「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    人気サイトヘッドライン

    宇宙

    NASA、2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表

    moon-1933750_640

    1 : ニライカナイφ ★ 2019/05/15(水) 19:37:30.62 ID:HrcwyUvu9.net

    2019年5月14日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は「2024年までに有人月面着陸を成功させる」というアルテミス計画をTwitter上で発表しました。
    アルテミス計画では男女2人が月面へ送られ、成功すれば「女性の宇宙飛行士として人類史上初の月面着陸」という偉業も達成される見込み。
    また、NASAはアルテミス計画を実現させるために、連邦議会に対して追加予算も申請しました。

    ギリシャ神話に登場する狩猟と貞潔の女神であり、月の女神でもあるアルテミスは、芸術・芸能の男神であるアポロンとは双子の関係です。
    アポロンは1960年代にアメリカで実施されたアポロ計画の由来であり、それを踏まえて「人類史上初めて女性が月に降り立つことを目指す計画」にアルテミスの名がつけられているというわけです。
    なお、記事作成時点でNASAが開発中の有人飛行用の宇宙船「オリオン」は、アルテミスの恋人だった狩人オリオンから名付けられています。

    アルテミス計画で送られるのは男女2人で、もし成功すれば、月面に到達した宇宙飛行士として女性は史上初、男性は13人目という記録になります。
    冷戦時の宇宙開発競争の中で進められたアポロ計画は月面着陸そのものが1つの大きなゴールとなっていましたが、アルテミス計画における月面着陸はあくまでも有人火星探査の実現に向けた1歩であるとNASAは計画しています。

    ※全文はソースで 
    https://gigazine.net/news/20190515-nasa-artemis-project/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557916650/


    ▼「NASA、2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表」の続きを読む

    【宇宙】ガンダムを搭載した超小型衛星、国際宇宙ステーションから放出へ

    1 : シャチ ★ 2019/05/15(水) 14:27:54.27 ID:9thLGf2Y9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000029-mai-spo

     2020年東京五輪・パラリンピックの盛り上げに、今年でテレビアニメシリーズ放映40周年を迎えたアニメ「機動戦士ガンダム」が一役買うことになった。大会組織委員会などは15日、東京都内で記者会見し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの協力で実施する特別企画を行うと発表した。「ガンダムが宇宙空間から応援する」として、国際宇宙ステーション(ISS)からガンダムなどを搭載した超小型衛星を放出する。

     超小型衛星(10センチ×10センチ×30センチ)は東大大学院工学系研究科の中須賀真一教授の協力を得て開発。今秋にJAXAに引き渡し、来年3月に補給船に積み込んでISSへ打ち上げ。4月までにISSから放出する計画。超小型衛星には7台のカメラも設置される。




    5 : 名無しさん@1周年 2019/05/15(水) 14:29:08.60 ID:xCZucDAL0.net

    ガンダムの名セリフで説明してくれ



    18 : 名無しさん@1周年 2019/05/15(水) 14:32:07.13 ID:G1siFPX50.net

    >>5
    助けてください少佐! 減速できません!!



    140 : 名無しさん@1周年 2019/05/15(水) 14:54:10.16 ID:U0UPV1GN0.net

    >>18
    コレが正解だなw



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557898074/


    ▼「【宇宙】ガンダムを搭載した超小型衛星、国際宇宙ステーションから放出へ」の続きを読む

    【宇宙】月、縮んでいることが判明

    moon-1527501_640

    1 : シャチ ★ 2019/05/14(火) 17:57:33.51 ID:b4CxQJSn9.net

     月は徐々に縮んでおり、その結果、月面に「しわ」ができたり、地震が起きたりしている──米航空宇宙局(NASA)の無人月探査機「ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)」が撮影した画像1万2000点以上を解析した調査結果が13日、発表された。

     調査で判明したことによると、北極近くに位置するクレーター「氷の海」は移動しており、亀裂が発生しているという。氷の海は多くの広大なクレーターの一つで、地質学的な観点から活動がないと長らく考えられてきた。

     地球とは異なり、月にはプレート運動がない。代わりに45億年前に誕生してから徐々に冷却していることで起きる地殻活動が存在する。これにより、まるでブドウがしなびてレーズンになるように月面に「しわ」が生じている。

     月の地殻はもろいため、内側で収縮が起こるとその力で表面が崩れる。すると、地層の一部が隣接する地層の上へと押し上げられる衝上断層という現象が起きる。その結果、過去数億年の間に月は50メートルほど「痩せた」のだという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000029-jij_afp-sctch



    5 : 名無しさん@1周年 2019/05/14(火) 17:58:30.56 ID:mjGhbXua0.net

    てことは、いずれ消滅するな



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557824253/


    ▼「【宇宙】月、縮んでいることが判明」の続きを読む

    【宇宙】小惑星りゅうぐう、人工クレーターが10個前後できていた


    1 : すらいむ ★ 2019/05/09(木) 17:00:29.60 ID:nK17deEi9.net

    新たに10個前後の人工クレーター

     宇宙航空研究開発機構は9日、探査機はやぶさ2が4月に世界で初めて小惑星りゅうぐう表面につくった人工クレーターとは別に、直径1メートルほどの小さな人工クレーターが10個前後できているのを見つけたと発表した。

    https://this.kiji.is/499128034943583329



    4 : 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 17:01:34.68 ID:mEXqC3rO0.net

    なにか落とした?



    6 : 名無しさん@1周年 2019/05/09(木) 17:02:43.58 ID:+jdKf4KV0.net

    これじゃ絨毯爆撃 



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557388829/


    ▼「【宇宙】小惑星りゅうぐう、人工クレーターが10個前後できていた」の続きを読む

    「宇宙の寒さ」から直接エネルギーを生み出す技術が開発される

    globe-1849404_640

    1 : 名無しさん@涙目です。 2019/05/09(木) 10:13:27.57 ID:hrQvD1eu0.net BE:439992976-PLT(15000)

    「宇宙の寒さ」を利用した発電技術を発表したのは、富士フイルム先進研究所の小野修司氏らの国際研究チームです。
    この技術では、宇宙空間に向けたフォトダイオードを使用して寒暖差からエネルギーを得ることが可能だとのこと。

    以下の画像は発電デバイスの概略図です。装置の中心にある半球状のフォトダイオードが、放物面鏡を介して空に向いている構造が見てとれます。


    この技術では、熱が物体から放射される際に発生する「negative illumination effect(負の照明効果)」により生じる、わずかな電気を集約してエネルギーに変換するのだとのこと。
    ただし、2019年現在のところ、絶対零度からほんの数度だけ温度が高い場所でしか電気を発生させることができません。
    夜中の冷え込みで発電することはできそうにありませんが、十分に活用できそうな場所があります。それは、ほぼ絶対零度に近い宇宙空間です。

    実用的な発電量ではないものの、研究チームは既に1平方メートルあたり約64ナノワット(10億分の1ワット)の電気を発生させることに成功しています。
    また、理論的には1平方メートルあたり約4ワットの電力を生み出すことができるとのことで、実用化されれば人工衛星や宇宙探査機などに搭載し、地球や天体の影に入ってしまって太陽光発電ができない時の補助電力などに利用できそうです。

    https://gigazine.net/news/20190509-electricity-coldness/



    3 : 名無しさん@涙目です。 2019/05/09(木) 10:15:08.38 ID:JmGTzZG90.net

    つまりどういうことだってばよ



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1557364407/


    ▼「「宇宙の寒さ」から直接エネルギーを生み出す技術が開発される」の続きを読む

    【宇宙】2029年、巨大小惑星「死の神99942アポフィス」が地球に接近

    asteroid-4063790_640

    1 : 僕らなら ★ 2019/05/02(木) 20:42:50.91 ID:e7F1lHrX9.net

    (CNN)米航空宇宙局(NASA)によると、「死の神」の名を持つ巨大小惑星が、2029年に地球に接近する。

    この小惑星「99942アポフィス」は直径約335メートル。アポフィスの名は、太陽をのみ込もうとするエジプト神話のヘビ神のギリシャ名に由来する。

    ただし2029年にアポフィスが地球に衝突する心配はなく、地球から約3万キロの距離を通過する見通し。

    NASAの専門家によると、これほど大きな天体が地球の近くを通過することは比較的珍しく、研究者にとっては絶好の観測の機会になる。NASAでは光学望遠鏡とレーダー望遠鏡を使って観測する予定。「レーダーを使えばわずか数メートルの精度で表面を観察できるかもしれない」という。

    アポフィスは肉眼でも明るい光点として見える可能性がある。NASAの予測モデルでは、「アポフィスが大西洋上空を通過する際、その軌道が一時的に赤からグレーに変わる。それが最接近の瞬間だ」「最接近の後は昼間の空へ移動して見えなくなる」と説明している。

    今回の接近は、もっと危険な小惑星が地球に接近した場合の対応を探る機会にもなる。そうした天体に詳しい専門家はアポフィスを「潜在的に危険な小惑星(PHA)約2000個の代表的な存在」と位置付け、「2029年のアポフィス接近を観測することで、いつか惑星防衛に利用できるかもしれない重要な科学的知識が得られるだろう」と話している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16402498/



    3 : 名無しさん@1周年 2019/05/02(木) 20:43:35.72 ID:4pYPD4Ov0.net

    あと10年か



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556797370/


    ▼「【宇宙】2029年、巨大小惑星「死の神99942アポフィス」が地球に接近」の続きを読む

    宇宙の膨張速度、9%速くなっていることが判明

    milky-way-1023340_640

    1 : 風吹けば名無し 2019/05/01(水) 19:30:26.30 ID:7MiTkbB100501.net

    ハッブル宇宙望遠鏡、宇宙の膨張速度が9%速くなっていることを発見

    ハッブル宇宙望遠鏡による最新の観測データを使い、天文学者がハッブル定数を計算した結果、従来の予測値よりも9%も大きく、既存の理論では説明のつかないものであることが分かってきたという。

    ■今回の研究の意味

    問題は、この値が宇宙誕生直後のものと一致しないことだ。宇宙誕生直後の膨張速度は宇宙マイクロ波背景放射(ビッグバンの残光)の観測を元に計算されている。

    従来の理論では宇宙誕生直後と現在では膨張速度は変化していないはずであったが、今回のハッブル宇宙望遠鏡の観測結果により、実際は9%速くなっていることを示していた。今後のさらなる研究が期待される。

    https://www.zaikei.co.jp/article/20190430/508706.html



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1556706626/


    ▼「宇宙の膨張速度、9%速くなっていることが判明」の続きを読む

    【宇宙】探査機はやぶさ2、小惑星リュウグウ表面にクレーターをつくる実験に成功

    1 : 次郎丸 ★ 2019/04/25(木) 18:58:57.61 ID:jHdKprVZ9.net

    リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功
    https://mainichi.jp/articles/20190425/k00/00m/040/151000c


    はやぶさ2が高度約1.7キロから撮影したリュウグウの表面=JAXAなど提供


    探査機「はやぶさ2」の衝突実験が成功し、小惑星リュウグウの表面からものが舞い上がる様子(右上が拡大したもの)。アナログカメラで、衝突装置作動の25秒後に撮影された=宇宙航空研究開発機構、神戸大など提供

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへ金属の衝突体をぶつける実験で、リュウグウ表面にクレーターができていることを確認したと発表した。
    はやぶさ2がリュウグウの高度1.7キロから観測した結果、直径10メートル以上にわたって穴のように地形がへこんで変形していることが分かった。小惑星へ人工的にクレーターを作ることに成功したのは世界初。

    image

    津田雄一・プロジェクトマネジャーは「まさに衝突装置で狙った地点に明らかな地形変化が確認された。衝突実験は大成功だ」と話した。

    ※以下省略、リンクから続きをどうぞ 


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556186337/


    ▼「【宇宙】探査機はやぶさ2、小惑星リュウグウ表面にクレーターをつくる実験に成功」の続きを読む

    【悲報】木星、気持ち悪い

    1 : 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 23:21:50.10 ID:FNds3PGu0.net

       














    2 : 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 23:22:03.60 ID:d3t/ns7V0.net

    なんか芸術的



    5 : 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 23:22:38.77 ID:yOKe5YdI0.net

    ベルセルクみたいやな



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1555942910/


    ▼「【悲報】木星、気持ち悪い」の続きを読む

    【宇宙】スペースXの大型ロケット「ファルコン・ヘビー」、初の商業打ち上げに成功

    1 : しじみ ★ 2019/04/12(金) 09:10:24.34 ID:CAP_USER.net

    米スペースXは2019年4月11日(現地時間)、大型ロケット「ファルコン・ヘビー」の打ち上げを実施しました。ロケットの打ち上げと人工衛星の投入、ブースターの着陸はすべて成功しています。

    今回ファルコン・ヘビーが打ち上げたのは、サウジアラビアの人工衛星「アラブサット6A」です。人工衛星の重量は約6トンとなり、中等やアフリカ、ヨーロッパにてテレビやラジオ、通信サービスを提供します。

    https://www.youtube.com/watch?v=TXMGu2d8c8g




    https://sorae.info/030201/2019_04_12_fh.html



    4 : ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/12(金) 09:33:56.76 ID:TajIYruh.net

    3本着陸は凄い
    おめでとうイーロンマスク



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1555027824/


    ▼「【宇宙】スペースXの大型ロケット「ファルコン・ヘビー」、初の商業打ち上げに成功」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る