1 : 風吹けば名無し 2019/01/11(金) 15:28:40.23 ID:Lur7qv/z0.net

鹿児島県奄美市笠利町の中学生2人が8日午後、同町赤木名海岸に迷い込んだマグロを素手で「確保」した。 獲物は174センチ、97・6キロの大物。2人は「あまりの大きさに、びっくりした」と笑顔で話した。

大物を確保したのは赤木名中学校3年の男子生徒2人はこの日午後2時ごろ、赤木名海岸へ向かった。海岸で遊んでいた小学生が「サメがいる」と騒いでいたので見ると、サメではなく、マグロだった。

浅瀬だったこともあり、2人は「確保」を決意。近くに道具が見当たらなかったため、パンチとキックでマグロに立ち向かった。マグロは当然、暴れたが、しばらくすると、弱ってきたため、海岸にあったロープをマグロの尻尾に巻きつけて陸揚げした。この間、約1時間。



マグロは居酒屋の主人がさばいてくれ、近所に配った。中学生2人もマグロステーキをいただいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010005-nankainn-l46



http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547188120/


▼「奄美の中学生2人組、100キロ級のマグロを殴る蹴るなどして素手で確保」の続きを読む