「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    太陽系外

    【宇宙】太陽系外で月のような「衛星」を初観測

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/04(木) 09:41:41.84 ID:o4J+ZtgI0●.net BE:512899213-PLT(27000)

    K10011657641_1810040927_1810040931_01_02

    太陽系の外で月のような衛星を初めて観測したと見られると、アメリカの研究グループが発表しました。衛星ではなく惑星である可能性も残されていることから、研究グループではさらに観測を続けることにしています。

    アメリカのコロンビア大学の研究グループは、NASA=アメリカ航空宇宙局の宇宙望遠鏡を使って、太陽系の外で初めて衛星を観測したと見られるとする論文を3日、科学雑誌「サイエンス・アドバンシズ」に発表しました。
    研究グループで去年10月、地球から8000光年離れた「ケプラー1625」という星が発する光の強さを観測したところ、木星くらいの大きさの惑星が通過したおよそ3時間半後に光が弱まる様子を観測できたということです。
    惑星やその周りの衛星は、みずから光を出さないため、太陽系の外にあるものは直接観測できず、光を発する星の前を通るさいにわずかに光が弱まることで存在が確認できます。

    今回、光の弱まり方は惑星のものより小さく、惑星の重力の影響を受けていると見られることから、研究グループは観測したのは衛星ではないかとしています。
    観測した星の大きさは直径が地球の4倍程度と見られ、惑星や衛星の成り立ちを考えるのに役立つとしています。ただ、研究グループでは、衛星ではなく惑星である可能性も残されていることから、さらに観測を続け、衛星の発見だと確定させたいとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011657641000.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538613701/


    ▼「【宇宙】太陽系外で月のような「衛星」を初観測」の続きを読む

    NASA、太陽系外の生命が存在しそうな惑星探す衛星打ち上げへ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/16(月) 23:08:11.25 ID:XA9k9oTw0.net BE:416336462-PLT(12000)

    米航空宇宙局(NASA)は16日午後、太陽系の外にある惑星を探す人工衛星「TESS(テス)」を打ち上げる。
    比較的近距離にあり、生命が存在する可能性のある地球大の惑星を中心に調べ、太陽系外における惑星の探査拡大を目指す。

    3億3700万ドル(約360憶円)が投じられた、洗濯機ほどの大きさのトランジット系外惑星探索衛星「TESS」は、16日午後6時32分(日本時間17日午前7時32分)、フロリダ州ケープカナベラルにあるNASAのケネディ宇宙センターで、米宇宙開発企業スペースXのロケット「ファルコン9」によって打ち上げられる。

    2年以上にわたる探査の主な目的は、恒星20万個超について、惑星が恒星の手前を通過する際に恒星が減光する「トランジット」という現象を観測し、惑星が存在するかを調べることだ。
    NASAは、TESSが太陽系の外にある惑星「系外惑星」を2万個ほど発見すると予測。
    地球大の惑星50個以上、地球の2倍に満たない大きさの惑星を最大で500個発見できるとみている。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

    img_6c7c7b60667cb84ddb033b0a8316201d229280

    http://www.afpbb.com/articles/-/3171333



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523887691/


    ▼「NASA、太陽系外の生命が存在しそうな惑星探す衛星打ち上げへ」の続きを読む

    【宇宙】太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」、表面に有機物の層があることが判明

    1 : ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/19(火) 13:04:29.75 ID:CAP_USER9.net

     10月に発見された太陽系内を超高速で移動している葉巻形の天体は、表面が有機物質で覆われているとの研究結果が18日、発表された。

     ハワイの言葉で「使者」を意味する「オウムアムア(Oumuamua)」と命名されたこの天体は、軌道が非常に奇妙だったことから、即座に太陽系外から飛来した天体と判断された。

     別の恒星系から飛来する恒星間天体をめぐっては、大半が小型で、彗星(すいせい)のように本体が主に氷でできていると長年考えられていた。

     だが、9月に太陽に接近通過した際、オウムアムアは彗星のように溶けた氷と塵(ちり)の「尾」を放出しなかった。これは、オウムアムアが氷の表面を持たず、主に金属と岩石で構成される小惑星の可能性があることを示唆している。

     英クイーンズ大学ベルファスト校などの天文学者チームが18日に発表した研究結果によると、オウムアムアの本質は謎のままで、彗星の特徴を持つとする説を排除できないという。

     オウムアムアは有機物に富む物質の厚さ50センチの層で覆われており、この層が太陽の熱による内部の氷の蒸発を防いだ可能性があることが、分光器の測定データで明らかになったのだ。

     このことについて研究チームは、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表した論文に「内部が氷で構成されている可能性を排除できない」と記している。

     論文の共同執筆者で、クイーンズ大ベルファスト校のアラン・フィッツシモンズ氏はAFPの取材に、オウムアムアを覆う層は、起源とする恒星系に存在する氷と炭素に富む原初物質から形成された炭素化合物でできていると語った。

     この被覆層は「数億年あるいは数十億年もの間にわたり星間空間でエネルギー粒子が元の表面に衝突することで生じる反応によって形成」されたと説明。

    「それが何に似ているかを明らかにするのは難しいが、石炭塵と黒鉛との間の何かだと考えられる」と述べた。

    全文はURL先で
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155902
    img_c222babcf5a6e930a82ab542c1f9cf50151779

    【関連記事】
    太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513656269/


    ▼「【宇宙】太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」、表面に有機物の層があることが判明」の続きを読む

    太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず

    1 : みつを ★ 2017/12/16(土) 01:22:10.48 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3155497?cx_infinite=1

    【12月15日 AFP】10月に発見された太陽系内を移動する葉巻形で岩石質の恒星間天体から地球外生命体の存在を示すような信号は検出されなかった。地球外文明の証拠を探査する研究チームが14日、発表した。

    「オウムアムア(Oumuamua)」と名付けられたこの天体は2か月前、地球上の複数の望遠鏡によって発見された。

     これは太陽系内で特定された史上初の恒星間天体だ。

     オウムアムアは全長約400メートル、幅約40メートルと細長い。このような形状の小惑星はこれまでに一つも見つかっていない。

     11月に発表されたオウムアムアの発見を受け、地球外文明の信号を探査するプロジェクト「ブレークスルー・リッスン」は、この天体からの信号発信の有無を調査する計画を表明した。

     同プロジェクトは14日、運用する望遠鏡のネットワークでは「これまでにそのような信号は検出されていない」と発表。ただ、その一方で「分析はまだ完了していない」ともしている。

     ハワイの言葉で「使者」を意味するオウムアムアは数億年あるいは数十億年もの間、宇宙空間をさまよってきた可能性がある。

     米航空宇宙局(NASA)によると、オウムアムアは太陽から見て毎秒約38.3キロの速度で遠ざかっており、現在は地球から約2億キロの距離にあるという。

     すでに11月に火星の軌道を通過したオウムアムアは、来年5月に木星の軌道を通過し、その後2019年1月には土星の軌道を通過する見通しだ。(c)AFP

    恒星間小惑星「オウムアムア」の想像図。欧州南天天文台提供(2017年11月20日公開)。(c)AFP PHOTO / EUROPEAN SOUTHERN OBSERVATORY / M. Kornmesser
    img_c185b8b877d43cb33e20619139d423db152330
    【関連記事】
    【NASA】観測史上初の太陽系外から来た恒星間天体、「葉巻形」だったと判明


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513354930/


    ▼「太陽系外から飛来した恒星間小惑星オウムアムア、「宇宙人の信号」検出されず」の続きを読む

    【NASA】観測史上初の太陽系外から来た恒星間天体、「葉巻形」だったと判明

    1 : プティフランスパン ★ 2017/11/21(火) 15:01:25.23 ID:CAP_USER9.net

    太陽系来訪の星は葉巻形 NASAが発表 観測史上初の恒星間天体
    http://www.sankei.com/smp/life/news/171121/lif1711210043-s1.html



     観測史上初めて太陽系外から飛んできた「恒星間天体」と認定された小惑星が、細長い葉巻のような形をしていることが分かったと米航空宇宙局(NASA)が20日、発表した。
    「太陽系以外の恒星やその周りの惑星がどのように形成されたかを解く鍵になる」としている。

     小惑星は米ハワイ大などのチームが先月発見し、ハワイ語で偵察者を意味する「オウムアムア」と名付けられた。

     その後の解析で、長さは400メートルほどで幅の約10倍もあることが判明。太陽系でこれまで見つかった天体だと、長さはせいぜい幅の3倍程度だという。

     7時間ほどの周期で自転しながら、秒速38キロで飛行。岩と金属でできていて水や氷はない。何億年も宇宙空間を旅して宇宙線を浴びたため表面は赤みを帯びていると推定される。

     いずれは太陽系を離れて飛び去る。現在は火星の軌道よりも外側の宇宙空間を飛んでおり、2019年1月には、さらに外側の土星の軌道を越えるという。(共同)

    【関連記事】
    【宇宙】太陽系の外から飛来した彗星「C/2017U1」を発見!


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511244085/


    ▼「【NASA】観測史上初の太陽系外から来た恒星間天体、「葉巻形」だったと判明」の続きを読む

    【宇宙】太陽系の外から飛来した彗星「C/2017U1」を発見!

    1 : 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/26(木) 18:36:08.58 ID:CAP_USER9.net

    【ワシントン共同】国際天文学連合(IAU)小惑星センターは25日、太陽系外から飛んできた可能性がある彗星を発見したと発表した。確認されれば、恒星間の軌道を飛行する初の彗星となる。

     彗星は、米ハワイ大の望遠鏡が発見した「C/2017U1」。現在は地球の軌道と火星の軌道の間を飛んでいるとみられる。世界各地の天文台が30回以上観測した結果、太陽系の外からやってきた可能性があることが分かった。

     同センターは「大きな双曲線軌道を描いているようだ」としている。オーストラリアのメディアは「方角としては、比較的近くにある、こと座のベガから来たようにみえる」と報じた。

    http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20171026000048


    恒星間彗星の可能性があるとされる「C/2017U1」(中央の明るい点、米テナグラ天文台提供・共同)



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509010568/


    6 : 名無しさん@1周年 2017/10/26(木) 18:39:39.66 ID:yynQoXEC0.net

    ベジータとナッパがやってくる!



    7 : 名無しさん@1周年 2017/10/26(木) 18:39:45.12 ID:G2sWx4KE0.net

    これ人類滅亡の予兆だろ



    8 : 名無しさん@1周年 2017/10/26(木) 18:40:11.63 ID:Y2xfaqi/0.net

    琴座のベガには宇宙人がいるんだっけ?w
    コレ宇宙人の乗物でしょ



    ▼「【宇宙】太陽系の外から飛来した彗星「C/2017U1」を発見!」の続きを読む

    太陽系外から発信されたシグナルが受信される!!!

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442808844/

    1 : ストレッチプラム(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 13:14:04.00 ID:dUvfJGep0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典

    今年上旬、太陽系の外から発信された10のシグナルが受信されたようです。


    この10のシグナルの出どころは5か所とみられ、十数億光年離れた場所から定期的に発信されたものだと思われるそうです。

    惑星からのパルサーかもしくは地球外生命体の可能性もあるとのことです。
    カリフォルニア州SETI協会の研究者Dr. Nathalie Cabrol氏には“この100年程度で人間の技術はものすごく進化している。例えば1000年の進化を遂げた生物がどのくらいの進化をしているのかははかり知れません”と語っています。

    エイリアンからのコンタクトは以前からあるのかもしれないが、それを拾えるほどの技術が地球にはないのかもしれないとしています。

    http://www.economical.top/archives/1040587725.html



    ▼「太陽系外から発信されたシグナルが受信される!!!」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る