙間を作り出し、さらにはその形も整える役割を果たしているのです。

    さらに、パンのような羊飼い衛星はリングの遠点に「波」を起こすことがわかっています。この波は衛星と環の物質の共振によって発生するもので、その波を観察することで土星の輪に関する情報を知ることができるのです。
     
    今回の写真は土星探査機「カッシーニ」により、今年の4月3日に可視光線にて撮影されました。撮影時のカッシーニと土星の距離は約37万キロで、今後もカッシーニは土星の北極上空を通過する軌道で観測を続けます。さらに同衛星は2017年にミッションを終え、大気圏に突入して燃え尽きる予定です。
     
    NASAとESA(欧州宇宙機関)、それにイタリアの宇宙機関によるプロジェクトのカッシーニはこれまで膨大な土星の画像を撮影してその詳細を観測し、さらに土星の衛星「タイタン」に探査機を着陸させました。タイタンには地球のような川や湖(ただしメタンやエタンによるもの)が存在することが確認されており、今後のさらなる調査が期待されています。



    4 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 12:30:37.46 ID:22tmJavd.net

    バターやジャムもあるはず



    13 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 13:38:19.63 ID:Wxt17cYC.net

    土星の輪は土星人が作っている
    そいつは人工衛星や



    ▼「【天文学】土星の環に潜む小さな衛星「パン」が撮影される」の続きを読む

    土星の環が一部破れる、カッシーニが撮影 環の中から雪玉の塊を放出か

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1466547426/

    1 : もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 07:17:06.18 ID:CAP_USER.net

    土星の環が一部破れる、カッシーニが撮影 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062100229/
    ph_thumb

     土星の環の中に、何かが潜んでいたようだ。

     NASAが6月13日に発表した土星の画像に、土星の環のひとつで、比較的外側にある細いF環の一部が崩れている様子が映っていた。この氷の環の崩壊は、環の中に埋もれていた見えない物体の仕業である可能性が高い。(参考記事:「土星の環は思っていたより軽かった」)

     米国カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所のプレストン・ダイクス広報担当官によると、研究者らはこの特徴をジェットと呼び、よく見られる光景らしい。NASAの土星探査機カッシーニは、2004年に土星を周回し始めて以来、多数のジェットを観測している。(参考記事:「ミニジェット、土星の環を貫く雪玉」)

     こうしたジェットは土星の衛星プロメテウスの引力によると考えられている。細長いジャガイモの形状をしたこの小さな衛星は、土星を周回しながらその重力によってF環の形を維持する「羊飼い衛星」のひとつ。しかし、同衛星の軌道は完全な円ではないため、不均一な重力によってF環の内部に雪玉の塊が生じ、それがジェットとして噴き出すというのがダイクス氏の説明だ。(参考記事:「土星の環を守る羊飼い衛星」、「土星の衛星プロメテウスの3次元画像」)

     過去にはジェットの影響で、環が網目状、塊状、波状の構造になったことがある。F環が崩れている最新の画像は4月8日に撮影されたものだが、6月10日のさらに新しい画像では、傷は自然に修復されたようだ。

     科学者にとってジェットはそれほど驚きではないが、その拡大画像は以前にも増して貴重なものになりそうだ。

     カッシーニのミッションは終了が近づいており、2017年9月15日には運用終了予定である。2016年末には土星の北極上空に移動し、土星と最も内側の環の間を飛行した後、大気に突入する。(参考記事:「15周年、探査機カッシーニの業績」)

    「グランドフィナーレ」と名付けられたこのステージでは、カッシーニが土星の上層大気を採取し、貴重なデータを送信した後、最期を迎えることになる。



    7 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 07:39:49.53 ID:VPYhEev1.net

    おう!長吉!輪っかのはじっこにバリ出てんぞ。ヤスリかけといてくれ!



    8 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 08:00:52.37 ID:QcS4kYUQ.net

    わっかりやしたー!親方ー!



    ▼「土星の環が一部破れる、カッシーニが撮影 環の中から雪玉の塊を放出か」の続きを読む

    【宇宙】土星の衛星エンケラドス、実は海しか無かったことが判明

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442395794/

    1 : ビッグブーツ(catv?)@\(^o^)/ ageteoff 2015/09/16(水) 18:29:54.76 ID:ZLytq5cN0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    土星の衛星エンケラドス、星全体が海に覆われている NASA探査機の観測で判明

    米航空宇宙局(NASA)は9月15日、土星の衛星エンケラドスは、衛星表面の氷の下に広がる海が星全体を覆っていることが分かったと発表した。エンケラドスの海には地球生命が誕生した環境として有力視されている熱水環境があることが分かっており、地球外生命の存在にも期待が高まる。

    エンケラドスは直径500キロほどの氷衛星。内部には液体の海が広がり、氷の割れ目を通じ水が宇宙に噴き出していることで知られている。ただ、海がどの程度の広がりなのかは分かっていなかった。

    土星探査機「カッシーニ」が観測した7年以上のデータを分析したところ、エンケラドスはわずかに揺れながら土星のまわりを公転していることが分かった。岩石による中心部と表面が強固に結びついているなら見られない程度の揺れであり、中心部と氷の表面は星全体に広がった海によって隔てられていると結論した。

    なぜエンケラドスの海が完全に凍結せず液体のままでいられるのかは謎だという。土星の潮汐力が原因で発生するエンケラドス内部の熱が、従来考えられていたものよりずっと大きい可能性があるという。

    エンケラドスについては、宇宙に吹き出した水の分析から、地球の海底で見られる「熱水噴出孔」と同様の熱水環境があることが分かっている。熱水噴出口は地球生命が誕生した環境として本命視されており、エンケラドスに広がる巨大な海にも生命が存在するかもしれない。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/16/news119.html






    ▼「【宇宙】土星の衛星エンケラドス、実は海しか無かったことが判明」の続きを読む

    土星の衛星タイタンに巨大生命体の可能性

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440759876/

    1 : 野良ハムスター ★ ageteoff 2015/08/28(金) 20:04:36.47 ID:???*.net

    土星最大の惑星「タイタン」に巨大で長い寿命をもった生命体が存在するかもしれない。こうした理論を、他の衛星や衛星に地球上の生命体の極値的な形が存在する可能性を調べている米国とドイツの学者らが発表した。
    この理論が「ライフ」誌に簡単に発表されたことをワシントン大学のサイトが明らかにした。

    調査によれば、他の惑星に生命体が存在するとすれば、そうした生命体が持つ特質は極端な条件下で生き延びるために、地球上で必要とされる特質とは異なる。火星に生息する微小の生命体が地球のそれに似ている可能性があったとしても、「タイタン」に生息する生命体は著しく異なっているものと思われる。

    「タイタン」における水の役割を担っているのは液化メタンとエタンであり、炭酸ガスはその大気圏には全く存在していない。液化した炭化水素は「タイタン」に生息すると思われる生命体の体内組織の水分の役割を演じうる。しかも「タイタン」にはおびただしい数の水たまりがあり、それらはメタンとエタンによって作られており、そこには微小な生命体が生息しうる。

    「タイタン」の表面温度はマイナス180度にまで達している。
    このため「タイタン」の生命体の新陳代謝は非常に緩慢に行なわれ、その組織は異常なほど大きい。
    しかもこうした生命体の老化速度は地球上の生命体よりずっと遅い。
    だが研究者らのこうした帰結はすべて仮説であり、これを調べるには地球外の生命体を発見するしかない。



    http://jp.sputniknews.com/science/20150828/816034.html



    ▼「土星の衛星タイタンに巨大生命体の可能性」の続きを読む

    【宇宙、そこは最後のフロンティア】探査機カッシーニが捉えた土星の静かな姿をご覧ください【画像あり】

    1 : ニーリフト(長野県)@\(^o^)/ sage 2015/05/17(日) 19:19:43.82 ID:jP3MVbqv0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    米航空宇宙局(NASA)とジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)、宇宙科学研究所(Space Science Institute、SSI)は12日、新たに土星の写真を公開した。

    ?この写真から受ける静かな印象とは異なり、土星はダイナミックな世界だ。
    大気の流れを妨げる固体の表面がないため激しい風が吹き荒れ、風速が時速1800キロメートルを超える場所もある。
    写真右上には土星の衛星ミマス(Mimas)がごく小さな白い点のように写っている。

    ?この画像は今年2月4日、探査機カッシーニ(Cassini)が土星から約250万キロメートル離れた位置から、広角カメラで撮影したもの。
    撮影には752ナノメートルの近赤外線フィルタを使用した。イメージスケールは1ピクセル当たり150キロメートル。

    ダイナミックな土星の静かな姿、探査機カッシーニが捉える
    http://www.afpbb.com/articles/-/3048856




    ▼「【宇宙、そこは最後のフロンティア】探査機カッシーニが捉えた土星の静かな姿をご覧ください【画像あり】」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る