「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    地球

    【宇宙】ハンガリーの研究チーム、地球を周回する新たな天体を確認

    1 : 野良ハムスター ★ 2018/11/09(金) 09:27:19.31 ID:CAP_USER.net

    地球の周りを回る天体は、月だけではないのかもしれない。半世紀以上にわたる憶測と論争を経て、ハンガリーの天文学者と物理学者のチームが、地球を周回する2つの天体の存在をついに確認したと発表した。

    研究成果は、学術誌「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society」に掲載された。論文によると、地球から40万キロ余り、月までの距離と同じくらいの位置に潜んでいた天体は2つとも、すべてちりでできているという。

    ■近いけれど見えない

    こうした天体の存在はずいぶん前から予想されていたが、実際にちりの雲が見つかったと初めて報告されたのは1961年のこと。天体の名前の由来となったポーランドの天文学者、カジミェシュ・コルディレフスキがそのかすかな姿を目にしたと発表した。しかし、その後も雲の存在は疑問視されていた。

    新たな研究成果によれば、コーディレフスキー雲の見かけの大きさは、夜空に見える月を30個×20個並べたのに相当する。宇宙での実際の大きさは約10万4600キロ×7万2400キロで、地球の直径の9倍に近い。

    雲自体は巨大だが、それを構成する個々の粒子は直径1マイクロメートルほどと推定されている。こうした粒子に太陽の光が反射してかすかな光を放つが、光が極めて弱いため、今までは宇宙の暗闇の中に隠されたままだった。

    ■地球の周りの安定したポイント

    地球の衛星が月以外にもある可能性は、何世代も前から天文学者たちが示唆している。地球の周囲の軌道には安定した特別な点が5つあり、これら軌道上のスイートスポットはラグランジュ点と呼ばれる。この点では天体が、地球からも月からも一定の距離を保ったまま、比較的安定した位置にとらえられた状態となる。

    ただし、コーディレフスキー雲の粒子は絶えず入れ替わっているため、太古からあるものの、常に変化する天体となっている。ちりの粒子は、地球か月のいずれかにわずかに引っ張られて抜け出したり、惑星間塵のあらゆる源から雲の中に引き込まれたりする。



    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/110800484/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1541723239/


    ▼「【宇宙】ハンガリーの研究チーム、地球を周回する新たな天体を確認」の続きを読む

    太陽系の衛星と地球とを比較した図がこちら

    1 : fusianasan 2018/10/25(木) 10:09:18.54 0.net

    木星圏の衛星でか過ぎない




    2 : 名無し募集中。。。 2018/10/25(木) 10:10:44.61 0.net

    月がでけーわ



    4 : 名無し募集中。。。 2018/10/25(木) 10:11:41.79 0.net

    月が異常にデカイ



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1540429758/


    ▼「太陽系の衛星と地球とを比較した図がこちら」の続きを読む

    よく考えたら地球ってノーガードで宇宙に浮かんでるんだよな、最近はたまたま隕石当たってないだけとか怖くね?

    asteroid-3642332_640

    1 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 16:51:39.105 ID:2F9AH8Rtd.net

    地球滅亡クラスの隕石飛んできたら今の技術だと迎撃とか出来ないよな?



    2 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 16:52:12.685 ID:R2aL71QGr.net

    ノーガードじゃないじゃん



    4 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 16:52:44.783 ID:2F9AH8Rtd.net

    >>2
    ノーガードじゃないの?



    10 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 16:54:30.259 ID:R2aL71QGr.net

    >>4
    月というガードマンに加えて
    バリア張ってあるよ



    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538985099/


    ▼「よく考えたら地球ってノーガードで宇宙に浮かんでるんだよな、最近はたまたま隕石当たってないだけとか怖くね?」の続きを読む

    【宇宙】クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星が地球に接近中

    fb12394f6b23a7d21bc59206dddbc734_s

    1 : 野良ハムスター ★ 2018/08/26(日) 23:30:15.04 ID:CAP_USER.net

    クフ王のピラミッドの高さを超える直径の小惑星が地球に向かって接近しつつあることを、米航空宇宙局(NASA)のデータが物語っている。

    小惑星「2016 NF23」は、地球から0.05天文単位(750万キロ)未満の距離を通過するため、NASAによって「潜在的に危険」と分類されている。

    NASAによる評価では、小惑星の大きさは直径が70〜160メートル。学者らのデータによれば、小惑星は秒速9キロを超えるスピードで移動しており、29日には地球に最も近い距離に接近するという。

    https://jp.sputniknews.com/science/201808255264722/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1535293815/


    ▼「【宇宙】クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星が地球に接近中」の続きを読む

    かいけつゾロリ「このままじゃ隕石が地球に!…せや!」

    1 : 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 20:29:42.65 ID:8Dm/nhUa0NIKU.net

    かいけつゾロリ「芋たべてオナラで吹き飛ばそうーっ!」

    「「いっけええええええー!」」ブボボオオオオ!
    🐶🐵🐱🐯🐗🐗🐪🐰🐣💨💨💨💨💨💥☄


    「「いやったあーーーーーっ!」」
    🎉🐶🐵🐱🐯🐗🐗🐪🐰🐣🎊   ✨





    あたまガイジか?



    2 : 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 20:30:02.88 ID:OeMiEwCh0NIKU.net

    これめっちゃ好きだった



    3 : 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 20:30:05.77 ID:defng4cDMNIKU.net




    4 : 風吹けば名無し 2018/06/29(金) 20:30:34.93 ID:J+f4s8YA0NIKU.net

    地球最後の日すき



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1530271782/


    ▼「かいけつゾロリ「このままじゃ隕石が地球に!…せや!」」の続きを読む

    14億年前の地球の1日は18時間だったことが判明

    1 : プティフランスパン ★ 2018/06/12(火) 03:14:06.80 ID:CAP_USER9.net

    https://www.discoverychannel.jp/0000019519/


    地球と月の距離はゆっくりと離れていっている。そしてこれは地軸の回転などに影響を与えることにより「地球の一日」の長さを変える。新たな研究により太古の地球と月の関係を地質記録から導き出し、当時の地球の一日の時間も算出することができた。

    ■ 地球の長くなった午後

    地球と月ができて間もない45億年前、一日の長さはわずか5時間程度だったとされる。しかし時が経つにつれて月は地球から離れていき、だんだんと日が長くなってきた。
    この日射量の変動周期「ミランコビッチ・サイクル」は、地球の自転軸の傾きの変化や歳差運動、離心率の変化により起こるものだが、その様子は地質記録から知ることができる。
    例えばこれは珊瑚などの化石の一日の日輪からも確かめることが可能だ。だが実際には地球と月の関係だけでなく、そして太陽と他の星々との影響もあり、特に時代が古い5000万年以上前の変動周期を正確に知るのは難しい。

    ■ 14億年前の一日


    Proceedings of the National Academy of Sciencesに6月4日に発表された研究では、「ミランコビッチ・サイクル」で太古の地球の日射量変動周期を再現することで同時に太陽系の過去を復元するという試みが行われている。
    今回の研究では地質記録、天文学理論、そして「TimeOpt」と「ベイズ・インバージョン」という統計学的手法を合わせている。「TimeOptMCMC」というアプローチにより14億年前の中国の地層と、5500万年前の南大西洋のウォルビス海嶺からの岩のサンプルを分析した。
    これにより、今から14億年前は地球と月との距離が約34万0900km(± 2600km)であり、地球の一日はわずか18.68時間(± 0.25時間)だったと算出された。今回のアプローチを用いることで、地球の地質記録から、地球と月の関係、そして太陽系の歴史も垣間見ることができるのだ。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528740846/


    ▼「14億年前の地球の1日は18時間だったことが判明」の続きを読む

    ノーベル賞候補者、地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」計画を提言

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/24(木) 18:23:00.38 ID:LcGk56NR0●.net BE:728890577-2BP(2000)

    0522egg-1

     生命の「卵」をばらまいて、地球の生命を宇宙に広めよう――高名な科学者の発言が話題を呼んでいる。いずれ人類が宇宙に植民地を築く足がかりとして、先遣隊として地球の生命を積み込んだ「ノアの卵舟(The Noah's Ark Egg)」を送り込もうというのだ。海外オカルトサイト「Mysterious Universe」が伝えている。

    ■ノアの卵舟とは?

     宇宙に生命の卵をばら撒こうと提言しているのは、高名な宇宙物理学者フリーマン・ダイソン氏である。今月9日、ダイソン氏は作家のニール・スティーヴンスン氏と米国シアトルで対談を行い、その中でノアの方舟のように地球の生命を積み込み、地球外の惑星に生命を芽吹かせる「卵」のアイデアを披露した。

     フリーマン・ダイソン氏は数学、物理学、量子力学など幅広いフィールドで活躍してノーベル賞候補の一角とされた一方で、恒星を人工の殻で覆ってエネルギーを利用する「ダイソン球」や彗星を覆う遺伝子改変植物「ダイソンツリー」、彗星や惑星の物質を餌に進む生きた宇宙船「アストロチキン」など、魅力的なアイデアを多数披露してきた奇才である。94歳という高齢ながら、現在も著作を発表したりトークショーに出演したりと精力的に活動している。

     では、今回提案された「ノアの卵舟」とはどのようなものなのか? ダイソン氏は、微生物から植物、動物まで地球上のさまざまな生物の種子や胚を詰め込んだ、直径数kmもの巨大なダチョウの卵のようなものと説明している。「卵」はロボットや人工知能などあらゆるテクノロジーを駆使して作られており、送り込まれた先の惑星で生命が栄えるようにプログラミングされている。

     ダイソン氏は実際に「卵」を作るにはあと100年はかかり、打ち上げまでには数百万ドルの費用がかかると見ているが、生きた人間を生存のための膨大な物資とともに1000人送り込むコストに比べれば遥かにやすいものだと話す。

    http://tocana.jp/2018/05/post_16964_entry_2.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527153780/


    ▼「ノーベル賞候補者、地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」計画を提言」の続きを読む

    ジャンボジェット機サイズの小惑星2010WC9が地球付近を通過していたことが判明

    hqdefault

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/16(水) 15:28:22.78 ID:Wcas5XZq0.net BE:416336462-PLT(12000)

    ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が火曜日、地球付近を通過した。地球との衝突の危機はなかった。
    スミソニアン天体物理観測所(SAO)が運営している小惑星センターが伝えた。

    「2010WC9」と命名されたその小惑星は、日本時間7時5分、地球から20万3400メートルのところまで接近した。
    小惑星のスピードは秒速13キロメートルで、直径は119メートルに達する。

    この小惑星は2010年、研究チームによって初めて観測され、その後見失うことになるのだが、2018年5月8日に再び発見された。
    米航空宇宙局(NASA)の専門家集団によれば、「2010WC9」はここ300年の間、これほどまで地球に接近したことはなかったという。

    https://jp.sputniknews.com/science/201805164882225/



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1526452102/


    ▼「ジャンボジェット機サイズの小惑星2010WC9が地球付近を通過していたことが判明」の続きを読む

    地球の衛星が月だけってズルくね?

    e4fc712135b4aa640beaee245ee5c6ad_s

    1 : 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)04:08:23 ID:C1Z

    火星ですら2つやで?



    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525633703/


    2 : 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)04:08:54 ID:hCl

    そうだね



    3 : 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)04:08:58 ID:hCv

    一途なんだよ



    6 : 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)04:10:26 ID:C1Z

    タイタンみたいに大気があるわけでもイオみたいに火山噴火してるわけでもなく
    うさぎさんの住みかなだけやん月

    土星の衛星タイタン
    svg

    木星の衛星イオ
    PIA00703



    ▼「地球の衛星が月だけってズルくね?」の続きを読む

    人類滅亡後の地球は「牛」に支配されることが判明

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/27(金) 19:00:27.54 ID:slJlzAdZ0●.net BE:167354206-2BP(2000)

    cowsur_01

     意識高い系ニュース「Big Think」(21日付)によると、米・ニューメキシコ大学の生物学者フェリサ・スミス教授率いる研究チームの分析により、「ウシ」が人類滅亡後の地球で繁栄することが判明したという。

     人間が他の動物よりも優先的に扱い、その肉・乳・皮のために家畜化してきたのが「ウシ」である。現在、15億頭ほどのウシが地球上にいるとされているが、これは犬と猫を合わせた数(それぞれ5億匹ほど)よりも多いそうだ。この調子でいくと、人類亡き後、地球で大多数を占める大型哺乳動物はウシになるというわけだ。

     今年亡くなったスティーブン・ホーキング博士が警告しているように、温暖化などの地球環境の急激な変化により、人類が地球に住むことができるのは残り100年ほどであり、それまでに地球外惑星に移住する必要があるとされる。この時には、1日に24〜100種類の動物が絶滅するようになるとのことだが、ウシは個体数が多いため、そう簡単には絶滅しないと研究者らは考えているようだ。人間がいなくなった地球で、彼らは草を食べながら、気温上昇とともに徐々に北に移動し、遂に生存できなくなるほど気温が上昇するまで短い覇権を楽しむという。

     恒温動物は寒冷な地域では体長が大きく、温暖な地域では逆に小さくなるとするベルクマンの法則に従うと、もしかしたら気温が上昇するにつれ、ウシたちがどんどん小型化し、やがて手乗りサイズのウシが生まれてくるかもしれない。

    http://tocana.jp/2018/04/post_16729_entry.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524823227/


    ▼「人類滅亡後の地球は「牛」に支配されることが判明」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る