「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    人気サイトヘッドライン

    宇宙ごみ

    【宇宙】日本の宇宙ごみ除去衛星が2020年に打ち上げへ

    1 : @くコ:彡 ★ 2018/10/09(火) 02:38:37.83 ID:CAP_USER9.net

    ・日本の宇宙ごみ除去衛星、2020年に打ち上げへ【動画・写真】

    動画
    https://youtu.be/laFHhiOXqlc


    ロシアの「グラヴコスモス」社(露国営企業「ロスコスモス」の傘下)は、日本のアストロスケール社と、ロシアのロケット「ソユーズ2」を使って2020年にバイコヌール宇宙基地から宇宙ごみ除去技術実証衛星ELSA-dを打ち上げる契約を結んだ。グラヴコスモス社が発表した。

    9月、英国の衛星リムーブデブリが、網を使って宇宙ごみを除去する実験を行ったと報じられた。まず衛星が宇宙にゴミのダミー物体を放出し、この物体を補足するために7メートルの距離から幅5メートルの網が放たれた。なお網が本物の宇宙ごみの補足に使用された場合は、衛星が宇宙ごみをより低い軌道へ運び、ごみは大気圏に突入した際に燃え尽きる。

    ELSA-dは、軌道上でのランデブー・ドッキングや接近の技術実証実験を行うためのもの。同開発は、宇宙ごみを除去する有望なプロジェクトで役立つ見込み。

    ELSA-dは、重さ160キロの捕獲機と20キロのターゲット(宇宙ごみを模擬した小型人工衛星)で構成されており、これらは一緒に打ち上げられる。

    ・Cosmic cleanup: Russia to help Japan launch galactic garbage collecting mission in 2020
    http://tass.com/science/1024965

    (イメージ画像)
    https://twitter.com/SurreySat/status/1026820471847837696


    https://sptnkne.ws/jHvn 

    世界初の宇宙ごみ観測衛星、ソユーズロケット打ち上げ失敗で行方不明に
    http://konoyubitomare.jp/archives/1068967192.html

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539020317/


    ▼「【宇宙】日本の宇宙ごみ除去衛星が2020年に打ち上げへ」の続きを読む

    【宇宙】衛星で網投げ「宇宙ごみ」をキャッチ 初の実験に成功

    1 : しじみ ★ 2018/09/24(月) 12:18:44.77 ID:CAP_USER.net

     軌道上を漂う宇宙ごみの回収技術を開発している欧州のグループが、宇宙空間で人工衛星を使ってごみをキャッチする実験に初めて成功した。

    実験機の「リムーブデブリス(『残骸除去』の意味)」は、宇宙ごみに見立てたダミー衛星に網をかけてキャッチすることに成功。専門家によると、宇宙清掃技術の実証実験が成功したのは初めてと思われる。

    宇宙飛行の歴史は50年に及ぶ一方で、宇宙ごみに対する規制はほとんど存在せず、軌道を高速で周回するごみは数百万個に達している。たとえ小さな塗装の断片であっても、衛星に衝突すれば重大な損傷を引き起こしかねない。

    ただでさえ混雑した状況の中、さらに多くの企業が軌道上に数千もの新しい衛星を送り込む計画を進めている。

    リムーブデブリスの実験は、英サリー宇宙センターが主導する企業や研究機関などの共同体が実施した。同団体には航空宇宙大手エアバスやフランスのアリアングループなどが参加している。

    サリー宇宙センターの代表によると、この技術を使えば、宇宙ごみをキャッチした網を主力衛星につないで牽引(けんいん)し、軌道から除去することも可能だといい、最大で全長10メートルの衛星の残骸にも対応できるとしている。

    ただし今回の実験では、ダミー衛星も網も軌道上に放置された。つまり、制御不能の宇宙ごみがさらに増えたことになる。これについて関係者は、実験は非常に低い軌道上で行われたため、ダミー衛星は数カ月以内に落下するはずだと話している。

    今後数カ月かけてさらに実験を重ね、大型の衛星にもりを打ち込んでキャッチする技術などについても実験を予定しているという。



    CNN
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35125967.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1537759124/


    ▼「【宇宙】衛星で網投げ「宇宙ごみ」をキャッチ 初の実験に成功」の続きを読む

    【宇宙開発】宇宙ごみはつかんで捨てる「掃除衛星」開発へ

    1 : しじみ ★ 2018/08/29(水) 19:40:53.68 ID:CAP_USER.net

     政府は宇宙空間を高速で飛び交う宇宙ごみを、ロボットアームでつかんで取り除く「掃除衛星」の開発に乗り出す。2020年代前半に実験機を打ち上げて技術を確立、新たな宇宙産業として育てていく方針だ。

     除去の対象は、打ち上げ時に切り離されたロケットの一部など、大きさ数メートル以上の宇宙ごみ。分解すればさらに多くのごみが生まれる危険性があるためだ。

     実験機は、文部科学省が来年度予算の概算要求に6億円を計上し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発を手がける。宇宙ごみの捕獲に必要となる、安全な接近技術の開発を目指す。宇宙ごみを撮影するカメラや人工知能(AI)を搭載し、重量は100キロほどになる見込み。

     宇宙ごみはコマのように回転しながら、秒速約8キロ・メートルの高速で地球を周回している。実験機はカメラ画像で回転の様子を把握、最も安全に近付ける方向や姿勢をAIがはじき出し、宇宙ごみにゆっくりと接近する。



    https://www.yomiuri.co.jp/science/20180829-OYT1T50059.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1535539253/


    ▼「【宇宙開発】宇宙ごみはつかんで捨てる「掃除衛星」開発へ」の続きを読む

    【JAXA】10cmの宇宙ごみを監視する高性能レーダー製造へ 現在の200倍の探知能力

    1 : ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/08(月) 09:34:00.33 ID:CAP_USER9.net

    http://yomiuri.co.jp/science/20180107-OYT1T50060.html

     宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は2018年度、人工衛星への衝突を回避するため、大きさ10センチ程度の小型の宇宙ごみを監視できる高性能レーダーの製造に乗り出す。

     防衛省が計画する別のレーダーとも連携し、23年度にも本格運用を始める。

     日本上空の低軌道(高度数百〜2000キロ・メートル)を回る宇宙ごみは、JAXAが岡山県に設置したレーダーで監視している。しかし、大きさ1・6メートル以上のものしか監視できず、多くを占める10センチ程度のごみを捕捉できないのが課題だった。

     現レーダーに隣接して建設する新レーダーは、宇宙ごみに当てる電波の出力や受信感度を大幅に上げるほか、特殊な信号の処理技術も採用し、現レーダーの約200倍の探知能力を持たせる。この結果、地球観測衛星などが多く回る低軌道で、10センチ程度の宇宙ごみの監視が可能になるという。





    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515371640/


    ▼「【JAXA】10cmの宇宙ごみを監視する高性能レーダー製造へ 現在の200倍の探知能力」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る