「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    壊死

    【朗報】左足壊死ニキ、発見される

    元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1484096183/

    1 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 09:56:23.52 ID:Xglx+M9aa.net

    次の拠点は水道橋な模様




    2 : ノワール大好き ◆NOIRE/QEj. 2017/01/11(水) 09:57:11.97 ID:2gxaWDdSa.net

    こいつ冬になると出てくんな
    逆冬眠かよ



    84 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 10:17:01.40 ID:MCCGxAp+H.net

    >>2
    そら巣が寒いから逆になるよ



    97 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 10:19:42.03 ID:JLcK542Xa.net

    >>2
    夏は暑いから電車におるやん
    延々と



    最近人気の記事 上位5記事はこちら!

    熟睡した女性、電車でひっくり返る


    格安SIM(15社)の値段まとめたったwwwwwwwww


    とんでもない飯漫画が発見されるwwwwwwwwwwwwwwww


    家系ラーメンでネギのトッピング頼んだら思ってたのと違った……


    【118枚】このGIFクソワロタwwww


    ▼「【朗報】左足壊死ニキ、発見される」の続きを読む

    【中国】豊胸手術を受けた女性 胸に詰めたシリコンがお腹に落ち、胸は壊死

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481167690/

    1 : アイアンフィンガーフロムヘル(庭)@\(^o^)/ [CN] 2016/12/08(木) 12:28:10.67 ID:7RQaKFW80.net

    11月29日、中国メディアは豊胸手術をした女性の副作用について報道した。
    報道によると王(ワン)という名前の女性は、数年前に胸を大きくしたいために豊胸注射をしたという。

    しかし、不思議と胸は小さくなりその代わりお腹が膨らみはじめた。症状は時間が経過するごとに更に深刻化し胸は消えてしまい胸の形がお腹に移動してしまった。

    少し遅れて事態の深刻さに気付いたワンさんは、すぐに病院に駆けつけ検査を受けた。検査の結果、豊胸注射を打つ際に注入したシリコンインプラントのアメイジング・ゲルが副作用を起こし腹部に落ちたことが分かった。

    更に深刻なのは、長い時間の間、炎症を放置していたせいで、両方の胸が壊死してしまった。「最悪、死ぬ可能性がある」と医師から話を聞かされたワンさんは最終的に胸の手術をうけることにした。

    一方、問題を起こしたアメイジング・ゲル、1997年に中国食品医薬品安全庁から正式に承認を受けたが、副作用事例が急増し使用が禁止されたシリコンインプラントである。

    しかし、既に40万人以上の人々がアメイジング・ゲル注入を受けたものと推定されており、今後の被害事例が絶えないようだ。

    http://gogotsu.com/archives/24370




    4 : ツームストンパイルドライバー(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/12/08(木) 12:30:01.13 ID:rzYATlxY0.net

    爆発しなかっただけでも幸運でした



    3 : バーニングハンマー(静岡県)@\(^o^)/ [US] 2016/12/08(木) 12:29:06.85 ID:2JkLVH4f0.net

    中国は色々怖い



    ▼「【中国】豊胸手術を受けた女性 胸に詰めたシリコンがお腹に落ち、胸は壊死」の続きを読む

    【中国】飲まず食わず6日ぶっ続けでネトゲしてた廃人、体が壊死する

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1466933096/

    1 : ネックハンギングツリー(禿)@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 18:24:56.93 ID:Yh4QgB930.net BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典

    ゲームなどに夢中になりすぎて突然の体調不良に見舞われ、病院に運ばれるといったニュースが報じられることも多いインターネットカフェの世界。
    このほどは中国から足が壊死した若者の話題が飛びこんできた。

    mans-feet-rot-after-6-day-long-game-marathon

    浙江省の杭州市にあるインターネットカフェで、6日間オンラインゲームをし続けた男性が気づかぬうちに足が壊死してしまったことを『杭州日報(Hangzhou Daily)』ほかが伝えている。

    男性は19歳(それ以上の情報は明らかにされず)。
    店を出た後、歩くこともままならなくなって線路近くの植え込みの陰へ。
    意識もなく横たわっているところを発見されたが、足の裏に感染症とみられる出血と壊死が確認されたことから救急車で病院に搬送された。
    幸いにも足の壊死部分を取り除く治療は成功したが、感染症を起こしているため処置が遅ければ命を落としていたであろうという。

    「所持金はネットカフェで使い果たし、3日間飲まず食わずでさまよった。水が欲しい」などと話したため警察はその家庭に連絡。
    しかし「10日前から行方不明だった。オンラインゲームにしか興味を持っていない息子などもう帰って来なくてよい」と返答するなど、父親の最初の返答は冷酷なものであったそうだ。

    ネットカフェでのオンラインゲームに熱中する若者に関する話題は数知れない。
    同じく浙江省では昨年11月、10年前に14歳で行方不明となっていた少女が、杭州市のネットカフェを転々とした挙句24歳で発見された。
    偽造された身分証明書を所持していたが、公安当局の抜き打ち検査が奏功したという。

    http://japan.techinsight.jp/2016/06/yokote2016062410180.html



    2 : 魔神風車固め(庭)@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 18:25:43.07 ID:XNXMsQKH0.net

    あいつらいっつも廃人になってんな



    3 : ジャンピングカラテキック(福岡県)@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 18:26:24.40 ID:SJTVS4A/0.net

    スポーツに熱中しすぎてもこんなことはないのにすごいな



    4 : 頭突き(庭)@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 18:28:04.06 ID:ozl6TNFn0.net

    全身壊死ニキ



    ▼「【中国】飲まず食わず6日ぶっ続けでネトゲしてた廃人、体が壊死する」の続きを読む

    【悲報】左足壊死ニキ、吉野家に入店

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450176152/

    1 : ときめきメモリアル(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 19:42:32.31 ID:6GcKHC5i0.net BE:586999347-PLT(15931) ポイント特典





    ブログ内関連記事

    【悲報】左足壊死ニキが座った席が利用不可能に




    ネット上で左足壊死ニキって、結局どう扱えばいいの?


    ▼「【悲報】左足壊死ニキ、吉野家に入店」の続きを読む

    【悲報】左足壊死ニキが座った席が利用不可能に

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1449817987/l1000

    1 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/11(金)16:13:07 ID:oYu





    3 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/11(金)16:14:21 ID:P30

    これ都営地下鉄の車両か?



    5 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/11(金)16:15:12 ID:BAX

    >>3
    京王やないか?



    ▼「【悲報】左足壊死ニキが座った席が利用不可能に」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る