「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    宇宙

    【宇宙】「地球写った!」福井高専生がスペースバルーンで成層圏での撮影に成功

    1 : ばーど ★ 2017/10/17(火) 22:03:17.81 ID:CAP_USER9.net

    スペースバルーンの機体(右)から回収した映像データをパソコンで再生する福井高専生。鮮明に撮影されていることを確認し歓喜の表情をみせた=5日、沖縄県宮古島市の佐良浜港


     「やったぞ! 地球写ってる!」「宇宙は真っ暗!」―。スペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」で、沖縄県宮古島市沖の海上で回収したカメラの映像データが無事再生された瞬間、福井高専生5人の笑顔がはじけた。高度約3万メートルの成層圏での撮影を目指し、機体の設計・製作に取り組み続けた7カ月。多くの実験や機体改良を重ね、撮影成功にこぎ着けた。

    ⇒【画像】成層圏から捉えた地球
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/gallery/249409?ph=2


    「波の合間に見える!」。福井高専生と福井新聞社記者が港から漁船で機体の回収に向かってから約1時間15分。海上では強い雨に見舞われ大きく船が揺れる中での捜索となったが、伊良部島沖約20キロに浮かぶ蛍光色の手作り機体を無事見つけた。着水の衝撃でカメラは壊れていないか。海水が入り映像データは消えていないか。不安を抱えたまま、船上でカメラ内のカードを抜き取り、データが壊れないよう素早く真水に浸した後、乾燥させた。

     「無事に写っていて…」。午後0時半、港に船が戻ると、学生5人は早速パソコンを囲み、祈るような思いでデータを再生した。ぐんぐん上昇する景色や雲を突き抜ける様子、風船が割れる瞬間などを確認すると、「よかった」と喜びの声があふれた。

     この日、打ち上げ場所の砂浜で早朝から準備を開始。風船にヘリウムガスを注入して膨らませ、打ち上げるまでに20以上の手順があるが、一つでも欠ければ成層圏での撮影は困難となる。8人全員がそれぞれの役割を慎重に、的確にこなした。カウントダウンする余裕もないまま、ゆっくり手を放すと、風船は計算通りの速さで成層圏に向かって旅立った。休む間もなく海上班3人は港に移動し、漁船に乗り込み機体の回収へ。陸上班5人は島の高台から風船の位置をパソコンで確認し、無線で船に伝え続けた。

     リーダーを務める同高専4年の渡辺虎生太(こおた)さん(19)は「今までインターネットでしか見たことのなかった地球を見下ろす映像を、仲間と力を合わせて自分たちで撮影できたことに感動した。最高の気分」と興奮冷めやらぬ様子。漁船に乗って陸上班と無線でやりとりし、回収地点まで誘導する重要なミッションを果たした山本雄太さん(19)は「メンバーは役割分担し技術的な課題に対して試行錯誤してきた。チームプレーの成果です」と仲間に感謝した。

     打ち上げに同行したスペースバルーンの国内第一人者、岩谷圭介さん(31)=北海道在住=は、「天気、波、装置の設計など不安要素は多かったと思うが、みんな本当によく頑張った。数々の問題を解決してきた経験は、将来必ず役に立つ」とねぎらった。

    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/249663



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508245397/


    ▼「【宇宙】「地球写った!」福井高専生がスペースバルーンで成層圏での撮影に成功」の続きを読む

    【宇宙】月の地下に長さ50キロの空洞、探査機「かぐや」で判明

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/10/18(水) 11:31:39.55 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

    月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。

    空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。かぐやが撮影した画像には、直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

    電波を使って得た周辺の地下構造のデータを詳しく調べたところ、この縦穴から西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。
    内部は崩壊しておらず、地層などに氷や水が存在する可能性もあるという。

    月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。その通り道が空洞として残ったとみられる。

    将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

    JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。
    将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

    論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。

    月の空洞のイメージ




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508293899/


    ▼「【宇宙】月の地下に長さ50キロの空洞、探査機「かぐや」で判明」の続きを読む

    【宇宙物理】「中性子星」合体の現象 重力波で初観測

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2017/10/17(火) 08:03:25.07 ID:CAP_USER.net

    K10011179911_1710170819_1710170821_01_03

    宇宙のはるか遠くで極めて密度の高い星、「中性子星」が合体する現象を、重力波の観測によって初めてとらえたと欧米の国際研究チームが発表しました。
    今回の現象は、重力波以外に、光やガンマ線などでも同時に観測され、今後、さまざまな観測方法を組み合わせることで宇宙で起きる現象の解明が進むことが期待されています。
    これは、アメリカの首都ワシントンで現地時間の16日午前、ことしのノーベル物理学賞の対象となった重力波の初観測に成功した、国際研究チームなどが記者会見を開いて発表しました。

    それによりますと、ことし8月17日、アメリカにある「LIGO(ライゴ)」とイタリアにある「VIRGO(バーゴ)」の2つの巨大な重力波観測施設で同時に、地球から1億3000万光年離れた場所から届いた重力波を観測しました。
    波形から、半径が10キロ程度で質量が太陽と同じ程度と、極めて密度が高い2つの「中性子星」が合体するときに発生した重力波とわかったということです。

    これを受けて、世界各地と宇宙にある70以上のさまざまな望遠鏡で重力波の発信源の方角から届く、光や赤外線などの観測を試みました。

    その結果、観測データから、中性子星の合体によって金やプラチナといった鉄より重い元素ができたと推定され、研究チームは、これまで謎だった、重い元素の起源の解明につながるとしています。

    また、重力波の観測とほぼ同時に、「ガンマ線バースト」と呼ばれる電磁波の一種のガンマ線が爆発的に放出される現象がNASA=アメリカ航空宇宙局などの宇宙望遠鏡で観測されました。

    これまで、中性子星が合体するときには、「ガンマ線バースト」が起きると考えられてきましたが、実際に確認されたのは今回が初めてで、研究チームは理論が裏付けられたとしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011179911000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

    中性子星 - Wikipedia
    質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種である。
    中性子星の表面重力は地球の表面重力の2×1011倍もの大きさがあり、脱出速度は 1/3 c にも達する。中性子星は大質量の恒星の超新星爆発によってその中心核が圧縮された結果形成されるが、中性子星として存在できる質量には上限値があり、それを超えるとブラックホールとなる。

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1508195005/


    ▼「【宇宙物理】「中性子星」合体の現象 重力波で初観測」の続きを読む

    【宇宙】太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見

    1 : 自治郎 ★ 2017/10/13(金) 21:15:37.39 ID:CAP_USER9.net

    【10月12日 AFP】太陽系内に存在する目立たないミニ惑星の周囲に輪があることを発見したとの研究論文が11日、英科学誌ネイチャーで発表された。土星のような巨大惑星しか輪を形成できないとする通説を覆す発見だという。

     2004年に発見され、米ハワイの豊穣の女神にちなんで「ハウメア」と命名されたこの準惑星は、太陽系の第8惑星で太陽から最も遠い海王星の軌道の外側にあることが知られている数個の準惑星の一つ。平らな葉巻のような形状をしており、衛星を2つ持っている。海王星よりはるかに外側の太陽系外縁、距離にして太陽から約80億キロ離れた場所に位置し、自転軸の周りを高速で回転しながら太陽の周りを285年の周期で公転している。

     海王星や土星、天王星、木星などのいわゆる巨大惑星はすべて輪を持っている。輪を持つ天体としてはこれまで、ケンタウルス族天体のカリクローが見つかっていたが、不安定な軌道を持つケンタウルス族天体は惑星ではなく大型の彗星と考えられているため、準惑星の周りにある輪が観測されたのは今回が初となる。ハウメアの輪は、土星の輪に似た密度の高い幅約70キロのもので、氷の粒子でできている。

     論文の共同執筆者で仏パリ天文台のブルーノ・シカルディ氏は、AFPの取材に「太陽系にはこれまで考えられていたよりずっと多くの多様性と創意性が存在することが今回の発見で証明された」と語った。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3146389

    準惑星「ハウメア」とそれを取り囲む輪のイラスト




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507896937/


    ▼「【宇宙】太陽系の準惑星「ハウメア」に輪、通説覆す発見」の続きを読む

    【宇宙】日本版GPS衛星「みちびき」4号機、H2Aロケットで打ち上げ成功

    1 : ノチラ ★ 2017/10/10(火) 07:35:14.29 ID:CAP_USER.net

    K10011173251_1710100905_1710100906_01_03

    スマートフォンなどの位置情報システムの性能を飛躍的に高める日本版GPS衛星「みちびき」の4号機が10日午前7時1分すぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット36号機で打ち上げられました。ロケットは順調に飛行を続け、およそ28分後の午前7時半ごろ、「みちびき」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173251000.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1507588514/


    ▼「【宇宙】日本版GPS衛星「みちびき」4号機、H2Aロケットで打ち上げ成功」の続きを読む

    爆発してから1日もたってない超新星が発見される

    1 : 名無し募集中。。。 2017/10/07(土) 21:59:56.78 0.net

    星が一生の最後に起こす超新星爆発で、星の中心部から始まる通常のケースと違い、表面の爆発が引き金となって起きる新しいパターンを観測したと、東京大などのチームが4日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

    超新星爆発が始まる過程には謎が多く、チームの土居・東大教授は「さらに観測を続け、超新星爆発の仕組みを解明したい」と話している。

    米ハワイ島のすばる望遠鏡で、地球から約18億光年離れた場所に爆発から1日たっていない超新星を発見。
    光の明るさの変化や色を分析すると、白色矮星の表層のヘリウムが核融合を起こし、衝撃波が内部に伝わり星全体の超新星爆発につながったと分かった。

    https://this.kiji.is/288355432397128801?c=39546741839462401




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1507381196/


    ▼「爆発してから1日もたってない超新星が発見される」の続きを読む

    アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催

    1 : イセモル ★ 2017/10/06(金) 10:46:54.21 ID:CAP_USER9.net

    AS20171006000830_comm

    米トランプ政権は5日、宇宙政策に関する大統領の助言組織「国家宇宙評議会」を24年ぶりに開催した。議長を務めるペンス副大統領は「米国が再び宇宙開発をリードする。米国の宇宙飛行士を月に向かわせる」と話し、再び月探査へ重点を移す方針を明らかにした。民間企業と協力し、月の探査を足がかりに火星などより離れた天体への探査につなげるという。

    米国はアポロ計画で1969年に人類初の月面有人探査に成功。その後、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)に人を送ってきたが、2011年のスペースシャトル退役以降は、自前の有人宇宙船を持たず、ロシアのソユーズに頼ってきた。ペンス氏は安全保障面での懸念を示し、「米国は宇宙での優位性を失っている。米国の繁栄と安全、国のアイデンティティーは宇宙でのリーダーシップにかかっている」と述べた。

    月の有人探査計画はブッシュ(子)政権時代に存在したが、10年にオバマ政権が予算不足で打ち切りを表明。代わりに30年代半ばの火星有人探査を打ち出していた。

    引用ここまで全文は下記よりお願いします
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASKB61FN6KB5UHBI03L.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507254414/


    ▼「アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催」の続きを読む

    【宇宙探査】彗星に衝突した彗星探査機ロゼッタが最後に見たもの、ESAが写真公開

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1506782154/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 23:35:54.63 ID:CAP_USER.net

    【9月29日 AFP】遠い宇宙での12年間に及ぶ冒険を終えるために観測対象だった彗星の表面に衝突した無人探査機「ロゼッタ」が、衝突間際に撮影した岩だらけの彗星表面の写真を地球に送信していた。地上管制チームが28日、明らかにした。
     
    欧州宇宙機関(ESA)は2016年9月30日のロゼッタ任務終了からほぼ1年ぶりに、ロゼッタが最後まで送り続けていたデータから再構成された67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の不鮮明な画像を公開した。
     
    彗星の1メートル四方の範囲が写っているこの画像は、約20メートルの距離から撮影されたもの。岩がごろごろして塵(ちり)が積もったこの場所が、ロゼッタの永眠の地となったと考えられる。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    http://www.afpbb.com/articles/-/3144811

    無人探査機「ロゼッタ」が衝突間際に撮影した67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の岩だらけの表面(2017年9月28日提供)。(c)AFP/EUROPEAN SPACE AGENCY/Handout


    【関連記事】
    【宇宙探査】ESAの無人探査機ロゼッタが彗星に衝突 12年間の任務終える


    8 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 00:02:02.59 ID:3RRCJe4L.net

    カッシーニを突入させた理由は公表されていたが
    こいつは何故、最後に突入させる必要があったんだ?



    16 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 04:06:12.35 ID:15u7/n8K.net

    >>8
    彗星表面のより詳細な観測を行う&将来の探査ミッションに備えて、着陸するためのノウハウを得るため。
    ちなみに衝突という言葉に惑わされがちだけど、ロゼッタはゆっくりゆっくり観測しながら彗星に降りてる。
    けど、探査機自体が着陸を前提に作ってないから、着陸の衝撃で最後は壊れたわけだ。

    まあそんなのは表向きの理由で、ミッションチームには実際には世界初の彗星着陸を成し遂げて、
    そしてなにより、孫衛星であるフィラエと一緒に眠らせてあげたいという気持ちがあったんじゃないかなと個人的には思ってるけど。



    3 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 23:44:10.52 ID:/PVrpot5.net

    タバコの箱置いてくれ



    12 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 00:18:00.11 ID:kryXSa/7.net

    というかちゃんと墜落したんかな
    フィラエみたいに跳ね返されてたりはしないのかしら



    22 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 23:58:38.04 ID:BAh2RpmY.net

    オールトの雲まで運ばれていくんでしょうね。



    23 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 01:00:13.70 ID:t8dxOt6g.net

    運ばれねーよ 乗っかってる彗星がせいぜい木星軌道くらいまでしか遠ざからないのに



    28 : 名無しのひみつ 2017/10/02(月) 16:27:18.32 ID:+92JEWHC.net

    ピンぼけだけじゃなくてスケールを表現できる指標となるものがないから大きさが伝わってこない
    グランドキャニオンのようなどでかい地表の割れ目なのか
    それとも手に収まるような小石が写っているのか



    29 : 名無しのひみつ 2017/10/02(月) 16:35:06.09 ID:M2wRL0HR.net

    >>28
    >>1 ぐらい最後まで読め



    25 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 12:24:23.42 ID:Fn0Lq5ej.net

    あとは彗星に乗っかって軌道を回るのか
    ロマンだな
    俺の遺骨は彗星葬にしてほしい



    26 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 12:38:09.58 ID:M2wRL0HR.net

    >>25
    そして、ロゼッタとの邂逅とその質量による軌道要素の変化で、彗星は徐々に地球とのランデブーコースに近づいて行くのだった…



    ■オススメの記事

    【宇宙】スペースX、ロケットで世界の主要都市を30分で結ぶ計画を発表

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506699325/

    1 : ノチラ ★ 2017/09/30(土) 00:35:25.41 ID:CAP_USER.net

    8ec1b828-0f7f-4a8c-8e79-de9df9077c5e

    K10011162741_1709300710_1709300710_01_03

    米宇宙開発ベンチャー、スペースXは28日、開発中の最大240人を収容できる超大型ロケットを応用し、2022年以降に長距離旅客輸送に進出すると発表した。最高時速2万7千キロメートルで一時的に宇宙空間を通過し、地球上の主要都市を30分程度で結ぶ。海外旅行と数分間の宇宙旅行が同時に可能になる。価格は未定。地球での旅客輸送で需要を確保し、量産と再利用によりコストを大幅に下げる。

     イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「将来は現行の製品を駆逐する形で大型ロケットの開発に全ての経営資源を投入する」と語った。

     飛行機だと15時間程度かかるニューヨーク―上海間(約1万2千キロメートル)を39分で結ぶ計画。ロサンゼルス―ニューヨークは25分、東京とアジアの主要都市を30分前後で移動できるという。地球上のどこでも1時間以内に行けるようになる。大都市の沿岸に小規模な海上発着台を建設する。

     こうした移動手段は専門家の間では理論上は十分に可能だと考えられていたが、コスト的には難しいと思われていた。ただ、スペースXはロケットの燃料を逆噴射し、着陸させて回収する実績を積み重ねている。直近では12回連続で着地・回収に成功。近く有人飛行にも入る計画だ。航空機並みの安全性と価格水準を実現できるかが成功のカギを握る。

     地球上の旅客輸送にも使う次世代大型ロケット(コードネームBFR)は、全長106メートルで、地球に近い宇宙空間(低軌道)向けの輸送であれば現行の10倍の150トンの積載が可能になる。ロケットの上部に最大6人が入れる客室を40室をつくる。全ての部分を再利用できる仕様とする。現状のロケットは一段目ロケットのみを回収・再利用している。

    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29HND_Z20C17A9000000/



    ▼「【宇宙】スペースX、ロケットで世界の主要都市を30分で結ぶ計画を発表」の続きを読む

    【宇宙】月軌道の宇宙ステーション建設、米ロが協力合意

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506568778/

    1 : 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/28(木) 12:19:38.76 ID:CAP_USER9.net

    no title

     米航空宇宙局(NASA)は27日、月軌道近くに新たな宇宙ステーションを建設する計画について、ロシアの宇宙機関ロスコスモスと協力することで合意したと発表した。オーストラリアで開催中の国際宇宙会議(IAC)で協定に署名した。

     新宇宙ステーションは、NASAが今年初めに打ち出した「ディープ・スペース・ゲートウェー」構想の一環。オバマ政権が打ち出した有人火星探査の前段階として、物資や燃料の補給など、月や火星探査の中継地点にする。AFP通信によると、将来各国が参加することを見越して、基地へのドッキングの仕組みなどの標準技術のすりあわせを行うという。

     現在、米ロは日欧などと地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)を運用しており、培った技術を新構想に生かしたい考えだ。

     ウクライナやシリア問題をめぐって米ロ関係は緊張しているが、ISSの運用など宇宙開発は数少ない協力分野になっている。(ワシントン=香取啓介)

    http://www.asahi.com/articles/ASK9W7F9BK9WUHBI03X.html



    ▼「【宇宙】月軌道の宇宙ステーション建設、米ロが協力合意」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る