「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    専門家

    【悲報】サンドウィッチマン伊達の『カロリー0理論』、専門家にガチで怒られる

    1e2be3bc-71b7-49d0-9370-d77c075ddf8f

    1 : 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:51:06.51 ID:4+8Ppooqp.net

    ――大食いと言えば、伊達さんがテレビ番組で披露したカロリー0理論(「カステラは小さく潰せばカロリー0」「アイスは冷たいからカロリー0」「カロリーは熱に弱いから揚げ物はカロリー0」など)がネットを中心に大きな話題となっていますね。

    伊達「反響はびっくりですね(笑)。でも、1度本物の専門家の栄養士さんにガチでめちゃくちゃ怒られたことあります。
    『何を言っているのですか?』みたいな感じの手紙をいただきました。あれはとっさに出ただけで、僕が勝手に言っているだけですから(笑)」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15056052/



    2 : 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:51:40.58 ID:XEsza8kD0.net

    こいつ定期的に怒られるよな



    12 : 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:53:10.21 ID:pAxjTiXlM.net

    栄養士とかいうアスペ



    5 : 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:52:05.23 ID:4+8Ppooqp.net

    こうしてテレビがどんどん詰まらなくなる



    6 : 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:52:05.44 ID:EBMIpykgp.net

    ネタにマジレス



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1532397066/


    ▼「【悲報】サンドウィッチマン伊達の『カロリー0理論』、専門家にガチで怒られる」の続きを読む

    カニ、人間への復讐を開始。 専門家「カニが覚醒してる可能性がある」

    1 : 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 07:19:15.88 ID:u0IlFGV00.net



    いま世界中で、驚くべき出来事が多発しているという。なんと、カニが人間に歯向かい、ナイフを持って反撃する事件が多発しているようなのだ。

    ・カニの近くに刃物は置かないように
    カニに刃物を持たせなければ、このような反乱を防ぐことが可能と思われる。もしカニを捕獲しても、カニの近くに刃物は置かないようにし、速やかに調理してしまったほうがよいだろう。
    ・カニが覚醒した可能性
    この件に関してカニ好きなグルメジャーナリストに意見を求めたところ「何かしらの啓示を受け、カニが覚醒した可能性がある。きわめて看過できない自体」と話していた。いま、カニに何かが起きようとしているのかもしれない。



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521497955/


    3 : 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 07:20:03.99 ID:kEQjCUh90.net

    おっカニーな



    ▼「カニ、人間への復讐を開始。 専門家「カニが覚醒してる可能性がある」」の続きを読む

    日本刀専門家のイギリス人男性、実家の寝室で切腹する

    1 : 風吹けば名無し 2017/12/17(日) 04:47:54.65 ID:ok6Idddi0.net

    ellis14071215

    今年の6月29日、ホリデーのためにイギリスの実家に戻った日本刀専門家の男性が、寝室で切腹し命を絶った。このほどその死因審問が行われたことが英メディア『Metro』『The Sun』『South Wales Argus』などで伝えられた。

    アラン・ジョーンズさん(51歳)は日本刀専門家として日本で勤務しており、定期的に母親マーガレットさんの住むサウス・ウェールズのニューポートに里帰りをするという生活を送っていた。
    解剖の結果、アランさんの死因は腹部を刺した時に起こった肝臓と心臓の裂傷だということが明らかになった。

    検死官は「アランさんは日本刀への情熱を持っていた。彼は日本刀の上に覆いかぶさるようにして亡くなっており、自傷行為とみて間違いない。日本の侍文化では日本刀での死を『腹切り』というが、イギリスでは『自殺』に他ならない」と述べ、アランさんの死因を自殺と断定した。

    http://japan.techinsight.jp/2017/12/ellis14011215.html



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1513453674/


    ▼「日本刀専門家のイギリス人男性、実家の寝室で切腹する」の続きを読む

    世界的に著名なUFO専門家が謎の死を遂げ陰謀説が浮上 死の直前に「私の身に何か起こったら捜査してくれ」

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476952562/

    1 : あずささん ★ 2016/10/20(木) 17:36:02.90 ID:CAP_USER9.net

    UFOや超常現象について調査しているうちに、核心に迫りすぎたため政府や組織に命を狙われるなど、まるで海外ドラマ『X-ファイル』の世界である。
    しかし、ここ3カ月ほどで世界的に著名なUFO専門家2人が、謎の死を遂げていることから陰謀説が浮上し、亡くなった一人は死の直前に、「私の身に何か起こったら捜査してくれ」と母親にメールしていたことが明らかになったというのだ!!

    ・UFO専門家が謎の死を遂げる!
    2016年7月にポーランドで、UFO研究家として著名なイギリス人マックス・スピアーズさん39歳が、ホテルのソファに座ったまま息を引き取っているところが発見された。
    彼は、ポーランドで開催される会議で、政府の極秘プロジェクトについて語るために、ワルシャワに滞在していたのだ。そして、彼はポーランドに旅立つ前、母親のヴァネッサさんに、「あなたの息子はトラブルに巻き込まれている。もし、私の身に何か起きたら調査してくれ」とメールを送っていたというのである!

    ・核心に近づきすぎて口封じをされた可能性が!?
    彼の死因は自然死だと診断されたが、ヴァネッサさんは、「息子は心身ともに健康だったのに、ソファで突然息を引き取るなんて……」と言い、マックスさんの死が解せないという。
    彼女は、ポーランド当局から自然死の死亡診断書を渡されただけで、マックスさんの死から3カ月経った今も、検視結果を受け取っていないとのこと。ヴァネッサさんは、息子が政府の関係者に暗殺されたのではないか、との疑いを抱いているそうだ。

    ・メン・イン・ブラックによる陰謀説が有力な模様
    UFOマニアの間でマックスさんの謎の死は、メン・イン・ブラックによる陰謀説が有力となっている。
    メン・イン・ブラックとは、映画『メン・イン・ブラック』シリーズでも描かれていたが、UFOや超常現象について核心に迫りすぎた人物の口封じを行う組織だ。
    2016年7月には、インドのUFO研究家ガウラブ・ティワリさんが謎の死を遂げており、当局は彼の死を自殺だと発表している。
    マックスさんは、”スーパーソルジャー” という、人間の遺伝子を改造して超軍人を作り上げる
    プロジェクトにかかわっていたとも言われている。彼の謎の死について、事実が明かされる日は来るのだろうか。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/10/20/813675/

    Max-Spiers

    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/ufo-expert-found-dead-days-9058279



    2 : 名無しさん@1周年 2016/10/20(木) 17:36:39.83 ID:19Cq326G0.net




    11 : 名無しさん@1周年 2016/10/20(木) 17:40:06.51 ID:w9dXWJse0.net




    ▼「世界的に著名なUFO専門家が謎の死を遂げ陰謀説が浮上 死の直前に「私の身に何か起こったら捜査してくれ」」の続きを読む

    ネッシーの正体は巨大ナマズ? 24年間観察中の「専門家」が見解

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437138933/

    Nessie40411-1

    1 : ひろし ★ sageteoff 2015/07/17(金) 22:15:33.57 ID:???*.net

    【AFP=時事】英北部スコットランド(Scotland)のネス湖(Loch Ness)に生息するとされる伝説上の怪物「ネッシー(Nessie)」の行方を24年間追い続けている「ネッシー専門家」が、ネッシーの正体は巨大なナマズである可能性が高いとの見方を示した。
    ただし、追跡調査はまだやめないという。

     スティーブ・フェルサム(Steve Feltham)さん(52)は、世界で最も長期間にわたりネッシーを継続観察しているとしてギネス世界記録(Guinness World Record)に認定されている。このほどAFPの取材に、世界中の人々の想像力をかきたててきた謎の生物の正体について、こう語った。

    「現時点で最も有力なのは、ヨーロッパオオナマズだ。これが、最もあり得る説明だ」

     フェルサムさんはネッシーの正体を突き止めようと、1991年に恋人を置いて故郷を離れ、ネス湖にやってきた。以来、湖畔にテントを張り、24時間体制でネス湖観察を続けてきた。

     今週のメディア報道では、フェルサムさんがヨーロッパオオナマズ説を本命視したのはネス湖観察を切り上げたからではないかと示唆されたが、当のフェルサムさんは「これが最終的な説明だとは言っていない」と述べ、まだネッシー追跡はあきらめないと断言。
    世界が注目する謎の完全な解明まで数十年はかかるだろうとの見方を示すとともに、ネッシーの正体は「平凡なナマズより、もっとわくわくするものであってほしい」と語った。

     ヨーロッパオオナマズは欧州中東部が原産で、大きいものは体長4メートル、体重400キロ以上にもなり、最低でも30年生きる。ネス湖にヨーロッパオオナマズが放流された記録がないことはフェルサムさんも認めるが、ビクトリア朝時代(1837〜1901)にはネス湖周辺に富裕層の狩猟用別荘がいくつもあったことから、「当時の人たちが釣りを楽しむためにネス湖に持ち込んだと考えられる」という。

     ビクトリア朝(後期)に放流されたと考えれば、ネッシーが最初に話題を集めた1930年代には「十分に大きくなっていたはずだ」と、フェルサムさんは説明している。【翻訳編集】 AFPBB News

    20150717-00000028-jij_afp-000-3-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150717-00000028-jij_afp-int



    ▼「ネッシーの正体は巨大ナマズ? 24年間観察中の「専門家」が見解」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る