「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    地球

    リアルタイムの衛星地上画像が見られるようになる「EarthNow」実現へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/23(月) 21:27:35.53 ID:CEOwYvko0.net BE:155743237-PLT(12000)

    ソフトバンクやビル・ゲイツ氏、リアルタイム地球観測衛星のEarthNowに出資
    l_yu_earth1

    新興企業のEarthNowは4月18日(現地時間)、仏Airbus、ソフトバンクグループ、ビル・ゲイツ氏、衛星通信企業OneWebの創業者のグレッグ・ワイラー氏から1月に受けた出資を基に、人工衛星による地球全体のリアルタイム観測プロジェクトを推進すると発表した。資金総額は公表していない。この資金により、プロジェクトを加速するとしている。サービス立ち上げのスケジュールは不明だ。

    地球観測衛星サービスは既に幾つかあるが、いずれもリクエストしてから届くのは過去の映像。EarthNowは、プロセッサを大量に搭載する高性能な小型衛星を地球上に多数打ち上げ、ほぼリアルタイムの映像を提供する計画だ。

    OneWebの通信サービスで使っている衛星のアップグレード版をAirbusが大量生産する。
    立ち上げ後、まずは政府や企業向けにサービスを提供する計画。
    気象予測や違法漁業の摘発、山火事や火山噴火の早期発見などに活用できるとしている。
    将来的には「端末のアプリで数百万の顧客がリアルタイムで地球を見ることができるようになる」という。

    全文はソースで
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/23/news063.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524486455/


    ▼「リアルタイムの衛星地上画像が見られるようになる「EarthNow」実現へ」の続きを読む

    サッカー場ぐらいの天体が地球に最接近していたことが判明 21時間前まで気づかず

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/04/20(金) 22:44:28.82 ID:CAP_USER9.net

    ◆サッカー場ぐらいの天体が地球に最接近…「21時間前まで気づかず」

    今月15日、サッカーフィールドくらい巨大な小惑星が地球に最接近していたことをご存知だろうか?
    知らなくて当然。この天体が発見されたのは、接近時刻のわずか21時間前だったのだから…。

    先週14日、米アリゾナ大学の月惑星研究所(LPL)の小天体捜索チーム「カタリナ・スカイサーベイ」が発見したこの小惑星は、日本時間15日午後3時41分、地球から月までの距離の半分にあたる19万2317キロまで接近。
    時速10万6497キロで宇宙空間を突き進み、約3時間後に地球を通過していった。

    観測チームによると、「2018 GE3」と名づけられた小惑星は、直径が推定48〜110メートル。
    2013年2月にロシア上空に落下したチェリャビンスク隕石(直径17m)の3〜6倍とはるかに大きく、1930年以来、最も地球に接近した小惑星のひとつだという。

    米国ではほとんどの人が眠りについている時間帯(米東部時間午前2時41分)の出来事だったが、万が一地球の大気圏に突入していたら、衝撃波や進入角度、隕石落下などによって大惨事をまねいた恐れがあるという。
    「2018 GE3」並みに大きな小惑星が地球に接近することは、年に1、2回程度あるが、天文学者が直前まで気づかなかったのは非常に珍しい。

    米国立電波天文台(NRAO)の研究者マイケル・ブッシュ氏によると、小惑星の追跡には太陽の反射光が手がかりになるが、非常に小さいため、その光は暗く、望遠鏡でとらえられない場合も多い。
    各国の研究機関が協力して、複数の望遠鏡を使った観測網を展開しているのだが、今回は地球最接近の21時間前まで見つけることができなかったという。

    https://twitter.com/marsrader/status/985711894060134406


    小惑星GE3は、地球と月の半分近い距離まで接近した


    2013年2月15日に大気圏に突入したチェリャビンスク隕石。
    衝撃波で窓ガラスが割れるなど、多数の被害があった


    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24494.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524231868/


    ▼「サッカー場ぐらいの天体が地球に最接近していたことが判明 21時間前まで気づかず」の続きを読む

    【ロシア】核ミサイルで地球に迫りくる隕石を爆撃する実験を行っているもよう

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/03/28(水) 22:27:52.20 ID:CAP_USER9.net

    ロシアでは小型隕石を模した物を研究所で爆発させ、隕石を破壊するにはどれだけの火力が必要なのかを導き出しています。

    180323_space2

    科学誌「Journal of Experimental and Theoretical Physics」に発表された論文の翻訳によると、「スケール因子と実験結果を考慮すれば、直径200メートルのコンドライト小惑星を完全に破壊するためには3メガトン(広島に落とされた原爆の200倍)以上のエネルギーを有する核爆発があれば可能だということがわかりました」と述べられています。

    彼らは実寸の小惑星を無重力空間で核ミサイルで爆撃したわけではありません。
    この実験では、代わりに隕石の破片の組成に基づいた4ミリメートルの隕石モデルを200ジュールのレーザーパルスによって熱したとのこと。

    NASAは何らかの災害を引き起こす恐れのある天体のトラッキングを行っております。
    たとえば、隕石が接近していても、それが100年ほど前から予測ができていれば、核ミサイルよりもシンプルな方法で隕石の軌道を変更させて、地球に衝突しないようにできるかもしれないからです。
    しかし、NASAは半径140メートル以下の隕石に関しては全てをトラッキングできていません。

    なので、トラッキングされていなかった直径140メートルほどの隕石が突然明らかとなり、地球に衝突する可能性もあるわけです。
    それどころか20メートルほどのチェリャビンスク隕石程度の大きさでも、大都市に衝突すれば大災害となる可能性があります。

    もちろん、隕石の爆撃を成功させるためには今後さらなる研究が必要です。
    というのも、隕石はその組成が非常に多様なんです。
    欧州宇宙機関が説明するように、ひとつの大きな岩の塊であったり、様々な種類の小さな塊が重力によってくっついている場合もあります。

    研究者たちは今後、他の種類の隕石モデルでも実験したいとのことです。

    https://www.gizmodo.jp/2018/03/russian-experiments-on-nuking-asteroids.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522243672/


    ▼「【ロシア】核ミサイルで地球に迫りくる隕石を爆撃する実験を行っているもよう」の続きを読む

    地球に激突しそうな直径500mの小惑星、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつければOKとNASAが発表

    ba721438-s

    1 : ガーディス ★ 2018/03/26(月) 07:35:46.00 ID:CAP_USER9.net

     【ワシントン共同】地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。

     もっと大きな小惑星が飛来したり、地球への衝突直前に見つかったりすると、重い物をぶつけるだけでは対処できない可能性もあり、チームは「核爆弾を検討する必要がある」としている。

     小惑星衝突というSF映画のような事態に備え、NASAは2016年に惑星防衛調整室を設置して対策の検討を始めているが、具体的な方法を示すのは初めてだ。

    https://this.kiji.is/350743272131822689



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522017346/


    ▼「地球に激突しそうな直径500mの小惑星、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつければOKとNASAが発表」の続きを読む

    巨大小惑星「ベンヌ」、地球衝突の可能性があるとNASAが発表

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/03/23(金) 14:20:56.18 ID:cUgBwbSf0●.net BE:201615239-2BP(2000)

    米航空宇宙局(NASA)は、直径500メートルを超す巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月22日に地球に衝突する可能性があると発表した。衝突の可能性は低いものの、衝突した場合の威力は、米国が現在配備している核弾道ミサイル群に匹敵するとしている。

    NASAはベンヌが地球に接近する事態を想定して、衝突回避のための計画「HAMMER」の宇宙船コンセプトデザインを設計した。このHAMMERをベンヌに突っ込ませるか、核装置を使うかのいずれかの手段で、地球に向かうベンヌの軌道を変えさせることを期待する。

    2013年にロシアのチェリャビンスク付近の上空で爆発した隕石は、直径20メートルほどと比較的小型だったが、相当の被害を引き起こした。放出したエネルギーは広島の原爆の約30倍に相当し、窓ガラスが吹き飛ぶなどして1500人が手当てを受けた。

    001

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35116569.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521782456/


    ▼「巨大小惑星「ベンヌ」、地球衝突の可能性があるとNASAが発表」の続きを読む

    【天文】アンドロメダ銀河、地球より年下と判明か

    1 : 白夜φ ★ 2018/02/18(日) 00:03:34.26 ID:CAP_USER.net

    アンドロメダ銀河、地球より後の30億年前に形成か 研究

    【2月15日 AFP】地球がある天の川銀河の隣に位置するアンドロメダ銀河は、「最近」に起きた2つのより小規模な恒星系間の巨大衝突で形成されたとする研究結果が14日、発表された。論文によると、衝突が起きたのは18億〜30億年前で、この時すでに地球は存在していたという。
     
    アンドロメダ銀河の形成時期の推定は、同銀河を構成するさまざまな恒星の年齢差が非常に大きいことから、天体物理学者らにとって大きな難題となっていた。

    研究チームによると、銀河系とアンドロメダ銀河は長きにわたり双子の銀河と考えられていたが、過去の研究でひとつ大きな違いがあることが指摘されていたという。

    全文はソースで
    http://www.afpbb.com/articles/-/3162500


    アンドロメダ銀河(2017年12月23日撮影)。(c)Ye Aung THU / AFP




    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1518879814/


    ▼「【天文】アンドロメダ銀河、地球より年下と判明か」の続きを読む

    宇宙に打ち上げられたテスラの自動車、地球に衝突の可能性が浮上

    1 : 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/17(土) 09:13:28.26 ID:CAP_USER9.net

     米国時間の2月6日(日本時間の7日)に米スペースX社の新型ロケット「ファルコンヘビー」によって打ち上げられた自動車「テスラ・ロードスター」は、現在、太陽のまわりの惑星空間をのんびりと旅している。けれども運命のいたずらにより、将来、地球と衝突して終わりを迎える可能性がある。

    「おそらく数千万年以内に地球に衝突するでしょう」と、この車の旅路をシミュレーションしたカナダ、トロント大学のハノー・レイン氏は語る。

     スターマンと名付けられた人形を乗せて、ファルコンヘビーから放たれたこの車は、すでにNASAのジェット推進研究所のカタログに「太陽系天体」として掲載されている。

     レイン氏らは、この車の軌道を数百万年先まで計算し、太陽系始まって以来の壮大なドライブのルートを予想することにした。現在は地球と火星の軌道と交差する軌道を回っているが、これらの惑星に接近するたびに、少しずつ軌道が変わってゆく。

     遠い未来の軌道を正確に決定するのは難しいものの、十分なシミュレーションを行うことで、最終的にどのような結果になりそうかを予想することができる。研究チームは、車がどこで最期を迎えるにしても、その寿命はせいぜい数千万年だろうと言う。

     近い未来なら確実にわかる。テスラが次に地球に大きく接近するのは2091年で、このときには月よりも近い距離まで来る。いい望遠鏡があればすぐに見つけられるかもしれない。ただし、地球のまわりを飛び交っている無数の天体と容易に見分けられるほどは大きくないため、反射率かスペクトルによって見分ける必要があるだろう。

    「最初のうちは頻繁に地球に接近するでしょう」とレイン氏は言う。「その後は金星や火星にも接近するようになります。そのたびに少しずつ軌道は変わっていくでしょう」

    全文はURL先でどうぞ
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/021600073/

    2018年2月6日(日本時間7日)、米スペースX社のロケット「ファルコンヘビー」が打ち上げた自動車「テスラ・ロードスター」は、ダミーの運転手「スターマン」を乗せて太陽周回軌道に投入された。当初の計画では、火星軌道より外側の小惑星帯まで行くことになっていたが、実際の軌道はもっと小さく、数百万年後に地球に衝突する可能性がある。
    no title



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518826408/


    ▼「宇宙に打ち上げられたテスラの自動車、地球に衝突の可能性が浮上」の続きを読む

    【宇宙】”潜在的危険”に該当する小惑星「2002 AJ129」が時速約10万キロで地球に接近中、2月3日に最接近予定

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/01/21(日) 21:23:09.97 ID:CAP_USER9.net

    NASAによって「潜在的に危険」と分類されている「2002 AJ129」が、現在、時速約10.7万キロで地球へ向かっている。



    幅は約1.1キロで、予定では2018年2月3日(土)に地球に最接近するという。

    2月4日に地球に最接近し、約420万キロの位置を通過すると予測されている。
    宇宙スケールで見れば、かなり近い距離だ。

    幸いにもNASAは今回2002 AJ129が衝突するとは考えていない。
    だが、もしそれが地球との衝突コースにあった場合、今の時点では軌道をそらすことができない。

    動画:https://youtu.be/4p_0fDAT_Yg


    全文はソースで 
    http://karapaia.com/archives/52252550.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516537389/


    ▼「【宇宙】”潜在的危険”に該当する小惑星「2002 AJ129」が時速約10万キロで地球に接近中、2月3日に最接近予定」の続きを読む

    【宇宙】地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」

    1 : 自治郎 ★ 2018/01/13(土) 20:37:57.17 ID:CAP_USER9.net

    地球と月の間には約38万kmの距離があり、光の速さでも約1.3秒の時間がかかるほどですが、そんな距離をほぼ正確に感じさせてくれる写真を、地球から約500万km離れた宇宙を飛んでいる人工衛星が撮影しています。

    写真の左上には地球が、そして右下には月が小さく写っています。他の星が写っていないのは画像加工によるものだとのことですが、地球と月の様子には全く手が加えられておらず、正真正銘の地球と月を1アングルに収めた写真となっています。それにしても、いつも夜空に見上げている月が実はこんな遠いところに離れているというのは、新鮮な驚き。


    この写真を撮影したのは、NASAが2016年に打ち上げた人工衛星「オシリス・レックス」です。小惑星「ベンヌ」を目指して飛行を続けているオシリス・レックスは地球の引力を利用して加速する「地球スイングバイ」を実施して一気に小惑星ベンヌを目指しているところで、地球から約500万km離れた地点からこの写真を撮影して地球へと送り返してきました。


    撮影時の位置関係を示したのがこのイラスト。残念ながら、地球と月を結ぶ線に対して142度の角度からの撮影のため、見た目上の正確な距離感を示すものではありませんが、地球と月の距離をこれほどまでに的確に示す写真はこれ以上のものはないといえます。


    全文は以下から
    https://gigazine.net/news/20180113-earth-moon-photo/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515843477/


    ▼「【宇宙】地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」」の続きを読む

    【宇宙】海から蒸発した水、地球から24万キロ先の宇宙にまで広がっていることを初確認

    1 : プティフランスパン ★ 2017/12/08(金) 11:01:49.61 ID:CAP_USER9.net

    海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201712/sp/0010799579.shtml

     地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)

     海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。
    地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。8日付の米科学誌に発表した。

    太陽系の外の惑星でも、地球のような環境がそろえば周りに水素が広がると予想され、亀田真吾立教大准教授は「惑星に、生命のもととなる海があるかを調べられる」と話している。
    地球の高層の大気中では、水分が太陽の紫外線によって分解され水素原子になる。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512698509/


    ▼「【宇宙】海から蒸発した水、地球から24万キロ先の宇宙にまで広がっていることを初確認」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る