「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    地球型惑星

    【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489361564/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/03/13(月) 08:32:44.59 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-sorae_jp-sctch

    2016年に発見され、2017年2月には「地球型で生命体がいるかもしれない惑星」が3つも見つかった惑星系「TRAPPIST-1」。その初画像を、ケプラー宇宙望遠鏡が届けてくれました。

    正直レゴブロックが動いているようにしか見えない、今回の画像。これは、ケプラー宇宙望遠鏡による12月15日から3月4日までの「K2ミッション」のさなかの、2月22日の観測結果です。そしてチラチラと明かりや形状が変化しているのは、約39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」の前を惑星が通過しているからなのです。
     
    TRAPPIST-1にはTRAPPIST-1bからc、d、e、f、g、hまで、7つの地球に似たサイズの惑星が確認されています。そしてそのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく、液体の水を保持しうる「ハビタブル惑星」に該当するのです。
     
    今回の観測では6つの惑星の大きさや、7つの惑星の公転周期/質量などの解明、それに恒星の重力活動などの解明ができるとされています。さらに2018年に打ち上げ予定の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」にて、より詳細な観測が期待されているのです。

    7つも地球サイズの惑星が見つかった「TRAPPIST-1」




    2 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:33:40.85 ID:DFeQgg4i0.net

    おお、すげー(棒)



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:34:07.36 ID:5nn19MiJ0.net

    わっかんね



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:34:18.68 ID:ZQ4U7vgf0.net

    モザイク透視で鍛えた俺の眼力でも無理だわ(´・ω・`)



    ▼「【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開」の続きを読む

    【宇宙】地球型惑星GJ 1132bに豊富な酸素があることが判明!!

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471935489/

    1 : レインメーカー(catv?)@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 15:58:09.43 ID:5X9DP7DG0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    2015年に発見された惑星GJ 1132bは、地球によく似た大きさの岩石質で、なおかつ大きさも1.2倍程度と非常に地球に似ていることで注目されました。
    ただ、この星は地表温度が高すぎて生命は存在できないとされています。

    このGJ 1132bの大気に、酸素が豊富に含まれていることがわかったとする最新の研究結果が発表されました。
    もしかすると、この星はかつての金星の姿に非常に似ているのかもしれません。

    惑星GJ 1132bは、Gliese 229Aと呼ばれる赤色矮星をまわる軌道にある岩石質の惑星で、地球とくらべての大きさは約1.2倍、質量でが約1.6倍と、かなり地球に似た星といえます。

    しかし、GJ 1132bの軌道はGliese 229Aにわずかに近すぎ、その気温は約232℃とかなり暑いものとなっています。
    また大気には水が蒸発してできた水蒸気が大量に含まれており、想像を絶するレベルの温室効果によって生物には過酷すぎる環境となっているはずです。

    いくら水や酸素があるとは言っても、これほど暑い場合は仮に生命が存在したとしてもまるで殺菌するようにすべて死滅してしまうと考えられます。
    また強力な紫外線にさらされることから水分子は水素と酸素に分解され、軽い水素は宇宙へと離散している可能性もあるとのこと。

    地球型惑星GJ 1132bの大気に豊富な酸素を発見。ただし暑すぎて生命の存在可能性なし、太古の金星に類似
    http://japanese.engadget.com/2016/08/22/gj-1132b/




    2 : メンマ(dion軍)@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 15:59:24.16 ID:s7LYE49+0.net

    グッジョブ



    3 : サッカーボールキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 16:00:14.68 ID:taungAbe0.net

    >気温は約232℃

    江戸っ子の爺さんなら我慢できるかな?



    9 : フォーク攻撃(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 16:06:15.92 ID:ldbQ1eT10.net

    >>3
    江戸っ子の爺さんは熱い湯に長湯しないだろう



    35 : エクスプロイダー(catv?)@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 19:27:34.35 ID:jLnbXROG0.net

    >>3
    黒焦げになってる。



    ▼「【宇宙】地球型惑星GJ 1132bに豊富な酸素があることが判明!!」の続きを読む

    【宇宙】地球から14光年、最短距離の地球型惑星を発見

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1450415070/

    1 : シャチ ★ 2015/12/18(金) 14:04:30.22 ID:CAP_USER*.net

    CNN.co.jp 12月18日(金)13時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int
    (CNN) 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。
    これまで見つかった中では地球から最も近く、生命が存在できる可能性も指摘されている。

    wolf-planet-habitable-galaxy

    この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。
    オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

    惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

    研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。
    メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

    ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。
    それでも部分的に日が当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。

    同惑星は、質量が地球の4倍を超え、固い岩盤をもつ可能性があることから「スーパーアース」と呼ばれている。

    宇宙にはまだ、人類が発見していないハビタブル惑星が無数にある。「あと20年もすれば、私たちの銀河系に他の知的生命体が存在するかどうかについて、もっと詳しいことが分かるだろう」とライト氏は話している。



    ▼「【宇宙】地球から14光年、最短距離の地球型惑星を発見」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る