「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    宇宙

    【アメリカ】トランプ大統領が宇宙軍構想「真剣に検討」と演説

    no title

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/05/03(木) 11:42:39.60 ID:CAP_USER9.net

    ◆トランプ氏が宇宙軍構想 「真剣に検討」と演説

    トランプ米大統領は一日、ホワイトハウスでの軍関係の行事で演説し「宇宙軍について真剣に検討している」と、既存の陸軍などに加えて宇宙軍を新設する構想への意欲を表明した。
    ただ、構想を巡っては政権・与党内でも賛否が分かれており、トランプ氏が宇宙軍を発足させることができるかは不透明だ。

    米軍の最高司令官であるトランプ氏は米軍当局者らを前に「君たちは米軍の五軍である陸軍、海軍、海兵隊、空軍、沿岸警備隊に所属している」とした上で「私たちは六番目の宇宙軍について実際に考えている」と言及した。
    「私たちは宇宙で軍事的にも他の理由でも大きくなっている」として、宇宙軍を設ける意義を強調した。

    宇宙軍構想は与党共和党の一部議員が昨年提案したが、マティス国防長官が「時期尚早」と反対したと報じられた。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201805/CK2018050302000143.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525315359/


    ▼「【アメリカ】トランプ大統領が宇宙軍構想「真剣に検討」と演説」の続きを読む

    【宇宙】NASA、2023年に月周辺への有人飛行を目指す次世代宇宙船試験機「オリオン」を公開

    1 : ガーディス ★ 2018/04/28(土) 13:10:49.07 ID:CAP_USER9.net

     米航空宇宙局(NASA)は26日、2023年の月周辺への有人飛行を目指して開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機を、ジョンソン宇宙センターで報道陣に公開した。

    オリオンは開発中の大型ロケット「SLS」に搭載され、19〜20年に無人での打ち上げ試験を行い、23年には飛行士を月近くに送り込む予定。4人乗りで底部の直径は5メートルと、1960年代〜70年代のアポロ宇宙船(3人乗り)よりひと回り大きい。公開された機体は来年4月、打ち上げ時に異常があった場合に備えた、宇宙船をロケットから切り離す試験に使う。



    http://sp.yomiuri.co.jp/science/20180427-OYT1T50121.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524888649/


    ▼「【宇宙】NASA、2023年に月周辺への有人飛行を目指す次世代宇宙船試験機「オリオン」を公開」の続きを読む

    天の川銀河の詳細な3Dマップを欧州宇宙機関が公開

    1 : プティフランスパン ★ 2018/04/27(金) 21:49:56.12 ID:CAP_USER9.net

    天の川銀河の詳細な3Dマップ公開…データ活用で今後の天文学の発展に期待
    https://www.discoverychannel.jp/0000014834/


    銀河系の過去、現在、未来を探るために欧州宇宙機関ESAが行うガイア計画。その2度目となるデータ公開では、我々の住む天の川銀河の詳細な3D地図が作られた。
    17億もの星々の位置その他の情報が提供される膨大なデータは今後天文学の世界で数々の発見をもたらしてくれると期待される。

    ◾ ガイア計画
    位置天文学に貢献するために1989年に打ち上げられたESAのヒッパルコス衛星は11万8000ほどの星を調査した。
    その後続機として2013年に打ち上げられたガイア探査機の公開したデータはこれが初めてではなく、2016年に1度目のデータ公開が行われている。
    2016年に最初のデータを公開した時にはすでに10億の星がマッピングされていたが、星々の距離と動きについては200万の星のデータしかなかった。

    しかし22ヶ月の観測の後に公開された2度目のデータ公開では、17億の恒星の位置と明るさ、14億の色、13億の視差と固有運動、1億6100万の表面温度、7700万の半径と光度、700万の視線速度のデータが含まれている。

    中でも一番期待されたデータは、観測位置の違いにより星の見える位置が異なる「視差」に関するデータ。これが判ればそれぞれの星の位置がわかり、どれだけ離れているのかを知ることができ、位置天文学に大きく貢献したのだ。

    ◾ 専門家でなくとも楽しめるガイアのデータ
    なんだか難しい話に思えるかもしれないが、ESAはインタラクティブな銀河の360度動画や、Windows、Macに対応したアプリケーション「GaiaVR」も公開している。
    「GaiaVR」はVRヘッドセットHTC Viveにも対応しており、持っていれば銀河の中に居るかのように楽しめる。

    また、研究がしたいという人のためにはESAのガイアアーカイブでインタラクティブなビジュアライゼーションツールなども公開しているので気になる方は確認してみると良いだろう。

    ガイア計画は当初5年で終わる予定であったが、2020年まで延長され、今後もより多くの星々をカタログ化するという。

    ※ 動画
    https://www.youtube.com/watch?v=VINs-JcNmKs



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524833396/


    ▼「天の川銀河の詳細な3Dマップを欧州宇宙機関が公開」の続きを読む

    【宇宙】天王星は「オナラのにおいでくさい」 英国の研究チームが発表

    1 : 自治郎 ★ 2018/04/24(火) 21:17:58.22 ID:CAP_USER9.net

     地球から30億キロほど離れた惑星「天王星」の大気は、腐った卵のような不快なニオイがすることを英国の研究チームが突き止めた。

     惑星科学誌『ネイチャー・アストロノミー』電子版に今月23日に掲載された論文によると、オックスフォード大学物理学科のパトリック・G・J・アーウィン准教授らのチームは、ハワイのジェミニ天文台が所有する直径8メートルの赤外線望遠鏡を使って、天王星を取り巻く大気を観測。

     雲の最上部(雲頂)から反射した光の波長を解析することで、大気に硫化水素が含まれている痕跡をとらえた。

     太陽系の中で周縁に位置する天王星は、太陽からの距離が28億7500万キロと、木星や土星に比べて2〜4倍以上遠い。研究チームは「太陽からの距離の差が、天王星の大気条件に大きく関わっていると思います。さらに遠い海王星(44億9500万キロ)の環境も似ていると思われます」と指摘。

     アーウィン准教授は「人類による天王星探査が実現すれば、宇宙飛行士はものすごく臭くて不快な気分になるでしょうね」と述べたうえで、「ただし、ニオイにたどりつくまえに、マイナス200度の大気を超えていく必要がありますけれどね」と笑っている。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24544.html

    天王星








    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524572278/


    ▼「【宇宙】天王星は「オナラのにおいでくさい」 英国の研究チームが発表」の続きを読む

    リアルタイムの衛星地上画像が見られるようになる「EarthNow」実現へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/23(月) 21:27:35.53 ID:CEOwYvko0.net BE:155743237-PLT(12000)

    ソフトバンクやビル・ゲイツ氏、リアルタイム地球観測衛星のEarthNowに出資
    l_yu_earth1

    新興企業のEarthNowは4月18日(現地時間)、仏Airbus、ソフトバンクグループ、ビル・ゲイツ氏、衛星通信企業OneWebの創業者のグレッグ・ワイラー氏から1月に受けた出資を基に、人工衛星による地球全体のリアルタイム観測プロジェクトを推進すると発表した。資金総額は公表していない。この資金により、プロジェクトを加速するとしている。サービス立ち上げのスケジュールは不明だ。

    地球観測衛星サービスは既に幾つかあるが、いずれもリクエストしてから届くのは過去の映像。EarthNowは、プロセッサを大量に搭載する高性能な小型衛星を地球上に多数打ち上げ、ほぼリアルタイムの映像を提供する計画だ。

    OneWebの通信サービスで使っている衛星のアップグレード版をAirbusが大量生産する。
    立ち上げ後、まずは政府や企業向けにサービスを提供する計画。
    気象予測や違法漁業の摘発、山火事や火山噴火の早期発見などに活用できるとしている。
    将来的には「端末のアプリで数百万の顧客がリアルタイムで地球を見ることができるようになる」という。

    全文はソースで
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/23/news063.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524486455/


    ▼「リアルタイムの衛星地上画像が見られるようになる「EarthNow」実現へ」の続きを読む

    NASAが世界各地の名所や絶景の衛星画像を公開

    1 : みつを ★ 2018/04/23(月) 15:45:53.43 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35118179.html
    https://www.cnn.co.jp/m/photo/35118163-8.html

    (CNN) 中国の万里の長城やドナウ川の流れ、オーストラリア大陸の奥地に北米のグランドキャニオン。米航空宇宙局(NASA)の公開した衛星画像を眺めれば、世界各地の名所や信じられない絶景を自宅に居ながらにして楽しめる。

    宇宙からとらえた画像に写る鮮やかな色彩と独特な曲線は、写真よりもむしろ水彩画に近い印象を見る者に与える。

    宇宙初の高級ホテルが2022年にも開業する見通しだが、モジュール式の宇宙ステーションに滞在する宿泊客も、こうした景色を目の当たりにするのだろうか。

    衛星に搭載された光学センサーでとらえたアフリカ・モロッコのアンティアトラス山脈


    フランスの首都パリ。エッフェル塔はどこに?


    南米大陸のパタゴニア地域北部をASTERで撮影。赤い部分は植生を示す。氷床の縮小を追跡し、地球温暖化の指標を提供することが目的


    米国のグランドキャニオン国立公園。アリゾナ州にある峡谷で国内屈指の知名度を誇る。赤茶けた岩の連なりは芸術品のようだ


    抽象画を思わせる南米ブラジル・グルピ川の河口。生物学上の保護区域に当たり、数多くの小島、マングローブの林、潟などが存在する


    全文はソースで

    【関連記事】
    【宇宙】スペースホテル「オーロラステーション」が2021〜2022年に開業 無重力で宿泊が可能に


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524465953/


    ▼「NASAが世界各地の名所や絶景の衛星画像を公開」の続きを読む

    【宇宙】はやぶさ2、今年6月にも小惑星「リュウグウ」到着 1年半かけ探査

    1 : ガーディス ★ 2018/04/18(水) 08:45:54.03 ID:CAP_USER9.net

     2014年末に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、今年6月にも小惑星「リュウグウ」に到着する。数々のトラブルに遭いながら、別の小惑星から世界で初めて試料を持ち帰った「はやぶさ」の後継機。探査はいよいよ本格化する。

     はやぶさ2は、リュウグウに約1年半滞在し、採取した表土の試料などを持ち帰る。分析から、太陽系の起源に迫る情報が得られると期待される。

     ただ、リュウグウの実態は謎が多い。前回はやぶさが到達した小惑星「イトカワ」のように、自転の向きや形などが事前に正確にわかっているわけではない。

     探査機が接近して最初に取りかかるのは、小惑星の姿を明らかにしていくことだ。高度を変えながら数キロまで接近してカメラで撮影。立体地図を作り、重力や自転の方向を割り出していく。その上で探査ロボットを投入し、表面の詳細な観測データに基づいて表土の採取に適した地点を決める。

     観測に十分な時間を割くのは、はやぶさの教訓からだ。はやぶさは「イトカワ」に2回着地したが、どちらも予定通りではなかった。1回目は、不時着。2回目は成功したが、試料採取のために打ち込むはずの弾丸が不発だった。

     探査の最大の山場は、順調に行けば19年3月ごろ迎える。本体から分離した特殊な装置から爆薬で金属板を打ち出して、リュウグウの表面に新たなクレーターを作る。爆発の影響でむき出しになった内部の土などは、宇宙空間での風化を受けていない貴重な試料となる。

    爆発の影響を避けるため、はやぶさ2は離れた位置に移動してやり過ごし、再び戻ってクレーターの試料を集める。一連の流れは、本体から直前に放つカメラで観察する。世界初の試みだ。うまく行けば、20年末ごろ試料を地球に持ち帰る。



    全文はソースで
    https://www.asahi.com/articles/ASL454HNZL45ULBJ006.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524008754/


    ▼「【宇宙】はやぶさ2、今年6月にも小惑星「リュウグウ」到着 1年半かけ探査」の続きを読む

    NASA、人間の精子が宇宙でどういう状態になるかを実験へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/15(日) 21:53:02.41 ID:OJUPk8ki0●.net BE:196949646-2BP(2000)

    3111329

    国際宇宙ステーションのクルーはこれから数日の間に、宇宙船「ドラゴン」によって運び込まれていた冷凍精子を解凍し、人間の配偶子が宇宙空間でどういう変化を見せるかを調べる。Space.comが報じた。

    NASAの代表らは「これまで行われた牡牛とウニの精液による(宇宙)実験で、男性の配偶子は卵細胞とほぼ接合しないか、接合の状態は悪かったことがわかった」と語っており、研究者らはこのことから宇宙空間での受精する場合、問題が起きる可能性があるとの見方を表している。

    こんにち、宇宙空間で人間の生命に最大の危険をもたらしているものは高レベルの放射能。宇宙医療者らはこの放射能の照射の悪影響を最も受けるのが配偶子だと考えている。
    スペース・コムによれば、宇宙で人間の配偶子を用いた初実験は数日ないし、数週間以内にステーションで行われる。

    生物学者らは、こうした実験で宇宙空間で人間の配偶子と動物の配偶子は異なる状態を見せるのかがわかり、無重力状態で自然受精がどれだけ可能なのかが示されると期待を表している。

    https://jp.sputniknews.com/science/201804124770817/



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523796782/


    ▼「NASA、人間の精子が宇宙でどういう状態になるかを実験へ」の続きを読む

    【宇宙】『君の名は。』新海誠監督、小惑星になる

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/04/12(木) 09:51:55.95 ID:CAP_USER.net

    ◆【祝】『君の名は。』新海誠監督が小惑星の名前に命名される

    アニメ映画『君の名は。』で大ヒットを飛ばした新海誠監督の名前がこのほど、小惑星帯に浮かぶ天体の名前として正式に登録された。

    NASA 小惑星データベースより
    https://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=55222





    55222 Makotoshinkai(2001 RP63)
    絶対等級:14.5mag
    直径:7.250km
    幾何アルベド:0.058

    発見者:ロイ・A・タッカー氏
    2001年9月12日 グッドリック・ピゴット観測所にて発見

    小惑星「2001 RP63」の発見者である、ロイ・A・タッカーさんが今月1日にツイッターで発表。
    「Makotoshinkai」はもちろんアニメ監督の新海誠さんの名前にちなんだもの。直径7kmほどで、火星と木星の間を回る小惑星だ。

    NASAのデータベースにも正式に登録されており、概要には「新海誠(本名は新津誠)は日本の作家・映画監督。
    代表作に『君の名は。』、『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『星を追う子ども』がある」との情報が掲載された。

    発見者のツイートより
    https://twitter.com/gpobserver/status/980647624314245123
    > 小惑星「2001 RP63」が「Makotoshinkai」と命名されたことを発表します

    ユルクヤル、外国人から見た世界 2018年04月11日
    http://yurukuyaru.com/archives/75706481.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1523494315/


    ▼「【宇宙】『君の名は。』新海誠監督、小惑星になる」の続きを読む

    【宇宙】NASA、探査機ジュノーが撮影した「美しい」木星の渦を公開

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/04/07(土) 11:47:23.73 ID:CAP_USER9.net

    NASA「美しい」木星の渦公開 探査機が撮影
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0407/kyo_180407_6717273290.html

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は6日、木星の表面付近に見える、複雑に入り組んだ雲の渦の画像を公開した。木星の周りを回る無人探査機「ジュノー」が撮影。NASAはツイッターで「なんと美しい。圧倒的な惑星ショーだ」とコメントした。

     木星は水素やヘリウムのガスでできた大気に覆われ、雲が存在する。嵐となって流れる雲が渦模様をつくる。

     ジュノーは2016年に木星を回る楕円軌道に投入され、定期的に木星に近づいて観測を続けている。今回の画像は、北半球の高緯度地域を、上空約1万2千キロから撮影した。

    kyo_origin_1_1_thum630



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523069243/


    ▼「【宇宙】NASA、探査機ジュノーが撮影した「美しい」木星の渦を公開」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワーっす!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る